マリのこと

e793863f.jpg


初めてマリを見た日は、小雨が降っていました。
それでも、元気いっぱいに走り回る子猫がマリだったのです。
今日は、私の知る限りのマリのことをお話ししますね。

マリは、実家の近所で生まれた野良の子猫です。
母猫は、とても警戒心の強い小柄な猫でサビ色をしていることから『サビィ』と呼んでいます。
父猫は、その近所で飼われている若い白猫です(とてもスレンダーです)。

サビィには、家もなく食べる場もなかったので、今まで子供がいたとしても育つことは無かったように思われます。
いつしか、不憫に思うようになって餌を与えるようになりました。
この餌やりという行為は、無責任に与えるとその猫にとって不幸に繋がりかねないので判断が難しいところです。
ですが、そんなこと分っていても、お腹を空かせているコを目の前にしたらつい手が出てしまうのは当然ではないかな・・?
確かに無責任なことと言われれば..それまでです、何の反論できません。

でも、それが人間の子供だったら・・
お腹を空かせている、家もない、そんな人間の子供だったら、見過ごせますか?
人間以外は、該当しないのでしょうか・・

マリは、そんな野良の母猫から生まれました。
マリには、姉弟が1匹います。
それが、妹なのか弟なのか分りませんが、白黒の可愛い子猫です。
外に出て姿を見せたのが、マリよりも1週間遅かった子猫です。
その子猫はとても臆病だったのですが、マリのいない今、元気に走り回ってサビィママを困らせています。

サビィは、マリの件以来とても子猫の動きに敏感で、心配性になっています。
本当は、マリの無事な姿を見せて安心させてあげたいんですけれどね・・

小っちゃなマリは、かなりのワンパク者だったので当初はオスと考えられていました。
こんな事故にあって、メスと判明しました。
そして名前も..、名前負けするくらい可愛いのを付けてもらいました(笑
この事故さえなければ里親に出していたのですが、これでは里親探しどころではありません。

運命は、マリだけでなく周りにいるもの全てを変えてしまった。
そう、私の運命も・・

それでも、あの時の、あの涙の判断は間違っていないとそう言えます。

嬉しいため息

ce298b12.jpg


今日のマリの病室には、小さな段ボール箱が入れられていた。
遊べる空間が作られていたのだ。
これも、元気になってきた証拠である。

いつもより早めに面会に出掛けたので、病院は超混み合っていた。
スタッフ全員がアタフタ対応に追われている。
お礼も言う暇もない。
ま..、いつ来ても、ここはこんな感じでいつも混んでいる。
でも、挨拶ぐらいはできるだろうにぃ?・・  ち、違うのか..^^;

マリはスコブル調子がいいようで、膝の上に登ってきては動き回っていた。
気を付けて押さえていないと、膝から落ちそうになる。
元気はいいのだけれど、あ、危ないよ・・(汗

今日の写真はマリが動きっぱなしなもんだから、ブレていて使えるのはこれだけである。
嬉しいため息が・・笑顔
今日は仕事が休みなので、午後からも顔を出して来よう・・
どうぞ、混んでいませんように..音符

マリの要求

f567ce54.jpg


今日も猫の病室は満室でした。
そして、マリの面会中に2匹のネコさんが退院していきました。
今のマリを見ていると、周りで寝ているネコさんの方が重病に思われます。
少し前まで私の涙がマリに向けられていたのに、今日は退院をするネコさんに涙してしまいました。

先にお迎えが来たのは、マリの隣の病室だったネコさん。
長毛種の大きなネコさんで、病名は『癌』、抗ガン剤も投与されていました。
それでもそのネコさんは、一生懸命に自分の毛繕いをしていました。
毛繕いをする姿がうちのミーちゃんと重なり、急にミーちゃんが癌になったことを想像してしまって涙が出ていました。  いけないね・・

もう一匹の退院されたネコさんは、マリの斜め上にいたチンチラのネコさん。
かなりの老体で毛もボサボサ、歯もほとんど無くて息づかいも荒かった。
目も白内障が進んでいる。
そのチンチラのネコさんは、飼い主さんが迎えに来たのが分るらしく、スタッフが声を掛ける前に立ち上がって鳴き出した。
はじめは、急に鳴き出したのでどうしたのか分らなかったけれど、スタッフの話しの内容から事情が分り、凄いな・・って感動で涙しました。
だって、まだ飼い主さんの姿はここからでは確認できないんですよ。
どうして、分ったのかな・・
老猫なので鳴いているのですが、声はかすれて病室内にしか届きません。
それでも、一生懸命に前に向かって鳴いているのです。
体力だって落ちているだろうに、ちゃんと立ち上がって・・
「良かったね・・」 それしか言葉が出ませんでした。

膝の上のマリは、私の洋服に爪を立てて遊んでいました。
みんなそれぞれの運命を、精一杯生きている・・
このネコさんには飼い主さんが必要で、その飼い主さんにもこのネコさんが必要。
大事な命、家族・・

最近のマリは、私の膝から離れることを嫌がります。
帰る間際、マリを病室へ戻そうとするとしがみついて離れません。
今のマリの一番の要求は、膝の上の温かさのようです。

マリ、頑張ろうね!

マリの便秘

31a43391.jpg


マリの便秘は、5日間にも及んだ。
私の悩みは、どうしても悪い方へ考えがち・・ いかん!

便秘のマリのお腹が、昨日の午前中から夕方には更なる大きさになった。
珍しく夕ご飯を残している。
私も面会の時にマッサージを試みていた。
でも、面会時間内にはマリの排泄はされなかった。
院長先生がいなかったので、若い獣医師が説明に来てくれた。

翌朝(今日)のマリのお腹はスッキリしていた!
良かった・・
若い獣医師が(忙しいのにも関わらず..)説明をしてくれた。
「昨日の夜に優しくマッサージを続けていたら、無事してくれました。」 ニコッ^^
うう・・、感謝である。
昨日の夜は、気になって気になって眠れなかった。
若い獣医師さん、ありがとう・・ (名前、ちゃんと覚えておかなければ..^^;)

マリは、今日の夕方もまたお腹が膨らみつつあった。
狭い病室の中で食べているだけだもの、運動不足で便秘にもなるよね。
今日は小さなボールを持って出掛けた。
マリの反応はスコブル良かった!
でも、余り動くといけないんだよね・・ 難しい。
それに、そのボールは転がるたびに鈴の音がする。
他の治療中の猫さんに申し訳ない。
あー、マリがボールに夢中・・
仕方ない、飽きるまでやらせておこう(汗

マリの便秘は、ある意味つづく・・

マリの手術に向けて

fb6f24e8.jpg


今日も、いつものようにマリにご飯をあげたら即完食。
余計に持って来ておいてヨカッタ・・
直ぐに院長先生が来てくれて、今後のマリの治療法についてお話をしてくれました。
今日は、いつも満室の病室も少し空きがありました。
それは嬉しいことと思いながら、後ろを振り返ると酸素室の方が満室でした。
本当にこの病院はいつもたくさんの患者がいます。
この様な病院が自宅近くにあることを、心から有り難いと思っています。

院長先生の話では、やはり後ろ左足の断脚はしなければならないそうです。
折れていた骨が肉かはみ出てきているので、そこから断脚をし今よりも短くなるそうです。
背中の皮膚も感染症がほぼ収まりつつある状態のようで、皮膚をとじ合せるのに足りない部分は両サイドの皮膚を針で無数の穴を開けることによって広げて繋ぐそうです。
そのオペが今週末か来週早々にも行われる予定です。
この手術が成功すれば、概ねマリの回復に向けての本当の意味での一歩となります。

でも、痛い思いをまたさせることに、私の心は落ち着きません。
オペまで、そう日にちが無いと思うと心臓の鼓動が速くなるのを感じます。
何も知らないマリに、せめて美味しいご飯を毎日届けけることしかできません。
このまま時が止まればいい..、そんな情けないことさえ思う次第です。

一番頑張っているマリを目の前にして・・
最新コメント
  • ライブドアブログ