夏の終りと彼岸花

先月、鳥取県から「新甘泉」(シンカンセン)という新品種の梨が届きました。

大玉で糖度が極めて高く、鳥取県を代表する期待のプレミア梨です。

20世紀梨の後継になるのではないかしら~♪

甘さが半端ないのですが、その甘みの豊かさが口から溢れるくらいみずみずしいのです。

「甘い泉」とは、よく考えました(笑




170919_7


納得ですが、梨の成分の9割は水分だそうで、不足がちなカリウムを補うことができます♪

一般的に梨は冷やし過ぎると甘みを感じにくいと言いますが、新甘泉は冷たく冷やしてもめちゃめちゃ甘かったです(笑

秋の味覚を、堪能しました。

鳥取のお父様、お母様、いつもありがとうございます!




170919_1


お盆休みにお出掛けした「ゆりパーク」で購入したユリの花たち。 ↑

翌日、すぐに植え替えをしたのですが、風が強く花が大きく揺れて、茎が今にも折れそうだったので、パティオの日除けの内側へ入れました。

どこからか、カマキリがやって来て・・・!

ちょうどよい具合に、リビングから観察ができました(笑

ですが、カマキリは目がとっても良いようで、すぐに私を見つけて隠れようとします。

それ以外は、ほとんど動かないカマキリでしたが、2日後には隣のユリへ移動していました。





170919_2


うーーーん、分かってはいましたが、日除けの内側だと、食事にありつけないようですね。

ただ、風が強い日が続いていたのでユリの鉢を日除けの外には出せなくて、そうすると数日後にカマキリは日除けの外へ移動していました。

ガンバレ~♪



170919_3



我が家に張り付いている(笑)クロちゃんですが、パティオの中にいることは少ないんです。

ニャゴニャゴは、ここでよく昼寝をしていました。






170919_4


今年の夏の始まりは、カラ梅雨で暑い日が続いていたかと思えば、梅雨明け宣言をしたころから雨の日が長く続いて、記録的な大雨を観測した場所では水害被害が相次ぎました。

地震の後、今も大変な思いをされている人が多いと思いますが、お身体を労わりながらどうか頑張って欲しい。







170919_5


芽が出たかと思えば、一気に真っ赤な花を咲かせました。

その咲き方は、まるで花火を見ているかのようです。

情熱的な赤、神秘的にも見える彼岸花は、見る人によって印象が大きく分かれます。

本当に、不思議な花です。




170919_6


不思議と言えば、彼岸花は先に花が生えて、葉は後に育つんですよね。

細長い葉は、春を過ぎるころまで艶やかな濃い緑色で太陽の恵みを球根まで届けます。

ユリやチューリップと同じで、花が咲き終わった後の葉や茎には重要な役目が残っています。

間違っても、引っこ抜いたりしないでくださいね♪  ←以前知らずにやっていた、泣。








ブログランキング・にほんブログ村へ ← 美しい四季の移り変わり、美味しい四季の移り変わり、日本っていいな!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ピノ 熟成抹茶

この夏は、ピノの「熟成抹茶」味に魅了される毎日でした~♪

ハーゲンダッツ並みのクオリティーの高さで、私の財布にやさしい低価格。

1日1箱と決めているのですが、あまりの美味しさに2箱は軽く食べちゃいます(笑

嬉しいことに、近所のセイブは毎週土曜日がアイスの日。

アイスが3割引きなんです、あぁ、買わないわけがない☆




170910_1



森永乳業のHPに、


「低温熟成で熟成された京都産宇治抹茶を使用し、うまみと甘みが凝縮された抹茶アイス」


と書かれています。



まさに、そのとぉーーーーーーーーーーーーーり!!!



なめらかで口どけの良い宇治抹茶チョコでコーティング

抹茶を点てたときに感じるような芳香な香り

凝縮された旨みをお楽しみください





はい、毎日堪能させていただいております(笑






170910_2


毎日食べているので分かるのですが、キンキンに冷やして食べることで美味しさが保たれます。

ほんの少しでもアイスの状態に冷え感が無くなると、これまた不思議、ハーゲンダッツ並みでなくなるんです。

だから、買ってきてすぐには食べません。 

がまん、がまん(笑

冷凍庫で冷え切ってから食べると、ピノ「熟成抹茶」本来の美味しさを味わうことができます。

期間限定のようなので、是非食べてみてください。






170910_3


 ↑ そうそう、こんなふうに、星形やハート形のピノに運良く出会えることがあるので、よく見てから食べてくださいね(笑

食べるのに夢中な私は、ハート形のピノに遭遇したとき、普通のピノが製造ミスで変形してしまったのだと思いながら食べていました。

次に星形を発見したとき、よくよく考えたんです(笑

そうなると、毎回箱を開ける瞬間が楽しみで、こんなワクワク感もいいものですよ~♪

ちなみに、ハーゲンダッツの「抹茶クリームあずき」クリスピーサンドも激ウマです!

どんなに気を付けても、クリスピー部分がぽろぽろと落ちますが、クリスピーを含めた全体の調和で実に美味しいのです。

おススメです♪











ブログランキング・にほんブログ村へ ← 子どもだけではない、大人もアイスの虜、夏の疲れも吹っ飛びます!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ゆりパーク

今日は気持ち良いほど快晴で、洗濯日和ですね。

昨日は外出が多かったので家の中のことは何もできず、せめて今日はお片付けを進めなくては・・・!

その前に、途中まで書いていたブログを思い出しさっそく更新です(笑

先月は、選挙のお手伝いをしていたのですが、一日だけお盆休みにお出掛けをしていました。

行き先は、栃木県の那須塩原市にある「ゆりパーク」。

スキー場で有名な「ハンターマウンテン塩原」です。

私はスキーをしたことがほとんど無いに等しいのですが、ハンターマウンテンは1度だけ来たことがあります。

友達に連れ出されたあの頃は、どこのスキー場へ行っても同じに見えていました。

というか、転ばないように必死でした(笑

そんなスキー場の有効活用なのでしょうね、夏の楽しみとして日本最大級の400万輪の「ゆり博」が毎年開催されているようです。

昨年その存在を知り、ジン君のことで落ち込んでいた私は、たくさんの花を見たいと思って「ゆりパーク」に行きたいなぁと旦那さんに漏らしていました。

でも、出掛けようという気持ちが生まれずに去年は断念、今年は旦那さんの方からゆり博の話が出ました。

思い切って出掛けてきました~♪




170813_1

  (この手↑、実は必死につかまっています、笑)


そ、そうでした!、スキー場のリフトって、こんな感じでしたね(汗

私は、ゴンドラのようなリフトを想像していたので、ちょっとビビりましたよ。

開放的すぎますよ、これ。

しかも、この高さ・・・ 泣。 ↓






170813_2

 
景色を楽しむより、落ちないように必死でした。

カメラを撮るのも、命がけ・・・

子どもの頃は、ゼットコースターとか全然平気だったのに、今はその速さも高さも平然でいられません(笑



170813_3


でも、地上に降りれば切り替えも速く(笑)、すぐに大輪のユリの花に魅了されました。

様々な品種が揃っていて、とてもカラフル。

何といっても、この濃密な香りに癒されます。

ユリの花の香りは、女性に良い効果があるそうですよ~♪




170813_4


ちょうど見ごろの時期だったようで、めちゃくちゃ咲いていました。

見事です。

こちら、ゆりパークの「ゆり図鑑」です。 → 




170813_5


こ、高級なカサブランカが、いっぱい!!!

本当に美しい、色の白さが神秘的に感じられ、その姿も優美で華やか。

まさにユリの女王です。




170813_6


優しい黄色味のユリ、大輪で目を見張るほどです。

多く茂っている場所だと、ユリの花に埋もれてしまいます(笑

ペットの入場も可となっているので、ワンちゃんを連れた人を見掛けることができました。

大事にされているワンちゃんを見ると、こちらまで幸せな気持ちになれます。





170813_77


香りのするユリ、しないユリがあります。

それと、蝶が飛び交っているのですが、なぜかユリの花以外の花に留まります?

それにしてもここは、スピードを出した車も来ないし、蜘蛛の巣も見ません。

蝶にとっても、楽園ですね♪




170813_110


品種改良されたユリなのか、それとも原種に近いユリなのか、まるで妖精を見ているかのようです。

古来から野山に咲くユリの花は、出会えばその美しさと香りに英気を養えたことでしょうね。

万葉集に詠まれるくらい当時から身近な存在にあった花のようですから、我が家の庭にもいつかカサブランカのような大輪のユリの花を迎えたいです。

で、今回のお出掛けで6鉢のユリの花を買いました(笑

ゆりパークでは、様々なユリの花が売られています。

1本で良かったのですが、3本千円というお買い得だったのでどれにしようかと選んでいると、山の天候は変わり易くて、突然大粒の雨が降ってきました。

なんと、雨が降ると5本で千円となってしまいました!!!

お得という言葉に弱い人が多いです(笑)、振り返ると人だかりができていました。

幸いなことに、私はちょうど選び終えていたので、スムーズにレジまでたどり着くことができました。

ですが、お得の誘惑はまだ続きます(笑)、ユリを買った人だけの特典がレジ近くにあるんです。

1本2千円以上してしまうユリの花が500円。

見事に咲くユリの花に、ついまた1本追加して買うわけです。

その頃には、雨もやんでしまうんですけどね(笑




170813_8



以前からお庭にユリの花を咲かせたいと思っていましたが、球根で購入するとまずは消毒をしないといけないようで、それほどほとんどのユリの球根はたくさんのウイルスに感染しているみたいです。

枯らせてしまうのは悲しいので、いつも買えずじまいでした。

花が咲いている状態で購入して、育てながら少し自信がついたころに憧れのカサブランカに挑戦したいと思っています。

そう言えば、今回、5本千円で選びたい放題に買ったユリの花は無臭でした。

レジ近くにあった、購入者だけの特典だったユリの花は芳醇な香りがしました。

お買い得には、やはり理由があるようです(笑




170813_9


購入したユリの花は鉢植えにして、パティオで長くその美しい姿を楽しませてくれました。

今は花は全て散ってしまい、葉と茎だけです。

葉は、来年の花を咲かせるためにたくさんの日光を浴びて球根を太らせてくれます。

花が散った後も、水やりは土が乾くころに与え続け、お礼肥や追肥などもありますからなかなか目が離せません。

地植えにすれば、毎年鉢替えをしなくても済むので、比較的簡単かもです。






170813_12


そうそう、ゆりパークで食事をして帰ったのですが、HPの情報やチラシの宣伝とまるで違って不味かったです(泣

所詮、スキー場のレストランでした。

ゆり御膳は、食材にユリ根をふんだんに混ぜてあると書かれていたのに、全く感じられませんでした。

私、ほくほくのユリ根が大好物なんです。

煮物の食材も冷凍のサトイモや大根を使っているので、箸が通りません(涙

天ぷらも、まるで数日前のフリッターみたいで衣が硬くて食べられません。

ユリ根を混ぜ込んだうどんもしかり、蒟蒻うどん?のような食感で味もそっけもなんです。

食事も、とても楽しみにしていたので悲しかったです。

また来ることがあっても、食事だけは絶対にしませんねぇ。





170813_13


せっかくなので、帰りは日帰り温泉に寄りました。

清流を眺めながら、温泉は最高でした。

ちょっと硫黄の匂いがきつくて(笑)、帰りの車の中は体に染みついた硫黄の匂いと、購入したユリの花の香りが混ざって変な感じとなっていました。

楽しいお出掛けでした。








ブログランキング・にほんブログ村へ ← 久しぶりの遠出だったので、気持ちもリフレッシュです!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

加齢と免疫力

今年の夏の思い出と言えば、茨城知事選挙のボランティアぐらい・・・かなと(笑

仕事がお休みで、お手伝いのできる日は水戸事務所へほとんど通っていました。

汗だくで、私なりに頑張りました!!

私の熱い夏が、終わりました~



170828_1
 ( ↑ 私のお気に入りの写真、鶴田まこみさんのHPより)


残念ながら、私が応援していた知事の誕生はなりませんでしたが、個人的に目標としていた得票数の10万票を超えて、122,013票を獲得することができました♪

スタートの遅れもあったり、不利な条件はいくつもあったでしょうに、見事な健闘ぶりでした。

私は数日間のお手伝いでしたが、暑さもありましたからね、結構な疲れは出てました(笑

全ての時間を使っていることを考えると、女性の体力で最後までよく奮闘されたと思います。

息子さんも含めて家族総出で選挙戦を駆け巡りましたからね、お人柄もそのまま出ていて感心することばかりでした。

この選挙戦で鶴田まこみさんを知ってから、とくに投票率を上げたい想いが強くなり、その願いは叶って前回に比べ11.74ポイント高い43.48%の投票率となりました。

自民党と公明党が推薦した新知事の大井川さんには、正しい知識と、正しい判断で、誰にやさしいか?を真剣に考えて、「県民にやさしい県政」の有言実行を期待したいです。

鶴田まこみさんは、一歩先を進んでいて「命にやさしい県政」の実現を本気で目指していた人なので、本気度を示すには新知事にまずは「しがらみを気にしない」から始めて欲しいです。

24年ぶりの新知事誕生と、生まれ変わるこれからの茨城県が、楽しみです。




それで、全然話は変わりますが、私は今、ネモコと同じような病気に・・・汗。

先週ぐらいから体調が一気に下り坂となりまして、久しぶりに出掛けたフィットネスクラブで大した運動もしていないのにお風呂をあがる寸前で血の気が引いて顔面蒼白。

幸い友達と一緒だったので、なんとか倒れずに済みました。

ずっと喋っていたのに、急に私が応答しなくなって異変に気付いてくれたようです。

その時の私は、だんだんと息が苦しくなるくらい酸素が吸えていなくて、瞼が重い、声が出ない、力が入らない状態に。

椅子へ腰かけて鏡の前にもたれかかると、顔色が真っ白、唇も真っ白!

これはアブナイ!と本気で思いました。

お風呂上がりだというのに、体が冷えて寒くて、でもスタッフの方は頬や首筋を冷やしてくれていて、友達が用意してくれたお水も冷たくて、寒いと伝えているのですが、どんどん冷やされるばかり~

どうにか私の言葉も伝わって、ひざ掛けやバスタオルでたくさん包んでくれて、少しずつ笑顔を取り戻しつつ、でも、顔色は一向によくならない。

確かに久しぶりの運動だったのですが、リラックスヨガみたいのをしていたので、全然無理はしていないんです。

だから、余計に驚きでした。

ここまで、体力が落ちたのかと。

そして、その翌日から異常なまでの歯の痛みが続きました。

これまで痛み止めの薬とか、まったく飲んだことも無かったのですが、この激痛に少しでも耐えられないと悟って、自宅に唯一あった「ナロンエース」なるものを飲みました。

治療済みの歯だったので、虫歯とは考えにくかったのですが、再発?なんてことも考えながら薬を飲んで一日の大半をぐっすり寝てしまいました。

薬の力って、ホントすごいですね~

ただ、翌日仕事へ行ったものの、お昼ごろにまたとてつもない痛みに襲われて、仕事どころか集中力ゼロ(涙

仕事中でしたが、そのまま歯医者へ行かせてもらいました。

歯科医院に到着しても、少しの待つ時間も耐えられず、すぐに痛み止めの薬だけを出してもらって、取りあえず飲みました。

レントゲンを撮ると、やはり虫歯ではないようで、歯肉が弱って歯の根元に細菌が入り込んでいるようです。←たぶん。

健康であれば細菌の侵入も阻めたのでしょうが、免疫力の低下で打ち勝つことができなかったようです。←痛みが酷くてうろ覚え。

免疫力の低下、歯肉の痛み、・・・これらを聞いて、ネモコを思い浮かべました。

ネモコの口内炎も、免疫力の低下からくるものでした。

私も同じなのね・・・

こんなに痛かったら、常に頭はガンガンするし、食欲があっても食べられないわけです。

ネモちゃんは、数年もこの状態でずっと耐えているんですね(涙

いざ治療が始まると、歯の根元なので、患部付近の掃除の後に、歯肉の脇からレーザー治療となりました。

痛みのある歯肉の脇に、レーザー治療の器具を差し込むのが、キンキンに痛かったです(泣

とても優しい歯科医さんで気に入っているのですが、痛むでしょうと言われて、泣き笑いで返しました。

痛みにとても弱いので、私のわがままを聞いてくれる歯医者さんしか通えません。

子どもの頃に歯医者で痛い思いをしたので、歯医者嫌いなんです。

通い始めてすぐに口にしたのが、痛いのが非常にダメなんです!でした。

麻酔の注射もダメと何度も言っています、先生の対応も優しいというか、優し過ぎて小さな声で聞こえなくなることもあったり(笑)、とにかくわがままをそのまま伝えられる先生で、安心して歯医者に通っていました。

だから、また通うことになっても平気なんです。

看護師さんに免疫力の低下でどうしようと伝えたら、「加齢です」とニッコリ言われました。

私の場合、歯の治療は終わっているそうです。

年齢的に、これからは「虫歯」を気にするのではなくて、「歯肉」を労わることに注目して欲しいそうです。

歯肉年齢が歯の健康度を差すように、歯肉年齢が高いと歯周病のリスクが高まるので、歯肉の老化についても気をつけないといけません。

今回処方された薬は、痛み止めと思っていたのですが、急性炎症の消炎剤と細菌の数を減らす抗生物質でした。

8時間ごとに3日間服用して、血液中に抗生物質の濃度を維持しなければなりません。

今日で3日目ですが、抗生物質を飲んでいるので体はだるいし、疲れやすいし、とにかく眠い。

仕事が休みで、本当に助かりました。

もう脱力感が半端ないです。

こんな感じですし、ここのところ体調不良が続いていたので、免疫力をあげるためのサプリを探してみました。



170906



近所にあるドラッグストアで聞いてみたら、サプリではなく栄養補助食品があると言われ(その違いが分からないが、汗)、勧められたのが「高麗人参」と「霊芝」。

霊芝とアガリスクは、継続するには結構な値段がしていたので、手軽に購入できる高麗人参を選びました。

その名も「紅蔘精茶」。 (コウジンセイチャ)

「紅蔘」とは、皮をむいていない高麗人参のことで、皮をむいた「白蔘」より栄養価?が高いそうです。←薬の影響で栄養価のところがうろ覚え、笑。

そして、6年根であること。

6年ものが一番栄養価?が高く、6年以上経ってしまうと栄養価?は下がるようです。

白蔘は、6年未満の3~4年ものになるようです。

10包入りで2千円。 (1包2.5g) 2包おまけ付き。

少しクセがあると話していましたが、全然気にならない。

お湯でといて、牛乳を少し入れると、ミルクティーみたいな感じで飲めました。

1日1包と言われたのですが、これならたくさん飲めちゃう(笑

高麗人参は、霊芝より即効性があるようなので、期待しちゃいます。

免疫力を直接あげるようなものはなくて、あくまでも間接的に効果が期待できるものとして、血流をよくすることや、腸内環境を整える効能で免疫力アップにつながるそうです。

悲しいことに、加齢で免疫力は下がります。

20歳前後をピークとして、40歳代でその半分に、70歳代では10%まで下がる免疫力。

うかつに風邪なんかひけませんね。

日常的な免疫機能の低下原因として、加齢の他にストレスや環境、食生活、生活習慣、抗生物質などの薬も一因となります。

血液が汚れ始めると、肩こりや腰痛、冷え症、便秘、むくみ、眠れないなど体調の悪化が現れますが、それは腸内の衰えも同時に始まっています。

加齢は止められませんが、強い免疫力を維持するために、バランスの良い食事や適度な運動、良質な睡眠は本人の努力次第で何とかなりそうですよね。

ただ、現代病の一つであるストレスは長い間感じ続けることで免疫低下に繋がるようなので、自分一人で解決できない時は誰かに頼ることも大事なことだと思います。

ストレス解消法には、お喋りや、外食、買い物など些細なことで解消できたりもします。

マッサージなどのツボ押しや、温泉と旅行、カラオケなども良いみたい(笑

浪費はあるだろうけれど、一時的なこと。

病気になってしまっては、一生を棒に振りかねないですからね。

無理ができるときと、無理ができないときを、自分自身で気づけると良いですね。






ブログランキング・にほんブログ村へ ← 選挙前日の朝にビラ配りを初めてしたけれど、受け取ってくれるのは男性が多くて、通勤時の女性は無表情で過ぎ去るから怖かったです、私も気をつけようと思った(笑)、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

鶴田まこみさん

任期満了に伴う『茨城県知事選挙』が、8月27日に行われます。

立候補したのは、現職の橋本昌氏(71)と、自民・公明両党が推薦する新人の大井川和彦氏(53)、共産党が推薦する新人の鶴田真子美氏(52)の3人です。

現職知事の橋本さんは、最多選の6期目を務め24年になります。

それでも十分長過ぎるだろうと思っているのに、日本の現職都道府県知事としては最多となる7期目を目指すというのだから、困りもの。

橋本さんの長い県政で確固たる基盤は出来上がっていると思うので、これからはそれに足りなかったものを補える人に知事を任せたいです。

純粋に県民と茨城県のことを考えてくれるなら、もう辞めて!と以前から思っていました。

だから、絶対この人に票を入れることはありません。

まさか、2020年の東京五輪で茨城県鹿嶋市の「カシマスタジアム」がサッカー会場に決定したけれども、それに出たいのかぁーと思ってしまいます(笑

それに、この24年間、茨城県は全国的に犬猫殺処分数がワーストクラスです。

どんな言葉も、誰の意見も、決して届きませんでした。

忘れもしない、2014年7月1日、動物愛護の活動家としての側面をもつ女優の「杉本彩さん」が茨城県知事に直接陳情のために県庁を訪れました。

杉本彩さんのブログを読むと、申し訳ない気持ちと、橋本さんに落胆したのを覚えています。  → 

可笑しいのが、今回の選挙であの橋本さんが犬猫の殺処分をゼロとか言い出しました。

これは、鶴田まこみさんが強く訴えている「いのちが大切」の中で小さな弱い命まで守る、犬猫殺処分ゼロを成し遂げるを意識してのことです。

因みに、大井川さんも犬猫殺処分ゼロを掲げています。

ですがこの二人、微塵も実績がありません。

鶴田まこみさんだけは、違いました。

2年前の2015年、茨城県常総市における「野犬問題」で、同じ県民として何かできないものかと考えていました。

「常総市の野犬問題」を知ったのが、ブログ「犬猫救済の輪」の活動日記からでした。 → 

ですが、現状の酷さ、事の深刻さに私は怖気づいてしまいました。

小さな協力でしたが、情報の拡散さえ諦めてしまったんです。

そのことがずっと、心に濃い影を落としていたのですが、つい先日の鶴田まこみさんの言葉で救われました。

余りに悲しくて怖かった常総市の野犬問題、その後の経過さえも追えなかったのに、行政を動かして解決していたんです。

実は私、随時ボランティア募集中だった鶴田まこみさんの水戸事務所で少しだけお手伝いをしています(笑

今回の知事選で一番はじめに手にした鶴田まこみさんのチラシに、保護猫を35匹飼っていますと書かれていたことが切っ掛けでした。

政策や公約とか載せたいことは沢山あるでしょうに、そのチラシに保護ネコ35匹と暮らすなんてことを書く人に興味を持ちました♪

原発を止めるなど、前面にはっきりと具体的な政策を掲げる姿勢も評価できましたが、私が票を入れるこの人はどんな人だろうと関心が沸いて、ボランティアに通い始めました。

そして、先日の12日(土)に鶴田まこみさんが水戸入りをしたのですが、その日の夕方に水戸事務所でNHK水戸放送局の取材がありました。


170813_14




NHKが主要としていたのは、「東海第2原発の再稼働は許しません」だったので、それらに関わる人が集まっていましたが、鶴田まこみさんの熱い訴えはそれだけじゃありません。

念頭に原発ストップが強くあるのは、福島原発事故後に現地入りをして現地の声と空気を吸っているからだと思いました。

その現地の声の中には、動物たちの鳴き声にならない声がありました。

そして常総市の野犬問題は、今日のインタビューの中で語られたものでした。

きっと、テレビ的には放送されない部分でしょうが、私の心に深く刻まれました。

動物の話となると、涙が止まりません。

鶴田まこみさんの言う「17年間の市民活動の中で、草の根で地をはうようにして人間や動物のために活動し、冷たい県政を目で見て、肌で感じてきた。」という全ての言葉を理解できた瞬間でした。

「本物」だと思いました。

到底できないことを、この人は遣って退けていました。

どんなに強い信念があっても、人は終着点までの計算をしてしまいます。

だから前に進めなくなるものなのに、鶴田まこみさんは恐れることなく守り抜きました。

屈することだけが恐れることなのに、何も始めないで諦めてしまった私とは雲泥の差です。

素敵な笑顔の鶴田まこみさんは、その容姿から想像できないくらいとても強い信念をお持ちの方でした。

最後までやり遂げることができる人です。

そういうのも見てしまうと、橋本さんとか、大井川さんとか、影が薄くなってしまいました。

行動力の基礎となる部分が違いすぎますから。

「いのち」ですからね、命への責任の実績が無いお二人とは比べようがありません。

特に橋本さんは、私から見たら信用なりません。

24年もの間、何も手を付けなかった原発問題や殺処分ゼロのことを、今になって付け加えてくるなんて虫が良すぎます。

私の関心処は、もちろん犬猫の殺処分をなくすこと。

小さな命まで本当に守ることができるのか、個人や各愛護団体は行動力や柔軟性はあるものの、限界のある大きな問題ですから、真摯に手を取り合える行政の力が必要です。

実現のための高いハードルには両者の協働がとても重要ですし、行政が加われば市町村による取り組みの格差を積極的かつ継続的に管理することが可能になります。

小さな命を大事にする社会は、人にとっても生きやすいはずです。

そんな時代が来たのかもしれません。

そして、原発の問題。

東海第2原発の再稼働問題は、関心度の高い争点の一つになっていますが、日本のエネルギー事情を考えると原発に代わる代替エネルギーが現時点であるのかどうか、あれば問題はないと思います。

ただ、低いエネルギー事情の現状を考えると、原発ゼロは可能かどうか。

廃炉の主張は通せるものなのか、現時点では疑問があります。

ですが、今は無理でもその準備はできるのではないでしょうか。

原発のはじまりが茨城県なら、原発から代替エネルギーを実現する準備を茨城県で試行するのも良いのではないかと思うようになりました。

確かに、福島の原子力発電所の事故を受けて、国内外で原発反対の動きが強くなっています。

そこには、感情的な議論も感じられるので私的には触れたくなかったのですが、将来のエネルギー事情を吟味すれば原発より環境や社会に優しいエネルギーを探る必要が遅かれ早かれ出てきます。

鶴田まこみさんの主張する省エネ・再生可能エネルギーは、現状のエネルギー量からみると火力発電に電力供給の多くを依存することになります。

ですが、その化石燃料に対し、エネルギー資源の問題や環境に悪影響を及ぼさない点を解消できるエネルギーです。

原子力発電は、ウランが核分裂をしたときに生じる熱エネルギーを利用し、水を蒸発させることによりタービンを回し発電する仕組みになります。

火力発電は、燃料が違うだけで、その仕組みは原子力発電とほとんど変わりません。

再生可能エネルギーは、太陽光、水力、風力、地熱などから発電、燃料等に変換します。

原発ゼロの要求は、原発の生む高レベル放射能物質が、人体や環境に恐ろしい影響を及ぼすためです。

高レベル放射能物資の放射能が、人体に影響を及ぼさなくなるまでに必要な時間は約十万年と言われています。

感情論で原発ゼロを叫ぶのではなく、解決困難な問題を抱える以上は、原子力発電であろうと、再生可能エネルギーであろうと、この課題に向き合わなければなりません。

そういったチャレンジ精神を可能にできる人こそが、未来の知事に相応しいのです。

大井川さんであろうと、鶴田さんであろうと、構わない。

あ、旧人には無理です。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 茨城県は変わることができるかな?、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

最新コメント
  • ライブドアブログ