三連休の初日だった昨日は、フラの先生が所属する「フラ・オ・カプナヴァイ」の発表会を観に行きました。

場所は、日立市のJR常陸多賀駅近くにある「日立市多賀市民プラザ」です。

リニューアルをされていて、とてもキレイな印象でした。

大ホールの収容人員は、471名だそうです。

開演時間は、13時30分から16時までだったのですが、最後までフラを楽しめて、そして魅了されたあっという間の素敵な時間でした。

さて、開演です!

141011_15

初めの4曲くらいは、私が通っているフラの先生の先生であるスコット先生が、「イプ」というヒョウタンの中身をくり抜いた楽器と、歌でフラが繰り広げられました。

ただでさえ素敵なハワイアンソングですが、スコット先生の見事な歌声が加わると、その神秘性がさらに増します。

大地に響く、素敵な歌声に、うっとりと聞き入ってしまいました。

ハワイ出身のスコット先生は、東京で開催された「ホオラウレアジャパン」カヒコ部門で3連覇するほどの実力ある先生です。

ハワイ最高峰の「メリーモナーク フラフェスティバル」では、カヒコ(古典フラ)部門、アウアナ(現代フラ)部門、カネ(男性)部門と、数々の受賞歴があります。

そんなスゴ~イフラ経歴を持つスコット先生は、その活躍の場所を日本に移すことになるのですが、はじめは英会話のスクールの経営をされていました。

日本に移住することになると、ハワイ文化の1つであるフラと、日本に伝わっているフラの違いを感じたそうです。

そして、自分の愛するフラを、正しいかたちで日本に伝えたいと、フラ・オ・カプナヴァイを設立されました。

今は、福島県を拠点として茨城県にもスタジオをもち、伝統を守りつつ、斬新な振り付けで、私たちを魅了しています。

141011_1

日本全国でフラのコンクールが開催されているようなのですが、スコット先生の生徒さんの中には、大きな賞を受賞されている人が多いこと、多いこと、紹介してくれましたがこの中にたくさんいるんです。

この日は、茨城スタジオの発表会でしたが、福島スタジオのメンバーもボランティアでお手伝いに来てくれてました。

その様子からも、アットホームな感じが伝わってきますね!

しかし、皆さんキレイ~♪

141011_2

小学生から年配の方までフラを踊っているのですが、舞台の上では年齢に関係なく同じように光り輝いていますね~♪

笑顔もステキ!

141011_3

 ↑スコット先生のお気に入りの生徒さんで、かのんちゃんです。

とても努力家で、フラが大好きなんだそうです。

こちらのかのんちゃんは、先日岡山県で行われたコンクールで、4部門に出場したそうなのですが、どれか一つでも受賞できればいいね!と言っていたら、全ての部門で受賞したそうですよ~

まだ小学生なのですが、フラを踊るときの手つきや微笑み方が、まるで自然の中に存在するような表現力をもっていて、まさにプロフェッショナルでした。

しかも、とっーーーても可愛いんです!!!

141011_4

それで、私の席から舞台を眺めるとどうしても斜め前の席に座高の高い男性がいて舞台が見えない、体を傾けてその男性の頭を避けて舞台を見ようとするのですが、その男性の前の席にも座高の高い女性がいる。

最悪な場所でした(笑

カメラは、フラッシュをたかないことと、三脚を使わないことで使用を許されていたのですが、休憩中の座席が明るくなった時に後ろを振り向いたら、3人くらい三脚を使って写真を撮っていました。

きっと、家族を撮っているのね・・・

141011_5

体全体の動きが、なめらかと言うか、しなやかと言うか、そうですね、波のように、風のように、なるんです!

って、説明が分かりづらくてすみません(笑

141011_6

振り付けも、衣装も、ステキでした。

141011_7

ケイキちゃん(こども)たちと、かのんちゃんが「きらきら星」の曲で踊っています。

こんな小さい頃からフラに親しんでおけば、きっと将来は・・・!

141011_10

私もフラをやり始めて6月で1年が過ぎました。

でも、まだまだ踊りり全体がギクシャクしてしまって、下手すると盆踊りみたいな手つきになってたり(笑)、笑顔が引きつっていたり、踊りを間違っていたり、スゴイことになっています。

だけど、楽しいんですよね~♪

141011_9

バウスカートのグラデーションがキレイ!

141011_8

思わず、スコット先生も踊りの中に参加してくれました。

女性の振り付けをするだけあって、踊り出すと体の動きが女性的になります。

女性よりも、女性的ぃーーーー♪

141011_12

そのまま舞台から下りて、間近で踊りを披露してくれました。

曲の合間に、スコット先生がフラに関する説明をしてくれるのですが、その説明を聞いて踊りを見ているとまた違った魅力が見えてきます。

自然を敬い、感謝を捧げるフラの本質は、日本人に馴染みやすいものがあります。

141011_11

最後のアンコールに、スコット先生がそれまでの女性的なフラと違った力強いフラで応えてくれました。

発表会では、知っている曲もあったのですが、私がフラで踊っている形と違いがありました。

優しさ、優雅さが掛けているんですよね、それにちょっと力が入り過ぎている!

それらに気付かされました。

141011_14

そうそう、私の持っているバウスカートをご紹介しますね!

 ↑ 右側の、黄色のバウスカートが初めて購入したもです。

141011_13

最近は、この3種類のバウスカートを着まわしています。

バウスカートを着ると、フラモードに切り替わるんですよ~(笑

素晴らしい発表会を見終えて、フラを踊る楽しみが見ている人にも伝わるようになれればと、そんなことを思いました。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← まずは、基本ステップ!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。