先月の7月19日(土)から、今度は、ジン君の体調が思わしくなくて、普段は入らない2階の猫ベッドに入るようになりました。

そして、元気も無くて・・・

この2、3日前から回数は少ないですが吐くようになって、少量の毛玉のような物が混じっていました。

吐くことは猫にはよくあることですが、ジン君はそう滅多に吐くことをしません。

と言うか、吐いたことが無い。

だから、ちょっと元気が無い様子にただ事ではないものを感じていました。

140802_2

そして、もう一つ気になることが・・・

ジン君の便秘です。

ジン君は、子猫の時に風邪と栄養失調で死にそうだったところを貰い受けました。

神社のお宅からもらったので、神社の「神(ジン)」をいただいて、ジン君と名付けました。

そのため、成長不良で便秘症だったんです。

その悩みは、ロイヤルカナンの「消化器サポート 可溶性繊維」を、メインフードに変えて改善することができました。

お陰で、他のニャン達も快調過ぎるほど便がスルッと出てます(笑

ロイカナの「消化器サポート(可溶性繊維)」は、急性および慢性便秘のネコちゃんに給与することを目的として、特別に調整された食事療法食です。

今回のことでネット情報を活用していた時に知ったのですが、特に猫は便秘になりやすいようです。

たかが便秘と思われますが、便秘で悩む飼い主さんの切実な想い、痛感いたしました。

過去に、そんなジン君の便秘でフードを切り替えた記事がこちらです。 →


140802_8

今回の便秘は、成長不良の問題ではなさそうです。

思い当たるのは、↑ コレ。

ニャン達が大好きな、「キラキラボール」です。

巷ではネコに人気なのですが、我が家ではジン君しか興味を示しません(笑

ジン君にキラキラボールを与えておくと、夢中で暫~く遊んでいます。

暫らくと言っても、長いですよ~ 数日持ちますから。

喜ぶ顔が見たくて、つい買って来ちゃうんですよね~

ジン君は、大きなキラキラボールより、小さめのキラキラボールが好きです。

でも、小さなキラキラボールは日本製ではないので、今までは大きめのキラキラボールを買っていました。

そしたら最近、小さいキラキラボールでも日本製が売られていて、思わず即買いしてしまいました(笑

小さいキラキラボールは、よく転がるようです。

案の定、ジン君の遊びにキレが出ます。

相当、楽しんでいます。 無我夢中と言うのでしょうね~(笑) うふふ。 

ですが、この小さなサイズが災いして、遊びに夢中となり飲み込んでしまったようなのです(泣

ジン君は、オモチャを食べるような癖が無かったので、キラキラボールが無くなっていても、まさか飲み込んでいたとは思いませんでした。

それにジン君は、キラキラボールを口に咥えて、持ち歩くこともしていたので、部屋のどこかにあるものと思い込んでいました。

結果、その思い込みは違っていたので、かなり反省しました。

だって、キラキラボールが見当たらなくなると、その同じ数だけ補充するかのように、普通に与えていましたから・・・泣。

140802_6

なので、便秘の原因は、部屋のどこにも見当たらないキラキラボールだと、確信していました。

レントゲンに写れば良いのですが、写るわけがない。

でも、病院へ電話をして相談をすると、そのまま様子を見て、それでも吐くようだったら連れて来てください、と言われました。

ジン君は元気はないものの、吐いた後もケロッとした顔でいます。

そこが人間と違うところ、動物はそういうものです、安心してはいけません。

その後も、トイレに行って踏ん張っていましたが、便は出ませんでした。

このままでは、ジン君も病院行きです。

140802_7

それから二日間、吐くことは収まったのですが便秘は続いていて、とうとう22日(火)の朝には10回以上吐くことになりました。

ジン君はケロッとしてるけど、私は顔面蒼白・・・

病院へ連れて行って、キラキラボールは写らなくても便がどれくらい溜まっているかは確認できるはずだからと、レントゲンをしてもらいました。

それと、脱水症状は出ていませんでしたが、点滴をしてもらうことにしました。

レントゲンで見ると、便が胃を圧迫している状態が見て分かりました。

胃は2センチくらいに狭まっていて、その狭くなった空間にはガスが溜まっているのも分かりました。

便に圧迫されて平べったくなった胃、それでも食事は普通の量を食べていたので、これでは吐いて当然です。

それと、ジン君の腸がかなり弛緩していることも分かりました。

オモチャなどが万が一胃を通過してしまうと、腸は極端に狭い個所もあるので便と一緒に出るようなラッキーなことは期待しないでください。

胃にあれば、吐くことができます。

オモチャが詰まっているだろう、の場所を特定するために、バリウムを飲んで流れが止まる場所を見つけ出します。

見つけると、手術です。

オモチャを出してあげないと、腹膜炎になって胃や腸壁に穴が開いてしまったら死に至ります。

そんな先を知っていると、遊ぶためのオモチャが、とても危険なオモチャに思えて、後悔とともに恐ろしくなりました。

ネコは紐も大好きです、遊びながら誤飲してしまうことがあるので気を付けてください。

140802_1

まずは詰まっているウンチをどうにかしたいと思いました。

獣医の話だと、ジン君は骨盤が狭くなっているそうです。

これも、生まれ持った便秘症の原因になっているのでしょうね。

二人の獣医が処置してくれましたが、便は硬いわけではなくて普通な状態だということです。

普通な柔らかさであると言うことは、肛門から出にくい状態であるわけではないようで、指で掻き出そうとしてくれたようなのですが、普通に良い便で柔らかさがあるため無理だったそうです。

薬で様子を見て、週末までにバリウムと手術の検討をすることにしました。

ネモコのことがひと段落して、そんな日も開けずに次はジン君。

自分のせいでもあるような気がして、私も滅入ってしまいました。

ジン君は、オイル状の薬2種を飲ませることになりました。

帰宅したこの後も、今度は血が混ざった液体を吐いて、またまた獣医に電話!

薬は翌日から飲ませることになりました。

腸のマッサージやらで、お腹を刺激されたから絶対吐くと思っていたけれど、血が混ざっている状態を見るとショックは大きかったです。

ごめんね、ジン君。

2種類の薬は、「ラクスロース」と、「硫動パラフィン」というものです。

嫌がるジン君に言い聞かせるように話し掛けながら、オイル状の薬を数日飲ませました。

それでも便は出なくて・・・

しかし、飲ませ続けて四日後にウンチ、出ました~~~!!!!!

巨大かつ長さも相当ありましたよ、旦那さんが写真を撮ってくれてました。

ジン君も、辛かったのでしょう、腰が低くなって歩く姿がありました。

でも、よく頑張った~!!!

ウンチの中に、憎っくき「キラキラボール」もありました。

コ、コ、コイツがぁーーーーー!!

いえ、いえ、キラキラボールは悪くないです、私の監督不行き届きが原因なんです。 はい。


140802_3

今じゃ、こんな状態です。 ↑

病院には、電話をして便が出たことを報告しました。

先生も喜んでくれて、うん、嬉しい、ありがとう!!


140802_4

あぁ、本当に、スッキリは大事です。

ジン君、かなりストレスがあったと思います。

飼い主で親ある私は、手術が怖くて決断する勇気が持てませんでした。

親である責任と勤めが果たせないのでは、このコたちの顔をまともに見る資格が無いです。

ごめんよーーーーー

可愛い時だけ一緒にいるのではね、それって愛情じゃないし、飼う資格ないし、問題ですよね。


140802_5

ネモコも、毎日自宅で注射ですが、元気にやっています。

体重も、500g増えました~♪





ブログランキング・にほんブログ村へ ← 楽しい時だけじゃなくて、辛い時も一緒だよ、ね!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。