2010年06月

バイカウツギ咲きました♪

我が家の「バイカウツギ」は、鉢植えです。




購入時には、この大きさですがリビングに置いていました。




5~6月に花を咲かせます。




強めの日差しによく映えて、リビングに咲く王子様~ 的な存在です。



100607


今年は、玄関前でたっぷりの日差しを浴びて、日々蕾を膨らませています。


・・・・・と、思っていたら



週末に、一気に咲きだしました。



100607_2

蜂さんも、バイカウツギの香りに誘われて、花から花へ大忙しです。



今年もリビングで楽しみたいと思っていましたが、どうやら家の外でも大人気の様子で、このまま玄関前に置くことにしました。



植物って、いいですよね~ 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

鳩山首相の退陣

一国のトップが、これほど目まぐるしく交代するのは日本ぐらいではないでしょうか?


平成になって、いったいどれくらいの総理大臣が私たちの期待を形とし、希望を叶えてくれたのか?


日本は、これからどんな未来がつくられていくのだろう・・・と。


100602

ネモコは、そう思った・・・・・・・・・・・・・・・・・に、違いない。




鳩山首相が退陣表明をしました。

実は私、それを非常に残念に思っている数少ない日本人の一人です。



告白は続きます・・・



鳩山元首相のことは、鳩山さんが総理大臣になってから、じわじわと好きになりました。

まさか、総理大臣を人として意識するとは想像もしていなくて、なので好き嫌いの対象になるはず無かったんですよね~


でも・・・


どうやら、鳩山さんは違っていたんです。


だーかーらーーーーー


総理大臣を1年間さえ支えることのできない内閣なんて、大臣なんて、役立たずーーーーーーーーーーーーーーーと、思ってしまうのです
(ここで言う大臣とは福島さんではなくて、総理大臣から任命を受けた大臣全員です、はい。)


日ロ関係とか、日中関係とか、何かが変わるというか、前に進みだす予感がして期待していました。

アメリカにはいつだって、相手にはされていないのだから、もっと違う形で世界との関わり方があっても良いと思っていました。

外交政策の転換期になるものと・・・!


沖縄の基地問題は、『絶対反対!、出て行けアメリカ!!』の私でさえも、容易にそんなことが言えないことも分かっている。

誰も答えは導き出せない難しさがある。


沖縄の地(人)には、戦争以前から負担を強いている。

素晴らしい自然も、文化も。

左右する権限を持っているのは、そこに住まない人だなんて。

分かっているだけに、何も言えなくて、ごめんなさいの言葉だけしかない。


鳩山さんは、きっとたくさん苦しんだんだろうな。


しかし、ずっと続く苦しみがある。

そんな闘いを続けなければならないのは、そこに住む人。

日本に住む人を、日本のトップが守れないのが今の日本であるのに、それを守るためだからと、自らを騙すしかないのは、アメリカありきの戦後の日本の悲しい現実(運命)。

熱き思いが総理大臣になられて、時間が経つにつれ、深く、強く、膨らんでいるように見えました。

道半ばにして、さぞ無念であろうに。

私も残念でなりません。


小沢幹事長にしても、新政党の幹事長の勤めを短期間でこなせたのは小沢さんだからであると思います。

非難することは簡単ですが、人の道を外すようなことをしたわけでもなく、クリーンな政治って現実的なことなのか疑問もあります。

人の非難のできる私たちは、どれだけクリーンなのでしょうか?

クリーンの定義は何でしょうか?

ひと昔前まで、命がけでしていた仕事を、今の国会議員の一部を給料泥棒に見えることもあります。


小沢さんは、そういった面では命がけで仕事をされているように思います。


だから、奇特な人たちの退陣が残念でなりません。
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ