1週間前からジンくんがみんなと一緒に生活をすることになりました。


それが、ネモちゃんには負担だったようで日に日に元気が無くなるのが分かりました。


でも、それは、いつか慣れてくれるものと思い、様子を伺っていました。


確かに、ジンくんは家中を元気いっぱいに遊び回るので、今まで王様のように振舞っていたネモちゃんには受け入れ難い環境になってしまいました。


101128_1

ご飯の量も少なくなり、口にしない日が続きました。


私たちが外出から戻ると、一番にお迎えをしてくれるネモちゃんが来なくなりました。


気がつくと、ネモちゃんの鳴き声を聞かなくなっていました。


ただそれは、ジンくん(子猫)が居ることによるストレスから元気が無いだけと思っていました。

表情は無表情になってしまいました。

顔が太ったというよりも、腫れているような感じがしました。


101128_2

そんな様子から、すぐに病院へ連れて行きました。

SOSを送ってくれていたネモちゃんに、元気が無いだけと、気付くのが遅かったことに悔しい想いでいっぱいでした。


ネモちゃんはストレスなんか無関係と思い込んでいました。


本当に、ごめんね・・・。


101128_3

口の中が、喉の奥まで真っ赤にただれていて、炎症を起こしていました。


血液検査などしてもらいましたが、原因が分からずでした。


炎症を抑える注射、痛み止めの注射などをしてもらい、10日間の飲み薬(4種類)を処方してもらい通院したのですが、結局今日入院となりました。


注射をすると一時的に痛みが無くなるので、久しぶりにネモちゃんの声を聞くことができました。

ネモちゃんは、名前を呼ぶと必ず返事(なぜか「ブーニャー♪」と鳴く)をしてくれるし、シッポを機嫌良く振ってくれるのです。


その姿を数日ぶりに見られて、もの凄く嬉しかった。


でも、ご飯を食べようとフード皿の前まで行くのですが、そこへ座ったまま食べることができません。


カリカリのフードをお湯でふやかしたり、大好きな缶詰を開けても、ダメでした。


こんなネモちゃんを見ると死んでしまうのではないかと、気が気ではなく私も辛くてなりませんでした。


今は、1日でも早くネモちゃんが元気に戻ってきてくれることを願うばかりです。


解決しなければならない問題は多くはないのですが、切ない問題となりました。