やっと、本当にやっとだよ~(泣・泣・泣)、自分で食べてくれました。

2週間以上、ずっと何も食べられずに、コタツの中で大半を寝て過ごしていたネモちゃん。

口を開けるのが痛いから、ご飯どころか水も飲まない。

1粒の錠剤を三等分に小さくして、口の脇からちょっとの隙間を開けて与えようとするだけでも、「ギャー」と痛がります。

口に隙間を開けることさえ困難になるほどの痛み、食事を与えると言っても薬同様で、吐き出すのは長い通院生活で朝飯前。

治癒力で、痛みが少しでも治まって、自分で食べてくれることを信じて、毎日、毎日、どれだけ待ったことか。

毎日の皮下点滴では何の意味も無いので、強制給仕が最終手段と考えていました。

最近では、私たちが寝る時には、必ずその時だけコタツから出て2階の寝室まで上がって来てたのに、今週はその時間帯もコタツから出て来れなくなりました。

病院へ行って体重を計る度に少しずつ痩せていって、毛繕いもできないから、見た目がまるで年老いた猫のような感じ。

このまま食べないでいると、脂肪肝になる恐れも出てくると獣医から言われました。

だからと言って、強制給仕をすれば・・・、今の状態で口から入れる薬にさえ、痛みで失禁してしまうくらいなのに。

そんな暗い、落ち込む毎日を送っていました。

そして獣医からは、今の危機的状況を打開するためにもと、抜歯を勧められました。

私の母は、ネモちゃんは交通事故から生還しただけでも凄いこと、そのため体も弱いかもしれないけれど、これ以上は可哀想過ぎる。

私もそう思う。

これ以上、痛い想い、辛い想いはさせたくない。

このまま弱って死んでしまうかもしれない。 (←本当にそう思ってました。)

でも、抜歯をした後の痛み、ヨダレが垂れ流しになるほどの痛みだと他の病院で聞いたことがあります。

だから、病院に1泊するのだそうです。

そんな痛い想いをさせて抜歯をしても、治る見込みはありません。 治らないとも言えませんが。

今でも十分弱っているのに、それで治らなければ、やはり弱っていくだけです。

行く末が同じなら、このまま家の中で私たちと一緒の時間を過ごさせてあげたい。

そう思う、医療といえどもその治療は治る見込みがあって、託せること。

治る見込みが無ければ、それはただの拷問になる。

それくらい、辛い想いを私は昨年の夏、センちゃんの死で思い知らされました。

第三者であれば、私も医療の助けを得て長らえる方を願うに違いないです。

当事者であれば、家族であれば、医療よりも大事なものが見えてきます。

治るんだったら、私だって医療に頼りたい。

悲しいけれど、安楽死も頭をよぎりました。

でも、ネモちゃんだけ逝かせるわけにはいかない。 そんなバカなことも考えていたりしました。

子どもを亡くした母親が、そういった辛い境地に至ること、自然のことだと思いました。


130109_1

暗いことを書きましたが、これが私の今週ずっと考えていたことです。

ネモちゃんが過ごすコタツの中は、健康な人から見れば暖かい場所です。

今のネモちゃんからすれば、その暖かさだけではない、暗くて狭い身を隠せる場所になっています。

そんな空間を求める猫の状態は、どんな時なのか。

今週は、悲しくて辛い毎日を送っていたのですが、先日行った東京の東洋医学の動物病院、H院長先生から液体の抗生剤「クリンダマイシン」が届きました。

H先生は、震災のあった一昨年から新たに東京で東洋医学の動物病院「ハルペッツクリニック東京」を開業されました。

東京の病院がお休みの日は、地元の愛媛県で、西洋医学の動物病院「ハルペッツクリニック」で診ておられます。

目覚ましい医療の進歩には、私自身驚かされることも多いですが、その医療も突き詰めていくと限界が見えてくるのだと思います。

医療のことは分かりませんが、今まで治せなかった病気が治せるようになったとしても、現実は多様化する病気に追いつけ、追い越せなのかもしれません。

そしてその医療に限界を知ったとしても、それが限度の範囲だと諦めない人は、それ以外にも道を求めて、医療の壁を越えて患者を救うと努力を重ねるのだと思います。

東京の動物病院の先生は、西洋医学を分かった上で東洋医学で補う考え方でした。

ネモちゃんの病状だけでなく、状態に合わせて、どちらかの医学でアプローチをしてくれます。

それが患者の負担を軽減するだけでなく、より丁寧な医療に感じられました。

だって、そうなんです、西洋医学も、東洋医学も、私からすればどうだっていいんです、ネモちゃんの口内炎が治ってくれればそれでよいのですから。

お医者様が諦めないで道を切り開けば、どんな医療だって最良の医療になります。

あとは、そのコの生命力次第です。


130109_2

ご飯を食べなくなって、治せない状態が続いて、悲しくて、辛くて、そんな時に届いた液体の抗生剤は、口を開けられなくなったネモちゃんには苦労せずに接種できる薬でした。

それに、その即効性には驚きました。

H先生と毎日のようにメールでやり取りしながら、即効性があるとは伺っていたものの、その効果には驚きと喜びがありました。

目薬のような容器に入った液体の抗生剤は、無色透明、臭いも無いし、水のようにサラサラしています。

でも、一旦手に付くとベタベタと粘着性がとても強いモノでした。

半信半疑でネモちゃんに投与すると、1~2時間後にはコタツから出てきました。

コタツから出てきて、水飲み場へ行ったのです。

水飲み場なんて、ほとんど暫く行かなかった場所です。

水は実際飲みませんでしたが、その意欲が出てきたことが効果が表れたという実感に繋がりました。

翌日には、a/d缶を少量ですが食べました。

というか、コタツから出て歩き回るようになりました。

夕方にはキャットタワーで爪とぎをして、伸びをしたり、毛繕いも少しするようになりました。

感動でした、感動で嬉しくて、笑顔になる自分がいて、体が軽くなりました。

スゴイと思って、嬉しくて、誰かに伝えたくて、でもネモちゃんやみんなの世話をしていると、疲れが夕方にはピークに達してコタツで一緒に寝てしまうパターンでした。

二日後には、ご飯を欲しがる素振りを見せて、鳴くようになりました。

この数日間は、旦那さんが夕飯の支度をしてくれて、私はそれを食べている途中で眠ってしまうようなそんな毎日でした。

ネモちゃんは今までの体重に余裕があったので、年末から急激に痩せてしまいましたが、今が標準体重だそうです。

130109_3

まだ今日も皮下点滴は欠かさず続けています、でも、食欲が出てきたことがネモちゃんのミラクル回復の始まりと信じて、明るく前を向いていけたらと思っています。

頑張れ、ネモちゃん!!




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 奇跡が見えた気がしたよ、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。