昨日のワンちゃんは、手術を終えて1日経っていましたが、私の目から見たら術後の状態が悪いように思えました。

でも、先生は悪いとは言わずに、白血球の値が高くなっていること、熱は下がってきたこと、悪いところは取り除いたのであとは体力を付けること、点滴だけではなく流動食を取り始めていること、説明してくれました。

そして、寝ているだけでは体が固まってしまうので歩かせてみましょうと、ワンちゃんを抱きかかえて外へ出ました。

ワンちゃんは、やはり自力では立てません。

顔を持ち上げることも出来ず、鼻先は地面に着いたままです。

私はすぐに顔を手で支えて、そして地面に座って膝の上に乗せました。

ワンちゃんの体重全部が預けられているのが分かりました。

どの部分にも力が入っていないのです。

口からは大量のよだれが流れ出ていました。


120810_1

ワンちゃんはもともと痩せていましたが、見る度に痩せてきています。

筋肉は、そんなにも早く落ちてしまうのでしょうか。

家に帰っても、脱力感しかありません。

手術なんか、しなければよかった。

あのまま安楽死がよかったのかもしれない。

頭をよぎる恐ろしい言葉です。

安楽死、それはたぶん人間が安楽になると言うことなのだと思いました。

でも、重篤な状態で、終わりのない苦しみがあるのなら、安楽死もあるのかと思います。

まだ、ワンちゃんは終わりまで苦しみが続くと決まったわけではありません。

なので、安楽死はないです。

だけど、あの姿を見ていたら、考えないことなどできません。


120810_2

 ↑ 今日の午前中のワンちゃんです。

昨晩よりも、また状態が悪くなっているように私には見えました。

そしたら先生が、「術後から状態は下っています。」と言いました。

そんなこと、昨日も思ったし、今日も当然思っている。

どんどん悪くなっている。 悪い状態が、更に悪くなっている。

今は痛みが無いと言うけれど、痛いのだと思う、苦しいのだと思う、辛いのだと思う。

また痩せていた。

悲し過ぎる。

見ているのが辛い、けれど、ずっと側で触っていてあげたい。

家に連れ帰って、一晩中側についていてあげて、撫でてあげたい。

家に来て1ヶ月まだ経っていないけれど、だけど、分かるのかな、私のこと、旦那さんのこと、家のこと。

記憶にあるのかな、散歩したこと、ご飯食べたこと。

近所中のワンちゃん達が、ワンちゃんに会いに来たこと。

その飼い主さん達に、この1ヶ月間私はたくさん声を掛けられました。

ワンちゃんを見ていた人、たくさんいました。

覚えているのかな、その全てを、ワンちゃんは。


120810_3

 ↑ 今日の夕方過ぎに会いに行った時の、ワンちゃん。


今日の血液検査で、黄疸が出ていることが分かったそうです。

黄疸の説明と、その症状が出る原因を説明してくれました。

そして、今後の話になりました。

悪い部分を取り出した以上は、治療と言う治療は無いようで、このまま点滴を流して体力を付けること、その点滴で黄疸が薄まることを待つというものでした。

もしくは、治療をやめる。

この話が出ると言うことは、ワンちゃんがいつ亡くなってもおかしくない状態であることを意味します。

そう私には聞こえました。

この時は仕事から帰宅した旦那さんがいたので、先生の話は旦那さんとやり取りされました。

私は、ワンちゃんをずっと触っていました。

時折、ワンちゃんは頭を沿わせたり、足を動かしたりします。

立ちたいのだと思いました。

でも、そんな体力も、そんな気力も残っていません。

立たせてあげたいと、それだけを思いました。

だって、ワンちゃんはそうやって、どんな時もずっと歩き続けていたのですから。

立ち止まったらなんて、考えられなかったんだろうな。

考えれば考えるほど涙が出てしまうので、考えないようにしているのだけれど、やっぱり涙がこぼれる。

ワンちゃんを本当の家に帰してあげたい、ワンちゃんを本当のご主人様に会わせてあげたい、それが出来るなら今すぐにそうしてあげたい。

旦那さんの口から、治療は続けると先生に伝えられました。


120810_4

ワンちゃんがtobutori家に来た時、パクパクと食べあさった大好きな魚を持って行きました。

真空パックにされたネコ用の魚の切り身です。

食べられないと分かっていましたが、匂いだけでもと思い、持って行きました。

先生が起爆剤になればと、明日与えてみますと言って、預かってくれました。

このまま帰れば、会えなくなるのではと、正直不安でいっぱいでした。

でも、家に連れて帰ることはできません。

まだ、点滴中です。

治療中なんです。

そう、そうなんだよ、ワンちゃん。

だから、また明日会いに来るね!




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。