今日はいつ?

※途中に辛い写真が出てきますので、ご自身の判断で読み進めてください。


明けまして、おめ・・・

新年のご挨拶、ちょっと遅いかと思いましたが、松の内まではすることになっているそうです!

それも、過ぎてしまいましたが・・・笑。

調べてみると、お正月は「月」という言葉がつくことから、大きな意味では1月全部が「お正月」。

 1月の別名は「睦月(むつき)」、他に「正月(しょうつき)」とも言われています。




181227_1



改めまして、


 新年 おめでとうございます

 今年もどうぞ、よろしくお願い致します。


さぁ~、何から書いていこう!!


うちのビビ、今日も頑張っています。

今は、顔がだいぶ小さくなりました。

今回のブログの写真は、全て昨年の12月に撮ったものです。

お正月休みはありましたが、なかなかブログの更新ができなくて。

最近やっとパソコンを開いて更新をしようと向かうのですが、何度も途中のまま上書き保存止まり(笑

タイトルにもありますが・・・、今日がいつなのか、何曜日なのか、目まぐるしい毎日を送っています。

それでも、なんとか時間をつくって、日々の記録を残したいと考えているんですよ。

まぁ、テレビを見る時間は無かったので、世の中の出来事などは分からないというか、ホント要らない世界も良いものです(笑

ただ、睡眠負債は増えていたので、頭がとにかく動かない。

ミーコの名前を呼ぶのに、ビビとかネモとかひと通り名前を言ってるんです(笑

それに、人の話している内容を理解しようと思わなくなります。

よくもまぁ、このような状態で仕事をしていたものです。

特に12月は、寝る暇も無いほどだったので、すっかり痩せてしまいました。

自分では気が付かないものですね(笑

近所の人や、久しぶりに会ったフィットネスクラブのお友達にまで心配される始末でした。

そうそう、母に久しぶりに会ったときにも言われて、その表情から相当見苦しい顔つきになっているのだと感じました。

そうなると、自然と外出を控えようとしますね。

家のカーテンも、開けられなくなります。

服装や髪型もどうでもよくなって。

こういうの、怖いですね。

あの頃も必死だったけれど、まだ恥ずかしいという気持ちがあったから、自分を見失うところまでは行っていないのだと思いました。

というのも、11月までは、なんとかフィットネスクラブで地味な筋トレを週1の日課にしていたんです。

12月は、さすがにその時間は持てなくなりましたね。

からだを動かすことで、心身の健康バランスを維持できればと考えていたのですが、まったくその時間がとれない。

ビビの治療予定をこなすだけで精一杯でした。





181227_2


後ろ姿は、元気な頃と何一つ変わりないです。↑ 可愛いでしょ♪

でもね、今のビビは、歩行困難な状況にいます。

後ろ足に力が入らなくなりました。

ふらつくという状態を通り越して、自分の体を支えられずに転がってしまいます。

そのたびに、私の心臓も止まりそうなほどで、ケガをしないように見守ることに専念しています。

だってね、そんな状態でも、重い頭を振りながら、全身をふらつかせながら、トイレを目指すんですよ。

本当に、偉いコでしょ。

もうそれだけで、毎日泣けてきちゃって。

だから、その全てをちゃんと見ていたいと思うんです。

そう言いながら、12月の毎日は、何をするにも息を止めながらだった気がします。

体にも、気持ちにも、力が入って息ができなくなるんですよね。

今でも毎日起こる出来事に、不安で押しつぶされそうになるけれど、独りじゃないからここまで来れた気がします。

泣いて、泣いての毎日でしたけど(笑



181227_3


所沢にある日本小動物医療センターで胃ろうの手術を受けて、精密検査の結果は根治治療が望めない状態でした。

何度も通った所沢、初めは遠くに感じていたけれど、慣れるものですね。

街の風景や交通事情も分かってくると、案外近くにも思えてくるものです、ウソ遠い(笑

遠くても、行く価値があることは分かっていました。

待合室でドキドキしながら待っていた初診日、通院が増えるたびに、動物医療の最先端を意識した施設だと知ることになるので安心感が生まれました。

最大の理由は、サポート側の看護師さんの権限が高く評価されていたことです。

医療現場だけでなく、動物病院へ入った瞬間から、高度医療が始まっているのだ感じました。

医療技術や設備に関しては、地元の動物病院と比べるまでもありませんが、細かいことを言えば、貧血状態のビビにとって頻繁な血液検査は悩みどころ。

医療センターだと、血液検査の採血量が断然違ってきます。

小量の血液で検査が可能なんです。

検査課も充実しているので、血液検査であれば専門知識をもった獣医に診てもらえます。

正確性と精度の高さが、そのまま治療方針に繋がっていきます。

画像診断の結果を聞いたときに、特に感じました。

有難いことに、ネモちゃんが通院している動物病院は、獣医が先のことを考えながら治療にあたってくれています。

血液検査ひとつをとってもそうです、後ろ足から採血をします。

採血は前足がネモちゃん的にも体勢が楽だし、看護師さんの抑える負担も違います。

それが当たり前だと思っていたのですが、前足の血管をつぶさないように考えての採血方法だと最近分かってきました。

それを知らずに、過去に何度か前足からの採血をお願いしたことがありました。 反省・・・




181227_4



日本小動物医療センターの担当医から、退院時に疼痛緩和(痛みの治療)として、緩和放射線治療の話が出ました。

進行性の強い扁平上皮癌ということで、今実施するべき治療という説明に納得ができました。

先に延ばすなら、疼痛緩和のための放射線治療を選択をする意味が無いのでしょうね。

軽度から中等度の痛みの緩和には、非ステロイド系抗炎症剤もしくは、ステロイド剤が使えます。

ビビの状態は、癌が骨にまで浸潤していたので、痛みは既に始まっています。

その苦痛を考えると、緩和放射線治療を選択していました。

ですが、日本小動物医療センターで放射線治療を希望している患者は多くいるので、予約が入るのが来年1月中旬になってしまいます。

担当医は、今月中に実施可能な動物病院を探して、ビビの検査資料まで送っていました。

あとは、飼い主さんの判断になります。

ですが、今年中に緩和放射線治療が受けられる場所が、三重県にある南動物病院でした。

入院期間内に、1日1回5日間連日照射する方法の動物病院です。

現実的に、今のネモコの介護がある中で、到底ビビを三重県まで連れて行くことは困難です。

ですが、その時にうちの旦那さんは行くつもりで考えていました。

私の希望は、入院はさせたくない。

車の中で話し合っても意見は分かれたままでしたが、運良く近場で放射線治療をしてもらえる動物病院を探すことができました。

前回のブログでも書きましたが、藤沢にある日大動物病院です。

ビビの通院は、埼玉県から神奈川県に移りました。

藤沢・・・、本当に遠かったんです(笑




181227_5


所沢にある日本小動物医療センターを、12月5日(水)の午前中に退院することになりました。

その日の15時には、藤沢にある日大動物病院で1回目の放射線治療が行われます。

全身麻酔をするので、治療後の容態を考えたら入院して点滴等の処置をした方が良いと、日本小動物医療センターの担当医に言われました。

念のため、一時退院扱いにしていつでも再入院できる態勢を整えておきますと言ってくれました。

この時点、そして放射線治療に向かう車中も、私の頭の中では家に連れて帰る気満々でした。

だって、車の中で安心して寝ているビビの姿を見たら、これ以上の入院は酷だと思えたんです。

ですが、その日の22時に放射線治療を終えて帰るときには、車の中で1時間以上も神経症状のような興奮状態になったビビを抑えながら、日本小動物医療センターに再入院で正解だったのかもしれません。

放射線治療の後は、必ず右回りの繰り返して車の中を逃げ惑うように、休みなく動き回ります。

それを、後部座席でビビがケガをしないように必死になだめていました。

ある意味、運転手さんよりも大変でした。

腰が痛くなるのを我慢しながら、ビビの暴走を抑えなければなりません。

放射線治療を終えた後の部位は、擦ったり触らないように指示がありました。

ビビの旋回し続ける原因は、日本小動物医療センターでも、日大動物病院でも、十分な回答は得られませんでしたが、おそらく麻酔の影響が考えられるとのこと。

興奮して動き回るビビの姿に、私もなかなか冷静でいられませんでしたが、少しでも安心できるように必死に優しく声を掛け続けました。

いつも必死だったけれど、私の声はビビの耳に届いていたのかな。

その日、ビビを預けて自宅に戻れたのが27時過ぎ。

二人とも数時間後には、仕事でした。

その間、ネモコの食事を心配しましたが、12月は何度もお預け状態にしてしまいました。

ミーちゃんも、お留守番ご苦労さまでした(笑




181227_6


退院後は、胃ろうの食事に二人掛かりで息をのみながらの毎日でした。

食事を作ることも大変だし、とにかく顔以外の体は元気なビビは、いつでも急に歩き回ります。

そのたびに、胃ろう用のチューブが外れないようにハラハラしていました。

それと、食事に使っているシリンジがすぐに使えなくなるで困りました。

使い捨てなので、当たり前なんですけどね(汗

そういうこともありながら、12月は毎週水曜日に藤沢まで放射線治療に通院しました。

日大動物病院で待つ時間も長かったですが、いつも渋滞の高速道路の上にずっと居た気がします。

最後の治療日は、なんと12月24日!! クリスマスイブ?

天皇誕生日の振替休日だったのですが、ハッピーマンデーで月曜日が削られるために大学は通常の授業日で、動物病院も開いていたんです。

うちの旦那さんは、毎週水曜日に休みを取っていたので、仕事の調整がかなり大変だったようです。

最後が休日に当たって、救われました。

しかも、この日は恐ろしいほど高速道路が空いていたんです。

トラックが一台も走っていない!!!

この日だけ、余裕で時間通りに動物病院へ着きました(笑




181227_7


目が回るほど忙しくて、なかなか楽しみが無かったけれど、クリスマスケーキだけは予約しておいたんです。

近所にある洋菓子店「ルブラン」で予約しました。

テレビ番組の「マツコの知らない世界」で栗スイーツの世界の時に、ルブランの「レジオン ド マロン」が取り上げられたので、更に混んでいました。

クリスマスより、かなり早めに食べたクリスマスケーキが唯一の楽しみで、美味しかったけれど食べる時間が無くて、半分をダメにしてしまいました。





181227_8


仕事の日は、昼休みに自宅に戻ってからネモコの食事と、ビビの胃ろうの食事をしてまた職場に戻る。

大変さを通り越して、泣き崩れそうになりました。

次第に、着ているものや髪型にも気を使わなくなって。

普段はコンタクトレンズなのですが、未だに眼鏡で毎日を過ごしています。

ここ最近自覚していることだけど、ますます視力が低下している気がします。

それと、何度も手を洗うので、あかぎれになってしまいました。

不思議なもので、あかぎれも初めは気が付かないものですね。

ケガをしたのだと思っていました(笑

中指のこぶし付近が割れてしまうんです。

本当に疲れた12月だったけれど、今はビビが家の中に居てくれるからいいのかな(笑





181227_9


そんなことを言っても、毎日色んな変化があって涙することがあるのは事実です。

開いたままの口からは、絶えずヨダレが流れ出ていましたが、今は出ていません。

皮下点滴の量が少ないんです。

ビビは、皮下点滴を嫌がります。

うなるほど嫌がるので、出来ないことがしばしばなんです。

獣医に相談したら、胃ろうから水分をこまめに入れてあげてくださいと言われました。

薬と食事の用意、そして食事と水分を補給させて、あっという間にまた水分補給の時間になる。

しかも、ネモコは1月になってから、急に食事の量が減りました。

恐らく、ネモコが寛いでいた場所にビビが入ってきているので、それがストレスになっているのだと思います。

ビビは足に力が入らなくてふらついてしまうんです。

最近は、転がってしまうほどだから、横になっているネモコにぶつかることもあります。

ビビは目が見えていないから、必死なんですけどね。




181227_10


ビビの寝ている姿を見ると、ネモコだけじゃなく私も安心します。

こうやって、大変でも平穏に1週間、1ヵ月、1年と、時間が過ぎていけば良いのに・・・。




181227_11


こんなに大変で、辛いことも多いのですが、悲壮感は無いんです。

不思議に思っていたのですが、旦那さんがその答えを見つけました。

食事をしてくれている!

たったそれだけのことなのに、その簡単なことが、どれだけ大きな意味を持つか、私たちは知っています。

食事をしてくれないことが、どんなに飼い主さんの心を悲しませてしまうのか。

確かその前の年は、ネモコが糖尿病にかかってしまって、口内炎とダブルパンチな状態でした。

ステロイド剤が使えなくて、痛みで食事を取れなくなって、強制給餌を経験した時の苦しみは今でも忘れません。

どうすることもできなくて、どれほど悩んだことか。

12月は再生医療、1月は強制給餌、ネモコの1年間は流動食で食いつなぎましたが、今はだいぶ痩せました。




181227_12


私が、なかなか胃ろうの選択ができずに、肝リピの状態で手術をさせてしまったジン君のときもそうでした。

口から、たった30gの食事をさせるのがどれほど大変だったか、足りていない量なのに信じて食べさせていた。

天使のように可愛かったジン君のことは、未だに話題にすることはありません。

まだ涙が止まらなくなるから。




181227_13



ビビは、胃ろうの手術を早い段階ですることができました。

暫くは、自分で口から食事をしながら、胃ろうの食事もしていました。

12月中旬過ぎから口から食事をしなくなりましたが、胃ろうで毎日お腹いっぱい食べてくれています。

体重も、ほぼ変わっていません。

体は元気なんです。

心臓も、内蔵全部が元気なんです。

だから泣いちゃうのかな。

先週は、緩和ケアのことで東京にある「空の木犬猫病院」を訪れました。

だってね、看護や介護をしていると、時間がいくらあっても足りない。

いくらだって、してあげられることがあるから。

だから、毎日寝不足なんだろうなぁ。

あ、明日は仕事? 何曜日だったかしら?







ブログランキング・にほんブログ村へ ← いつもありがとうございます、やっとブブログが更新できました!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

追いつけない

※途中に辛い写真が出てきますので、ご自身の判断で読み進めてください。

今日の暖かさは、冬と思えないほどでしたね~♪

家の中は、蓄熱暖房の放熱で暑いくらいでしたけど・・・(笑

それと、ビビのお口の乾燥を少しでも防げるように、リビングに加湿器3台がフル回転。

なので、家の中にいるとちょっと蒸し暑いくらいでした。

洗濯物は、ポカポカ陽気で気持ち良いほど乾いてくれる。

家事に限らず、色いろとやりたいことが増えちゃいます(笑





181218_1



今日は私の仕事がお休みで、一日中ビビのことを見ていました。

というのも、昨日はウンチをしていないので、今日あたりするんじゃないかと・・・

先日、私たちが外出中にトイレをしていて、ビビの両手はウンチまみれになっていました(泣

排泄が終わった後に、一生懸命にホリホリをしたのでしょうね、顔まで真っ黒で焦りました。

手で擦って顔まで汚れてしまったのかと、本気で焦ったのですが、顔は癌の進行なのか、放射線治療の影響なのか、日に日に黒くなっていたんです。

進行の速さは十分に分かっていたはずなのに、ビビの顔が思い出せないほどの変わりようで、ふと気づくと自然と涙が出ています。

できるだけ清潔にしてあげたいのですが、顔は特に触らせてくれないので、洗うことができません。

お湯に浸したガーゼを当てたり、色いろと試しているのですが嫌がります。

今も治療が続いているので、家の中では極力嫌がることは控えいます。

自由にさせてあげたい気持ちがあるので、悩みどころです。






181217_1



11月28日(水)の日本小動物がんセンターへ行く前に、ずっと考えていたことがありました。

ビビは、多頭飼育崩壊の出身です。

我が家に迎える前に、ビビを一時預かりされていた方がいます。

ビビのことをお知らせしなければと、思っていました。

同時に、ビビを守れなかった責任を私は感じていたのでしょうね、一時預かりさんのことを頭に思い描いたら、涙が止まらなくなっていました。

早いもので、ビビを家族に迎えて11年が過ぎました。





181217_2


何度も、何度も、メールのやり取りをして。

時間が11年前に戻ったみたいで、ビビの話題は尽きませんでした。

そして、後ろばかりを振り返って泣いていた私に、「ビビは前しか向いていませんよ!」と言ってくれたんです。

その時に、そうだった、そのことが一番大事なことだったと、やっと気づくことができました。

もう、そこからは泣かないと決めました。

私もビビと同じように、今と前しか見ないと、気持ちが振り切れました。

でもね、そう言ってもやっぱり泣いてしまうことがたくさんありましたけどね。




181217_3


毎日なんです。 ↑

毎日、刻々とビビの病状は変わっていきます。

癌は、止まってくれない。

だから、私は追いつかなくて。

どうやっても追いつけないから、ビビに笑顔であいさつの前に泣いてしまうことがある。

朝起きると、怖い。

そんな気持ちがあるから、息を止めるようにリビングに向かう日が増えていきました。




181217_4


12月11日(火)、朝起きてビビのことを探していたらトイレの中で寝ていました。

いつから居たのだろう、ずっとそこに居たのかな(涙

そうやってビビの顔を見たら、顎の付近全体が窪んでいるように見えました。

右目は開いているけれど、青い瞳が黒い瞳になっている(涙


12月12日(水)に、日大動物病院で放射線治療の後は車の中で神経症状らしい行動が出て大変だったけれど、帰宅後は相当お腹が空いていたからカリカリを一生懸命に食べていた。

すぐに用意した胃ろうの食事を終えたら、深い眠りにつきました。

様子を見ていると、放射線治療は相当疲れるのだと思う。


12月13日(木)、口が開いたままになる。

これ以降から、自力でカリカリを食べることが無くなりました(涙




181217_5


12月15日(土)、口は開いたまま、舌は出ている。

口が閉まらないので、ヨダレは常に出ている状態です。

拭おうとすると、とても嫌がります。

顎の付近を触られると、痛みがあるのかもしれません。

口からも食べたいだろうと思い、AD缶と退院サポートを擦りつぶしてお湯で溶いたものを口の前に持って行くと、鼻先をつけて舌で舐めようとする。

でも、鼻周辺の感覚が無いらしく、ご飯に鼻をつけてしまう。

鼻から口の周りが汚れてしまって、これでは誤飲や窒息しかねないと思い、口からのご飯をやめることにしました。

胃ろうチューブがあるから食事はできる。

でも、口から食べさせてあげられないことに、心が痛みました。




181217_6


12月16日(日)、口呼吸が苦しそうな時がある。

酸素室のレンタルを考えました。

市内にあるテレコムに電話をすると、いつでも対応できると言われました。

うちの旦那さんが、日本小動物医療センターに胃ろうのことなどで質問があって、酸素室のことをついでに聞いてくれたようです。

ビビは肺の病気ではないので、酸素室はあまり意味がないと言われました。

それから、ゆっくりと右回りをするようになりました。

歩くと、左に曲がることより、右へ曲がることを繰り返します。

夕方から、首を振ったときによろけてしまうようになりました。

今まで力強く歩いていたので、かなりショックでした。





181217_7


それでもね、偉いでしょ! ↑

ちゃんとトイレまで行くんですよ~

でも、場所を思い出せないこともあってかなり遠回りをすることが増えています。

そういう時は、私が抱っこをして連れて行ってしまう。

行きたい場所を、近くにまとめた方が良いのかな・・・



181217_8


先週は足取りがしっかりしていたのに、この頃はヨロヨロと歩き回ります。

トイレでオシッコをした後は、疲れてしまうみたいでトイレの前で横になってしまう。

明日は、また藤沢へ行きます。

3回目の放射線治療です。

体調が落ちてきているのが分かるので、正直迷いました。

日大動物病院へ電話をすると、中山先生(院長先生)から折り返しがあって話をすることができました。

麻酔の影響が考えられます、そう言いました。

先生の中では、緩和治療ではなくて、治療そのものになっています。

扁平上皮癌に効果がある新薬が、日大動物病院にはあるのです。

まだ治験薬ということでしたが、昨年の8月から効果を実感されている様子でした。

その話を聞いたときは、私も旦那さんも元気がでました。

明るい未来を期待したんです。

先生は、治療ではなく体調が落ちてしまっては意味が無いので、今回は休んでも構いませんと言いました。

日本小動物がんセンターの担当医は、緩和目的の放射線ではなく、放射線治療であっても痛みの軽減にのなると話していました。

どうなんだろう・・・

痛みは見えないので、どうしてあげたらよいか悩みます。








ブログランキング・にほんブログ村へ ← いつもありがとうございます、今日のウンチは大量でした(笑)、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

可愛い胃ろうの洋服

ビビの胃ろう用の洋服が届きました。

日本小動物医療センターで胃ろうの造設術をして、入院している間に採寸をしてくれます。

胃ろうの洋服を作ってくれる「みかんとリンゴのお店」のホームページで、生地の番号を確認してから獣医に伝えて注文までしてくれます。

病気やケガなどの状態に応じてのオーダーメイドです。




181213_1



そう言えば、獣医から綿生地を選ぶと良いですよ、とアドバイスを受けました。

ビビは雄なのですが、病院ではピンク色を着ていることが多かったですね(笑

ビビは水色も似合うので、ピンク色と2着の注文を考えていました。

が、残念ながら水色系の綿生地は売り切れ。

注文から1週間ほどで、自宅に郵送で届けられます。




181213_2



ビビのこと、癌のこと、この二つのことを考えるだけで精いっぱいだから、余裕なんてまったく無くて、胃ろうの洋服のサポートがあって助かりました。

今のビビは、自宅で胃ろうの食事が既に始まっています。

今だから思えるのですが、この洋服を見るたびに救われています。

「日本小動物医療センター」と、「みかんとリンゴのお店」に、心から感謝です。




181213_3


グレーの生地は、2枚合せになっているので肌の弱いコ向けです。

生地の色や種類はたくさんあるのですが、色よりもストレスの無い生地の柔らかいものを選びました。

ピンク色の生地は、肌触りのよさと厚手の生地を選びました。

秋冬用です。

とても可愛いのですが、ピンク色の洋服を見た瞬間、ビビに似合うか少し考えました。

のんきなものです(笑)、でもそんなことを考えるなんて、本当に久しぶりでした。

ふふ、でもね、ちゃんと似合っています(笑





181213_4


まずは、ミーちゃんに試着してもらってどんな様子か確認しました。 ごめんね、ミーちゃん(笑

残念ながら、ミーちゃんにはサイズがきついようです。

胃ろうチューブでの食事を想定したり、洋服の着せ方や、脱がせ方がなんとなくですが、目視確認ができた気がします。

何しろ洋服がパンパンなので、確認は目視がせいぜいかと。



181213_5


ですが、なんと言っても、ミーちゃんの温もりを感じて欲しいこともあるので、暫く着ていただきました♪

うーん、ミーちゃんはグレーが似合うわね(笑




181213_6


気に入ったのかな、違和感なく寝ています。



181213_7


背中の上のホックは外れていますが、着用に負担が無い作りになっていて気持ち良さそうにしています。

洋服が伸びる心配もしましたが、実際ビビに着せたらちょっと小さめでした。

ピッタリサイズと言うのか、ビビは毛の長さがあるので窮屈な感じです。

さらに欲を言えば、背中側のマジックテープがもう少し柔らかい素材だとサイコー。

旦那さんの提案で、たくさん洗濯してヨレヨレにするしかないのかなと(笑




181213_8


もちろん、ピンクも着ていただいています。 ↑

きついのなんか、ヘッチャラです(笑

厚めの綿生地が、暖かいのかな。 いい感じです♪




181213_9

そして、ビビ。↑

お気に入りの段ボールベッドの中で爆睡中です。



181213_10


胃ろうのチュウーブは、ポケットに収納できているので、事故抜去が防げるので安心です。

傷口の確認は常にできませんが、ビビは1日に1~2回のガーゼ交換が欠かせません。

病院で使用されていた抗生物質が効いていなかったので、傷の治りが遅いんです。

ネモコがお世話になっている動物病院で聞いたら、1週間くらいの間隔でガーゼ交換と言ってました。

ネモちゃんの主治医は、外科手術が上手のようなんです。






181213_11


久しぶりのツーショットです。 ↑

これは、歩き疲れたビビが蓄熱暖房機の前で横になって、すぐにミーちゃんが駆け寄って来たんですよ。

いつもだったらビビに付きまとわれるミーちゃんが迷惑そうにするのに、逆に自分の方から近づいていきました。

ミーちゃんなりに、あの頃を懐かしんでいるのかな。

ビビも忘れていないと思うよ、今はちょっと余裕が無いだけなんだから。




181213_12


今週の水曜日に、日大動物病院へ放射線治療に行ってきました。

藤沢・・・、遠いです。

当然ながら渋滞もあるので、朝から一日がかりとなります(汗

旦那さんも連日の運転手でお疲れでしょけど、ビビも、私も、頑張っていますからね~

治療を終えて帰って来るなり、爆睡です。

何をしても目を覚まさないほど、疲れたようでした。

今回は、麻酔の時間も短いので前回のような症状は見られないと思うのですが、ちょっと心配でした。





181213_13


ネモちゃんとイイ感じで爆睡しています。




181213_14


ネモちゃんが驚くほど、寝ている。

休める居場所があって、ヨカッタ♪








ブログランキング・にほんブログ村へ ← いつもありがとうございます、コメントに励まされて元気をもらっています・・・、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

お帰り、ビビ

ビビ、帰ってきましたよ~♪

12月8日(土)の、朝一番でお迎えでした。

今は帰りたかったお家で、のんびりというわけではありませんが、寝て過ごしています。

日本小動物医療センターに入院したのが、11月28日(水)。

胃ろうの傷の治りがよくなかったので、10日間の入院となりました。

腫瘍科で徹底的な検査をして、分かっていたのですが扁平上皮癌の確定診断が出ました。

さらに判明したのが、すでに外科手術ができない状態であること、骨が虫食い状の破壊まで進んでいたこと。

これから、緩和治療をビビと一緒に頑張っていきます。

頑張るというのは、緩和治療も楽ではないからです。






181210_1


やっと、ビビのお家に帰って来たんだよ~

ビビに私の声は届いていない。

耳は聞こえているのだけれど、逃げるのに必死なのだと思う。

今度は何、何をされるの?

ここは、どこ?

ビビの頭の中は、恐怖でいっぱいだと思う。

だから、安全な場所を求めて、とにかく歩くしかないように見えた。




181210_2


歩く、

歩く、

歩く。



181210_3


帰りの車の中も同じ状態で、ずっと落ち着かずに後部座席で私の隣を歩き回っていたビビ。

撫でさせる隙を見せないほど、動き回る。

ドアにぶつからないように、席から落ちないように、ビビに声を掛けながらなだめて居たら腰が痛くなった。

放射線治療の後も、こんな感じに動き回っていたので、腰痛が悪化したみたい。

でもね、あのときはビビの意志ではなくて、神経症状が出たのだと獣医から説明を受けました。

その説明は日大動物病院ではなく、日本小動物医療センターの担当医から後日聞くことができた。

ビビの担当医は腫瘍科の獣医さんだけど、放射線科の獣医に聞いてくれたようだ。

初めて聞いた神経症状という言葉に、私は息をのんだのを覚えている。

恐ろしかった。




181210_4


実は、ビビがトイレを我慢しているだろうと思って、家で使っていた猫トイレを車に持ち込んでいました。

退院後、車に乗せて落ち着かない様子のビビを見たときに、トランクルームにあるトイレの周りを歩かせてみたんです。

そうしたら、トイレを確認するかのように入ったり出たりを繰り返して、オシッコをしてくれました。

ものすごく嬉しかった(笑

トイレをしたら少しは落ち着くのだろうと思っていたけれど、それは甘かった。

ビビの不安は、病院から離れても、私たちの声を聴いても、撫でてみても、そしてトイレをしても、そんなことぐらいでは解消できるものではなかった。

強い不安と、傷ついた身体。

そうだよね・・・

でも、お家に帰れる!!!




181210_5


だけど、お家に帰っても歩くことは止まなかったんです。

失明をしてから、家の中をぶつかりながら歩いていたビビ。

家の配置を覚えたのかな、少しずつ上手に行きたい場所へたどり着いているのが分かりました。

なのに、10日間も入院してまた初めから覚え直しになっている。

しかも、傷ついたビビに余裕なんて全く無くて、いつもの場所で抱きかかえて留まらせても、歩き回ることを止めませんでした。

みなさんに心配いただいたとおり、私の体調不良と風邪の症状はピークを迎えていました。

でもね、ビビが歩き止まるまで目が離せない。






181210_6

ようやくです。

その時が来たのは、我が家に着いてから2時間以上経っていました。

相当歩いたので疲れてきたのでしょうね。

歩幅が小さくなって、足先が震えるように小刻みに歩くようになる。

もう限界でしょ・・・


181210_7


やっと落ち着いて横になった場所は、空気清浄機の前で、2階の階段下。

ビビが2階へ上がらないように、バリケードを作ってあります。

こんなところに、ビビは座り込んだことだってないのに。

いつものお気に入りの居場所は、何度も歩いて通りましたがスルーでした。

猫ベッドのクッションも、ふかふかマットの感覚も覚えていない様子。

長かったね、10日間の入院・・・

その毎日はビビにとって、優しい場所ではなくて、怖いことの連続だったんだろうね。

そんなことも分かっていたから、一日でも早く家に連れて帰りたかった。

だけど、ビビが入院する前は私も緊張の毎日だったけど、少しだけ希望を持つことができたり、癌に勝とうねって何度も話し掛けていた。

癌と闘う場所が見つかったと、思っていたからね。





181210_8

胃ろうをしているけど、カリカリも食べる。

見えないけれど、やっとたどり着いた場所にカリカリのニオイを嗅ぎ取ったんだね。

でも、それはミーちゃんのご飯だったよ(笑

ミーちゃんの便秘予防に、ロイカナのカリカリは長く愛用しています。

ビビは、とうの昔に食べ飽きていたのにね。

食べやすい大きさだからかな。必死に食べてる。

食べてるけれど、口からこぼれ落ちて、繰り返しながら食べようとしています。

自分のご飯を取られちゃうと思って、ミーちゃんは駆け寄りました。



181210_9


慌ててミーちゃんを制止しなければと思って名前を呼ぼうとしたら、ミーちゃんは近くでそっと見つめているだけでした。

急いで行ったはずだったのに、ちゃんと分かっているんだね。

ありがとうね。



181210_10


落ち着いたのも束の間で、また家中を歩き回って落ち着いた場所で奇跡のスリーショット♪

一番奥にいるのがビビ。

久しぶりに登場のネモちゃんもいます。

ネモちゃんの口内炎歴は長いですが、最近は培養検査で効果のある抗生物質を特定して使っています。

お陰でだいぶ炎症が抑えられて、一時はきれいなお顔に戻ったこともありました。

でも、その薬はネモちゃんにキツかったみたいで、下痢と吐くことを繰り返すようになってしまいました。

残念ながら、使用中止。





181210_11


ネモちゃん、今も頑張っていますよ~。

ただね、今日はちょっと大変なことがありました。

顔中が痒くて、エリザベスカラーを外して掻き毟ってしまったんです。

両目が開かないほど掻き毟って真っ赤に・・・

tobutori母さんは、ボロボロですよ~



181210_13


またまた歩き回って、同じ場所に辿り着いたビビ。

安住の場所と思っていたら、背後に気配を感じたのかな(笑

はい、しっかりと主がいますよ~

ネモちゃんは、ミーちゃんの侵入は許さないのに、今のビビは許してくれたみたいです。

大人しくしています。




181210_14

それから、段ボールに自分から入ったビビ。

動き回るビビを、この中で胃ろうの食事を取らせようと考えたのですが、まさかこの中で眠りにつくとは。

ぐっすりと、深く眠りに入りました。

箱の中なら安心なのでしょうか。

普段なら、段ボールになんて興味も示さないのに。



181210_15


私たちの傍ではなく、段ボールの中でひっそり寝ている姿を見ると切なくなります。

そう言えば、癌センターの担当獣医がビビちゃんはカゴの中にいつもいます。

そう言っていたのを思い出しました。

ビビにとっての、逃げ場所だったんですね。



181210_16


ゆっくりと、お眠りください。

この後で私たちは、胃ろうの大変さを思い知ることになりました。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← いつもありがとうございます、休めばいいのに休めず・・・、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

幸運と、幸運と、幸運と!

ビビの扁平上皮癌は、とても進行性の強いものです。

ずっと見ていた私は、知っていました。

一番怖いと思っていたので、どの獣医に対しても強く声に出して言ってました。

でも、どの獣医も進行の速さにスルーです。

余りの速さに耐えきれないから、私は1日単位でも遅いと思っているのに、一日でも二日後でも変わりませんからと、がんセンターの担当医にも言われてしまう。

地元で治療していた時に別の獣医から、一週間や二週間でも同じでしょうから、と言われショックを受けたこともありました。

ここにきて、高カルシウム血症の気配が出てきました。

急速に・・・

慌てた担当医が、1週間前の血液検査では数値がやや高めだった程度でしたが、ここまで急に悪化するとは・・・

そんな言葉を昨日電話で耳にしました。

やっと気づいてくれたのかと・・・、何度も言ったのに・・・、そう思いました。

何度もそう言いかけたのに、担当医は早口で自分の言葉を並べてくるから意見が言えない。

獣医の説明を聞きながら考えてしまう、素人の気づきなど医療現場には無意味なことなのかと。

昨日電話をしたら、朝からビビがぐったりしていると聞いて、あまりの辛さに体の力が抜けて床に伏せてしまった。

吐き気がずっと止まらない。

だって、昨日の夜までビビを触っていたのだから。

病室で点滴をしながら寝る姿も確認して、そして夜中に旦那さんと所沢から帰ってきたのだもの。

力が出ないし、息ができない。

なんとか立ち上がると、キッチンの中をしばらく歩き回っていました。



181207_1
 所沢から藤沢までの車中で、私の膝の上で爆睡のビビ♪)



11月28日(水)、日本小動物がんセンターへ入院した翌日に、CT検査と胃ろうチューブの設置を行いました。

前回のブログに書きましたが、CT画像診断の結果、小林先生がプランをたててくれた根治治療ができなくなりました。

外科手術が不可能と分かったことで、ホームドクターの元で緩和治療に入ります。

ですが、9月から数種類の抗生物質で治療を繰り返していたので、ビビの体は多くの抗生物質に抗体菌ができてしまいました。

そのために、胃ろうチューブの傷跡から分泌液が止まらない状態だったんです。

細菌検査で1週間後にその結果が出たので(遅い!)、効果のある抗生物質を退院予定の朝から使うことができるようになりました。

そのためお迎えで行った12月2日(水)には、胃ろう傷の説明を受けて退院を諦めることになりました。

私はどうしても連れて帰りたかったのですが・・・

感染症は、無視できません。

もう少し、もうちょっとで、お家に帰れるからね。 ツライ・・・




181207_2
 (藤沢までの車中は、ずっとゴロゴロ言いながら眠っているビビ♪)



ビビのCT画像診断の所見、全文を載せます。

これで、扁平上皮癌の怖さを知ることができます。

病気が治る、治らないの話ではなくて、同じような病気と闘うときに何かの参考になればと思います。



2018年11月29日

CT検査

 左目瞼は、7mmと肥厚し不均一に造影増強効果を認める。この病変は浸潤性に境界不明瞭に体表皮膚および皮下に広がる。尾側方向へは耳介起始部、頭側方向へは犬歯レベルの鼻梁部を反対側の右側まで、右方向へは鼻梁をこえて右第3目瞼内に浸潤、腹側方向へ亢進を置換するように認められる。左眼球にも浸潤し眼球癆が認められる。
 骨に沿っても浸潤が認められ、頬骨、側頭骨、前頭骨、上顎骨にそって虫食い状の骨破壊を認める。
 左下顎リンパ節5mmと腫大している。
 気管支壁はびまん性に肥厚し、少量の粘液栓が細気管支に認められる。
 腹部臓器に特記すべき異常所見は認められない。


コメント
 左目瞼を中心に認められる皮膚の粗造な肥厚性病変(扁平上皮癌)
 浸潤性が極めて強く反対側の右第3目瞼、正中を越えた鼻梁部、左側口唇、吻側は犬歯レベルまで正中を越えて、尾側は耳介起始部まで認められます。接する骨を浸潤性に破壊しています。境界は不明瞭で外科手術不可能です。
 左外側下顎リンパ節に転移性病変の形成を認めます。





181207_3



こんなに可愛いのに・・・

こんな恐ろしい病気に、かかっているなんて、信じられません。

間違いだったと、癌ではなかったと、誰かに言って欲しい。

病気の正体を知って、これほど怖いと感じたことは今まで無かったと思います。

どうしてこんなに恐ろしい病気があるのでしょうか。







181207_4


骨まで達しているということは、相当な痛みがあったということでしょう。

痛みを和らげる緩和放射線治療がありますが、今入院している癌センターで年内は無理と言われました。

そこで勧められたのが、三重県にある南動物病院でした。

三重県・・・

そこならすぐに緩和放射線治療をしてもらえます、と獣医は簡単に言います。

既にビビに関するデータは送られていて、緩和放射線治療で受け入れてくれると説明がありました。

三重県まで、ビビを?

家に帰る途中も、旦那さんとずっと緩和放射線治療について話し合っていました。

何度も話しました。

12月4日(火)は、私の仕事が休みでした。

いろいろな幸運が重なって、日大動物病院で緩和放射線治療をしてもらえることになりました。↑

予約が取れたのが、翌日の12月5日(水)。

ビビの退院の日でした。

所沢にある日本小動物医療センターから、藤沢にある日本大学動物病院まで、車で駆け抜けました。

その車中で、久しぶりに家族の元でゆっくり眠れたのでしょうね、ビビの幸せそうな寝姿が印象的でした。






181207_5


放射線治療が終わって、日大動物病院を出たのが22時15分頃。

胃ろうの傷が治りきっていなかったことと、放射線治療後の点滴を行うために所沢まで戻れたのが24時近くでした。

夜間診療の予約はしていたので、そのままビビの引継ぎをしている獣医に状態を説明して、私たちはビビの寝顔を確認して茨城へ。

私の喉風邪は治らないまま悪化して、翌日は仕事を休んで寝込んでしまいました。

藤沢から所沢までの1時間15分は、車中でビビに神経症状が出てしまいました。

クルクルと動き回って、私の声など届いていない感じでした。

私は神経症状のことを知らなかったので、ビビを落ち着かせるために必死でした。

所沢に着く30分前頃になって、やっと眠りについてくれビビ。

このまま連れて帰りたい気持ちになりました。

でもね、たくさんの人に支えられて、お力添えをいただいて、緩和放射線治療までたどり着くことができました。

年内にあと3回、藤沢まで通います。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← コメントに勇気づけられて頑張れている気がします、心から感謝、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ