日向ぼっこ

183c5da1.jpg

マリは、1日1回お日様の元でノビ?をする日課があります。太陽
(ちなみにミーちゃんは、1日のほとんどを日向ぼっこに費やしています。)
マリを連れて行くと、なぜかミーちゃんが場所を空けることになります。
マリはほとんどよその部屋に出入りしないのでかなり緊張気味ですが、慣れない部屋に連れてきても、この上下関係は崩れません。
私がその場を離れると、ミーちゃんがやられてしまうので..困った、新聞などを片手に私も日向ぼっこの一員です。
家事が進まぬ時間帯です・・悲しい

のんびり日向ぼっこより、自分の部屋で遊び回るのが好きなようです。
ミーちゃんがリラックスしているのに対し、なぜかマリはつまらなそうです。汗
目を離すとミーちゃんをいじめるので、私も気が気ではありません・・。
ミーちゃんはいつでもどこでも無の境地に入ることができます。笑顔
マリも、ミーちゃんほどとは言いませんが、もう少しはそんなのんびりモードを醸し出して欲しいものです。

マリの元気の源はなんなのでしょうね・・力こぶ

近頃のマリ

0eafd635.jpg

「いつだって、私は元気いっぱいなの!」
マリは退屈が嫌いです・・。
お昼寝の時以外は、元気に暴れています。ダッシュ
でも、考えてみればそんな悪いイタズラはしないかも知れません。

カーテン登りなどカーテンを裂くようなことはしないし、家具も傷付けません。
畳は怪しいな・・悲しい
ただ、部屋中の小物をいじっては散らかしまくります。困った
ああ・・ やっぱり悪質かも知れません。

そんなマリですが、昨日の夜はやけに静かでした(恐ろしいくらい・・汗)。
調子が悪いようでもなく、暴れることもしないし、鳴いて困らせることもしません。
静かに固まっていました。
あ、ただ、朝3時起きでした(私は仕事が休みだったので付き合っていました)。
今日も何となく静かに過ごしているので、ちょっぴり不安です。 ・・あ、いや、心配です。汗
乙女なマリは、何を考えているのかな・・音符
7883f152.jpg

うーん..、この動きなら、心配なさそう・・笑い

フテ顔

58737ad0.jpg

ケージの外へ出してもらえず、『ふてくされた顔』にややなってきている顔です。笑い
どうしてこんな顔をするの?って思えるくらい笑える『フテ顔』なんです。

他のネコちゃんも、こんな顔をするのでしょうか?
どうしてもミーちゃんと比較してしまうせいか、マリには驚きが多々あります。ロケット
きっと、ミーちゃんも同じ気持ちだと思うのですが・・笑顔

マリの、ネコらしいのか、ネコらしからぬのか、そんな笑える毎日が過ぎていきます。

完全に『フテ顔』です。

2ca7fc8d.jpg

いつもマイペースなマリ

31027e75.jpg

マリは動き通しなので、なかなか写真が撮れません。ダッシュ
今日は、ケージに入ってもらって写真撮影に成功しました。OK

ケージの中でもジッとしていないマリなので、思わず連写です。キラキラ
毎回そうですが、ブレている写真がほとんどでした。悲しい

だいぶ大きくなったんですよ?
少しずつは大人しく..、お淑やかなレディに近付いてきているのかなぁ・・汗

そう言えば最近、マリはふてくされたような顔をします。
アレって、意味があるのかしら・・? 何か抗議しているのかしら・・??魚
余りのふてくされ顔に、画像でのUPは避けてみました。
お見せできるギリギリの写真が撮れたら、UPしたいと思っております。

結構、退くかも・・落ち込み

いざ、故郷へ

c1835530.jpg

一昨日のことになりますが、マリは母ネコ(サビィ)と弟(ヨタ)に再会をしてきました。
避妊手術も無事に終え、親子離ればなれになったあの事故から4ヶ月が経とうとしていました。

親子の再会に期待はしておりませんでした。
余りにも長い時間が、この親子の間には壁のようにあるからです。
大人しく車に揺られながら、マリは自分の生まれ育った幼い頃の思い出の場所にたどり着きました(早く言えば、私の実家なのですが・・)。

網戸越しにマリは、サビィとヨタに「フーシャー」でした。
体はコワバリ、心臓バクバク状態です。
穏和なサビィもマリに初めて聞くようなうなり声のような威嚇をしています。
ヨタは相変わらずでした・・猫

匂いも声も忘れてしまったのかな・・
サビィは、自分のエリアに新しいメスが入り込んだことがイヤだったようです。
私の車にニオイ付けをしていました。汗

もう少し早く会わせてあげられたなら・・、いいえ、これでよかったのだと思います。
マリは外で生きていけるネコではなくなっていましたから..。
実家で大人しく隠れていたマリは、我が家に戻るなり普通に駆け回っておりました。落ち込み
故郷の記憶は、病院の記憶のように忘れ去られていくのだと知りました。
それは、マリの今があるからです。
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ