ビビ、帰ってきましたよ~♪

12月8日(土)の、朝一番でお迎えでした。

今は帰りたかったお家で、のんびりというわけではありませんが、寝て過ごしています。

日本小動物医療センターに入院したのが、11月28日(水)。

胃ろうの傷の治りがよくなかったので、10日間の入院となりました。

腫瘍科で徹底的な検査をして、分かっていたのですが扁平上皮癌の確定診断が出ました。

さらに判明したのが、すでに外科手術ができない状態であること、骨が虫食い状の破壊まで進んでいたこと。

これから、緩和治療をビビと一緒に頑張っていきます。

頑張るというのは、緩和治療も楽ではないからです。






181210_1


やっと、ビビのお家に帰って来たんだよ~

ビビに私の声は届いていない。

耳は聞こえているのだけれど、逃げるのに必死なのだと思う。

今度は何、何をされるの?

ここは、どこ?

ビビの頭の中は、恐怖でいっぱいだと思う。

だから、安全な場所を求めて、とにかく歩くしかないように見えた。




181210_2


歩く、

歩く、

歩く。



181210_3


帰りの車の中も同じ状態で、ずっと落ち着かずに後部座席で私の隣を歩き回っていたビビ。

撫でさせる隙を見せないほど、動き回る。

ドアにぶつからないように、席から落ちないように、ビビに声を掛けながらなだめて居たら腰が痛くなった。

放射線治療の後も、こんな感じに動き回っていたので、腰痛が悪化したみたい。

でもね、あのときはビビの意志ではなくて、神経症状が出たのだと獣医から説明を受けました。

その説明は日大動物病院ではなく、日本小動物医療センターの担当医から後日聞くことができた。

ビビの担当医は腫瘍科の獣医さんだけど、放射線科の獣医に聞いてくれたようだ。

初めて聞いた神経症状という言葉に、私は息をのんだのを覚えている。

恐ろしかった。




181210_4


実は、ビビがトイレを我慢しているだろうと思って、家で使っていた猫トイレを車に持ち込んでいました。

退院後、車に乗せて落ち着かない様子のビビを見たときに、トランクルームにあるトイレの周りを歩かせてみたんです。

そうしたら、トイレを確認するかのように入ったり出たりを繰り返して、オシッコをしてくれました。

ものすごく嬉しかった(笑

トイレをしたら少しは落ち着くのだろうと思っていたけれど、それは甘かった。

ビビの不安は、病院から離れても、私たちの声を聴いても、撫でてみても、そしてトイレをしても、そんなことぐらいでは解消できるものではなかった。

強い不安と、傷ついた身体。

そうだよね・・・

でも、お家に帰れる!!!




181210_5


だけど、お家に帰っても歩くことは止まなかったんです。

失明をしてから、家の中をぶつかりながら歩いていたビビ。

家の配置を覚えたのかな、少しずつ上手に行きたい場所へたどり着いているのが分かりました。

なのに、10日間も入院してまた初めから覚え直しになっている。

しかも、傷ついたビビに余裕なんて全く無くて、いつもの場所で抱きかかえて留まらせても、歩き回ることを止めませんでした。

みなさんに心配いただいたとおり、私の体調不良と風邪の症状はピークを迎えていました。

でもね、ビビが歩き止まるまで目が離せない。






181210_6

ようやくです。

その時が来たのは、我が家に着いてから2時間以上経っていました。

相当歩いたので疲れてきたのでしょうね。

歩幅が小さくなって、足先が震えるように小刻みに歩くようになる。

もう限界でしょ・・・


181210_7


やっと落ち着いて横になった場所は、空気清浄機の前で、2階の階段下。

ビビが2階へ上がらないように、バリケードを作ってあります。

こんなところに、ビビは座り込んだことだってないのに。

いつものお気に入りの居場所は、何度も歩いて通りましたがスルーでした。

猫ベッドのクッションも、ふかふかマットの感覚も覚えていない様子。

長かったね、10日間の入院・・・

その毎日はビビにとって、優しい場所ではなくて、怖いことの連続だったんだろうね。

そんなことも分かっていたから、一日でも早く家に連れて帰りたかった。

だけど、ビビが入院する前は私も緊張の毎日だったけど、少しだけ希望を持つことができたり、癌に勝とうねって何度も話し掛けていた。

癌と闘う場所が見つかったと、思っていたからね。





181210_8

胃ろうをしているけど、カリカリも食べる。

見えないけれど、やっとたどり着いた場所にカリカリのニオイを嗅ぎ取ったんだね。

でも、それはミーちゃんのご飯だったよ(笑

ミーちゃんの便秘予防に、ロイカナのカリカリは長く愛用しています。

ビビは、とうの昔に食べ飽きていたのにね。

食べやすい大きさだからかな。必死に食べてる。

食べてるけれど、口からこぼれ落ちて、繰り返しながら食べようとしています。

自分のご飯を取られちゃうと思って、ミーちゃんは駆け寄りました。



181210_9


慌ててミーちゃんを制止しなければと思って名前を呼ぼうとしたら、ミーちゃんは近くでそっと見つめているだけでした。

急いで行ったはずだったのに、ちゃんと分かっているんだね。

ありがとうね。



181210_10


落ち着いたのも束の間で、また家中を歩き回って落ち着いた場所で奇跡のスリーショット♪

一番奥にいるのがビビ。

久しぶりに登場のネモちゃんもいます。

ネモちゃんの口内炎歴は長いですが、最近は培養検査で効果のある抗生物質を特定して使っています。

お陰でだいぶ炎症が抑えられて、一時はきれいなお顔に戻ったこともありました。

でも、その薬はネモちゃんにキツかったみたいで、下痢と吐くことを繰り返すようになってしまいました。

残念ながら、使用中止。





181210_11


ネモちゃん、今も頑張っていますよ~。

ただね、今日はちょっと大変なことがありました。

顔中が痒くて、エリザベスカラーを外して掻き毟ってしまったんです。

両目が開かないほど掻き毟って真っ赤に・・・

tobutori母さんは、ボロボロですよ~



181210_13


またまた歩き回って、同じ場所に辿り着いたビビ。

安住の場所と思っていたら、背後に気配を感じたのかな(笑

はい、しっかりと主がいますよ~

ネモちゃんは、ミーちゃんの侵入は許さないのに、今のビビは許してくれたみたいです。

大人しくしています。




181210_14

それから、段ボールに自分から入ったビビ。

動き回るビビを、この中で胃ろうの食事を取らせようと考えたのですが、まさかこの中で眠りにつくとは。

ぐっすりと、深く眠りに入りました。

箱の中なら安心なのでしょうか。

普段なら、段ボールになんて興味も示さないのに。



181210_15


私たちの傍ではなく、段ボールの中でひっそり寝ている姿を見ると切なくなります。

そう言えば、癌センターの担当獣医がビビちゃんはカゴの中にいつもいます。

そう言っていたのを思い出しました。

ビビにとっての、逃げ場所だったんですね。



181210_16


ゆっくりと、お眠りください。

この後で私たちは、胃ろうの大変さを思い知ることになりました。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← いつもありがとうございます、休めばいいのに休めず・・・、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。