2010年12月

今度はミーちゃんと・・・

ミーちゃんのすぐ側で眠っているのはジンくんです。

ミーちゃんは体格がよくて大きいのですが、子猫であるジンくんはそれに劣らぬお腹を持っています。イイノデショウカ...

子猫ではなく、子犬にも見えたりするジンくんです。 コロコロコロガリマス


101216_1

今日のジンくんは、ネモちゃんからミーちゃんに切り替えてみました。

ミーちゃんがぐっすり寝た隙に、ちゃっかり脇に潜り込んで居眠りです。一見ラブラブ

ミーちゃんが起きたら、一体どんな反応をしてくれるのでしょう・・・?

因みにミーちゃんの猫パンチは、とってもスローで、しかも1回。

多い時で2回くらい・・・・、しかも誰にも当たらない。

その幻の猫パンチは、ほとんど見られることはありません。

101216_2

うーーーーん、

まだ起きませんね~

この間、私とジンくんは何度か目が合っています。

でも、ミーちゃんは寝続けます。


101216_3

臆病なフリして、意外と肝のすわっているミーちゃんなのです。

どうやら、やっと目が覚めたようです。

101216_4


気が付いても、気付かぬフリをするミーちゃんは、天然なのでしょうか?

それとも、優しさなのでしょうか?!!

本人のみぞ知るーーーーーー!!!!!!!!!



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

離れません

ジンくんの頭の中はネモ兄のことでいっぱいですから、名前を呼んでも知らんぷりです。

朝から晩まで、こんなにベッタリで・・・・

ネモ兄の苦労は相当なものでしょうね。

101214_1

ですが、今日あたりからネモ兄の様子に少しだけ変化が出てきました。

まだまだ弱気のネモちゃんですが、積極性が出てきました。

昨日の夜も半分以上寝ボケながら、ネモちゃんのことを膝の上に乗せて(勝手に乗ってきます^^;)撫で撫でしていると、スヤスヤと幸福そうな顔をして眠っていました。

旦那さんのお膝と、私のお膝を堪能したネモちゃんは、ジワジワと元気の素を蓄えているようです。

ネモコが元気ならそれだけで安心な私たちですが、私たちが元気でネモコもそれにつられてしまうくらいでなければとも思います。ヨッシャ~

ホントにみんな可愛いんですよ~


ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

感動の膝乗り

正確には昨日の出来事なのですが、我が家の次男ビビ様が初めて私の膝へ自分から乗ってきましたーーー!!!

キタッーーーーーーーーーーーーーーーーーという感じです!!!! ですです、はいはい。


101212_1

思い起こせば、ビビを受け入れしたのが今から3年前になります。

生まれも、育ちも、そして体のことでも、問題を持ったコでした。

多頭飼い崩壊という、過酷な環境下でビビは生まれました。

100匹に達する数から、餌の不足のため生まれても大人のネコに食されてしまうコさえいたといいます。

そんな中で命を落とさずに育つことができたのは、ただ運が良かったからではなく、きっとビビの母親がしっかりと子猫を守ったからだと思います。


101212_2

近親相姦の繰り返しの中で、ビビの体に将来どのような形で現れるものがあるのか想像はできませんが、例え短い猫生になるとしても、受け入れをした時からその覚悟はしていて、この先ずっと人に心を開かないとしても、それはそれとして承知の上で家族に迎えました。

現在も猫カゼは持っていますので、冬場は特に涙目(目ヤニ)が酷くなります。

幸い、蓄熱暖房器があるので24時間家の中は暖かなのですが、それでも涙目は1年中のことです。

できればキレイなビビの姿を見せたくて、ビビの画像を使う時には目の状態が良い時にしています。

我が家に来るまでにボランティアの救済があって、100匹に近い数でしたからその救済中も色々なことがあったと思われます。

救済はあったのですが、それは猫の立場になれば救済だったのか、結果的に救済だったとしても、ビビには心の傷が深く残りました(ボランティアの救済は私にはできないことであり心から感謝するものです)。

人を怖がり、余りの怖さから人を傷つけてしまうほどでした。

そのため、こんなに可愛い容姿をしていても、里親さんのなり手が見つかりませんでした。

人を恐れるため攻撃的になるその行動は、一時預かりさんのお宅で少しずつ癒えてくるのですが、怖がりな所は今でも変わりません。

物音に敏感で、私たちが出す音や、自分が出す音にさえ驚いて家中を逃げ回ったりします。

これでもだいぶ和らぎましたが、ミーちゃん以外のネコにシャーシャーするのは現在進行中です。

それでも、少しずつ進歩があって、ゆっくりとビビの進行に合わせるようにしてきました。

それに応えるように、ビビも一生懸命に距離を縮めてくれました。

そして、膝の上に乗る日を迎えたのです。

だから、感動なのです。

にゃんこ先生、見ていますか・・・


101212_3

↑ミーちゃんと、ビビです。

今思えば、ミーちゃんがいたから、ビビの心が開くまでに時間はそう掛からなかったように思います。

ミーちゃんのこの性格…、本当にただ者ではないのです。


101212_4

ミーちゃんを拾った時に、子猫の育て方が分からずに、仕事も辞めて(怪我をしていたので通院もあって…)、私なりに必死に猫のことを勉強しました。

情報源は主にインターネットだったのですが、そこで初めて外で暮らす猫の過酷さを知るのでした。

ビビと出会えたのも、ミーちゃんとの出会いから決まっていたのかもしれません。うふふ。


ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

嫌われても

ジンくんは、ネモちゃんが大好きです。

朝から晩までネモちゃんの側に居ます。

でも、その側に居るジンくんの姿勢がちょっとマズイ…かも。

101211_1

ジンくんは遊んで欲しくて、気付いて欲しくて、ついついネモちゃんにちょっかいを出してしまいます。

ネモちゃんが歩いて移動していると、思いっきり走ってぶつかりに行きます。

ネモちゃんのシッポで、遊び抜きます。

ネモちゃんに噛みついて離れません。

ネモちゃんが寝ていると、その側で寝たくなります。

ネモちゃんは、それが負担でストレスの病気になってしまいました。

ネモちゃんの受けたストレスは健康を蝕み、とうとう通院では済まずに入院してしまうほどでした。

でも、ジンくんはネモちゃんと遊びたいだけなのです。

それが分かっているだけに、二人のそんな切ない関係を、どちらの願いも叶えてあげたい気持ちでいます。

101211_2

ネモちゃんは、ジンくんが側にいない世界を望む…

ジンくんは、ネモちゃんと遊べる世界を望む…

どちらか一方の望みを叶えると、そのコのバランスは崩れて、すぐに壊れてしまいます。

最近、ネモちゃんの調子がまた悪くなり、心配の毎日です。

やはり、ジンくんを里親に出すべきなのかと・・・

101211_3

多少のケンカは仕方のないことだと思います、それは仲良しになるために必要なことなのかもしれないから…。

人間だってそうです。

でも、ネモちゃんはそれが出来ずに、我慢をしてしまうみたいなのです。

嫌いが、好きに変われるように、私たちも全力でフォローの日々です。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

食事の風景

すっかり元気になったジンくんです。 ・・・が、

前にも増して?、わんぱく振りを披露してくれてます。 トホホ

食欲旺盛なのは良いことなのですが、どうしても他のコのご飯まで食べてしまう。

101209_1

全てのフード皿を食べながら移動しています。

101209_2

それも、フードをかなりこぼしながら・・・・・・・・・

それに、ジンくんが食べているのは大人用のフードで、しかも太めのミーちゃんとネモちゃんのためのダイエット食です。

ジンくんはまだ6か月未満でお子様ですから、お子様用のフードを食べて欲しいのです。

しかし、自分以外のフード皿に入っているものは美味しく見えるらしく、隣の食べて、また更に隣へと移動食べしているのです。 ヒィーーーー

具合の悪かったころのジンくんの姿が、思い出せません。

それくらい、太りました。↓

101209_3

横から見ると、カバさんみたいなんですよ~

これで走るから、急には止まれなくて、いつもスゴイことになっています。

子猫だから、可愛いし、笑えるのですけどね・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ