13939721.jpg


立って、歩く・・
元気な体なら、とても簡単なことだよね..

今日も子猫は私の顔を見るなり、大きな声で鳴き出した。 「ニャー!」
う、嬉しいよ..(汗
そして、立ち上がって歩こうとしている。
ここまで?・・と、手で押さえようとするも踏ん張った子猫に押され気味。 あれれ..
力が出てきている。
嬉しい力だ! 心配はまだまだあるけれど、この頑張りは子猫の生命力の強さ、証である。

今日も午前中の終了間際まで、子猫の側で独り言・・ ブツブツ、子猫が聞いていてくれればそれでいい。
子猫に話し掛けていると、他の入院中のネコも鳴き出すことがある。 うるさいからかしら・・(汗
でも、私は懲りずにその猫さん達にも話し掛ける。 「ニャー!」

そうそう、子猫の名前・・
コメントでも、ご心配いただいていたので「は!」と思っていました。
本当にありがとうございます。
実は、この子猫には密かに名前が付いているのです。
たぶん私だけが付けていた名前なので、私のブログ『気まぐれなるままに・・・』には載っているんですよ?
タビー縞模様の子猫だったので、タビちゃんとブログ内では呼んでいました。
病院でも・・
ですが、母猫の名前『サビィ』と似ているので改名を以前から考えていました。
そんな中、この事故に遭ってしまいました。
子猫の様態を目の辺りにして、名前どころではありませんでした。
頑張っていた子猫には済まないのですが、私の方が精神的に参ってしまいました。
それで、敢えて子猫と記載していました。

病院のスタッフに名前のことも話していまして、現在の名前が不採用になっていて検討中だということが伝わっています。笑われましたが・・(爆
私も名前を決めたいと思っていました。
それでコメントをいただいたので、特に嬉しかったです。

今日は仕事が休みでしたので、久しぶりに実家へ遊びに行きました。
母が『チコちゃん』と名付けてくれました。
暫くしたら『マリちゃん』に変更になっていました。
そう、マリちゃんぽい顔つきではありませんが、とびきり可愛い名前を付けたいと考えていました。
ですが、子猫を助けた父の承諾も無しに命名はできません..(笑
たぶん・・、我が実家は母の方が強いので『マリちゃん』になると思います。

たぶん・・ たぶん・・