これが外猫の現実だ

クロちゃんに追いやられ、ミケコツーとチャイロはもう暫くtobutori家に来ていない。

そんな我が家の一番初めの外猫は、ニャゴニャゴでした。

家の中にニャン達はいるけれど、キレイに掃除をしていたので猫臭みたいなものは無かったと思うし、肝心のフードさえ置いていないのに、ニャゴニャゴは玄関の前にある日突然座っていました。

そのとき、家を建てて既に3、4年は建っていたので、本当に驚きでした。

青天の霹靂とはこのことを言うのだと思うくらい、外猫がい付くことを予想だにしていませんでした。

今では、外ネコ世話歴4年くらいになるのかしら・・・笑。

ニャゴニャゴの後に、唯一のメス猫のミケコツーが来て、そしてチャイロが加わりました。

去年、疥癬を患ったガリガリのクロちゃんが現れるまで、この3匹が付かず離れずケンカも無くて、平和に我が家に、ただご飯をだけを食べに通っていました。

チャイロ、いつごろから加わったのかと調べてみたら・・・

2015年10月に書いたブログの後半に、少しだけ写真が載っていました。 → 

まだ小さくて、あどけない表情のチャイロ(笑)、生後半年くらいかなぁ。




171017_1


そして、今年の最後にtobutori家に通ってきていたのは、↑ 写真で調べたら半年前。 

ブログでは5月の初旬くらいまでは名前が出ているので、それから間もなくしてクロちゃんに追い出されたのだと思います。

 (チャイロがtobutori家に通っていた今年最後の写真、その時のブログ。 →  )

ミケコツーは、クロちゃんに追われながらも頑張ってtobutori家に何度も通っていたけれど、もう今は全く姿を見せに来ません。

チャイロも全く姿を見せなかったのに、長雨が続いたその合間の今日、tobutori家の駐車場、さらに言うなら私の車の下にいました。

私は、いつものようにクロちゃんに少量ずつご飯をあげるために、玄関の中と外を行ったり来たりしていて。

そうしたら、外でクロちゃんが威嚇のような声を出しているのに気が付きました。

もしかしたら!!

こういう時の勘は、鋭いものですね。

そういう思いで、外に飛び出たけど、誰もいなくて。

クロちゃんが見ていた駐車場にも、誰の姿もありませんでした。

でも・・・!

との思いで、再び車の下を見ると、

「いた!、いました!!、チャイロ。」 (喜)。




171017_2


初めは車の下でよく分からなかったんです、本当の姿が。

とにかく、すぐにご飯の用意をしなくちゃと、家の中に戻って、あっ、そう言えば、フード皿が無いよー。

クロちゃんに、カリカリ用とウェット用で2つのフード皿を使ってたのだったぁ・・・(泣

仕舞っていたニャゴニャゴのフード皿を出して、ロイカナの退院サポートを開けました。

と、その前に、今度はクロちゃんをこの場に留めておかないといけません。

クロちゃんにも退院サポートを与えて、そして、クロちゃんコールでなんとか玄関前に引き留めた!

それを何度か繰り返して、車の下から出てきたチャイロを見て、言葉が出なかった。





171017_3



目が。

右目がおかしい。

右目がくぼんで、瞳は真っ白。

真っ白の中に、赤い一線が・・・。 泣

たった、半年。

たった半年で、チャイロの片目は失われていました。

あぁ、そうか、大変だったんだね。

痛かったね。

痛みが無くなるまで、隠れていたんだろうね。

辛かっただろうに・・・ 涙。




171017_4



外で飢え死にしないように生きていくには、毎日がエサ場の確保と、ご飯の取り合いなのだ。

その中で、猫同士が互いにキケンと分かっていながら今日のご飯のためにケンカをしなければならない。

そして、弱いモノが去る。

tobutori家のご飯は、全員が食事から漏れることは無かったはずだから、無用なケンカもケガも存在しないと思っていました。

けれど、クロちゃんのように、余っているご飯を独り占めをする猫もいる。

そういう世界でした。

人の目からは可愛いように見えても、野良の世界は苛酷そのもの。

特にチャイロの場合は人慣れをしない猫だったので、ご飯にあり付けているか、ずっと心配で気になっていました。

同じ生粋の野良猫のミケコツーは、人に懐くし、世渡り上手というか、上手にご飯をもらえて生きていけると思っていたけど。

心配していたチャイロは、痩せ細ってはいないけれど、大事な片目を失って、お尻の方の毛もケガをしたせいなのかへこんでいるように見えた。

チャイロに餌場をとられた外猫もいるでしょう、それも考え出すと辛いだけで。

野良猫の平均寿命が、3~4年というのは、こういうことなのだと痛切に感じました。







171017_5


私のブログは日記代りで、tobutori家の記録になっています。

その記録のために写真を撮らなければと、ご飯を優先で慌てて撮ったので、やはりうまく撮れていなかった。

チャイロは、お皿に汲んだ水を飲みませんでした。

これはミケコツーも同じで。

腎臓病にならないように、5月にロイカナの腎臓サポートというカリカリをチャイロのために買っていましたが。

その直後にいなくなってしまったので、今日はそのカリカリの封を開けることができました。

そのカリカリを食べて、満足になるといつものように去っていきました。

相変わらず、シャーーーーーは、言われました(笑

今日は私がお休みで良かった。

休みと言っても、やることは山ほどあって(笑

今日は、ネモコの通院と、私の病院。

しかも長雨の合間で、大洗濯をしたのに思うように乾かない(汗

この季節の落ち葉拾いは、毎日掃いても落ち葉が止まらない(泣

明日も少しは晴れるようだから、庭に置いた鉢植えの移動。

あぁ、腰が痛い・・・

チャイロのことは、旦那さんに電話をして知らせました。

片目を失明していたこと、私一人で抱えるには重たかったから。

そうしたら、旦那さんの第一声が、「チャイロいたんだぁ~、死んでなくて良かったね。」

死ぬなんて言葉、聞いたときはドキッとしたけれど、確かにそう。

それでなくても数か月前の早朝に、チャイロに似た毛色の猫が車に轢かれていたと旦那さんから電話があって。

でも、違うと思う、と言う。

だったら、電話してこないでよー

やはり気になるから、走って見に行ったけれど、通学路だったからか、既にその姿はもう無くて。

チャイロの姿を見るまでは、そのことがずっと頭の中にあったから。

生きてて、ヨカッタ。

明日も、来るのだろうか・・・ チャイロ。




171017_6



クロちゃんが、まるで危険分子を見るみたいに、チャイロのいた駐車場を終始見ていました。

ですが、言わせてください。

tobutori家の外猫たちは、みんな仲良くご飯を食べるという秩序があって、

それを崩したのは、クロちゃん、あたなですよぉ・・・








171017_7


クロちゃんを引き留めるのは、少しばかり一苦労いましたが、チャイロとケンカにならずに済みました。

これだけ体格の良いクロちゃんですからね!

ジン君と同じ体形で、ずんぐりむっくりのチャイロでは敵わないと思います。

それでも、またおいで!と言ってしまう。









ブログランキング・にほんブログ村へ ← 秋も、冬も、待ってるよ~、チャイロ!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

痩せて、太って。

外ネコは大変だぁ。

常に、地域に応じた自然環境にさらされているから。

温暖化、異常気象は誰が招くのか、無関係なノラ犬、ノラ猫ばかりが辛い思いをする。

酷寒猛暑を、耐え抜かなければならない。

そういう中では、健康状態が明日を生きる鍵となる。

過酷だぁ。

けれど、ひと昔前は人間もそうだった。






171015_2


秋になって、ほんの少し涼しくなり始めた頃から、筋肉も、脂肪も、ほどよく付き出しました。

冬支度、ぼちぼち始まっています。




171015_1


食欲は旺盛!

相変わらず選り好みはしますが、食が戻ってきました。 ほっ!

夏場は、心配なほど食が落ちていたので、クロちゃんが食べそうなものを選んで与えていました。

それでも、食が細くて・・・





171015_4


今は、 ↑ こんな感じです(笑

猫缶がとても好きで、だけど歯が悪いせいか好物なのにゆっくり食べます。

今は生産終了となったサイエンスダイエットの猫缶。

ニャゴニャゴのために爆買いしていたから、クロちゃんに役立ってます。

空気を含ませるようにスプーンでたくさん混ぜると、食感が柔らかくなって食いつきが良くなるんです(笑

カリカリは嫌々していましたが、最近はしっかり食べるようになりました。




171015_3


お腹もぷっくりして、満足そう(笑

今年、推定1歳のクロちゃんは、疥癬や状態が悪いお口を抱えているためか、老けて見えます。

先日、我が家のメンテナンスに来た業者さんに1歳と教えたら、相当驚いていました。

それまで気にしていませんでしたが、そうなのかと・・・汗。

去年、我が家に来た頃のクロちゃんの記事 → 
 
その頃に比べたら、美ネコになっているんですけどね(汗




171015_6


 ↑ 今年6月のクロちゃん、ガリガリでしょ!

食事をあまりしてくれなくて、どうしようかと焦っていました。

猫缶系は全くダメ!

カリカリも、シーバを数粒食べるくらい。




171015_7


どうしたのだろうと、毎日が心配で、心配で。

でも、当のクロちゃんは調子が良さそうにしていました。

そう言えば、去勢手術もこんなことがあって先延ばしになっていたんだった。






171015_5


こんなにホッソリ。

だって、食べないんだもの。

そうだよね、今年の夏も外の世界は暑かった。

増して、初めての夏だろうから、体も戸惑うよね!

ごめん、家の中は快適だったよ。







171015_8

ご飯食べないから、体力維持するのも大変だよね。

何するのにも、疲れると思う。

私はどんなに暑くても食欲は落ちない方で、それでも体力は夜までもたないからソファーでよく爆睡してた。

暑いだけで、体力が相当奪われるからね~




171015_9


夏に撮ったクロちゃんの写真を探していたら、ニャゴニャゴの写真も出てきて。

どうしても、見入ってしまうよね。

夏は、ニャゴニャゴも毎年痩せていました。

外ネコは、そうなんだね・・・ と、改めて。泣







171015_10



今はこんな感じで、嬉しいよ。











ブログランキング・にほんブログ村へ ← 寒い季節は、心もつらいなぁ!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

秋のカマキリ

今年の夏はカマキリの赤ちゃんから、子カマキリ、そして大人のカマキリまで、たくさん目にすることができました。

車の運転中にも見つけちゃうんだから、相当慣れてきている(笑

我が家の庭がプチリフォームしたのは去年のことだけど、それまでジャングル化していた庭には、もっとたくさんの昆虫やカマキリやトカゲなんかもいたのでしょうね。

その頃の私の目は、上手にカマキリを見つけられなかったようです。

越冬カマちゃんを2回ほどお世話をする機会を経て、今ではカマキリに目が行く速さが半端ないです、ワタシ(笑

そして、数日前もまた!




171011_1


うちの壁にカマキリがいる!

何かいる!、ではなく、カマキリだと分かるんです(笑

屋根の方 ↑

ズームレンズで拡大しているので、何となくカマキリだと分かるでしょ♪




171011_4



クロちゃんも気が付いたかしら?

って、そんなことは無いわね(笑)、猫って意外と目が悪いらしいから・・・

だって、地面で普通に見たらこんな感じだもの ↓







171011_2


そうよ、この距離なのに判別できちゃうのよ、ワタシ。

自分でもスゴイと思ったくらい(笑

来世は虫かしら・・・

思い起こせば、猫もそうだった。

ミーちゃんを拾ってからは、運転中でも、何をしていても、視界に入ってくるネコたちの姿(笑

夢中になれば、目は養われる! 笑。




171011_3


地上からクロちゃんと一緒に写真を撮っていたら、旦那さんに言われてベランダへ上がることに。

身を乗り出して、かなりキケンな格好で撮影をしていたのですが、うまく撮れてました(笑

カマキリを見つけた当初は、落ちないかと冷や冷やしていましたが、上手に移動をしながら翌日のお昼頃まで屋根近くの壁にいました。

そして、昨日いた場所を見ると、卵を産んでいました。

秋は産卵の季節みたいです。

それにしても、カマキリって、あんな高いところに卵を産むものなのかしら・・・







ブログランキング・にほんブログ村へ ← そう言えば、数日前にも同じようなところにカマキリの卵が!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

8匹の黒猫

お友達から、知り合いが至急黒猫の里親を探しているとメールがありました。

その数が、8匹と・・・

写真を送ってくれたのですが、とても元気そうな黒猫ちゃんたちでした。

外ネコなのでしょうけれど、とても大事に飼われていることが写真からうかがえます。

2歳くらいの成猫で、去勢や避妊手術は済んでいるそうです。

隣の農家さんから苦情を言われてしまい、その苦情が増大してしまったようなのですが。

外ネコを大事にしたいお友達さんの気持ち、畑を荒らされたくない農家さんの気持ち、どちらも分かります。





171005


お友達とは、震災ボランティアで知り合ったのですが、ツアーを通して何度か被災地東北で一緒に活動をしたり、地元で行われているボランティアに誘っていただいたりしていました。 → 

幾度となく震災ボランティアに参加していると、被災動物の話や支援など、そのお友達から耳に入りました。

そんな中で、我が家のネコ事情を話していたのかもしれません。

その友達のお宅でも、20歳を超える高齢猫がいて、最期の看取りを一生懸命にこなしている話もメールで聞いていました。

超高齢猫になると、人間のような認知症に似た症状が現れたりします。

甲斐甲斐しくお世話をしていたお友達の様子をその頃のメールで感じていたので、今回そのお友達の同級生からの黒猫SOSに、きっと気が気でなかったと思います。

私のところへメールが久しぶりに届いて、私も黒猫ちゃんのために厳選したお友達にメールを送りました。

9人へメールをして、本命の2人から良い兆しのお返事がもらえました。

本当に、このお二人には心から感謝なんです。

頼り頼られの仲ですが、小さな命を本気で助けようと動いてくれる人だから、嬉しい。

あぁ、そして、有り難いぃ。

厳選メールの友達からも、黒猫ちゃんの心配のメールが届き、私は毎日のように黒猫ちゃんに関するメールをやり取りしていました(笑

私の母にもお願いしていたのですが、母も一生懸命に自分の友達に声を掛けてくれて、でもダメでした。

年齢や、家庭の事情、色いろあるのは当然です。

そんなことにめげず、次は私の通っているフィットネスクラブでも里親探しで声掛けをしました。

こんなところに来ている人は、大概自分のことが一番大事で自分のケアで精いっぱいなんです。

ただ、猫飼いをされている人も多く居て、淡い期待を寄せながら声を掛けたのですが、うーーん、ダメでした。

あ、あきらめないぞ!

そして、黒猫ちゃんの飼い主さんである私の友達の同級生さんとも、今は直接メールをしています。

その彼女のお家は庭がとても広いようで、車の通りも少なく、環境の良い敷地内で幸せな暮らしをしている黒猫ちゃんたちの様子が伺えました。

ですが、お隣の人は仕事を定年後に畑仕事をしてJAに野菜を売っているため、猫の侵入に困っていたようなのです。

畑で猫の糞を発見したり、芽を掘られたり、黒猫を恨むようになったのだと思います。

彼女の家に、朝6時過ぎから来て苦情を言うそうです。

しかも、週に何度も来ると聞いたので、そんな大迷惑な行為は警察へ相談できると思ったくらいです。

その農家さんは、既に猫の件で動物愛護センターへ通報もしており、感心するくらい行動力が凄い(笑

実は私の家の隣も、道路を挟んで地主さんの畑があります。

隣の町内会の地主さんなのですが、私が外猫や庭の掃除などで外に出ていることが多く、話をする機会が多かったので仲良くさせてもらっています。

でも、地主さんなので面倒見が良いからなのでしょうね、気になることがあればすぐに動くし、見ないふりはしない人なのでいろんな人に注意しています(笑

そう言えば、ニャゴニャゴのときも、病状が重くなってからは遠くまで行ける体力が無くて、トイレを隣の畑でしていました。

私はそれに気づいていたのですが、どうしようもなくて、でも、隣の地主さんは分かっていたのでしょうね、消毒の薬を撒くだけで苦情を言ってくることはありませんでした。

なんて、私は幸せなのでしょう・・・涙。

重篤なニャゴニャゴの世話をしている時に、苦情なんか言われたら、それは立ち直れなかったでしょうね。

もっと、地主さんに感謝しないといけませんね、私、と思いました。

脱線しましたが、8匹の黒猫ちゃんのその後ですが、時間の制約もあって2匹は栃木県にある動物を預かる施設に連れて行ったと、つい数日前に友達からメールがありました。

辛い気持ちになりましたが、そうせざるを得ない人が世の中にたくさんいることも分かります。

見ない、知らないが出来る人なら、こんな悩みを背負わずに済むのでしょうから。

その2匹は、特に畑に行ってしまう猫だったそうです。

他の6匹の黒猫ちゃん、気になりますよね。

里親を探している彼女は、時間が無いことや気力が落ちてしまっていることをメールに書いていました。

彼女自身の気持ちに負担が残らないように、自分を責めないように返事をしました。

ただ、時間や気力は彼女次第なので、それでも里親を探したい気持ちがあるのならお手伝いしますとメールをしました。

彼女はすぐに動いてくれました。

旦那さまと一緒に、3段ゲージを3セット購入して、6匹の黒猫を2匹ずつ、まずはゲージ生活からスタートさせる覚悟をしてくれました。

そして、先ほど、今度は私の友達からメールが来て、彼女から5匹をゲージに入れることができたと連絡があったそうです。

辛くて苦しかったでしょう、その毎日が少しずつ前へ進みだした気がしました。

あんなに大切にされてきた黒猫ちゃんたちの背中を見たら、今までの彼女の苦しくとも決して黒猫ちゃんたちに優しさを忘れず愛情を注いできた日々が報われて欲しいと願わずにはいられません。






ブログランキング・にほんブログ村へ ← 黒猫ちゃんの里親随時募集中です!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

寝るネモコ

相変わらず通院が必要なネモちゃんです。

今年、10歳になりました。

薬が効いているうちは、リビングを走り回ったり、階段だって駆け上がります。

そして、未だにお兄ちゃんであるミーちゃんと、ビビに「ブーブー」と威嚇をしていて(汗

たぶん、ボクが一番なんだからね~♪、みたいな主張なのでしょうね・・・笑。

薬の効果が薄れてくると、一転して寝ている時間が増えます。




170928_1


この日は、リビングで寝ていたので、お口の状態もまだ最悪ではないんです。

痛みが最悪のときは、2階で隠れて静かに寝ています。





170928_2


痛みで食事を取らなくなると、体重がどんどん減っていきます。

逆に、動物病院でステロイドの注射を打ったその日から数日間は、爆食いが始まります。

体重の増減が激しいので、体の心配も出てきますが、今のところ血液検査で指摘はありません。

怖いのは、薬の副作用。

それ以上に怖いのは、食事を取らなくなることです。




170928_3



うちのコたちはブラッシングを嫌がりますが、ネモちゃんだけはどうにか耐えてくれます。

特にミーちゃんは繊細なので、やさしく、なでるようにブラッシングをしても、「イヤ!」度が非常に高い。

ビビは、半寝のときなら許してくれます。

私は、常にチャンスを狙っています(笑




170928_4



ネモちゃんのオムツは、私たちの目が行き届くときは外しているときが多いです。

なるべく外してしまう私なのですが、うっかり粗相されることもしばしば。

毎日のように、個別の洗濯をしているかも(笑

まぁ、それも、良しとしています。





170928_5



まったりと、気持ちよさそうにしているネモちゃんを見るのは、こちらも嬉しいもので。

お腹を、モフモフと触りまくります(笑

喉の下の首筋を撫でられるのが大好きで、炎症している喉の痒みのようなものが解消されるのかなと思います。

もっと触って~♪と首を持ち上げますが、ヨダレも量もスゴイことになります。

以前、良い効果の表れなのかと獣医に聞いたことがあるのですが、ヨダレが口から溢れること自体が異常なので良い状態ではないと言われました。

でも、私が見て感じるには、このヨダレは良い効果の証にも見えるんですよね。

とても気持ち良さそうにしているから・・・




170928_6



気を抜いて、大きなあくびをしようものなら大変、痛いよ~と表情に現れます!

ホント、口内炎の特効薬の開発が、待ち遠しいです。

この状態だと、そろそろ病院の頃かもしれませんねぇ・・・  ネモちゃん。





170928_7


キャリーバッグを見ると、匍匐前進でソファーの下に隠れるネモコ。

不憫に思いますが、週に1~2回の通院が必要です。

つい一昨日は、抱っこをしようとしたらオシッコガ垂れ流し状態に・・・泣。

家の中では、逃げるのに必死なネモコと、捕まえるのに必死な私が、毎回相手の様子を伺っています。

もう、変な感じですよ~笑。






ブログランキング・にほんブログ村へ ← 今の季節が一番過ごしやすいですね~!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ