精いっぱい生きる!

ニャゴニャゴ、頑張っています!

週始めから、今週は暑かったですね。

下の写真は、23日(火)の様子です。

姿を現した時から最悪だった容態は、刻々と変化をしながらだいぶ悪くなっているように見えます。

気力でもっているのか。

午後2時過ぎ、石の上が冷たくて気持ち良かったのか、それとも体力が無いためなのか、私が側にいるのに力が抜けた状態でいます。

警戒心の強いニャゴニャゴは、絶対にこのような姿を人前で見せることはありません。

いつも、胸を張って座っていることが多かったです。



170524_1


具合の悪い体に、この日の暑さは体力をさらに奪っていきました。

暑さが恨めしい。

家の壁際にすだれを立て掛けて日差しを遮られる場所を作ったのですが、入ってくれませんでした。

犬小屋も、風通し窓に張っていたテープを剥がしたり、朝日が当たる部分には新たに段ボールを設置したり、夏仕様に変えてみました。

ただ、夏用の猫ベッドに交換したら犬小屋に入らなくなってしまったので、元の猫ベッドに戻しています。

少しでも、安住の地になればと思って。

この時のニャゴニャゴは、意識が飛んでしまっているかのように余りにも無防備な姿で寝ていたので、お別れが近いことを感じずにはいられませんでした。

何度も考えていたこと、ニャゴニャゴが見つめていたアパートの部屋へ、その住人を訪ねることにしました。

もしも、ニャゴニャゴを飼っていた人なら一目でも会って欲しいと思いました。

何度も訪ねようとしたのは、その人ならニャゴニャゴを捕まえることができると思ったからでした。

いつも寸前のところで留まっていました。

3年くらいたっているのかな、もう違う人が住んでいるかもしれません。

それでも、足が止まりませんでした。





170524_2


私より若い成人男性が出てきました。

仕事を終えたばかりだったのか、作業着を着て汗を拭いたように思います。

ほとんど玄関ドアを開けてもらえなかったので、隙間から会話をしました。

結局、私の勘違いだったのです。

皆さん、ごめんなさい。

このお宅で猫は実際に飼われているそうです。

残念ながら、姿を見ることはできませんでしたが、「まだ生きています」と返事が返ってきました。

私が見たニャゴニャゴが、このお宅の窓ガラスに手をかけて中を覗いていた行為は、何を意味していたのでしょう。

このお宅の猫ちゃんを見ていたのでしょうか。

このお宅でご飯をもらっていたのでしょうか。

ニャゴニャゴが答えてくれるはずもないし、分からず仕舞い。

ただ、このアパートの人に捨てられたわけではなさそうです。 

数年前、tobutori家の玄関前に突然現れたニャゴニャゴ、当時は汚れ一つない毛並みの良いキレイなネコでした。

そして、今と変わらず、凛と胸を張って座っていました。

結果的に私の勘違いだけが解消となったのですが、ニャゴニャゴはいったいどこから来たのでしょう。

ナゾです。




170524_4


一昨日の夜に食べてくれたロイカナのパウチ。↑

見た目で分かりましたが、固形物は相当不味いようで、うちのコに以前買った時も残していました。

ニャゴニャゴも食べているのかと思ったら、やはりソースだけ舐めて固形物は残していました。

クロちゃんにも与えたけど、どうしても固形物は残してしまうようです(笑

ソースだけでもいい、口にしてくれているので小分けに何度も与えました。

1度に大量を入れてしまうと、その大半を残してしまうので廃棄になるからです。

そして、今日食べていたものは翌日から食べなくなります。

大量に買い物をしても、そのほとんどを捨ててしまうの繰り返しです。

食べたものは、翌日吐いていることも多いので、食べなくても、食べても、切ないです。

吐いたモノを見ると、消化されていないことも分かります。

食べさせることの体への負担を考えてしまいます。






170524_3


少し前から、目が見えていないかと思うくらい、遠くの方を見て表情が止まっていることがよくあります。

ヨダレは、粘着性のある膿のような色から、濃い茶色に変化してきました。

口の下にべったりついています。

触れてもいいなら、取ってあげたい。

そして、今日からの雨で気温が下がってしまい、痩せ細ったニャゴニャゴに体温調整は難しいので、猫ベッドにホッカイロを投入しました。

今晩もゆっくり熟睡できることを願って。







170524_5

 ↑ ロイカナの違うパウチも与えたのですが、これは全く口も付けませんでした。

液状のスープも飲んでくれません。





170524_6

先日、粉ミルクを飲んでくれなかったのですが、またまた同じような似た缶を見つけました。

ジェーピースタイルの「幼猫用離乳食」です。

食欲不振時、栄養補強食と記載があったので、とにかく買ってみました。

お湯で溶いて硬さの調整をします、ニオイは無臭に近くて、しいて言えば黄な粉のような大豆の匂い?

食べると、無味?というか、やはり大豆を粉にしたものを食べているような味でした。

これではニオイでも誘えないし、食欲をそそられる感じはしないですね、不安的中で食べませんでした(泣

でも、栄養価は高そうですし、安全素材なのは分かりました。




170524_9

我が家にあった救世主のネコ缶、サイエンスダイエットの猫缶です。↑

これを求めて、色々なお店に買い物に出掛けましたが、どこにも売っていなくて、見かけた覚えはあるのに変だなぁと思ったら、メーカーで製造中止になっていました。


なんでよーーーーー!!!  食べるのにぃーーーーーー!!!!!


すぐに欲しかったのですが、仕方なくネットで購入しました。

在庫限りで販売終了なので、どこも品薄でした。

ネットで注文したのは、夜中の2時過ぎでした。

あぁ、翌日は仕事です(汗

でも、さすがの対応の早さでした。

いつもネモちゃんのオムツを頼んでいる「アンディーマーブル(ペット紙おむつ)」さんです。

値段も安いし、送料無料の値段設定が低いのでよく利用しています。

すぐに届いたので、ニャゴニャゴに与えることができました。

感謝です!





170524_7

ヒルズのサイエンスダイエット猫缶は、ニオイも良いのか、嗅いですぐに食べ始めました。

ヨカッタ・・・



170524_8

夜中に撮ったので、写真が暗くてよく見えませんね。

ニャゴニャゴの食事は、夕方前になると犬小屋に戻ってくるので、そこからスタートです。

クロちゃんと、ミケコツーがケンカしながらtobutori家の周りを走り回っていますが、クロちゃんに追い払われてミケコツーは我が家の食事にありつけない状態が続いています。

人懐こい猫なので、他でも食べられる場所はあるようですが、夕方前になると顔を見せます。

この時間帯から食事の準備を始めますが、日中の暑さなどで体力を消耗しているニャゴニャゴは夜中まで食べることはほとんど無くなりました。

本格的に食事の時間になるのが、夜の10時過ぎ。

食べないときは、夜中の2時ごろまで食事の用意を繰り返します。

その間も、クロちゃんとミケコツーは追い掛けっこ(汗

仲良くして欲しい・・・



170524_10

ケンカの鳴き声は静かな夜に響くのですが、それらも余り気にならない様子のニャゴニャゴです。

私は、ご近所の苦情が出ないかと毎晩冷や冷やしています(汗

猫が苦手な人は、鳴き声さえ嫌なのでしょうから。

ニャゴニャゴは、少量ですが食べ終えると催促のときはかすれた声で鳴きます。

猫缶を見せると、目がキラキラしているように見えるのは、私の錯覚なのでしょうか。



170524_11


食べたい気持ちと、食べることを受け付けない体の中で、ニャゴニャゴは頑張っています。

食べ終えて、放心状態のような表情を見せるときがあります。

それでも食べさせることが優先なのか、悩みます。

食べたい気持ちには、食事を与えてあげたいと思います。

食べられない体には、どう応えてあげたらよいのか迷います。

それでも、ニャゴニャゴは頑張っています。

何度もダメと思ったけど、強いコです、頑張ってくれています。

今週のはじめころ、弱っているニャゴニャゴの姿を見て、泣きながら「もう頑張らなくてもいい!」と言いました。

弱って無防備な姿のニャゴニャゴに、「捕まえてもいいの?」と何度も聞きました。

捕獲で命を奪うことになったら、それだけがいつも頭から離れなくて。

昨年、ジン君を失った悲しみで、私に植え付けられた死というリアルな恐怖心が、守れるものを守れないようにしてしまうのかもしれない。

tobutori、疲れています。










ブログランキング・にほんブログ村へ ← 自分が元気でないと一番ダメなのにね!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ニャゴニャゴ、食べた!

ニャゴニャゴ、丸二日何も食べていません。

水も飲まなくなりました。

今日で丸三日になるところでした。

今日の午前中は、ネモちゃんの通院があったので院長先生にニャゴニャゴの症状を伝えると、エイズに感染しているか腎臓系の病気と思われる、エイズだと助からない。

触ることのできない野良ちゃんなら、どうすることもできないと言われました。

エイズという言葉に、旦那さんと沈んで帰ってきました。

それでも、野良ちゃん用の抗生剤を処方してくれました。



170520_1


 ↑ これは、数日前まで流動食しか受け付けなかったニャゴニャゴが、ダメもとでイナバの焼きカツオを温めて与えたら食べてくれて、しかしその翌日からまた受け付けない状態だったので、これまたダメもとで生マグロのたたきを与えてみたら食べてくれたところです。

感動でした!






170520_2


頭を振りながら、一生懸命に食べています。

でも、これは3日前のこと。

翌日の夜にも食べてくれた生マグロのたたきでしたが、数分後に吐いてしまいました。






170520_3


そして、その翌日からまた食べない。

新たな食材が見つけ出せないまま、購入していたもの全てを順々に食事に出しているのですが、どれも食べてくれません。



170520_4

 ↑ 今日のお昼過ぎの写真です。

ニャゴニャゴは、この時点で丸2日何も食べていません。

流動食も口にしていません。

今日の動物病院での話と、先日近所の動物病院へ電話で聞いた話、今のニャゴニャゴの状態を見ると瞬膜がさらに出ているので、末期症状まできていると思いました。



170520_5

ウものようなヨダレの色はさらに濃くなって口の両脇から溢れんばかりに流れ落ちていました。

上の写真の口元にあるものは、実は玉砂利なんです。

庭で寝そべっていたのでしょう、口元のヨダレが粘着性が強いのでそのまま落ちずに付いていました。

できれば、手を伸ばして取ってあげたいのに、それもできません。

コメントでいただいていた「子猫のミルク(ミオ)」の粉ミルクをぬるま湯で溶かして与えてみたのですが、ニオイを嗅ぐだけで飲みませんでした。

粉ミルクはミケコツーも飲まなかったので、もしかしたら私の作り方に問題があったのかも知れません(汗

ニャゴニャゴにすぐに飲ませたいと思うばかりに焦ってしまい、慌ててミルクを作ったせいで、日齢1~4日の量で作ってしまったようです(大汗

薄かった(不味かった?)のでしょうね。





170520_6


今日も、薬など入れていないのにお水も飲んでくれません。




170520_7

急に起き上がって後ろを振り返えるニャゴニャゴ。

どうしたのかと思ったら!



170520_8

クロちゃんでした(笑

クロちゃん、早くも真昼間から登場です。

実は、この寸前までニャゴニャゴと面と向かっていた私は、動物病院で聞いていた話もあったので涙が止まりませんでした。

エイズの末期症状を調べてみて、経験された方の情報など自分とニャゴニャゴに必要な部分だけ参考にさせてもらいました。

このまま痛いことや、嫌な思いをさせないことを、強く思いました。

もう既に苦しんでいる。

先月、ニャゴニャゴが姿を現した時もそうでした、その姿を見て一瞬で思ったこと、苦痛が取れるような段階ではないと。

でも、何とかしたいと思うのは、いつも私のエゴだったのかもしれません。

これ以上の傷はつけたくはない。





170520_9

ニャゴニャゴ、こんなに弱っているのにクロちゃんに向かって力を振り絞って威嚇をします。

鳴くことさえほとんどしなかったのに、かすれた声で威嚇の声を出していました。



170520_10

クロちゃんも、本当は強いくせに逃げてくれます。

ニャゴニャゴは、追い払うことができた喜びがシッポに表れていますね。



170520_11


その様子を家の中から観察する長男のミーちゃんです。↑

パティオにずっと私がいるので、気になって見ているんです。



170520_12

現実には追い払うことはできていなくて、クロちゃんはパティオの壁の上に移動。

もう一声威嚇の声を発していましたが、クロちゃんは動じず。

ニャゴニャゴはすぐに疲れてしまったようで、その場にへ垂れ込んでしまいました。



170520_14

最近クロちゃんに怒ってばかりいる私なので、近づくと一生懸命に可愛くアピールして甘えてきます。

クロちゃん、みんなと仲良くしなきゃダメよ~!

たぶん、聞いてないと思います(汗



170520_15


ご飯も、お水も、口にしないニャゴニャゴ。

力ない姿のニャゴニャゴに、看取りの覚悟をしました。





170520_16


それでも、私の頭の中はニャゴニャゴにご飯を食べさせないと、といつも考えてしまいます。

今日の夕方、うちの脇の道を犬(ピッコロという名前)の散歩をしていた近所の年配の女性がニャゴニャゴは焼き魚が好きなんだと話してくれました。

確か先日は、カツ丼が好きだと言っていたような気もしますが、それを思い出して、さきほど生マグロを焼いて千切って与えてみました。

ニオイを激しく嗅いで切れ端を食べようとしますが、ポロポロと落ちてしまい、結局食べられません。

でも、食べる気力はある!

魚を焼いている間、キッチン後方のカウンターを見ていたら、先日お片付けをしていたときの猫缶が目に入りました。

ヒルズ サイエンスダイエットの猫缶ミニです。 サーモン味。

念のためそれも焼き魚と一緒に手に持っていました。

これもダメもとでした。




170520_17


食べたんです!

驚きでしたが、嬉しくて、嬉しくて、ニャゴニャゴの催促されるがままにミニ缶の1.5缶を開けました。

嬉しさのあまり、旦那さんを呼んで、そして写真もブレブレです(笑

猫缶を見せた時の反応も良かったんです。

何かの記憶があったのでしょうか。

深夜2時前の出来事でした。

すぐに報告したくて、フード皿を洗ったりなんだりしていたら、あっという間にこんな時間。

おやすみなさい!







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 夜の少し冷えた気温がニャゴニャゴの体力を回復させたのかな、なんでもいい!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

頑張るニャゴニャゴ!

昨夜から降り続いていた風雨は、今日も一日の大半が強風と大雨になりました。

そんなあいにくの雨の中、我が家ではハウスメーカーの10年点検が実施されました。

当然ながらこの大雨のため、外壁と屋根の点検は先送りとなりまして、今日は床下と浴室とベランダの点検を行うことに。

詳細は、残りの点検が完了してからブログに書きたいと思います。                                    


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆



そして、ニャゴニャゴのその後ですが、どうにか頑張っています!

GW前に、我が家に姿を現したときは、正直その姿を目にして「もうダメかな」と思いました。

過去を振り返ると、ニャゴニャゴはいつも具合が悪くなると我が家へ来ていたような気がします。

ですが今回は、今までと比べようがないほど憔悴しきっていました。

さらに悪いことに、ご飯を食べない!  いえ、そうではなくて、食べようとするけど食べられない。

これでは、薬をご飯に混ぜて投与することができません。

薬といっても、獣医の診察が不可能なので病名が分からないまま私の判断で抗生物質を与えています。

私には抗生物質しか思いつきません。

しかし、抗生物質には色々な種類があるので、病名が判明しなければ例え飲ませることができたとしても、効果が無いこともあり得ます。

それも承知なんです。

ですが、ニャゴニャゴの状態を見ていると、手元にある抗生物質が使えそうな気がしました。

動物病院へ電話で相談もしましたが、捕獲ができない状態では診察ができないので薬の判断がつかないと言われました。

そう言われることも想定済みでしたが、それを分かっていても電話せずにはいられませんでした。

往診のお願いが出来る近所の獣医師でしたが、やはり病名や薬を判断するには体に触れて診察をしないと判明がつかないと言われました。

これも、分かっていたけれど(涙

それでも獣医は、触れないなら鎮静剤を使うことがあると言葉を繋いでくれました。

そして、弱っている状態に鎮静剤は使いたくない、と。

私も、同意見です(泣



170510_1


かなりボロボロの状態で姿を現してから、ほぼ2週間が経ちました。

少量の食事と、寝る場所、新鮮な水、そして私の声掛け(愛情、笑)で、なんとか状態を維持しています。

それに、アドバイスをいただいた「アイシアのMiaw Miaw(クリーミー)」は、いろいろな意味で目からウロコでした。

そうそう、クリーミータイプは、販売しているお店が少ないので当初は探し回っていました。

あと、少し前に「いなばのちゅ~る」を食べさせたうちのコ達が、相次いで下痢になって痛い目を見ていたので、ちゅ~るのようなドロドロ系のご飯はキケンだと完全に除外していました。

食べること、それが今のニャゴニャゴに一番重要で必要なことでした。



170510_2


口の中が痛いのか、苦しいのか分かりませんが、頭を振りながら、まるでもがくように食事をとります。

時々、吐きそうになりながらも食べようと必死です。

それでも、見ていると口の中に入るのは少量だけ。

食べ続けることも、体力がいるのだと思います。

こんな具合に、私のGWの大半はニャゴニャゴのお世話で吹き飛びました(笑

だって、1回の食事に毎回1時間くらいは費やしていますからね、少しずつを色々な方法で食べてもらう努力をしています。



170510_3

いつだったかな、カロリーエースやMiaw Miaw  を食べなくなってしまって、途方に暮れていたときに↑こちらのパウチに救われました。

ストックしていたご飯の中に、たまたまMiaw Miaw と同じようなムース状の「健康缶しっかりまぐろムース」が目に留まり、ダメもとで与えてみました。

こちらが驚くほど、とても良い食いつきを見せてくれて、嬉しくて泣きそうになったのを覚えています。

食べることができずに何度も大量にご飯が残って捨てていましたから、今回もダメかもしれないと諦めていたのかもしれません。

それ以来、ダメもとでもアタックする値打ちがあることに気づかされました。

そんな救世主と思われた「健康缶しっかりまぐろムース」も、大量に購入した翌日から食べなくなってしまい(泣)、普段ならこの時点で相当めげていますが、ストックしてあったパウチを手あたり次第、フード皿に少量ずつ並べました(笑

食べない時は、毎回違う種類や食感のパウチをフード皿3~4個に作ることがあります。

食べるまで猫パンチを受けながらも、口元まで近づけます。

側にはいつもクロちゃんがいるのですが、ニャゴニャゴはクロちゃんに食べてほしくないので恐ろしいほど威嚇します(汗

さすがのクロちゃんも、後ずさりして玄関のいくつかある鉢の中に隠れて様子を伺っています。

ニャゴニャゴにご飯をあげていると、クロちゃんは甲高い声で鳴いてくるので、私も甲高い声で応えています。

時には、どうしても食べてくれないこともあります。

それでもニャゴニャゴは、食べたいよと、高い声で鳴くのです。

そういう時が、一番つらいです。



170510_4


沈みそうになる気持ちをクロちゃんで紛らわそうと、クロちゃんにご飯をあげます。

この日は、ご飯のあとにシーバを上げていたのですが、ニャゴニャゴがクロちゃんにご飯を上げるなと怒りまして(汗

ですがその後、何も口にしなかったのにシーバを必死に食べ始めたのです。

クロちゃん効果?!!

ニャゴニャゴとクロちゃんに、要求されるままにシーバを与え続けていたら、シーバの箱がスッカラカンに(笑



170510_5


シーバだけでは栄養価が低いと思い、他のフードを混ぜたら全く食べてくれなくなり(涙

でも、何とか今日は食べてくれた~!の喜びで一日を終えることができました。

そして翌日から、ニャゴニャゴはシーバを一切食べなくなりました(泣



170510_6

 ↑ 動物病院で買ったちゅーるのカロリー2倍版です(笑

「動物病院専用」と書いてありますが、下痢が心配だったのでうちのミーちゃんとビビに実験台になってもらいました。 ハハヲユルセ

二日ほど試しましたが、2ニャンとも下痢をしません。

これは大丈夫と思いニャゴニャゴに与えてみましたが、悲しいかな、見向きもしませんでした。

クロちゃんにも与えてみたのですが、やはりこちらも食べてくれませんでした。



170510_7

こんな風に、一喜一憂しながら朝から真夜中まで続けていたら、私の体調も睡眠不足でおかしくなってしまって、目の調子が良くありません。

数日様子を見ましたが治癒しなかったので、来週早々に眼科へ行くつもりです。

ニャゴニャゴは、流動食に近い食事を少量摂取しているだけなので、確実に痩せてきています。

それでも、目の輝き具合は悪くない感じです。

日差しが強い日は、体の力も奪われるようで、ふらつくことがあります。

そういう時は目に力も無くなって、覚悟をしなければと何度思ったことか。

夕方、気温が涼しくなると体力が戻るのか、どうにか食事をとってくれます。

その姿は、必死さが見えます。

食べないと死んでしまうと、分かっているかのようです。



170510_9

 ↑ 5月4日頃のニャゴニャゴです。

瞬膜が常に出ていて、目の力もなく、私には危ない状態に見えました。



170510_10

 ↑ 5月11日頃のニャゴニャゴです。

瞬膜は出ていますが、目力があるように見えます。

私には、顔つきがしっかりしてきたように見えました。

ニャゴニャゴの食事は、今日食べていたものが、明日は食べられないものになっているので、買い出しも大変です。

色々なお店に買い出しに行っては、食いつきが良ければまたそのお店に買い出しに出掛けたり。

食べる量も少ないし、上澄みだけだったりするので大半を捨てることになります。

外ネコ用のフード皿4枚は、食べ切れないご飯を捨てたり、病気などが移らないように、フル回転で「洗う!」を繰り返しています、結構大変です(汗

最近の一日のサイクルは、朝は食欲のないニャゴニャゴなので、昼過ぎから夜中までが「食べる、食べない」のご飯のお世話時間になっています。

拘束時間、長いです(汗

GW明けから5月の仕事は、1年の中で多忙な時期になるので、昼休みにニャゴニャゴの食事の世話で帰宅したり、職場と自宅の行き来をしていると、とてもヘビーな毎日になっています。

目の下のクマ、もの凄いことになっているんです(笑

それにしてもニャゴニャゴは、賢いネコというか、1度薬を混ぜた食事は、そのニオイを覚えているようで、そのパウチ自体を一切口にしなくなるので気を使います。

そのため、今は薬を入れていません。

はじめの頃は、錠剤の抗生物質を細かく砕いて、カロリーエースやMiaw Miaw に混ぜていたのですが、すぐに見破られてしまい用心されています(汗

ですが、薬を仕込んだ甲斐はあって、容態も上向きになったように思います。

今は一切薬無しで、ニャゴニャゴ自身の力で頑張っています。

私にできることは、食事の世話くらい(笑



170511_1

そうそう、ロイヤルカナンの腎臓サポートリキッドは、必要な栄養素をスピーディーに摂取できるので注文してみました。

腎臓病のネコ用に開発されたリキッドで、自発的に食事が取れない猫にチューブを使って栄養補給が可能になりました。

1本900円くらいだと思います、それなりのお値段がします。



170511_2


試食というか、少しいただいてみたのですが、豆乳のようなそれほど癖のないような感じと思ったら、あと味が非常に悪かったです(汗

パッケージの味移りなのかと思うような、印刷物のような味がしました(笑

しかも、誰も食べてくれない。

この残りは、どうすればいいのでしょう! 泣。



170511_3


クロちゃんは食事のときに毎回いるので、たまに相乗効果でニャゴニャゴが食べ出すことがあるので、意外に役立っています(笑

ニャゴニャゴはクロちゃんに激しく威嚇(声だけ)をするので、いつもクロちゃんは陰に隠れています。

そのクロちゃんが、チャイロとミケコツーを追い出してしまったので、今はこの2ニャンが常に玄関前にいる感じです(笑

ニャゴニャゴがこういう状態なので、それで良かったのかもしれません。

ただ今日は、大雨が降っていたにもかかわらず、家の10年点検で人の出入りがあったので、ニャゴニャゴは犬小屋から逃げ出してしまいました。

帰って来た時は全身びしょ濡れで、震えていたので焦りました。

すぐにホッカイロを猫ベッドへ投入して、犬小屋も段ボールを使って防寒住宅に改良しました(笑

風邪をひいたら、ますます大変ですもの。



170511_4

買い出しは、いつもこんな感じです。 ↑

GW中、ニャゴニャゴはいつも食事をした翌日に吐いていました。

今はおさまっているようですが、私の目に付かないところで吐いているのかもしれません。

お水は、毎日大量に飲んでいます。

大量に無くなる水を見て、薄々は感じていましたが、腎臓系が悪いのかと思います。

口の中もひどい悪臭がしています。

ただの口内炎ではない気がしています。

泣くこともありますが、出来ることはただ一つ、一緒に前を向いて歩いていきましょう。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← ミーちゃんがニャゴニャゴの世話にヤキモチを焼いてます!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

一日、一日を生きる!

動物が好きで。

昔から大好きで。

でも、自分から飼いたいと思ってペットを購入したことはほとんど無いに等しいかなぁ。

今、家にいるコ達も購入していません。

外にいるコ達はなおさらです。

だからという訳ではないけれど、名前を決めるときは情が移らないように、保護した場所の地名や、毛色だったり、そのコの特徴から選ぶようになってしまった。

ニャゴニャゴも、そうでした。




170503_1


ある日突然、我が家の玄関前に今日みたいに、こんな風にポツンと立っていました。

風格のあるキレイな猫ちゃんでした。

どこかで飼われている猫だと、そのときは思いました。

でもね、数時間経ってもうちの周りにいたんです。

お腹が空いているのかな?と思い、イナバの焼きカツオをあげたような記憶があります(笑

遠い記憶をたどるような感覚ですが、ほんの数年前の話なんですね。

そしてニャゴニャゴは、数日してまたうちへ来るようになりました。

後で考えると、どこへ行けばよいのか分からずに、うちの周りをウロウロしていたのだと思います。

訳も分からずに彷徨って、きっと怖い想いもしたんだと思います。

落ち着いた姿勢で座りながら、こちらが少しでも近寄ろうとすると、シャー、シャーと、ホント凄い顔をしてました(笑

コワかったんだよね、何もかもが、きっと。



170503_2


数日して気づきました、このコは捨てられたのだと。

それは、近くのアパートで、大切に飼われていた猫ちゃんに似ていたのを思い出したからです。

2階建てのアパートの1階、玄関扉が開いた状態で首輪とリードに繋がれてよくお外に寝そべっていました。

そのアパートは、我が家で食料品を買い物に出かける途中にあったので、猫の飼い方を目にして大切にしているんだなぁと微笑ましく見ていたんです。

でも、ニャゴニャゴはその猫ちゃんに似ているけれど、そのアパートの猫ちゃんだと確証は持てませんでした。

うちに来ている時も、何も言いません(鳴きません)。 

そして、あまり身動きもしません。

凛と座っていました。

飼われている猫ちゃんだと思っていたので、名前を勝手に付けるわけにはいきません。

だから、一般的な猫の鳴き方を真似て、ニャゴニャゴ~♪と声を掛けたのが、ニャゴニャゴの名前の切っ掛けでした。

数か月後、そのアパートのその部屋の前にニャゴニャゴの姿がありました。

ニャゴニャゴが立ちながら手を伸ばしても、その窓は閉ざされたままでした。

アパートのガラス戸を見つめる熱い眼差し、やはり、アパートで飼われていたあの猫ちゃんはニャゴニャゴに間違いないと思いました。



170503_3


まだキレイで若かったニャゴニャゴは、姿を暫く見せないこともあって、もしかしたら誰かに飼われたかもしれないと、淡い期待をして何度も裏切られてきました。

ご近所でネコを虐めるような人はいませんが、外を彷徨っているようなネコを飼うような人もいないということが分かりました。

そういうのを少し寂しくも思いましたが、私が犬を保護した時に犬の散歩をする人たちから声を掛けられることが増えて、その中で色々と話を聞いていると、野良猫にご飯をあげているような話も聞けて、心温まる気持ちにもなりました。

人に興味ゼロの私でしたが、そういうこともあってご近所の人が大事に思えるようになりました。

ニャゴニャゴの存在はいつも頭にあったのですが、この時すでに我が家には4匹の家族を迎えていたので、旦那さんにこれ以上の無理は言えないと考えていました。

4匹目のジン君のときも、その前の前のビビのときも、いえ、長男のミーちゃんのときでさえ、無理矢理感はありました(汗

そういう経緯もあって、当初はニャゴニャゴを保護したいと言えず、せめて去勢手術はうちで対処しようと話していました。

ですが、その捕獲が大変になるとは想像もしていませんでした。

当時は、2つの動物病院に去勢手術などの相談をしていました。

ですが、なかなか保護もできず、数年経っても威嚇をするニャゴニャゴは、外世界に馴染めたようで馴染めずに体の衰えが出てきました。

疥癬で酷い状態になったときは、我が家で飼う覚悟をしてそれでも捕獲ができず、我が家から遠ざかってしまうことを恐れました。

我が家から遠ざかった後に帰ってくるときは、いつも痩せて弱っていたりすることが多かったので。



170503_4

GW前から、昼間もうちの周りにいるようになりました。

そして、犬小屋に入ることも多くなりました。

ニャゴニャゴ用にご飯を用意するけれど、ご飯を食べる気持ちはあるのに食べようとすると吐き気がしてしまうようで辛いのか食べられません。

食べられないと、私に向かってか細い声で鳴くのです。

だから、私も泣いてしまいます。

動物病院で苦しい思いはさせたくないと決めたのに、それでも病院へ連れて行けないかとまだ考えてしまう。

ニャゴニャゴの目に、白い瞬膜が出始めました。

立っていることさえ、辛いのだと思いました。

それでも、鳴くんです。

か細い声で、私の顔を見ながら鳴くのです。

助けてと言ってる。

先日、ニャゴニャゴの目を見ながら、ニャゴニャゴの写真はもう撮らないと決めました。

今の弱っている姿を、撮りたくないと思いました。

明日をも知れぬその命を前に、何をしたらよいのだろうと、何ができるのだろうかと、狼狽えることしかできなくて。

そうだ、ブログのコメントでアドバイスをいただいた、ダメもとで食事を与えてみました。



170503_7


カロリーエース、買い物をするたびによく目にしていたつもりでしたが、いざ買いものに出掛けると、これがまたなかなか販売しているところが無くて焦りました。

固形物はダメのようなので、牛乳も買ってみました。

Miaw Miaw は、今年の冬に与えたことがあってまだストックがあるかと思いきや無くてこれまた焦りました。

ダメもとで、ニャゴニャゴにカロリーエースを与えてみると!



170503_8

正確には、飲んでくれましたーーーーーーー!

もう、このときは半泣き状態の私。

水を大量に飲む様子から、もしかしたらの期待に、数回に分けたカロリーエースを飲み干してくれました。



170503_9

水を大量に飲む姿を目にしたとき、慢性腎不全ではないかと思いました。

分かっています、その病名は、飼猫でも治りません。

動物病院にかかっても治らない病気です。

しかも、症状からして重篤だと思います。

先日もニャゴニャゴの弱った姿を目にして、触ってあげたくて私の手が伸びそうになった瞬間に猫パンチを食らいました。

私の右手に血が滲んで、爪痕が少し残りました。

以前だったら、もっと深く爪が入り込んで、血が止まりませんでした。

手加減をしてくれたんだと思いました。

呼吸を乱すような、辛い想いをさせてしまった、ごめんね。

捕らえることはしません、自由にここで暮らそう(泣



170503_10


今までロイカナの退院サポートに抗菌剤や抗生物質を混ぜたことがありましたが、分かるようでそれ以来食べなくなりました。

食べないこと、それが一番怖いです。

今回は、水にインターフェロンを3滴入れて飲ませることに成功しました。

カロリーエースに入れても、飲んでくれました。

少しでもストレスになることは避けたい。



170503_11

ニャゴニャゴの食事と同時に、クロちゃんとチャイロがやってきて、というかクロちゃんはいつも居ますが(汗

旦那さんに手助けしてもらいながら、3匹の食事です。

でも、時間とともにニャゴニャゴだけが美味しいものを食べていると気付いたチャイロが、ニャゴニャゴのフード皿を狙います。

チャイロにも、カロリーエースに負けないくらいの豪華なお食事を用意してその場を凌ぎます。

クロちゃんは、ご飯も食べるけど、それよりも触られたい気持ちがいっぱいで私が移動するたびに付いて回って離れてくれません(汗

「クロちゃん、だめよ~」と何度言ったことか(笑

ニャゴニャゴは、Miaw Miaw も食べてくれました!

犬小屋で気持ち良さそうに眠る姿を目にして、あぁ、嬉しくて、また泣いちゃう!!!




170503_12


カロリーを、少しでもニャゴニャゴのお腹に届けられてホッとした私に、旦那さんがカメラを持って来たんです。

それで、もう撮らないと決めたニャゴニャゴの写真を撮ることができました。

GW、ニャゴニャゴに長いお休みが充てることができて良かったと思いました。

そう考えると、長期のお休みのときにいつもネコたちや犬のことで時間がうまく合致してきたような気がします。

不思議です。




170503_13


スノーボールも、大きくなってきました。

モッコウバラの蕾も開いて、少し咲いてきています。

キレイです。

寿命は誰にもあって、いつでもやって来ます。

その時間まで、気に入った場所で自由に過ごして、誰かに見守られて、そしてまた大好きな人の夢を見て・・・ね!







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 幸せな夢を、ずっと、ずっと、見させてあげたい!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

スノーボール

夕方近くになると、tobutori家の前ではこのような光景が最近よく見られます。

まだまだ仲良くなれない男子たちです(笑 ↓



170426_5


ご飯の時間が近くなると、花壇の隅っこか、パティオで待機のチャイロです。

仕事から帰ってきた私の姿、もしくは車を見て玄関前に移動してきます。

いつも決まったこの繰り返し(笑

可笑しいことに、花壇の土の上にいると、毛色と土の色が同化して気が付かないこともあります。

そういえば、寒い冬に冷たい土の上で待たせるのは忍びなくて、急いで帰ってきたことを思い出すなぁ。

食事をする玄関のタイルの上も、相当冷えていたと思う。

夏はそれが涼しくて、気持ち良いかも。




170426_6


先週末ごろから、右耳の下に大きな傷を作ったチャイロ。

クロちゃんと、ケンカしたのかも・・・

チャイロは、生粋の野良気質なので未だに触れまないし、返事もしてくれないけれど(笑)、容姿がちょっぴりジン君に似ているからずっと見ていたい気分になっちゃう。

でも、見られるのも落ち着かないようなので、ご飯を用意したら私は姿を隠すようにしています。

そして、チャイロはご飯を食べ終えるとすぐにいなくなってしまいます、うふふ、ホント野良ちゃんです(笑




170426_7

同じ時間帯に、クロちゃんも登場です。 ↑

昨日は、花壇の近くでチャイロとクロちゃんがにらみ合っていました(汗

クロちゃんは、食事を終えてもうちの周りにずっといます。

夜は近くにいるようで、私が玄関を開けたり、旦那さんが帰ってくると、「ニャ~」と甲高い声を発しながら小走りにやって来ます。

旦那さんの話だと、遠くからいつも見ていると思うよ。

というぐらい、私たちが玄関の外へ出るタイミングに小走りにやって来るんです(笑

それがもう健気で、もういいよ~と思うのですが(汗



170428_1


お庭のスノーボールが、一気に開いて咲いてきました♪

今年もまた、「黄緑色の季節」が到来です。

去年の冬にお庭のリフォームをしたのですが、同じころにジン君がお空へ旅立ってしまったので、キレイになったお庭もそんなに見ることはありませんでした。

眩しさが心地良いこともなく、痛いとさえ思えていたあの頃、草木にも寂しい想いをさせてしまったのかな。

今年は、たくさん写真を撮って、たくさん見つめてあげますからね♪



170428_2

 
↑ こちらは、昨日の夕方に仕事から帰ってすぐに撮影しました。

目を見張るほどの、美しいグリーンです。

この季節の花たちは、春の陽気に刻々と変化してしまうので、見逃したらもったいない(笑

写真撮りすぎでしょー! というぐらい撮ってます(笑




170428_3


緑色が黄緑色へ、そして白色へ少しずつ変化をしていくプロセスは、スノーボールの楽しみの一つでもあります。

葉の濃い緑色と、花の黄緑色の絶妙な対比が初々しくって、もう見るたびに気持ちがリセット~♪

クロちゃんに撮影の邪魔をされつつも(笑)、うぅ、心がハズミます!

スノーボールは、やがて真っ白の丸くて可愛らしい雪のボールが幾つも見られるようになります。

枝にしっかりと花を付かせるオオデマリと違って、風に揺れるさまがなんとも儚げでそれもまた魅力の一つです。




170428_4

 ↑ ねっ! 可愛いでしょ~♪

スノーボールの魅力にデレデレな私ですが、黄緑色のスノーボールが楽しめるのも今この時だけですからね。

見逃せないです!




170428_5


どのコも、本当に可愛らしくて、手を伸ばして触ってあげたい。

こんな風にずっと見ていると、辺りが真っ暗になってしまうので中断してますが、仕事の休みの日は家の中から窓の外を眺めてうっとりしています(笑

こんなことをしていると、ミーちゃんに構ってぇと怒られちやうし(汗)、家の中は片付かないし、この季節は大変。

でもねぇぇぇーーーー



170428_6


激可愛でしょ!!

同じような写真ばかりですが、紹介しきれない写真もホント多いです(笑






170428_7

 このコは、いち早く白色に近づいています。 ↑  

キャー、花の命は短し・・・!!!






170428_8


実は去年に強い選定をしていて、だいぶさっぱりしたスノーボールだったのですが、今年もたくさんの蕾をつけてくれました。

今は蕾のモッコウバラも、もう少しで咲きそうです。




170428_9


外にいると、足元にはいつもクロちゃんの姿が・・・笑。

明日からゴールデンウィーク突入です!

我が家は、GW明けにハウスメーカーの10年点検を控えています。

お片付けも、本格的に始動、真剣にしないと、です(笑










ブログランキング・にほんブログ村へ ← お片付けに、メルカリを教えてもらいました!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
  • ライブドアブログ