想いが詰まる

もう、12月ですね、ホント早い。

あまりの速さに、心が追いついていかないです。

11月に入ると急に寒い日が多くなったせいか、ジン君を思い出すことが多くなってしまって、心が毎日壊れている感じがします。

どうしてかな、あんなに泣いたのに、まだ涙が止まらない。

辛くて、悲しくて、悔やむ気持ちが収まらない。

最初はね、ジン君を失ってしまったという喪失感が半端なくて、心が何も感じない「無」そのものになっていました。

気付くと、私が見る景色から色が無くなっていて。

こんなに静かだったの?と驚くほど生活から音が無くなってしまい、昼間だっていうのに暖かさえ感じない。

空虚な毎日に涙だけが止まらなくて、感情も何も生まれない。

思考が止まった状態でいたら、すぐに悲しみの波が押し寄せてきて、ただただ悲しくて、会いたくて、一時も涙が止まらないほどで、普通にしていることがものすごく大変でした。

外出する気力はなくて、人に会うことも涙を止める自信がないから、極力控えるしかなくて。

深い悲しみに落ちていると、いつの間にか絶望感が襲ってきました。

みんな死んでしまえばよいと、おもったくらい。

死ぬことはとても簡単なことで、気持ちが安らげることだと思えてしまうんです。

目の前にいるミーちゃんさえも、今死んでしまえば楽になると笑顔で考えるくらい、辛くて辛くておかしくなっていました。

そして、その頃は動物病院からかかってくる携帯電話の音が、鳴ってもいないのに聞こえてきて苦しみました。

ジン君が入院していた時、悪い知らせが来るのではないかと毎日携帯電話の音に怯えていたから、ジン君が亡くなった後しばらくしてから、その幻聴がはじまりました。

どうやって謝ればよいのか、どう償えばよいのか、もうここにはいないジン君に対して床に頭をつけて謝っていました。

なぜ、ひとりで逝かせてしまったのか。

私の喪失感と絶望感は、自殺願望まではいきませんが、なぜか夜中にビルの屋上に立っている自分の姿がよく頭に浮かんできていました。

それが頭の中に浮かぶと、楽になれた気がします。

でも、悲しみは終わらない。

そして、この苦しみの矛先は獣医に向けられました。

一緒に頑張っていたジン君を奪った獣医が、どうしても許せなかった。

最期の手術の日、その手術自体も私にはどうしても踏み込めない何かがあって、当日まで行くのをためらいながら、ジン君もあんなに嫌がっていたのに。

私は、連れて行ってしまった。

私の罪。

私の心の中から消えはしない。

人を恨んで楽になろうとしても、心は疲労するばかり、分かっています。

それでも収まらない心は、「チクショウ!!」と大声を発することで、今の自分まで取り戻すことができました。

この言葉に、こんなに力があったなんて、心底楽になれました。

今でもまだ、チキショーと言って自分を取り戻すことがあります。

心が破壊されることって、あるんですね。

守っても、守られるものではないのが心なのだと知りました。

ここまできてしまった私です、普通に頑張って生活をするにはジン君を忘れるしかありませんでした。

そうしないと、終わってしまう。

なのに、また冬がきて。

ジン君を看護していた季節が寒かったから、どうしてもジン君の頑張っていた毎日が蘇ってしまいます。

未だにジン君との楽しい思い出を封印しているくらい、思い出すのがまだツライ。

本当に、辛いです。

色が消えた世界に、やっと色を見つけることができてきたのに、頑張っていたあの頃のジン君が蘇ってしまって、思い出すジン君は可愛くて健気で、だから涙が止まらない。

カレンダー、たった5枚戻せばジン君はそこにいるのに。 そんなこと、いつも思ってしまう。

自分で乗り越えないとって、つくづく分かってはいるのだけれどね。

これほど愛しているジン君を、思わない毎日は私にはなくて、それなのにジン君の写真を見る勇気はない。

けれど、ネットでね、ジン君によく似た「タルぼん」というコがいるのぉ(泣

毛色は違うのに、表情や仕草がジン君そっくりで。

そのコのブログをね、たまに覗きに行って、笑顔と元気をもらっています。




カルカン大量買い!

またまた、パウチタイプのカルカンが大安売りされていたので、大量購入です♪

この値段、質とともにキープしていただきたい(笑



161111_1

パウチのカルカン1つの値段が、なんと税込みで「50円」です。

ぜ、税込みで50円ですよ~

もう、箱買いしかありませんよね! うん、うん。

この日の買い物は私一人だったのですが、アルバムの整理で重たいアルバムを既に2冊購入していました。

それと、このカルカンの詰まった箱をレジ袋に両手で持ちながらの移動、肩が痛いし辛かったです(笑

でも、我が家には必需品なので~♪



161111_2

うふふ、当然ですが、箱を開ければこんなに詰まっています(笑

カ、カルカンがぁ~   いっぱいだぁ~   ♪



161111_3

そして、例のごとく、カルカンたちを蓄熱暖房機の上に並べます(笑

いつでも、温かいご飯を提供できる喜び、あぁ、完全に脳内支配されていますね。

でも、嬉しいから仕方ないのです。


161111_4

長年の経験上、「まぐろ味」が人気と分かっているので、今ではまぐろ一筋です。

特に、口の中が弱っていコには、ゼリー状の部分が好まれます。

最近、身を残すことが多いので、硬いのかしら?

マースジャパン様、頑張り続けてください。






ブログランキング・にほんブログ村へ ← 人気のシーバやグリニーズも出所はマースさんの製品なのですね!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

黄金のイチョウ

11月13日(日)、県立歴史館の庭園でライトアップされたイチョウ並木を見に行ってきました。

とても人気のあるイベントで、交通渋滞まで起きるくらいなのです(笑

歴史館は、特別展などを見るときに入館料を払いますが、広い庭園は無料で散策できます。

ちょうどフィットネスクラブまでの通り道になっているので、遠目にイチョウの木は普段から目にしていました。

いつか、紅葉の季節に行きたいと思っていたのですが、今回渋る旦那さんと出掛けてきました(笑


161116_1

夕方の5時過ぎでこの暗さ、ライトアップの時間帯は17:30~20:30。

土曜日の昨日と今日の二日間で、王朝きものショーや、舞台芝居、高校生によるお茶会や、大正琴を愉しむイベントが行われていました。

県民の日で、展示室の入館料も無料だったそうです。

普段は昼間のイチョウ並木を目にしていますが、ライトアップされるとさらに雰囲気がありますね!



161116_15

 ↑ 庭園には、イチョウの木以外に大きな古い木がたくさん揃っていて、見ごたえがあります。

暗がりから徐々にライトアップされたイチョウ並木に近づくので、明るさ倍増という感じで、なかなか考えられていますね(笑



161116_3

イチョウ並木の手前で、「プロジェクションマッピング」が行われていました。

こちらの建物は、明治14年に建築された「水海道小学校 本館」を、大正10年に移築されたものです。

ハウステンボスだったかしら、テレビの映像で何回か見たことはありましたが、生で見る初めてのプロジェクトマッピングでした。


161116_4

カメラは2台くらいだったでしょうか、3Dの迫力はそれほど感じられませんでした。

効果音のボリュームが大音響だったので、迫力があり耳に残るほど(笑

オリジナル曲だったのかしら、耳からなかなか離れなくて、今でも頭の中でグルグル回っています(笑


161116_5

和を意識した音と映像。

尺八のような音が迫力あって、たぶんそれが耳から離れないのかもぉ、ふぅ~(汗


161116_6

3Dの楽しみはイマイチだったので、色を楽しみました。

比較してはいけないのでしょうが、テレビで見たものはお金が掛かっているので、内容も違いました。

上映後、5分ほどの休憩をはさんで、同じものを見られるのですが、1回見れば十分という感じでした。

他の方も同じ感想なのか、何度も見る人はいませんね。

イチョウ並木へ、そのまま流れていきました。


161116_8

振り返れば、黄金色ぅーーー!!!




161116_9

黄金のイチョウ並木を奥に進むにつれ、幻想的な世界が広がります。





161116_10

暗闇に浮かぶ黄金色のイチョウの木。

1本だけ、離れたところにあって雰囲気がありました。



161116_12

みなさん、見事なイチョウ並木の写真を撮っていました。

日本人は、やはり写真好き~♪

目に入ってくるイチョウの輝きは、カラフルなクリスマスのイルミネーションと違って、また素敵でした。



161116_13

庭園内はとても広く、野鳥の姿もあってなかなか楽しめます。

お散歩には快適かも。




161116_14

この日は、スーパームーンの前日。

スーパームーンの当日は、残念ながらあいにくの雨で、お月様は見られなかったので、この日に見られてラッキーだったかも♪





161116_16

帰りに気が付いたのですが、入り口でもあった出口に白椿がキレイに咲いていました。

照明が当たって葉がより一層ツヤツヤしていました。

暗闇に真っ白に光るように咲く椿の花。

「椿」という漢字は、日本で作った国字だそうです。

バランスのとれた、キレイな組み合わせの漢字ですよね。



161116_17 

白い椿の花言葉は、「完全なる美しさ」だそうです。

香りはありませんが、確かに美しい花です。

その葉は、冬になっても落ちないことから古来より神聖な意味合いがあったようです。

歴史館で、素敵な秋のライトアップを見てきました。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← どんなに寒い空のもとでも楽しみは作れる!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

一緒に生きる


昨日の日中は天候に恵まれ、気温も上がって暖かくなり、気持ちが少しホッとできました。

なのに、今夜は雨、今ブログを書いているはこの時間はその雨がシトシトと降っています。

ニャゴニャゴは、昨日から犬小屋へ入りました。

たぶん、体調が悪いのだと思う。


161026_1


ノラ犬や、ノラ猫を思うと、この季節はどうしても毎日の天気と気温が気になってしようがありません。

根っからの野良は賢くて、強く生きるすべを知っていますが、人間の都合で家の中から外の世界へ放たれた犬や猫はその時から毎日を命がけで暮らすことになります。

戦争のない平和なこの国で、簡単に命を失うことになるなんて。

飢え死にしないために命をかけて人間に近づいていく。

縄張りを駆け巡るために、速度オーバーの車の前を横切る。

ケガを負ったり、病気になったらいつだって死と隣り合わせ。

このコ達は、いつだって大変な暮らしをしてる。

「そんな辛い日ばかりじゃないよ、気楽で良いかもよ~」

そういう返事が聞けるかもしれないけれど。

傘を異常に怖がったり、チリ取りは平気でも、箒を見ると逃げ出したり、ジョウロの水でさえ怯える様子を見せるのは、きっと怖いことをいっぱい経験しているからだよね。

そういうの、全部が人間の仕業になるから、よけい悲しくなる。



161026_2

昨日は、1年に1度の「町内会清掃の日」でした。

町内会の人は多く、十年以上前に二つに分けても、まだ多い感じ。

集合場所で準備をしていると、猫好きの人が近所のネコ事情を話していて、ご飯をあげている話も聞こえてきました。

長年、町内会の会計をされているお宅です。

我が家ととても近いのだけれど、話を聞いたらうちの外ネコたちは混じってなそうでした。

いったい、どこで、暮らしているのだろう・・・?

なんて思いながら、笑顔で掃除がスタート。

どこもかしこもアスファルトで、土がないから、排水溝も土砂等がなくどこもキレイ。

それでも、枯葉の季節ですからね。

場所によっては、お庭の土が道路の縁に溜まっていたり、掃除のし甲斐はありました。

そんな中、掃除をしている女性の一人が「私は生き物が大嫌い、動物が好きじゃない」と同じことを数回繰り返して言ってました。

動物嫌いな人もいるでしょうけれど、それを大声で言う人も珍しいと思い、要チェック。

でも、だんだん腹が立ってきて、そして悲しくなってきた。



161026_3

分かっていても何もできない。

こんな人も世の中にはいるんだな、しかもうちの近所(泣

動物が嫌いな人って、行動のすべてが動物の虐待になるのよね、きっと。

こういう世界で生きている外のコたち、せめて、出会ったコ達には温かいご飯と安らぎを、感じてほしい。

こんな自己満足な毎日は、何に繋がるのか、考え出したら切りが無いし悲しくなるだけだから、いっそ心を閉じたくなる。

でもね、このコ達が今日もまた来たのなら、心を閉じてる場合じゃないものね。

掃除の後半は、犬好きの人と町内の飼い犬事情の話で盛り上がりました(笑

救われるのは、動物を好きな人が多いのも確かだっていうこと。


161026_4

今のこのブログを書いている最中も、ニャゴニャゴが犬小屋にいるから温めたカルカンを差し入れています。

ご飯がくると思って、犬小屋から出て、なぜか雨に半分以上は濡れそうな場所で待っている。

フード皿の前に、新聞紙を置いて濡れた足を乾かしてもらう。

そして、温かいカルカンのゼリー状の部分を食べて、魚の身は半分くらい残してしまう。

残した状態でも食べたいので待っているから、また温かいカルカンのご飯のお代わりを持っていく。

ブログは、いつもこんな風に合間を使って書いていたりします(笑

文章がちゃんと繋がっているのかなぁ~(汗


161103_1

クロちゃんも、犬歯や前歯が無かったりするので、やはりカルカンが好き。

でも、なぜか、クロちゃんの存在はtobutori家に集まる外ネコたちからは嫌われているのよねぇ(汗

全員から、嫌われるのって、何かしたんじゃないのかなぁ・・・と思ってしまう。

そうそう、先日、カルカンが安売りをしていて、大量箱買いしてしまいました(笑)↓


161111_3

tobutori家の冬の風物詩(笑)、蓄熱暖房機の上で温める。↑

美味しいと思ってくれたなら、幸せと思ってくれたなら、この街で一緒に生きていこうね。





ブログランキング・にほんブログ村へ ← ちゃんと見てくれたなら、こんなに可愛いコたちなのにねぇ~!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

大子町のリンゴ

「林檎」の季節です。

大子町の美味しいリンゴをいただいてから、リンゴの季節が楽しみになりました。

近所のスーパーで購入する値段がちょっと高めのリンゴよりも、断然美味しいです。


161109_1

休日の午後から出かけたのですが、紅葉時期にはまだちょっと早くて、ラッキーなことに道路がとても空いていました。

水戸市の隣町の那珂市に差し掛かると、道路わきにうずくまる野良ネコ、野良犬を目にしてしまって、車が進むにつれ心穏やかではありませんでした。

さらに車を走らせると、橋の上を通ったときに大きな鳥とほぼ同じ高さになりました。

なんてリアルなのでしょう、羽を大きく広げて、一生懸命に山の方へ飛んでいます。

足元に、何か四角くて白いものをしっかり掴んでいました。

家族に届けるのかな? 巣作りの最中なのかな? などと連想しながら・・・♪

こういう光景を目にすると、普段せっせと生活している自分の世界がかなり小さなものに感じます(汗

自然が豊かであれば、生きものたちは本来の生態系の中で自活していけるのに違いない。


161109_2

車が少なく、しかも信号も少なかったので、予想以上のスピードで大子町へ到着です。

山が近いですね~♪

ここまでくる途中に、メガソーラーまではいかなくとも、自然破壊をして自然エネルギーとかいう太陽光パネルを幾つか見かけました。

ちょっと、悲しい風景でした。


161109_3

大子町の中で、大きなリンゴ園に着きました。

さすがです、周りに人はいなくても、リンゴ園には大勢の人がいました。

リンゴの試食、食べ放題です(笑

この日に試食できたのは、サンフジと、あいかのかおりと、名月と、王林だったと思います。

採れたてなので当然みずみずしいですが、甘さや硬さ、香りまで、種類によって微妙に違いがあり楽しめます。



161109_4

「たわわ」という感じで、木にたくさんリンゴが成っていました(笑



161109_5

重さもあるでしょうから、細い枝にこのようにたくさん実がついていて大丈夫なのか、ちょっと驚きです(笑



161109_6

 ↑ こうやって見ると、スーパーで売られているリンゴそのものですねぇ、うぅ、感動~♪

たくさんの日を浴びて、お尻の方までしっかり真っ赤です。


161109_7

 ↑ 幻の極甘リンゴと言われている「高徳」のことです。

とにかく量が少ないので、予約制になっているみたい。

去年、高徳を母からもらって、たっぷりの密に感動したのを覚えています(笑

大子町のリンゴ、地元販売で市場に出回らないんじゃないかしら?



161109_8

 ↑ サンフジより少し値段が高い、「あいかのかおり」です。

試食のとき、蜜はありませんでしたが、サンフジと違ったどくどくのすっきりした甘さがありました。

ちょっと大きめを選んだので、7個で2,800円くらいかな。


161109_9

 ↑ こちら、あの手に入らないという「高徳」です!!!

帰り際に、こぼれ落ちた高徳が収穫されてきました。

サンフジが売れ切れていたので肩を落としていたのですが、とてもラッキーでした。

というか、かなりラッキーなことのようで、お店の人に本気で羨ましがられました。

この時間帯になると買い物を終えた人がほとんどで、この高徳に気付いてその前にいたのは、私たちとお店の人を含めて2組。

買い放題でした(笑


161109_10


高徳は、かなり小さなリンゴです。

そして、その佇まいは、「幻のリンゴ」と言われるように全く見えないんですよね~。

でも、食べたら納得の幻のリンゴなのです。

買えるだけ買って来ましたが、親のところと、妹宅と、いつも頂き物をしているお友達や、お世話になっている知人に配ることを考えたら、うーーーん、手元に残るのは2、3個?!

もう1度、計算しなおさないと・・・! 汗、汗。


161109_11

高徳に限らないのでしょうが、お店の人の話だとお尻が赤いものを選ぶとよいと話していました。

お尻まで、キレイに真っ赤ですよね~

きっと、密がたくさん入っていますよ、うふふ(笑



161109_12

ほら、こんなに密が入っていました(笑



161109_13


 ↑ ですが、高徳はお尻が黄色でも蜜がたっぷり入っているようです。

さすが、幻のリンゴです!






ブログランキング・にほんブログ村へ ← 茨城県には、幻と呼ばれるリンゴなど美味しいものがたくさん!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
  • ライブドアブログ