メタカムの効き目

口内炎のネモちゃん。

(※途中に出血の画像がありますので、お読みになるか判断してください。)

効果が薄くなってきたステロイドの注射を少しお休みにして、メタカムに切り替えました。

メタカムは、猫用の抗炎症経口溶液になります。

非ステロイド性抗炎症薬なので、副作用がほぼ見られない分、効果もマイルドなので、ネモちゃんの症状では痛みが治まりにくいです。

かつて別の動物病院になりますが、獣医のすすめで使用したことがありました。

使用を開始した初期の頃に、効果が見られた様子もありましたが、暫くすると痛みの抑えが効かなくなり食事をとらなくなりました。

漢方薬なども試しましたが、痛みを抑える点でステロイド剤に勝る薬は無く、止むなくステロイド剤の再開に踏み切るようになるのです。

ですが、メタカムの使用で劇的に口内炎に効果が見られるネコちゃんもいるようです。

メタカムは、抗炎症作用、抗滲出性作用、鎮痛作用、解熱作用、軟骨組織が破壊されることを妨げる作用などがあります。

おもに変形性脊椎症や関節症、急性および慢性の骨格筋障害にみられる炎症や痛みの緩和に用いられます。

使用上の注意点として、併用してはいけない薬や期間など幾つかあるので獣医の指示に漏れが無いようこちらから伺いながら使用方法を守りましょう。

獣医の知識や指示は、ワンちゃん、ネコちゃんの健康を守るアイテムの一つになります。



170406_1

そして、我が家のネモちゃん。

メタカムの効果がイマイチで目が吊り上がってきました。 ↑

1回の使用量も多いので、口に痛みがあるうえで口を開けさせる行為は非常に大変なことで、逃げられないように毎回バレバレの騙し合いになっています。

効果の割に、双方の負担はキツイものがあります。

4日前の体重は、4.25Kg。

年齢も推定ですが、今年10歳になるので高齢猫の部類に入ってきます。

お兄ちゃんのミーちゃんとビビは、推定13歳。

睡眠時間が急に増えたり、今まで食べていたフードを食べなくなったり、目ヤニが出るようになったりと、体調の変化が激しいです。

私たちがこのコたちのために、長生きのサポートができることは探っていきたいです。





170406_6

ネモコの場合、口内炎の痛みが現れると狭くて暗い場所に隠れるようになります。

表情は、ステロイド剤の効果が切れて炎症が抑えられなくなるので、顔が腫れて吊り目になってきます。

喉の奥や気管が炎症を起こして気道が狭くなっているせいか、寝ている時にイビキのような音が喉の奥から大きく響き渡ります。

気休めの対処法ですが、今はインターフェロンの液体を口の中に2~3滴垂らしています。

察知して匍匐前進しながら逃げたり、うまく捕まえられてもイヤイヤをされたり、たった2、3滴が大変な重労働に。

1日に1回、酷い時は2回使用していますが、こちらも長期間の使用で効き目が悪くなるそうです。

 ↑ 上の写真は、まだステロイド剤を使用して効いていた頃の寝顔です。

猫の名前の語源が「寝る子」からきているとも言われますが、こうやってネモコが穏やかな表情で寝ていると安心します。

寝る子は、幸せの象徴です。



170406_2

メタカムに切り替えて、ステロイド剤の効果も切れてきたころ、口の中を気にする行動が見られるようになりました。

同時に顔も腫れてきて、連続した痛みと、その痛みが治まらない苛立ちなのか自分の足を齧り始めます。

こういう時は、常に気にして足を齧らないように声掛けをします。

でも、その痛み、止められません。

止められないと分かっているので、次第に私たちの方の心が折れて、ステロイド剤にすがるしかなくなります。

気持ちだけ頑張っても、痛みが続くという現実は厳しいです。



170406_3

ステロイド剤が切れるころになると、足を齧って流血騒ぎになるのですが、今回はメタカム使用でいつもより我慢を強いた期間があったので気が付いたら酷い流血になっていました。

血に弱い私は、いつも以上の流血にショックを受けるのですが、すぐに水で流して清潔にしなければと体が動きます。

ごめんね、と言いながらの処置は素早くて、こういうとき不思議な力が出ます。

ちょうどインターフェロンの薬が無くなったので、旦那さんに動物病院へ連れて行ってもらいました。

傷の処置よりも、大げさに肩から吊られていた包帯のような布に驚きましたが、家に着いてすぐに取れてしまいました、あぁ・・・(汗

きっと、この状態にする処置は相当な時間が掛かったと思いますが、役に立たずでした。

なので、私がいつもの傷の処置をして出来上がりです。 ↓




170406_4

この後、翌日だったか、朝起きたら別の後ろ足も齧ってしまい、tobutori家はまた流血騒ぎとなりました。

こうなると、柔らかエリザベスカラーの出番なのですが、いつも使っているはずなのにどこにしまったのか見当たらず。

tobutori家は、家の片付けも急務です(笑

そして、とうとうメタカムの使用期間1カ月を待たずしてステロイド剤の注射に切り替えることにしました。

本猫ネモちゃんの限界、見守る私たち夫婦の限界でした。

数年続いているステロイド剤の治療は、その効果が薄まりつつあると分かっていて、そして副作用があると知りながら、すべてを承知しても行きつく先はステロイド剤になります。

数年越しに再使用したメタカムでしたが、今回もネモちゃんに良い効果はありませんでした。

ですが、メタカムで口内炎から解放されたネコちゃんもいます、飼い主さんはいろいろな治療を模索しながら戦っています。

犬や猫や牛の口内炎に、特効薬はありません。

人間の口内炎と違ってピンポイントで炎症を起こすようなものではなくて、口の中の広範囲に炎症を起こします。

その痛みの強さは、生命線である食事や水分がとれないほど深刻なものです。

背中の皮膚を持ち上げてその戻り具合を確認しながら、水分が取れていないときは脱水症状や危険な状態にならないように気を付けることが必要になります。

食欲減退は免疫力の低下に繋がるので、我が家では高栄養であるロイカナの退院サポートを強制給餌の手前の与え方で対応しています。

少量ですが水分も同時に取れるので、最悪な時はいつもこの方法で乗り切っています。

経験してつくづく思う完治が難しい口内炎は、動物病院の通院が必然的に長くなるので、ただでさえ頑張っているネコちゃんですから、獣医の真摯に向き合う姿勢と、飼い主さんが諦めない限り、そのコの未来は明るいと心から願います。

厄介な病気ですが、動物病院や薬、サプリなど、猫の病気の一つとして一緒に経験して学んでいます。

滅入ることもありますが、諦めません。



170406_5


うん、そうだよ~、今日も頑張ろうねぇ(笑









ブログランキング・にほんブログ村へ ← 動物病院も薬も飼い主さんの使い方次第です、振り回されないで振り回そう!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

カマちゃんのイタミ

3月18日ころから、カマちゃんの左後ろ足が使えなくなりました。

人間でいえば膝下にあたる部分、関節から下は色が変色して褐色みを帯び、やや細くなっています。


170324_1

 ↑ 体の方へ折れ曲がったまま動きません。

私には突然のことだったので、「どうして?、なぜ?」とカマちゃんの足を見て心臓バクバクで驚いていたのですが、時間の進み方が違うカマちゃんにとってはそうではないのかもしれません。

そう分かっていても、ショックは大きいです。


170324_2


初代のカマちゃんと違って、2代目カマちゃんは体の傷みが激しくて、足先が変色して短くなってしまう姿を見るのが辛かったです。

大きな役割を果たす足先が既に無いので、バランスを保つのに一苦労しています。



170324_3


羽にも傷みが見られるようになっていたカマちゃん↑、関節から下という長さはかなりの衝撃でした。

それでも、今日もカマちゃんは頑張っていますけどね♪



170324_4

 ↑ こちらは、3月11日のカマちゃん。

左の後ろ足が写っていますが、このときはまだ膝下まで動かせていました。

ただ、節の部分が黒っぽい色になってきていますね。




170329

そして、昨日のカマちゃん。 ↑

食欲はいつも通り、二日おきにミルワームを2匹~3匹食べています。

お水は、ミネラルウォーターを私の指に付けてカマちゃんの口元へ近づけると、水の匂いが分かるようで飲んでくれます。

そうそう、今の季節、加湿器3台がフル回転しているのですが、家の中は乾燥していますよね。

虫かごの中に、濡れたティッシュを毎日交換して入れていたのですが、一日経つとカラカラに干乾びているので、ペットボトルのキャップに水を入れて置くようにしました。

先代のカマちゃんは、飼育に分からないことや気が付かないこともあって、湿温は気にしていたけれど、ここまで湿度の管理や飲み水を気にしていなかったと思います。

もうすぐ4月、春が目の前です。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 春が目の前と言いながら、現実はまだまだ寒いですねぇ~、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ビビの下痢

昨日、仕事から帰ってすぐに外ネコたちのご飯を用意しながらリビングを走り回っていたら、ビビが毛玉を吐いていることに気づきました。

踏んだら大変と思い急いで拭きとったのですが、私の足元にもありまして、すでに踏んでいました(泣

こういうときは、脱力(笑



170323_1
  ( ↑ 1月の写真、おめめがまだキレイだった頃♪)


3月に入った頃から、ビビの目の調子が良くありません。

黒い目ヤニが常に目の周りを覆っています。

もともと目ヤニと戦っていたビビですが、数年前からだいぶ改善されていました。

そして最近は、下痢をするようになりました(泣

もともと、ドライフードよりウエットフードの方が好きで、ネモちゃんの「退院サポート ウエット缶」(ロイカナ)を少量だけおやつ代わりに与えていました。

それはもう大喜びで、シッポフリフリダンスをしてくれるのですが(笑)、これが毎日となると結構な金額になるので猫に大人気の「ちゅーる」(いなば)を与えてみました。

ちゅーるは、食の細いニャゴニャゴ用に買っていたものです。

食いつきがよくて驚きました、ちゅーる恐るべしです(笑

あれだけ好んでおねだりをしていた「退院サポート」より気に入っている様子でした。

調子がよくないからと、わざわざ退院サポートをあげるのですが、見向きもしないこともあるんです。

ちゅーるは、食べるんですけどね。


170323_2


なので、自然とちゅーるをおやつに与えるようになりました。

と言っても、1日1本だけ。

どんなにおねだりされても、どんなに見つめられても、ベッドまで朝早くからお迎えに来ても、1本だけよ~と言いながら・・・

あぁ、違います、あの必死なおねだり作戦に屈しています、私。

そ、そうですね、1日に2本、3本のときもたまにあるかなぁぁぁ(汗



170323_3


そして、思い起こせば、ビビが下痢気味になったのは「ちゅーる」を食べ始めた頃でした。

下痢といっても、軟便です。

正常な便と繰り返していたので、はじめは冷えだったのかと思っていました。

ですが、昨日も下痢っぽかったので、これは病院へ連れて行かねばと覚悟しました。

心に大きな傷を持っているビビ、人慣れや病院慣れをしていません。

数年前まではワクチン接種さえ、自宅に獣医を呼んでいました。

ですが、高齢猫になった今、可能な限りの健康診断はさせたいと考えています。

まずは、血液検査。

と考えながら、もしやと思いました。

下痢気味のビビと、ちゅーるの関係に注目してみたのです。

ネットで調べると、ちゅーるを猫に与えると下痢をすることが多いことに気が付きました。

これだ!

病気ではなく、ちゅーるに原因がありました。

ビビには、合わないようです。

というか、継続的に与えることに不安を覚えました。

やはり、健康を考えて作られたドライフードとは違います。

日本産のペットフードは、食品ではなく雑貨扱いになるそうです。

それは、なんとなく分かっていましたが、ペット先進国の海外を見ると、日本産のペットフードは規制が緩い分、安全性に不安が残ります。

粗悪と思いませんが、健康に悪影響が出るようでは考えものです。

どうやら、価格や見た目で誤魔化されていました(汗

うぅ、ごめんね、ビビーー



170323_4


遊ぶことが、大好きなビビ。

原因が判明したので、私もひと安心です。











ブログランキング・にほんブログ村へ ← 高齢猫や病気のときはちゅーるに薬を混ぜると食べてくれます、使い方次第で助けてもらうことがあります、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

美味しいパン屋さん、ラパン

近所に美味しいパン屋さんができました。

「ラパン」です。

就労移行を目的とした支援事業所のようです。

モットーは、子どもたちに安心して食べられるものを提供したい、そんな気持ちを込めてパンを作っています。

具材の手作りはもちろんなのですが、小麦粉をはじめとする材料を国産にこだわって、地元の食材が多く使われているそうです。

近所に、美味しいパン屋さんができるのは、うふふ、嬉しいですよね~♪


170316_1

確か10時オープンだったと思います。

就労支援型の事業所なので、基本的にお休みは土、日曜日になります。

それでも、月に2回くらい土曜日の営業日を設けてくれました。

入口に、営業カレンダーがあるのでチェックしてみてくださいね♪



170316_2

さぁ、では、入ってみましょう!!

入口も、手作り感があって可愛いですね。 ↑



170316_3

建物全体が木にこだわっているようで、パンのトレーも木製です。

力が無いのではじめはちょっと重かったけれど(汗)、今はすっかり慣れました。

そう、実は毎週のようにお気に入りのパンを買いに出掛けています(笑




170316_4

食パンや、ロールパンは、くどくないお味なので優しい感じがしました。

コーヒーブレッドは、ふわふわで甘みがあるのでお子様にも人気があるのでは!

神戸屋のようなショコラブレッドがあっても、いいかも♪



170316_5

日替わりパンもいくつか食べていますが、ハンバーガーがお肉の感じや薄味なところが美味しかったです。

お肉の仕入れも、こだわっていると話していましたよ~

話を聞かなければ伝わらないようなアピールポイントがたくさんあって(笑)、パンの名前だけの表示なので、シンプルと言えばシンプルの良さがあるのかも。

この日の日替わりサンドは、ナポリタンサンドだったのですが、パンの量がめちゃめちゃ多くてナポリタンの味がとても薄くて、うちの旦那さんも食べるのに苦労していました(笑

これも、手作りの良さなのでしょうね~

で、私のイチオシ ↓





170316_6

うさちゃんの「クリームパン」です。

他にもクリームパンはあるのですが、これは特別というか格別なんです♪

お店の方が、確かオバタ養鶏場の卵を使っていると言ってました。

手作りでこねるので、日によってクリームの硬さが違うときもあるそうです(笑

プロの仕事としては失格なのかもしれませんが、なかなか味があっていいと思いますよ(笑

何といっても、美味しいですもん。

しかも、自慢のクリームがたっぷり詰まっているので驚きます。

甘ったるくなくて、いくらでも食べられちゃう(笑



170316_7

ほ~らね、黄金色のクリームがたっぷりでしょ♪

パン生地のギリギリまで詰まっているんです。

私のおススメは、レンジで少し温めてから食べてください。



170316_8

見てください ↑ 美味しいクリームが落ちそうーーー



170316_9

モチモチあんパンも、美味しいです。

餡に特徴はないですが、見ていて可愛いの!



170316_10

モチモチというだけあって、パン生地が柔らかでとてもよく伸びます。

場所は、水戸市千波町の食彩館セイブのすぐ近く。

車でお越しの方は、建物の外観が街並みと同化しているので、よく見ていないと通り過ぎちゃうかも。

私は近所なので、徒歩ですが。




170316_11


週末に撮影したカマちゃんです。

どうにか後ろ足を手繰り寄せられました。










ブログランキング・にほんブログ村へ ← 単純な私は、美味しいもので元気ハツラツです、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

みんな元気!

暫くブログの更新をしていなかったので、うちのコたちの近況を報告しますね。

うふふ、カマちゃんは頑張ってくれていま~す♪

冬を越えて、暖かい春を楽しみに目指しています。

写真は先月までに撮ったものなので、だいぶ元気でしたね。

今は、羽の傷みが目立ってきています。

足先も、少しずつ黒くなって傷んで短くなってしまいました。



170313_1

眠っているのか、固まっていのるか、そういう時間は長くなりましたが、私の顔を発見すると(たぶん誰でもよいのだと思います、笑)、カマちゃんの表情が明るくなるのが分かります。←ホントなんです!

動くものが大好きなんです、きっと。

もしかしたら、仲間と思われているのかな(笑

そして、ご飯タイムで獲物を見つけると、顔つきが変わります。

真剣そのもの!

本当に、仕草の一つ一つが可愛いです♪

足先が短くなってしまって、思うようにバランスが取れなかったり、切なく感じるところもありますが、頑張って今を生きています。

このころ見ていたカマちゃんは、動きが危なっかしいところもありましたが、今のカマちゃんと比べるとかなりしっかりしていますねぇ。




170313_2

先月の写真ですが、長男のミーちゃんが珍しくキャットタワーに登っていました(笑

最近は、誰もキャットタワーに登ることがなくて、こんな姿を見なくなりました。

それでも、何かの拍子で登ることがあって(どんなタイミングなのでしょうねぇ、笑)、私たちがすっかり忘れていた
キャットタワーの存在を、このコたちは忘れていないんだなぁ、とキャットタワーをしみじみと見つめてしまいました。

今年13歳になるミーちゃんは、食欲も旺盛、ウンチも快調、ここ最近は急に甘えん坊になりましたが、元気に私たちの後を追って家中を移動しています。

寝る時間は、今年に入って目に見えて増えています。

私たちも当然同じように年を取っているのですが、いつの間にか私たちの年齢をはるかに越えてしまったミーちゃんは、それでも変わらずの私たちのお子様です。

寝ているミーちゃんの手を取って、いつまでも一緒だよ~!と訴える私の独り言を、ちゃんと聞いてくれています。

うふふ、どっちが子供なのでしょうねぇ(笑

さらに、寝ているミーちゃんの顔やお腹に、私の顔を擦り付けています(笑

薄目で私を見ながら顔を背けていくミーちゃんに、薄笑いの私がまた顔を擦り付けて、そして顔中は毛だらけに・・・あぁ、幸せ。



170313_3

次男のビビは、一番タフで元気かと思っていましたが、3月に入ってから体調が落ちています。

はじめは今年になってから口の臭いが気になりだして、口の両脇に大量ではないのですがたまにヨダレ焼けが残るようになりました。

そして3月になると、目の調子が良くなくて、我が家でビビを引き取った以前から酷かった涙目は、目の周り全体に黒い塊が覆ってしまうほどでした。

里親になってから数年してだいぶ改善されたのですが、復活した感じです。

免疫力の低下が原因で、口の中は荒れてきます。

歯周病は猫にとって、とても怖い病気です。

ビビはこれまで、いつも身軽に動き回って若々しさを比較的保っていると私たちは見ていましたが、ここ最近はミーちゃんのように寝る時間が増えて、急に年を感じるようになりました。

ビビも、推定ですがミーちゃんと同じ年齢くらいになります。

このコたちに合った今までとは違ったケアを見つけて、一緒に幸せな時間を過ごせればと考えています。

ジン君のことを経験しているので、できれば動物病院は、なるべく使いたくないです。



170313_4

と言いながら、ネモちゃんは保護をしたときからずっと動物病院に通っています。

ごめんね。

ごめんねしか、見つからない。

三男のネモちゃんは、犬や猫にとって不治の病と言われている「口内炎」と戦っています。

西洋医学、東洋医学、サプリメント、本当に様々な治療法で口内炎と戦ってきました。

未だに勝てていません。

それでも、薬で痛みをごまかしている間はご飯を食べることができます。

眠りながら伸びーーーー!をして、幸せそうな表情を浮かべてくれます。

ジン君と同じで、兄である長毛種軍団には厳しいですが、人間には甘えん坊さんです(笑

この掛け合いが、結構面白くて私たち夫婦はいつも楽しませてもらっています。

長期で使っている強いステロイド剤の注射がまた効かなくなってきたので、メタカムに切り替えてステロイド剤を止めました。

今の治療内容は、抗生剤の注射と、消炎鎮痛剤のメタカムと、インターフェロンと、免疫力を高めるマイタケMD-フラクションで対応をしています。

口内炎の傷みを抑える薬が無いと、食事がとれないため餓死してしまいます。

それくらい、食べてくれない日が続いて体重がどんどん落ちていった時を経験しています。

あの時は、本当につらかったです。

東京の動物病院を訪ねて、当時日本では手に入らなかった液体のクリンダマイシンを譲っていただいて、何とか危機を脱することができました。

動物病院に大変お世話になっているネモちゃんですが、それでもやっぱり病院は嫌いのようです。




170313_5

お外で、頑張っているニャゴニャゴです。

こちらも先月の2月に撮った写真です。

ニャゴニャゴは、夕方過ぎになると我が家の玄関前に置いてある犬小屋に入って寝ています。

まだまだ朝夕は冷えるので、ホッカイロ投入は欠かせません。

ただ、うちの食事は食べてくれません。

お水は飲んでくれているようなのですが、カルカンなどの食事は見ているだけで食べてくれません。

種類を変えたり、スープタイプのものなど色々と試したのですが全てダメでした。

嗅覚の問題か、内蔵系の病気なのかもしれません。

ニャゴニャゴの保護は、今は諦めています。

長い時間を掛けて向き合ってきましたが、その道を選びました。

保護ができるなら、いつでもしたいと強く願っています。

ですが、ニャゴニャゴには無理に捕獲をする方法は、考えに考え抜いた末にしない方向で決めました。




170313_6

クロちゃんは、今年に入ってからすっかり顔を見せなくなりました。

1月はずっと心配をしていて、交通事故に遭ってしまったのではないかと落ち込んでいました。

いつもうちの周りに張り付いていたので、とても寂しかったです。

ですが先日、近くのアパートで久しぶりにクロちゃんらしき姿を見つけて、思わず「クロちゃん!」と声を掛けました。

名前を呼び続けましたが、クロちゃんはこちらの顔を見て、そしてゆっくりと遠くへ行ってしまいました。

遠かったですけど、間違いなくクロちゃんでした。

クロちゃんは大人の雄になってしまったようで、クロちゃんの春が来て、場所を移動してしまったようです。

そして最近また、高い甘えるような声を出してうちに来るようになりました。

クロちゃんの春が、終わったのでしょうか。

数週間前から、ミケコツーのあとを執拗に追いかけているクロちゃんの姿を見掛けています。

ミケコツーは、避妊手術をしているのですが、それでも追いかけるクロちゃん。

去年は酷い疥癬でガリガリだったクロちゃんも、今年は1歳になる頃なので去勢手術を考えています。

最近撮った写真の中に、ミケコツーとチャイロが写っていませんでした。

安心してください、この2匹は毎日通ってきて、毎日ご飯を食べています(笑

寒い冬もあと少し、頑張ろうね。 が、いつもの決まった合言葉になっています。

ケガや病気をしないように、元気に春を、そして夏を待ちましょう。



170313_7

そうそう、最近水泳を始めたんです。

クロールの初級クラスに入ったのですが、水の中を出た後はどっと疲れが出るのでその日の夕飯は作れません(汗

今年に入ってから気分が乗らないからと、フラダンスを休んでいて、たまにフィットネスクラブに行くと筋肉痛が酷くて苦しんでいる私です。

私はどちらかというと、健康のためだからと疲れるようなことはしたくないので、楽しめるものを探しながら運動を取り入れています。

適度な運動、大事です(笑




170313_8

運動をして体力を付けたいと考えている私ですが、なかなか思うようにはいきません(汗

同じフィットネスクラブに通う人を見ていると、年齢に関係なく皆さんお元気でハツラツしています。

私も、大好きなお肉を食べて頑張らないといけません。

運動して疲れて帰ってきますが、クラブに通う人やスタッフの方から元気をもらって帰ってきているような気がします♪








ブログランキング・にほんブログ村へ ← 元気、健康、笑顔で過ごせることが何よりですね、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
  • ライブドアブログ