tobutoriは、元気にやっています。

ここ数日は、とても毎日が眠くて、寝ても寝ても足りなくて、旦那さんに「ゆっくりしてなね」の、一見甘いような言葉が囁かれても、目の前の家事は減らないから起きるしかない・・・


週末に、「ゆっくりしててね」、そう言って、フィットネスクラブへ出掛ける旦那さん。   → えっ、出掛けるの?

夕方に、「ゆっくり寝てなね」、そう言って、自分もゆっくりテレビを見てる旦那さん。  → だったら、家事やってくれ。



ソファーに座っていても、夜まで待てなくて、強い睡魔に襲われていつのまにか寝ちゃってることが続いていました。

クロちゃんを霊園に連れて行ったときから、右側の腰が痛くて、痛くて・・・

これって、ニャゴニャゴの時もそうだった気がします。

お別れをしたときから、腰痛が出るんですよね。

腰が痛いと言いながら、眠さもあったりと、いつもと同じ時間では全然足りないほど、寝ても疲れがなかなか取れなくて。

そう言えば、昨日のことなのですが、お散歩をしていた近所のワンちゃんの名前が「カズくん」って言うんですね。

いつも読んでいる名前だったのに、いつの間にか「クロちゃん」と言ってたの。

それも、3回くらい(笑

さすがに、自分でも、思考力が落ちていることに気が付きました。

どうやら、脳と心がお疲れのようです。

クロちゃんが居なくなった時間と場所が、ぽっかり空いてしまったのは、私の心も同じでした。

でもね!

tobutori家の庭に、クロちゃんの姿が見られないのは本当に寂しいことだけど、最後の月日を一緒に過ごせたのは良かったと思っています。

あのままクロちゃんを探せずにいたら、今も心が苦しかったと思うから。




180606_18


クロちゃんと毎日、動物病院へ皮下点滴に出掛けて、そんなときでも庭の花たちはスクスクと育っていきました。

今年も早くから、ブラックベリーの白い花が咲いて。



180606_6


そしたらもう、気が付いたら実がびっしりと(笑



180606_4


キンシバイも、黄色の鮮やかな花を咲かせています。

緑に黄色の組み合わせも、大好き。



180606_9


去年、tobutori家の庭に新入りした「カシワバアジサイ」。

ニャゴニャゴを失ったときに、ピッコロのお母さんが植えてくれました。

去年の5月も、ニャゴニャゴが心配で毎日がボロボロ状態でお外にいたから、そんな私を不憫に思ったのでしょうね。

カシワバアジサイは、大好きな花だったので、水切れを起こさないように気を使いました。

どうにか根付いてくれて、今年はたくさんのお花を咲かせてくれましたよ~♪



180606_7


ベランダから下を見ると、スノーボールが咲いていました。 ↑

本来は初夏に花咲くようですが、我が家では春を告げる花みたいになっています(笑

こうやって、狂い咲きをする花がたまに見られます。

可愛いサイズのスノーボールの花ですが、お得な気分を味わってます♪






180606_1


そうそう、今日のタイトルのカマちゃんベイビーの登場です(笑

5月26日(土)に、孵化しました。

意外ですが、tobutori家でカマキリの卵を見掛けたのは初めてのことなんです。

きっと、2代に渡る越冬カマちゃんたちの子孫なのでしょうね。

5月は、家のメンテナンス工事で外壁の再塗装があったので、外壁に産み付けられていた3つのカマキリの卵を職人さんに取ってもらって、家の中に避難させていました。

工事が終わってからは、ハナミズキの枝にぶら下げて自然のままに任せたのですが、気が付いたら孵化するまでに。

夜はまだ肌寒かったりしたので、もう少し先になると予想していましたが、3つの卵は一斉に孵化しましたねぇ。

この他にも、ハナミズキの上の方に2つ、アオハダに1つ、合計6つの卵がありました。



180606_2


当然なのでしょうが、生まれた時から、カマを使います(笑

それが、可愛くて・・・♪

去年、小さなカマキリをキンシバイで見かけたこともあって、キンシバイに放してあげました。




180606_3



翌日は、日光浴をしているカマキリの赤ちゃんを5匹くらい見つけたかなぁ~

それからの日課として、毎日1カマキリを見つけては癒されていました。

ちょうど、クロちゃんのお世話をしていたときです。

だけど、クロちゃんが旅立ってから二日ほど見に行くことができなくて、そうしたら今度は全然見つけることができなくなってしまったんです。

みんな、どこへ行っちゃったんだろう・・・




180606_8


今年は、鉢植えのユリがたくさんの蕾を付けてくれたこともあって、四六時中庭に出て鉢を動かしたり、花摘みをしたりで、庭にいることがホント多いです。

もちろん、ミーちゃんの熱い視線を浴びて・・・笑。




180606_19



バラも、そろそろ地植えにしたいなぁと、考えつつ、今年もまだ鉢のままになりそう。

バラの香りを嗅ぐと、優しさと元気をもらるんですよねぇ。

見ているだけでも癒されますが、いつまでも香りが楽しめて、心身癒される花です。




180606_10


このユリの花も、香りが良いんですよ~。

キリっとした甘い香りです。



180606_12


天気予報が雨と聞いたので、咲いていたミニバラとユリを大急ぎで切り取ってきました。

家の中でも楽しめて、幸せ。

去年購入したユリですが、クロちゃんもその鉢の側でよく毛繕いをしてたなぁ。






180606_17


今年は外壁を塗り直したこともあって、10年前に購入したパティオに置くはずだった椅子を久しぶりに出してみました。

当然、お茶とかする気は無いですけどね(笑

たま~に、日干しをしていているんです。






180606_16


去年、ユリパークで購入したユリの花でしたが、今年全て咲くとは思っていなくて、どうやらこの調子だと見事な大輪の花が見られそう♪

ちょっと、パティオの中が手狭になってきましたね(汗



180606_20


今年の冬は、こんな感じで ↑

ユリの受難?!



180606_22


まだ姿を見せに来ませんが、チャイロも真冬にユリの側で日向ぼっこをしていました。

同化してるけど・・・



180606_21


パティオのタイルは冷たいだろうからと、よしずを敷いてみたら、早速クロちゃんが使ってくれた。

今年の1月頃の写真です。 ↑








180606_13


今振り返っても、弱っていたクロちゃんをよく見つけることができたなと、つくづく思うんです。

仕事の帰りに、車で自宅があと少しというところで、正面にフラフラと歩く黒猫が目に入りました。

「クロちゃん!?」

そう思って、車の窓を全開にして呼んだのですが、そのまま工事現場の中へ・・・

あの状態では、もう何も見えていない、何も聞こえていなかったと思います。




180606_14


後日、撮った写真なのですが、こんな風に工事現場の中へ入って行ったのでしょうね。

土、日曜日は工事もお休みだったし、誰の侵入も無いから静かに身を隠せたのだと思います。

まさかこんなところに隠れていたとは、全く気付きませんでした。

あんなに必死に探したのにね、方向さえ違っていました。

でもね、よく考えたら、クロちゃんの好きそうな場所だったんです。

疥癬で人目を避けて暮らしていた頃の、唯一の隠家がそういう場所だったようなので。




180606_15


工事現場の中は広かったのですが、入り口近くにプレハブがあって、その下にクロちゃんがいたんです。

工事現場の人に事情を話したら、一緒に探してくださいました。

クロちゃんを発見してくれたのは、工事現場の方です。

呼びかけに、クロちゃんは無反応で、長い木の棒を使って工事現場の人とクロちゃんを保護することができました。

ここまで最後の力を振り絞って歩いていたのでしょうね、この時点でクロちゃんは相当弱っていて、気の棒でゆっくり押されたままの形で出された感じでした。

目は窪んで、鼻の先が擦れて血で染まっていました(泣

もうその姿に、涙が止まりませんでした。

一緒に帰ろう、そう言ってクロちゃんを自宅へ連れ帰りました。

それは、昨日のことのようで、遠い昔のようにも思えます。




180606_23



あの日、あの時、いつだってそばに居てくれたんですね・・・









ブログランキング・にほんブログ村へ ← クロちゃんが旅立って、カマキリの赤ちゃんを見て癒されています!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。