西日本豪雨

西日本を襲った記録的な豪雨から、1週間が経ちました。

水害の脅威は、映像で見るだけでも恐ろしい光景でしたね。

瞬く間に、すべてを奪っていきます。

大きな被害を受けた被災地は、財政支援が得られる激甚災害に指定されました。

きめ細やかな生活支援を望みますが、被災者の生活再建は長く苦しい道のりになるでしょう。

到底楽なものではないはず。

それでも、助かった命があります。

前を向いて、頑張って欲しい。

そう願わずにはいられません。

私の住む地域は、7年前に東日本大震災で被災地となりました。

そのときのことは忘れられないし、滅多にない大災害でしたが、今後同じような災害が起こらないとも考えていません。

昨日までの幸せは、今と明日の幸せが続くから感じられるのだと思います。

だから、頑張って!



 ※ふるさと納税を知っていますか?
    我が家も毎年行っている寄付ですが、今、『ふるさと納税で応援しよう』という支援の形があります。
    被害を受けた自治体に申込金額の全額が届けられます。 → 



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 支援の輪が広まりますように!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください

黒い宝石、ブラックベリー

毎日、暑いですねぇ~

その中でも、今日は特別暑かった気がします。

うだるような暑さとは、今日を言うんだろうなぁ。

tobutori家も、先週からクーラーを始動させました!

6月からですよ。



180625_8




梅雨明けも6月に来ちゃうし、どうなっているのかしら。

そして、tobutoriは、またまたダウンです。

今度は、両側の歯肉が腫れて硬いものが噛めない(泣

普段のご飯を食べるのだって遅いのに、余計時間がかかる。

昨日は、ゼリーを食べていました。

それに加えて、左目の目頭に血の塊が!

たまに血管のようなものが波打っているのは見たことある気がするけれど、まさに「血」そのもので、キレイな赤い色をしていてびっくりです!!

内科に行けばよいのか、眼科なのか迷いましたが、取りあえず明日は眼科へ行きます。

あぁ、眼科は、混むのよねぇ。

さずがに昨日の日曜日は、一日の大半を寝て過ごしました。

寝ても寝ても足りないくらいで、旦那さんが休日で家に居たので、とにかく寝ることに専念しました。

それでも、悪いなぁ~なんて思ってるのに、うちの旦那さんときたら。

こちらはマジメに危機的状態だというのに、日曜の朝早くから習慣のフィットネスクラブへ出掛けていきました。

静かに眠れたけれど、ちょっとね、寂しい気持ちになりましたよ。

せめて、家の片づけでもしてくれと・・・

家の中がピカピカだったら、私の気分だってヨイのになぁ。

それと、最近よく思うのですが、体が疲れると脳が鈍くなるのかしら。

記憶力とかさっぱりだし、考えることができなくなる。

こういうのって、寝て修復していくしかないのかなぁ。

でもね、ちゃんと寝だめの効果があって、土曜日から腫れていた歯茎が今朝は治まっていました(笑

たった2日間でさえ、キツカッタのに!

口内炎で、毎日お口の痛みに耐えていたら、何もやる気が起きなくなる。

ネモちゃんの毎日は、頭がボーーーとして、動きたくなくなって、それは耐えるだけの連続だからと思うと、切なくなる。

今週末の通院で、抗生物質が使えるようになるから、少しは炎症が引いてくれると思う。

痛みは取ってあげられないけれど、炎症が少し治まるとだいぶ楽になると思うから。

そんなネモコもいる我が家では、クーラーは2、3年前から夏の時期だけ24時間点けっぱなしにするようになりました。

ネモコの病状に関係なく、関東地方の蒸し暑さは半端ないですからねぇ(笑

当初は電気代の節約になると聞いて、前年の電気代と比較してみたら、我が家の場合は24時間点けていた方がお安くなることが分かりました。

家の中には大切なニャンズが居ますからね、人間が外出するから冷房を止めるなんてできなくなりました。

だからと言って、クーラー自体の電気代は夏場の大半を占めるモンスター家電になりますので、初めは勇気が要りましたよ~。

ですが、我が家の場合はタイマー機能を使ってこまめにオンオフを繰り返していたので、無駄に電気代が掛かっていたようなんです。

設定温度を変えず、風量を常に「弱」にしていれば、電力を膨大に消費するタイミングが無いので、かえって省エネだったり節電に繋がっていたんですねぇ♪

しかも、ずっと快適な室温が保てるので、外出から帰宅したときにこの上ない幸せを感じています(笑

で、キミたちは幸せだよ~、お外のコ達は大変なんだからね!・・・と、言いながら、ニャンズのご飯の用意やトイレの掃除。

厳しいのか、甘いのか(笑



180625_1





さて、本題に!

6月にブログを書いていたブラックベリーの記事なのですが、今は収穫の残りがほんのわずかに・・・

今年は早かった!!

去年も、その前の年も、7月に収穫をしているんですよね~

やはり、気候が変わってきている?


去年のブラックベリーの記事 → 

一昨年のブラックベリーの記事 → 



去年のブラックベリーの記事を読み返すと、効能まで丁寧に書いてありました。

すっかり忘れていたことを思い出せたので良かったです。

一昨年のブラックベリーの記事は、クロちゃんがtobutori家に現れたことが書いてあって、ちょっとしんみりしちゃいました。

懐かしいなぁ。

もっと、生きさせたてあげたかった。



180625_2


今年も、たくさんの真っ白な可愛い花を咲かせてくれました。

ブラックベリーの花は、蕾の時からふわふわとして可愛いんですよ~



180625_7


白い花に交じって、5月のうちに実がついていました。

ここまでほとんど何もしていないんです。

肥料も与えていないし、虫もつかないし、ホント手間要らずなんですよね。

収穫の時が、ちょっと忙しいくらいかなぁ(笑



180625_3


実が赤くなると、翌日には驚くほど真っ黒いベリーが誕生しています。

ツヤツヤと光っていて、まるで黒い宝石のようです。

そして、今年知ったことがあります。

あはは、今頃知ったのかと言われそうですが(笑

ブラックベリーを収穫していると、所々に硬く萎んだ状態の粒を幾つか目にしていました。

私の収穫が遅いから(汗)、干乾びてしまったと思っていたんです。

ですが、違っていました。

カメムシやら、バラゾウムシなどの昆虫がブラックベリーの果汁を吸っているようなんです。

確かに、実を収穫している時にそんな虫もいたかもしれませんが、余り気にしていませんでした。

鳥にも狙われないブラックベリーだったのですが、意外にライバルがいっぱいいたのです(笑

それ以来、早めに収穫をしなければと完熟まで待てなくなりました。

だって、負けられませんもの~。



180625_4


だけどね、一晩寝て思ったんです。

カメムシの大事なご飯を奪っているのだと。

私は他にも美味しいものが食べられるのに、なんて意地悪なのだとぉーーーーーー!!!

なので、今は少しだけブラックベリーの実を残すように収穫しています。

ですが、そのカメムシたちも生き抜くのは大変のようで、天敵が多くいます。

カマキリやクモや鳥に、捕食されてしまうそうです。

ただ、カマキリやクモが食べる以上にカメムシの数は多いので、天敵の皆さんにカメムシの駆除を期待するのは少々無理があるようですね(笑







180625_5


毎日のように、これくらいの量が収穫できます。

昼間は暑いので、夕方に一粒ずつ収穫をしていくのですが、あの時間帯は「蚊」が出てくるんですよね~

私はどうも、蚊に刺されやすい体質なのでムヒが手放せません。

ヨーグルトに合うような、美味しいジャムを作りますね♪







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 生で食べたら美容に良いブラックベリー!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください

ネモちゃんのその後

だいぶ、ネモちゃんの記事を書いていませんでした。

2ヵ月以上になりますね。

その間、写真だけが増えていって・・・



頑張っていますよ、ネモちゃんは!

 ↓ 昨日の朝の、ネモちゃんです。 



180521_25


だいぶ、顔の感じが変わってしまいました(涙

顔全体に、強い痒みがあるために、炎症を起こしています。

これでも、治まっている方なのですが。



180521_26


 ↑ こちらは、一昨日の様子です。

この日は、私の仕事がお休みで、側で見ていられるときはエリザベスカラーを外しています。

ついでに、オムツも外しちゃうんですけどね。

たまに、気付いたら粗相をされていることも多いけど(笑

だって、何も着けていないとこんな風に安らかな表情を見せてくれるから。




180521_1


3月頃から、左目付近、とくに瞼の辺りを掻く仕草が気になっていました。

強く掻いているようで、次第に左目の周辺が赤くなってしまいました。

痒いのか、痛いのか、とにかく辛いのだろうと思い、すぐに獣医に診てもらいました。

3月24日に目薬が処方されています。

その時の、左目付近の異変は、前回ネモちゃんの記事を書いた4月3日に書かれていました。

ですが、私が感じた様子だと目ではなくて、目の付近、皮膚を痒がっているように思えました。



180521_2



休日、ネモちゃんの通院中は、私が家に残ってネモちゃんの寝床の掃除洗濯が始まります。

口内炎の痛みは止められないけれど、居場所だけでも気持ちよく過ごしてもらいたいから。

ネモちゃんの使っているフリースや毛布、特にエリザベスカラーは血の混ざった大量ヨダレがもの凄くて、毎日洗って干しています。

なので、動物病院で獣医に直接会うのは旦那さん。

私なりにネモちゃんのことで気付いた症状や異変は、口が酸っぱくなるほど旦那さんに伝えます(笑

そして、獣医に薬等を処方してもらっています。

ですが、このとき処方されたのは目薬。

私の感じでは、目の異常ではなくて、目や瞼付近の皮膚なんだけどなぁ。 伝わっていないのかなぁ。

というこも、あったりと・・・





180521_3


ですが、獣医はちゃんと目を診察してくれていて、目に赤味を見つけて目薬を処方してくれました。

確かに、いつもキレイな目をしていたのに、この頃は黒い目ヤニが気になっていました。

ですが、やはり、目の付近に違和感があるのか、ネモちゃんは隙を見ては掻いています。



180521_4


獣医は、常に口内炎の治療を優先に考えてくれます。

ですが、私もその思いはあるけれど、もの凄くストレスを感じている様子なので、ネモちゃんの皮膚の赤味について言い続けました。

そして、軟膏が処方されました。

成分にステロイド剤が含まれているので、皮膚だけに塗ること。

決して目に入らないようにしてくださいと、処方上の注意がありました。

体内に吸収されてしまうそうです。

ネモちゃんは、昨年の12月に幹細胞治療で糖尿病を克服していて、今はステロイド剤が一切使えません。

口内炎でも大変なのに、糖尿病まで再発してしまっては大事ですからね。

激痛を抑えられる唯一の薬として、ステロイド剤は口内炎に大変有効です。

今まで、何度もステロイド剤に助けてもらいました。

ですが、そのステロイド剤は12月から1度も使わずに、痛みに耐えて半年を頑張り抜きました。

その影響で、食事内容は大幅に変化して、今はムース状の流動食を与えています。

一日の行動も、寝て、食べて、トイレに行く。

何の楽しみもなく、痛みに耐える毎日。

その表情や、瞳を見ると、涙が出て止まらなくなります。





180521_5


トイレに行く以外、寝床から移動することが無くなりました。

運動は、私たちがネモちゃんを立ち上がらせなければ動こうとはしません。

はじめのうちは、治療中だから仕方ないと思っていたけれど、半年も動かないでいることは大丈夫なのか、心配になっています。

誰に聞けばよいのか・・・

だけど、負けません。

「ネモコ、運動だよ~」って、たまに動いてもらってます。

頑張れ、ネモコ!





180521_6


新しいものが大好きなミーちゃんは、ネモちゃんだけが使っている電気ひざ掛けを、羨ましそうに使うことがあります。

ネモちゃんにしたら、健康で自由に動き回れるミーちゃんが羨ましいだろうに。



180521_7


一時期、軽くて柔らかなエリザベスカラーを、色々探して購入しました。

新しいものも、すぐにヨダレで汚れてしまいます。



180521_8


自分でエリザベスカラーを外して、両手は血の混じったヨダレで汚れてしまうことも。

口の中が痛むのだから、なんとかしたくて掻きむしってしまうのは当然のこと。

顔中が痒くて掻いてしまうのも、私だって絶対そうする。

でもね、ネモコはエリザベスカラーが邪魔をして、どんなに痛くても、どんなに痒くても、思うように手が届かないようになっている。

どれだけストレスなのだろうかと、そう思うとエリザベスカラーを外してあげたくなってしまう。

旦那さんに、怒られるけどね。




180521_9


掻きむしった後は、顔が腫れちゃうんです。

それでも、痒いし、痛いのです。



180521_10


外出中に、エリザベスカラーを外してしまって、顔中が真っ赤になることもたくさんありました。

その度に、エリザベスカラーを改良したり、新しいものを買って試したりと、何度も、何度も・・・



180521_11


それでも、ネモちゃんの痛みや痒みは止まらないから、ネモちゃんも必死にエリザベスカラーを外すんです。

それを私たちに発見されると、ばつが悪そうな表情になって。

笑えるけど、笑えない状況。

ただ、ただ、不憫で・・・



180521_12


赤い顔になってしまって、その原因を薬の副作用と思っていた私。

でも、獣医は副作用のほぼ無い薬です、と言います。

口内炎の激痛や炎症に対して、ステロイド剤は使えないし、抗生物質は最後の手段にしたいとの獣医の考えで、喉の炎症止めが処方されています。

デンタルバイオというサプリメントを使っていましたが、喉の炎症が酷いので処方してもらった薬です。

それを使いはじめてから、顔の赤みが出てきたので、私はすっかりその薬を疑っていました。

獣医は、ヨダレが顔に付着して痒みの原因となっていると、ずっと言ってました。

その通り、数週間が経つと、それが原因だったのだと私も分かるようになりました。

ネモちゃんのスキンシップのときは、気持ち良さそうにしますが、大量のヨダレも出るんです。

それが腕に着くと、とても痒くなります。

それは旦那さんが気付きました。

ヨダレが原因でした。




180521_13


今年の1月は、目の周りの赤味に気づき始めていましたが、御顔は真っ白の毛で覆われていますね。

しばらく経つと、真っ赤なお顔のお猿さんみたいになってしまったけど。

切なそうな瞳のネモちゃんと目が合うと、「辛いよね・・・涙」しか、言えなくて。




180521_14


顔も手も、毎日お湯で拭いてあげました。

やり過ぎてしまうと、返って皮膚を傷めてしまうので加減が難しい。

はじめは何をされるのかと、痛みのある口を背けていましたが、声掛けをしてゆっくりと近づいて口の周りを拭きます。

嫌がりましたが、だんだんと気持ち良さそうにしてくれるようになりました。

嫌がること、無理はしない。

食事の介護や、顔や手を拭いたり、この頃は私の腰痛が酷かったですねぇ(笑




180521_15


1日2回の「喉の炎症止め」と、1日1回の「デンタルバイオ」、そして二日おきに「インターべりα」。

食欲は、インターベリーのおかげで、1日120gは食べてくれました。

それでも、ステロイド剤や抗生物質には敵いませんから、翌朝に大量のヨダレを口の周りやエリザベスカラーにためた姿を見ることがあります。





180521_16


切ない・・・






180521_17


先月は、とうとう無理と判断して、抗生物質を処方してもらいました。

以前効果があった抗生物質では改善が薄かったので、違う抗生物質に変えてもらったら、なんとかヨダレの改善が少し見られてきました。



180521_18


でも、顔は痒い。

口臭はほとんどしませんが、ヨダレは続いています。




180521_19


痛みだって、当然あります。



180521_20


膿のようなヨダレは、デンタルバイオを使いだしたころからだいぶ改善されました。

それでも、口内炎からくる喉の痛みや炎症は、抗生物質だけでは取りきれません。




180521_21


暑くなったと思えば、最近は梅雨の影響でまた寒くなったりと。

ネモちゃんに、外の季節は伝わっているのかな。



180521_22


毛繕いは一切しなくなったので、ブラッシングをしています。

やさーしく♪

撫でるかのように、優しくブラッシングを掛けるのですが、必死にやっているとつい力が入ってしまったりと(笑

抜け毛の多い季節ですよね~

1週間に1度のブラッシング、少しはスッキリできたかしら。

耳の掃除も、1週間に1度はしないと、耳垢がもの凄い量で驚きます。

クロちゃんのお世話をしていたころは、ネモちゃんの耳掃除をすっかり忘れてしまっていて、盛んに後ろ足で顔を掻いていると思ったら、本当は耳が痒かったんです。

口や顔の痛みや痒みには前足を使います。

後ろ足は、耳が痒いときに使うのに、気付いてあげられなかった。




180521_23



毎日、ヨダレが大量に出るので拭いきれません。

ヨダレには、血も混ざっているので黒く変色した部分は洗剤で落としきれなくて。

エリザベスカラーも、毎日洗っているのでヨレヨレ、ですね。

その中でも、ネモちゃんが使い易そうにしているエリザベスカラーがあって、それを集中して使ってしまうから余計ボロボロに(笑




180521_24


今日も、エリザベスカラーが外れて手が汚れてしまいました。

またキレイに拭いてあげるからね。

イヤだろうけれど・・・・笑・泣。











ブログランキング・にほんブログ村へ ← 口内炎にステロイド剤を使わず、6ヵ月が経ちました!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください

かわいい女帝

今日も、どんよりとした雨模様ですねぇ。

梅雨の季節は仕方ないのでしょうが、洗濯物が干せません。

恵みの雨は、どの季節でも大切だと分かっていますが、この時期はずっと雨だから気持ちが晴れない。

程よく雨、程よい暑さ、そんな夏をお願いしたいなぁ・・・と、無理でしょうけど(笑

先日の、快晴続きだった日のこと。

毎度のことながら、私が仕事の日はお昼休みに帰宅して、ネモちゃんの食事を大急ぎで用意!

そして、その間、私はとーっても忙しいのだけれど、ミーちゃんが律儀にお昼寝から目覚めて起きてきます(汗

泣きたいほど忙しいですが(笑)、そのままミーちゃんに連れられて、ご飯に付き添います。

それからネモちゃんに食事をさせて、あらら、ビビはどこ?と見渡せばソファーでぐっすり(笑

とにかく時間が無いので、自分の食事は職場へ戻る車の中になります。

玄関の鍵を閉めて、パティオの中で花咲くユリの様子を見ていたら・・・!




180611_1



うふふ、分かりますか?

ミケコツーが、のんびりお昼寝をしてました(笑





180611_2


可愛い寝姿に、汗だくの私もニッコリと微笑み返し♪

あんなに安心しきった姿は、滅多に見せないんですよ。

愛嬌のあるミケコツーは、ずいぶん人慣れをしているように見えますが、実はちゃんと人を見分けています。

先月、我が家のメンテナンス工事中に、長く担当していた塗装の職人さんに一度も触らせなかったそうです。

逆に、クロちゃんはすぐに撫でさせてくれたと、職人さんは喜んで話してました(笑

少しでもキケンと思えば、安心できるまで決して近寄りません。

生粋のノラ猫であり、生き残れる術はしっかり身についています。

特に天候で気が付くのですが、雨の日に濡れて我が家へ来ることはありません。

雨が止むまで、ジッと耐えて待っているのだと思います。

だから、ミケコツーが風邪をひいてクシャミをしている姿なんて、ほとんど見たことがありません。

ミケコツーの母猫を見たことはありませんが、立派な野良猫だと感心しています。




180611_3



今のtobutori家の庭に来る外猫は、とうとうミケコツーだけとなりました。

寂しいものです。

すぐ近所には、若い白黒の猫と黒猫の一族が住んでいます。

そのコたちが、うちの近くまで来てしまうと、ミケコツーに追いかけられます(笑

以前は、クロちゃんにも追いかけられていました。

ご飯をもらえているお家があるので、単純に遊びに来ているだけなのですが、譲れないのでしょうね。

特にクロちゃんは、そのコたちだけでなく、ミケコツーからもtobutori家を死守してましたからね(笑

そんなミケコツーですが、*kさんがコメントで言ってたように、紅一点の立場から「女帝」という地位を確立させました。

「女帝ミケコツー」の誕生です。

昨年のニャゴニャゴの旅立ちに続いて、先日のクロちゃんの旅立ち、チャイロは2ヵ月以上姿を見せていません。

オスばかり、いなくなりました。

寂しい想いはいっぱいありますが、女帝の誕生という響きも悪くないですね♪




180611_4


だけど、ミケコツーはいったい何歳くらいになるのでしょう。

我が家で避妊手術をしたのが、2014年10月のこと。 → 

その少し前から来ていたでしょうから、5~6歳くらいになるのかしら。

野良猫の平均寿命は、3~4年くらいと聞きます。

切ないほど、短い。

確かに、外の世界は厳しいです。

暑さ、寒さに辛抱しながら、車や人の気まぐれに順応して、住処を奪われても決して負けない逞しさ。

だから、なお更いつまでも、健康で長生きをしてもらいたいと、願わずにはいられません。





180611_5


パティオの中で咲くユリの花。

猫にとって危険な毒花のようですが、賢いミケコツーはいじったりしません。

プランターで育てているので、冬場はその上で暖を取ったり、夏はその横で暑さをしのいだり、時には隠れ場所に使ったり、賢く活用しているようです。

さすが、女帝!! 笑。






180611_6


 ↑ こちらのピンクのユリの花は、色合いもパステルピンクで優しい色、ふんわりとした印象が、まるで天使のよう。

八重咲きでボリューム感がありますが、サイズがコンパクトなので可愛らしいのです。

ただ、不思議なことに雄しべが見当たりません。




180611_20


洋服や手に花粉が付くと、なかなか落ちないので注意してますが、雄しべが無いユリもあるのかしら?

それにしても、なんて可愛らしいの・・・♪




180611_7


 ↑ こちらは、深紅の色が美しいユリ。

艶やかですよね~

自然の山の中で咲いていたら、とても目立つでしょうね。





180611_21


元気をもらえる、そんなパワーのある色をしています。






180611_8



黄色いユリは、香りが良くて、何度も嗅ぎに来ちゃうくらい(笑

そうそう、大事な花後の管理ですが、ユリは花が終わったら花の根元からすぐに摘み取って、次に咲く花の成長を妨げないようにします。

我が家では、ある程度ユリの花が咲いたら切り花にして剣山に刺して、玄関の中に飾っています。

可憐なユリですが、大輪に花を咲かせるので存在感があって楽しめます♪




180611_9


で、で、でね!

うふふ・・・

なんとぉーーーーーーー!!





180611_10


カマちゃん、発見です。 ↑

ちょっと大きくなってました♪

感激ぃー




180611_11


私と同じように、花の香りに誘われたのかしら(笑




180611_12


立派に成長した姿が見られて、感動というか、とても嬉しかったです。

あの日から、キンシバイの所を重点的に探していたのですが(笑)、見当たらずショゲテイマシタ。

雨や風の強い日もあったから、苦労もしているでしょうに。

無事に成虫になるのは、10%に満たないと聞いたことがあります。

しかも、いなくなったカマキリのことを調べていたら、子どものカマキリたちは共食いをするみたいです。

と、いうことは・・・泣。

動くものは全て食事になるのだから、そうなのでしょうけど、そこまで気が回りませんでした。

3つの卵が孵化した時に、それぞれ別の場所で放てばよかったと今更ながら後悔しています。

とにかく、「がんばれー」。

子カマキリは、アブラムシとか大好物みたいですよ~









ブログランキング・にほんブログ村へ ← 危険を察知、野良猫もカマキリも大変だった!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください

カマキリの赤ちゃん

tobutoriは、元気にやっています。

ここ数日は、とても毎日が眠くて、寝ても寝ても足りなくて、旦那さんに「ゆっくりしてなね」の、一見甘いような言葉が囁かれても、目の前の家事は減らないから起きるしかない・・・


週末に、「ゆっくりしててね」、そう言って、フィットネスクラブへ出掛ける旦那さん。   → えっ、出掛けるの?

夕方に、「ゆっくり寝てなね」、そう言って、自分もゆっくりテレビを見てる旦那さん。  → だったら、家事やってくれ。



ソファーに座っていても、夜まで待てなくて、強い睡魔に襲われていつのまにか寝ちゃってることが続いていました。

クロちゃんを霊園に連れて行ったときから、右側の腰が痛くて、痛くて・・・

これって、ニャゴニャゴの時もそうだった気がします。

お別れをしたときから、腰痛が出るんですよね。

腰が痛いと言いながら、眠さもあったりと、いつもと同じ時間では全然足りないほど、寝ても疲れがなかなか取れなくて。

そう言えば、昨日のことなのですが、お散歩をしていた近所のワンちゃんの名前が「カズくん」って言うんですね。

いつも読んでいる名前だったのに、いつの間にか「クロちゃん」と言ってたの。

それも、3回くらい(笑

さすがに、自分でも、思考力が落ちていることに気が付きました。

どうやら、脳と心がお疲れのようです。

クロちゃんが居なくなった時間と場所が、ぽっかり空いてしまったのは、私の心も同じでした。

でもね!

tobutori家の庭に、クロちゃんの姿が見られないのは本当に寂しいことだけど、最後の月日を一緒に過ごせたのは良かったと思っています。

あのままクロちゃんを探せずにいたら、今も心が苦しかったと思うから。




180606_18


クロちゃんと毎日、動物病院へ皮下点滴に出掛けて、そんなときでも庭の花たちはスクスクと育っていきました。

今年も早くから、ブラックベリーの白い花が咲いて。



180606_6


そしたらもう、気が付いたら実がびっしりと(笑



180606_4


キンシバイも、黄色の鮮やかな花を咲かせています。

緑に黄色の組み合わせも、大好き。



180606_9


去年、tobutori家の庭に新入りした「カシワバアジサイ」。

ニャゴニャゴを失ったときに、ピッコロのお母さんが植えてくれました。

去年の5月も、ニャゴニャゴが心配で毎日がボロボロ状態でお外にいたから、そんな私を不憫に思ったのでしょうね。

カシワバアジサイは、大好きな花だったので、水切れを起こさないように気を使いました。

どうにか根付いてくれて、今年はたくさんのお花を咲かせてくれましたよ~♪



180606_7


ベランダから下を見ると、スノーボールが咲いていました。 ↑

本来は初夏に花咲くようですが、我が家では春を告げる花みたいになっています(笑

こうやって、狂い咲きをする花がたまに見られます。

可愛いサイズのスノーボールの花ですが、お得な気分を味わってます♪






180606_1


そうそう、今日のタイトルのカマちゃんベイビーの登場です(笑

5月26日(土)に、孵化しました。

意外ですが、tobutori家でカマキリの卵を見掛けたのは初めてのことなんです。

きっと、2代に渡る越冬カマちゃんたちの子孫なのでしょうね。

5月は、家のメンテナンス工事で外壁の再塗装があったので、外壁に産み付けられていた3つのカマキリの卵を職人さんに取ってもらって、家の中に避難させていました。

工事が終わってからは、ハナミズキの枝にぶら下げて自然のままに任せたのですが、気が付いたら孵化するまでに。

夜はまだ肌寒かったりしたので、もう少し先になると予想していましたが、3つの卵は一斉に孵化しましたねぇ。

この他にも、ハナミズキの上の方に2つ、アオハダに1つ、合計6つの卵がありました。



180606_2


当然なのでしょうが、生まれた時から、カマを使います(笑

それが、可愛くて・・・♪

去年、小さなカマキリをキンシバイで見かけたこともあって、キンシバイに放してあげました。




180606_3



翌日は、日光浴をしているカマキリの赤ちゃんを5匹くらい見つけたかなぁ~

それからの日課として、毎日1カマキリを見つけては癒されていました。

ちょうど、クロちゃんのお世話をしていたときです。

だけど、クロちゃんが旅立ってから二日ほど見に行くことができなくて、そうしたら今度は全然見つけることができなくなってしまったんです。

みんな、どこへ行っちゃったんだろう・・・




180606_8


今年は、鉢植えのユリがたくさんの蕾を付けてくれたこともあって、四六時中庭に出て鉢を動かしたり、花摘みをしたりで、庭にいることがホント多いです。

もちろん、ミーちゃんの熱い視線を浴びて・・・笑。




180606_19



バラも、そろそろ地植えにしたいなぁと、考えつつ、今年もまだ鉢のままになりそう。

バラの香りを嗅ぐと、優しさと元気をもらるんですよねぇ。

見ているだけでも癒されますが、いつまでも香りが楽しめて、心身癒される花です。




180606_10


このユリの花も、香りが良いんですよ~。

キリっとした甘い香りです。



180606_12


天気予報が雨と聞いたので、咲いていたミニバラとユリを大急ぎで切り取ってきました。

家の中でも楽しめて、幸せ。

去年購入したユリですが、クロちゃんもその鉢の側でよく毛繕いをしてたなぁ。






180606_17


今年は外壁を塗り直したこともあって、10年前に購入したパティオに置くはずだった椅子を久しぶりに出してみました。

当然、お茶とかする気は無いですけどね(笑

たま~に、日干しをしていているんです。






180606_16


去年、ユリパークで購入したユリの花でしたが、今年全て咲くとは思っていなくて、どうやらこの調子だと見事な大輪の花が見られそう♪

ちょっと、パティオの中が手狭になってきましたね(汗



180606_20


今年の冬は、こんな感じで ↑

ユリの受難?!



180606_22


まだ姿を見せに来ませんが、チャイロも真冬にユリの側で日向ぼっこをしていました。

同化してるけど・・・



180606_21


パティオのタイルは冷たいだろうからと、よしずを敷いてみたら、早速クロちゃんが使ってくれた。

今年の1月頃の写真です。 ↑








180606_13


今振り返っても、弱っていたクロちゃんをよく見つけることができたなと、つくづく思うんです。

仕事の帰りに、車で自宅があと少しというところで、正面にフラフラと歩く黒猫が目に入りました。

「クロちゃん!?」

そう思って、車の窓を全開にして呼んだのですが、そのまま工事現場の中へ・・・

あの状態では、もう何も見えていない、何も聞こえていなかったと思います。




180606_14


後日、撮った写真なのですが、こんな風に工事現場の中へ入って行ったのでしょうね。

土、日曜日は工事もお休みだったし、誰の侵入も無いから静かに身を隠せたのだと思います。

まさかこんなところに隠れていたとは、全く気付きませんでした。

あんなに必死に探したのにね、方向さえ違っていました。

でもね、よく考えたら、クロちゃんの好きそうな場所だったんです。

疥癬で人目を避けて暮らしていた頃の、唯一の隠家がそういう場所だったようなので。




180606_15


工事現場の中は広かったのですが、入り口近くにプレハブがあって、その下にクロちゃんがいたんです。

工事現場の人に事情を話したら、一緒に探してくださいました。

クロちゃんを発見してくれたのは、工事現場の方です。

呼びかけに、クロちゃんは無反応で、長い木の棒を使って工事現場の人とクロちゃんを保護することができました。

ここまで最後の力を振り絞って歩いていたのでしょうね、この時点でクロちゃんは相当弱っていて、気の棒でゆっくり押されたままの形で出された感じでした。

目は窪んで、鼻の先が擦れて血で染まっていました(泣

もうその姿に、涙が止まりませんでした。

一緒に帰ろう、そう言ってクロちゃんを自宅へ連れ帰りました。

それは、昨日のことのようで、遠い昔のようにも思えます。




180606_23



あの日、あの時、いつだってそばに居てくれたんですね・・・









ブログランキング・にほんブログ村へ ← クロちゃんが旅立って、カマキリの赤ちゃんを見て癒されています!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ