断脚


a326ddf0.jpg


何か違う・・
そう思った瞬間、マリのいつもの鳴き声が泣き叫ぶ声となっていた。
威嚇ともとれるくらいの強い鳴き方だった。

病室の鉄格子を開けて、「マリちゃん」と何度も呼んだ。
部屋の端っこに居たマリは、怒っているようである。
何度も名前を呼びながら、撫でていてもその強い泣き叫ぶような声は収まらなかった。

足が短くなっている・・
何か違うと見たその足は、確かに足首から先が無くて包帯で包むように巻かれていた。
どうしたの!
なぜ・・?

また今日も泣いてしまった。
いつになったら、私の涙は止まるのだろう・・

マリがいつもなら直ぐに近付いてくるのに、今日は近付いてこない・・ そう言うことだったのか。
鳴き声も、私を見る目も違っていた。
恐怖と痛みで、精一杯の力を振り絞り怒っていたのだ。
そう、病院に連れてきた頃の威嚇の声だ。

暫く撫で続けていると、マリは切断された足をつきながら近くに寄ってきた。
外へ逃げようとしている。
必死になって、力一杯外に逃げ出そうとした。

怖いんだね・・
ここが、怖いんだよね・・
何されるか分らないものね・・(涙

優しく撫でながら名前を呼んでいると、落ち着きはじめてきた。
いつもの鳴き声になってきた。
それでも、私の体、手にぴったりと着いて離れない。
撫でるのを少しでも止めれば、また強く鳴き出した。

私もどうにか鉄格子の近くに体を寄せて、マリに体温が少しでも伝わるようにしていた。
そうすることで、マリが安心するのが分ったからだ。
立っているのが辛くなって、座りながらマリを撫でようとすると、また不安がった。

今日も、午前中の最後まで病院にいました。
寝始めたのを確認して、マリにお別れをしてきました。
院長のオペが終わるのを待って、説明を求めました。

「切っちゃいました。」
「皮が付いているだけで動かない状態ですから、今朝切っちゃっいました。」
切っちゃった・・って。 そんな・・
現在、左足首の先は断脚をした状態で、それでも足を着こうとするので将来的には根本から断脚をするそうです。
それは聞いていたけれど、何段階にも渡って痛い思いをさせるのは有効なのだろうか。
骨折はしているものの、足は腐ってはおらず生きているような話もしていた。
それでも、断脚をするという。
人間なら切る部分を少なくする、しかし動物は多く切るそうだ。
どうしても、地面に着く切った先の皮が破れるからだそうだ。

そして、大体は落ち着いてきた状態であることを院長は話されていた。
院長先生も、ホントによく生きていますよ・・と感心?の声も上がったくらいマリは重傷だった。
現在のところ、背中も腐った皮の部分と生きている皮の部分が見た目的にも分れてきているそうなので、腐った部分は切り取って生きた部分と何かで(専門用語だった)選択していくようになるそうだ。
いずれにしろ、私には何もできない、この先生にしか頼ることはできないのだ。

この病院は市内で最も大きく、器具も備わっている。
腕も良いと評判は至る所で耳にする。
わざわざ遠くからこの病院へ来る患者もいるくらいだ。
この辺りで、これ以上の良い病院を私は知らない。
先生にお願いするしかない。
「よろしくお願いします。」と頭を下げてきた。

手の平で眠る、マリ

ad5ae91b.jpg


土曜日と日曜日は、朝から夜まで仕事でブログの更新ができませんでした。
マリの面会に出掛けたその足で、仕事場へ向かう2日間はリポDで乗り切った感じです..(汗
親にも余り無理をしないように言われているので、気を付けなければ・・

休みの間に、うちの両親もマリのお見舞いに出掛けてくれました。
マリは、日に日に元気になっていると見ていて強く感じます。

今日も朝からマリのお見舞いに行ってきました。
面会時間の終了までいるので、病院の方には申し訳ないと思っています。
ですが、マリは覚えていてくれるようで私の手の中で甘えた声で鳴くようになりました。
どうしても、その手を離すことができません。

今日は少し力弱く感じましたが、眠い時間帯だったのかも知れません。
私の手の甲に寄り掛かって、安心して寝始めました。
嬉しかったなぁ・・
それでも、急に起き出すんですよ。
ノラの感覚が身に染みているのでしょうね。
それが不憫に思いました。

今日のネコの病棟は満室でした。
床にも黒猫が1匹いました。
獣医師の猫さんだそうです。
下半身が麻痺しているんでしょう、それでも前足を器用に使ってあちらこちらと移動していました。
人間には興味がないようで、個々の病室に入れられているネコを覗いては威嚇されていました。
とても毛並みも良く、可愛い顔をしていました。
その黒猫さんを見ていたら、何となくマリが不憫に思えなくなりました。
黒猫さんが、そんな幸せそうな顔をしていたから・・

みんな一生懸命生きている。
ね! マリちゃん・・

子猫の名前

13939721.jpg


立って、歩く・・
元気な体なら、とても簡単なことだよね..

今日も子猫は私の顔を見るなり、大きな声で鳴き出した。 「ニャー!」
う、嬉しいよ..(汗
そして、立ち上がって歩こうとしている。
ここまで?・・と、手で押さえようとするも踏ん張った子猫に押され気味。 あれれ..
力が出てきている。
嬉しい力だ! 心配はまだまだあるけれど、この頑張りは子猫の生命力の強さ、証である。

今日も午前中の終了間際まで、子猫の側で独り言・・ ブツブツ、子猫が聞いていてくれればそれでいい。
子猫に話し掛けていると、他の入院中のネコも鳴き出すことがある。 うるさいからかしら・・(汗
でも、私は懲りずにその猫さん達にも話し掛ける。 「ニャー!」

そうそう、子猫の名前・・
コメントでも、ご心配いただいていたので「は!」と思っていました。
本当にありがとうございます。
実は、この子猫には密かに名前が付いているのです。
たぶん私だけが付けていた名前なので、私のブログ『気まぐれなるままに・・・』には載っているんですよ?
タビー縞模様の子猫だったので、タビちゃんとブログ内では呼んでいました。
病院でも・・
ですが、母猫の名前『サビィ』と似ているので改名を以前から考えていました。
そんな中、この事故に遭ってしまいました。
子猫の様態を目の辺りにして、名前どころではありませんでした。
頑張っていた子猫には済まないのですが、私の方が精神的に参ってしまいました。
それで、敢えて子猫と記載していました。

病院のスタッフに名前のことも話していまして、現在の名前が不採用になっていて検討中だということが伝わっています。笑われましたが・・(爆
私も名前を決めたいと思っていました。
それでコメントをいただいたので、特に嬉しかったです。

今日は仕事が休みでしたので、久しぶりに実家へ遊びに行きました。
母が『チコちゃん』と名付けてくれました。
暫くしたら『マリちゃん』に変更になっていました。
そう、マリちゃんぽい顔つきではありませんが、とびきり可愛い名前を付けたいと考えていました。
ですが、子猫を助けた父の承諾も無しに命名はできません..(笑
たぶん・・、我が実家は母の方が強いので『マリちゃん』になると思います。

たぶん・・ たぶん・・

今日の喜び

例えそれが今日だけの喜びであったとしても、子猫の今は輝いています。
そして、明日もきっと・・

今日は午後から仕事が入っていたので、朝早くから家の用事を済ませて子猫の待つ病院へ出掛けました。
酸素室から出されて、一般室へ移動していました。
このことが私の中で前回悪化を辿った印象が余りに強いので、思わず躊躇してしまいました。
前回と違っていたのは、点滴をされていたこと。

今日は、いつもより鳴き声も大きい。
反応もいい。
餌もフード皿にあったものは完食していた。
それでも、餌を探している感じがした。
スタッフにエサの催促をして与えると、これまた食べきった。 嬉しい・・

私の手の平の匂いを嗅いでいる。
そう思った瞬間、立ち上がっていた。
1本の足を引きずりながら、3本足で立って歩こうとしている。
倒れそうになって、私は子猫の体を支えた。
その姿は弱々しいけれど、一生懸命に踏ん張っていた。
たくさん、たくさん、話し掛けた。
「エライね?、もうリハビリしてるんだねぇ?、スゴイね?・・」
私は子猫の前では、喋り通しなのである。
それが、私のできることだから・・

少し経つと子猫は力無く倒れる、そしてまた立ち上がろうとする。
どうやら、この部屋から出ようとしているのかも・・
外に行きたいの? 母猫や姉弟ネコを探しているようにも見えた。
思い出しているんだ・・

子猫の体を支えた時、背中からは異臭がした。
それは、分っていることで仕方のないことだけれど、やはりショックだった。

今日の子猫の元気な様子が余りに嬉しくて、写真を1枚も撮れず・・
撮れないほどの嬉しさが、今日の収穫。
みなさん、本当にありがとう・・

生きたい

b35ef2cf.jpg


泣いてる場合じゃない、子猫は頑張っている!

昨日よりも、また今日元気に見えた。
ご飯もしっかり食べている。
反応も良くなってきた。
嬉しくて、嬉しくて、この場から離れたくなくて・・

今日は仕事ではなかったので、午前中と夕方にも面会に来てしまった。
夕方の時にはうちの両親も来てくれて、代わる代わる子猫を優しく撫でた。
子猫は気持ちよさそうに瞼を閉じた。初めてである・・

この子猫は、撫でて安心させても目をなかなか閉じない。
眠そうにした時でも、目を瞑ることは無かったのだ。
だから、ちゃんと睡眠をとっているのか心配だった。
そんな..寝ているに決まっているだろうけれど、どんなに気持ちよさそうにしても瞼は閉じてくれなかった。
閉じても数秒・・?!

院長先生の話では、背中の部分には血管が無いとのことだった。
そこまで剔れていたのだ。
血管が通っていないのだから、感染症と闘ってくれる白血球も無い。
浄化されないのだ。
そんな状態で、この子猫は頑張っていた。
健気に生きようとする子猫のその姿に「生きる」ための答えを見付けたような気がした。
そうだよ、子猫は生きようと必死に頑張っている。
生きたいと・・
頑張っている子猫に、できるだけのことはしてあげよう。
私が考える以上のツライ思いをさせているかも知れない、痛い思いをさせているかも知れない。
それでも子猫は、生きようと頑張っているんだから・・。

子猫の姿に教えられる。
「生きる」って本当に凄いことなんだと・・
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ