2010年12月

肛門腺の破裂

今だから言えますが、クリスマス・イヴから大騒動連発でした。

ビビのワクチン接種があったのですが、かなり元気が無くなってしまい、私たち夫婦も心配続きで元気が無くなりました。

そこへ、ミーちゃんの肛門腺の破裂・・・

何せ、初めてのことだったので訳も分からず、焦りまくりました。

便秘気味だったので、病院で便秘の薬をもらって飲ませていました。

肛門の辺りが何か詰まっているような感じで膨らんでいたので、便秘のせいだと思って旦那さんが擦ったりしていました。

ふと気付くと、肛門近くに小さな穴があいて血が出ていました。

101230_1

気付いた私は、死にそうでした。

きっと何か変なものを食べてしまって、腸が大変なことになっていると思ってしまったのです。

絶対、外科的処置が必要で、これからのミーちゃんの人生において大きな障害が残ると悲観していました。

病院で診てもらうと、何らかの原因で肛門腺が塞がってしまい、破裂している状態であることが分かりました。

もの凄く痛いのだそうです。


101230_2

消毒と塗り薬で治るということで、ひと安心でした。

ミーちゃんの一大事に仕事も休めなくて、どうにか旦那さんに半日休暇を取ってもらい、病院に行ってもらったのですが、今回も仕事を辞めようかと考えました。

古い考え方ですが、仕事をするうえで仕事に支障が出るような事情を常に持っているようでは、仕事に就く資格が無いと考えています。

そういった意味で、仕事を続ける自信は全くありません。

そんな問題を抱えながら仕事をしていると、ストレスがたまります。

ここ最近、生まれて初めての口内炎なるものが出来ました。

それを旦那さんに言うと、ちょっと口内炎とは違うようですが、胃が痛んでいることは間違いないようです。


101230_3

病院でもらったエリザベスカラーは、生活に大きな支障が出るので、ネモちゃんの柔らかエリザベスカラーに変更してみました。

ミーちゃんに大変役立っています。


101230_4

年末を前にして、ネモちゃんの目もだいぶ良くなり、ビビも元気を取り戻しました。

ミーちゃんも、肛門腺の化膿が治まってきています。

そして、ジンくんは今日も元気に走り回っています。

無事に年を越せそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

原因判明

今日は、ネモちゃんの担当獣医さんがお休みなので、違う病院へ連れて行きました。

そこは、『心恵堂』というミーちゃんがお世話になっている病院です。

引っ越す前に利用していた病院で、今は隣の市になるのでミーちゃん、ビビが引き続きお世話になっています。

ここの病院の方針(私見)は、動物に優しいのは勿論なのですが、人間にも優しいのです。

何が優しいのかというと、無駄な検査はしない、検査にしても飼い主が指摘する内容と違った見方をすると獣医師が気になればその検査させてもらうという姿勢であることとその費用は取らないのです。

だから、ネモちゃんが普段お世話になっている病院と費用が断然違ってきます。

この病院では、このブログの主人公であったマリちゃんの入院費、手術代、治療費等全てが、拾った猫ということで半額でした。

費用の面も最大限に考慮してくださることは、ほんの小さな気になることでも動物病院へ足を運ばせることに繋がり、結果動物を救うことになっていると私は思います。

だから、動物にも人にも優しい病院なのです。

101223_1

腕も確かで、とても信頼できる院長先生が経営者です。

現在お世話になっている病院での検査で、紫外線での傷の検査もしたのですが目視で判断できなかったのでしょうか?、この病院では治りかけの傷を見つけてもらうことができました。

その傷の場所も端の方でしたので、見つけづらいのですが、院長先生の慣れた手さばきがネモちゃんも安心して身を任せることができたようでした。


101223_2

ネモちゃんの目の様子は、デジカメを持って行き画像を見せながら現在までの経緯を説明しました。

院長先生の予想では、子猫(ジンくん)とジャレていて、麻痺している右目がうまく塞がらずに爪などが入ったのではないかということでした。

傷の深さも浅く、治りかけているとのことで、今使用している目薬を付けていれば1週間ほどで治るでしょう…とのことでした。

治る程度が悪かったことと、ネモちゃんの顔が別人のようになってしまったことなど、感染なども疑っていた私は、晴れて原因が分かり足取りも軽く帰宅することができました。

本当に感謝です。


101223_3

今日の関東地方は風はあったものの、お日様日和で、ネモコも日向ぼっこを堪能していました。

まずまずは、ひと安心のご報告です。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

子猫は忙しい

子猫は、ホントに元気です。

朝から晩までよく動き回っています。

色んなものに興味を持って、毎日忙しそうに遊んでいます。

ジンくんの手にかかったら、家の中はおもちゃだらけなのでしょうね…


101221_1

それにしても、お腹周りがちょっと気になりますね~

まっ、よく食べる分、運動もしているから、健康面は大丈夫でしょう。

・・・・たぶん。


101221_2

寝ている姿も可愛いですが、遊ぶ姿もめちゃくちゃ可愛いジンくんです。

掃除や、お片付けはもちろん大変ですよ^^; 毎日・・・

それでも、癒されるんですよね~

なんて、ブログを書いていたら・・・・・

またウンチのようです。 たくさん掘っています・・・

では、行ってきます!

101221_3

そしてジンくんは、遊び続けます。  ブラボー



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

つり目

ネモちゃんの目は、少しずつでもよくなっているのか・・・、正直判断できません。

ですが、白眼のスペースが減ってきたように思います。

相変わらず、歩くと涙のような液体が出てきます。

膿のようなものも・・・

101220_2

病院へ行った日の夜は、右目の周りが少し腫れていましたが、治まってきています。

それでも、まだまだ痛々しさはあって、ネモちゃん自身も普段より音に敏感になっています。

それに、腫れているせいかつり目になっています。

あんなに可愛かったネモちゃんの姿が、まるで別人(猫)のように変わってしまいました。

101220_1

それでも、ネモちゃんです。

得意の「ブーニャー」の鳴き方も健在です。

今日は、夜のヒモ遊びにも参加していました。

気持ち的には、かなり治ってきているようです。 ガンバレ~


ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

ネモちゃんの目

昼前までいつもと変わらぬ可愛いネモちゃんだったのに、ふと目が赤いのに気付いてよく見ると、ただ事ではありませんでした。

ネモちゃんの右目が白目をむいていたのでした。

私はショックで、旦那さんに大声で助けを求めていました。

即、病院に向かいました。

101218_1

もともとネモちゃんの右目は、交通事故のせいで見えていません。

右側にある目、耳、口は麻痺しているのです。

キレイな顔をしているように見えますが、事故当時は顔が左右ずれてしまって、整形でワイヤー止めをしてあります。

現在、推定3歳半になろうとしているネモちゃんは、1年半以上の通院(入院期間含む)や治療など、過酷な猫生を今まで歩んできています。

人生の半分は、交通事故の怪我の治療に費やしているのです。

101218_2

今までこんなことは1度もありませんでした。

何かゴミが入ったとして、目をこすり過ぎてしまうのは、その右目の皮膚神経なども麻痺しているから加減が出来ないのだと思いました。

涙に近い透明の液体(少しトロっとしている)が、後から後から流れ落ちてきます。

病院はいつも混んでいて、受け付けてから2時間近く掛かりました。

どうしてもっと、頼りになる動物病院て沢山ないのかしら・・・

101218_3

私は、またストレスが原因ではないかとも疑っていましたが、結局目の異常の原因は分かりませんでした。

眼球の下の方にゴミが入っていないか調べることもできるそうですが、色々と危険なこともあるのですすめられませんでした。

念のため、角膜に傷がついていないかの検査をしてもらいました。

そして、目薬1つを処方されて帰ったのですが、これでよくなるのか不安です。


101218_4

家に帰っても涙が止まらず、黄色の膿のようなものが出始めました。

不憫でなりません・・・

懐かしい、柔らかエリザベスカラーの登場です。

事故の治療中に1年半は使っていましたから、捨てるつもりでいたのに、捨てなくて本当にヨカッタです。


ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。
最新コメント
  • ライブドアブログ