最近、どうも疲れが取れなくて、やはりそういう時は美味しい「お肉」を食べに行くしかありません。

水戸の南町にある「しらかわ」さんに、出掛けてきました。

お肉の鉄板焼きです♪

こちらのお店は、シェフが1人なので予約がおススメです。

奥様は、ソムリエの資格をお持ちなので、ワインがお好きな方には良いかも~♪

学生のアルバイトの方も、姿勢が良くって、しかも対応が良いのでお食事に集中できます(笑


150218_1

まずは、新鮮サラダ。

お肉には、多少の塩・コショウで味が付いているそうなのですが、他に「わさび」と「生醤油」と「すりおろした大根のポン酢」が付きます。

私的には「わさび」がおススメなのですが、生醤油でも香ばしくいただけるし、さっぱりとすりおろし大根でも美味しいです。


150218_2

そして、野菜を丁寧に炒めてくれます。

料理の工程が楽しめるのも、しらかわさんの魅力のひとつです。

野菜は、茨城産を多く使っているそうで、時には変わったお野菜を目にすることがあります。

そんな時の食材話は、シェフも楽しそうにそして丁寧に説明をしてくれます。

こちらが求めると、料理に集中しながらも丁寧に対応をしてくれて存在感を出しますが、ほとんどは存在感を消しながら客同士の空間を作ってくれます。


150218_3

肉厚で、甘みが強いスナップエンドウです。↑

いつもなら、お皿に盛られるとすぐにいただいてしまうのですが、今日は写真を撮るのでグッと我慢(笑


150218_4

シンプルに塩だけで味付られているので、野菜の美味しさを噛みしめられます。

シャキシャキ感や、ホクホク感と、歯ごたえも美味しさの楽しみのひとつですね♪

お野菜焼、大変美味しゅうございました。

150218_5

さて、お肉が運ばれて参りました。

霜降りの甘さと、赤身の旨みが合わさった、私に美味しい「お肉」です。

サーロインよりも、好きです。

150218_6

私が写真を撮っていたので、シェフがフランベの時に声を掛けてくれました。

なので、ちゃんと撮れてますよ~♪

150218_7

まるでインド料理の「チャイ」を目の前で淹れていただくようです。

そう、私のためにアリガトウな瞬間ですね(笑

150218_8

今日は、いい写真に撮れたような気がします(笑

以前撮った時は、うまく撮れていなかったので・・・


150218_9

当たり前ですが、お肉は無事です。↑

さぁー、いただきますよ~

150218_10

お肉がお皿に盛られると、ご飯とおみそ汁、そして漬物が運ばれてきます。

タイミング、すっごく良いんです(笑


150218_11

お肉に添えられるお野菜が素早く炒められて、至福のお食事タイムです。

って、既に2キレ食べていますが。 ↑


150218_12

肉汁の甘みが十分に味わえる、ミディアムが最高です。

ご飯は、確か別料金を払えばガーリックご飯に変更でき田たと思います。

鉄板で炒めたガーリックご飯も、お腹は膨れますがとても美味しいです。

150218_13

はい、美味しかったにゃ~





ブログランキング・にほんブログ村へ ← お肉の美味しさ、お肉のお話をシェフと楽しもう、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。