2011年09月

秋の気配にぐっすり

とても過ごし易い陽気のせいか、みんな思い思いの格好でお休みしています。
ホントに、少し前まではあんなに蒸し蒸しとしていたのに、服装がガラリと変わりましたよね~
私は、極端に暑がりかつ、寒がりな体質なので、今ではすっかり長袖姿です。
パジャマも、布団も、部屋着も・・・
着実に冬を迎える準備に入っています。



110925_4
↑ジンくんの寝姿は、まさに平和の象徴です。
あれだけ苦労してお外の世界で生きてきた姿を思い出すと、ほんわかと嬉しくて、でも今の姿につい笑ってしまいます。

そのままのジンくんで育っておくれ~


110925_3
↑そして、ネモちゃん。夏の日でも、日光浴が大好きです。
きっと、ビタミンを作っているのね。

でも、眩しくないのかしら・・・?!!


110925_2
↑ビビの最近のお気に入りは、この小さな箱です。
見事というか、キレイに収まって寝るんですよ。

美味しい巨峰が入っていました。
葡萄と言えば、岡山県の桃太郎と言う緑色の宝石が大好物です。


110925_1
↑ミーちゃんの寝姿は、私を引き寄せます。 引力。
スリスリ、ベタベタの私に、退くミーちゃんがいるのが悲しい。 斥力か?


しかし、秋ですねぇ~ 
ニャン達じゃないけれど、私だって、いくらでも寝ていられます。
というか、寝ていたい~


秋は色々な欲がありますが、私はどちらかと言うと食欲の秋かなぁ~
昨日は、いただいた新米をおにぎりにして食べました。
田んぼの中で、ミルキークイーンと、コシヒカリが一列違いに植えられているそうで、そのまま刈り取られて自然とブレンドされるそうです。
炊きたてのご飯の匂いは、独特ですよね♪
米を愛する日本人が嗅ぎ分ける匂いかもしれません。
一粒一粒が輝いて光っています、モチモチとしていて粘りがあって、本当に美味でした。


秋生まれの私は、食欲もあるけれど、ロマンチックにも浸ります。
今の時期、車を運転する時は、音楽を消します。
窓を少し開けて運転をしていると、虫の音が耳に飛び込んできて、仕事の疲れも、少しだけ癒してくれるそんな気がします。
いい季節です。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

激ウマの「カタラーナ」

もうすっかり秋ですが、今年一押しだった夏のデザートがありましたので、ご紹介しますね。
「カタラーナ」と言います。
イタリアの代表的なデザートなのだそうです。
私、全然知りませんでした。



ハッキリ言って。今までに味わったことのない食感でした。
どうとっても美味しいだろう!!!としか言えないような濃厚プリンアイスの要素がいっぱいなんです。
でも、「プリンアイス」と聞いたら、何となくですが「ふぅ~ん・・・」という印象ですよね!
ですが、食べると分かります。
明らかにプリンアイスのようで、プリンアイスとは全く違うものだということがぁ~
とにかく、感動の激ウマでした。



110925_5
美味し過ぎて、食べるのが先行してしまい、写真が疎かになってしまいました。^^;
お見苦しくてスミマセン。



頂いたのは、「北海道スイーツラヴェリテ」のカタラーナ・ロングセットでした。
色々な味を楽しめるようになっていますが、やはりプレーンが最高に美味でごじゃりました。
上の写真は、ショコラブラウンという種類で、ホワイトチョコを使用しています。
中にラズベリーが入っているのですが、この組み合わせに疑問も出るのは分かりますが、1度食べてみてくだしゃれ、ラズベリーの酸味がこんがり焦げたキャラメルの苦みと相まって絶妙な一味になっています。
甘いものが苦手な方でも、全体的にスッキリとした後味になるので、次から次へとスプーンが口へと運ばれます。
一人占めしたくなる美味しさです。



110925_6


もの凄く濃厚なので、とても食べ応えがあります。
しかし、私は、美味しいものなら底無しです。
このカタラーナを知ってしまった時から、カタラーナが頭から離れません。
誰か、助けて・・・



我慢が出来ずに、近くで同じような物が売っていないか、早速ネットで検索してみました。
そしたら、あ~るではありませんか!!!
ケンタッキーに・・・!!!!!!!
早速、仕事を終えて帰ってくる旦那さんに携帯電話を掛けまして、注文です。
ケンタも美味しいですが、今日の楽しみはケンタのカタラーナ。ルン♪



110925_7

見た目が似ていますが、味に感動はありませんでした。
やはりダメですね!
職人さんが丹精込めて作ったデザートとは、味に違いがあって当然です。
近いものはありましたが、感動のあの味に出会うことは叶いませんでした。


うちの近くのお店でも、デザートに出してくれたらいいのになぁ~
と、今日のランチでも密かに願っていたtobutoriなのでした。





ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

「ねこのきもち」付録で遊ぶ

「ねこのきもち」10月号の付録は、キャットプレイキューブでした。
商品説明には、『もぐって、かくれて、楽しい!』と、書いてあります。
ホントにそのとおりで、遊び方はそれぞれですが、みんな楽しく使ってくれているようです。



我が家にも既に2個ほどキャットプレイキューブはあるのですが、シャカシャカトンネルに繋げているため固定されています。
「ねこのきもち」の付録の方は、素材が不織布でできているので、とても軽く、気が付くと部屋中を移動していて、隣の部屋まで移動していることもあります。
いったい、誰の仕業でしょうね・・・!


110923_1


ジンくんは、このキューブの中でまったりするのが大好きです。
もちろん、走って飛び込みをすることもありますが(それで部屋中移動している^^;)、この中に入っていることが好きなようです。



その穴から、私たちの様子を見ていたりして、目が合うとこれまた私の方が胸キュンしてます。
いやぁ~、そうなると、今回の「ねこのきもち」の付録は、まさに大当たりでした。
毎月届くこの付録は、当たりハズレも多く、というか差が激しくて、かなり飼い主の心を揺さぶります。
そう、「ねこのきもち」の付録は、飼い主のハートに届ける付録だったのです。
なので、定期購入されていない方も、今月の買い物はこの付録が付くのでお得だと思いますよ。



110923_2

↑すっかり、「ねこのきもち」の付録に魅せられてるジンくんです。
この中で丸くなってお昼寝もしますから、そんな姿を休日に見られるので、ホント癒されます。
隣で、ネモちゃんも使いたそうに、順番を待っているのかな?!



ミーちゃんもちょっと使っていましたが、もともと余り興味がないようです。
気が向いた時に遊ぶというか、ただ入るだけの感じで、猫によっても使い方が様々です。
それはそれで、私としてはみんなの個性が見えるので面白いんですけどね。



110923_3

珍しくビビがキューブを使っています。
ビビは、ヒモ系のおもちゃではよく遊ぶ(というか、かなり興奮して遊ぶ^^;)のですが、こういったおもちゃに興味を示すのは新発見かも・・・!



ビビは普段の性格と、見た目とは違って、遊ぶことがとっても大好きな猫です。
その興奮振りは、奇声を発して遊ぶことと、スピードもあるので周りにいるとケガをすること。
それが難点です。
ですが、それが嬉しくて、遊ばせちゃうんですけどね!



しかし、ビビはキューブを斜めにして器用に使っていますね。
そんな使い方で、ヨカッタのかしら・・・?



110923_4

ジンくんも、斜めのキューブを見て、不思議そうにしていますね!
こんな使い方もあるんだって、学び中なのかしら・・・?!!



ジンくんは、まだまだ子どもなので、周りのコたちの様子を見ながら毎日が遊びの勉強です。
真似っ子がとても上手んです。
でも、お気に入りの場所まで真似て奪ってしまうこともあるので、それは困りものなんですけどね。



キューブを斜めに使う方法を、習得かつ伝授中のビビですが、夕方まで続いたその姿を見ていると、私の眼にはとても滑稽に映ります。
斜めになっているキューブを見る度に、思わず「ぷぷぷ!」と吹き出してしまいます。

私:「あのビビさん、それでヨカッタのかしら・・・?!」

110923_5

自信たっぷりのビビに、何も言うことはありません。


110923_6

立てば、はい、真っ直ぐです。
キューブが真っ直ぐになって、暫くボーっとするビビでした。



↓次は、ネモちゃんですね。

110923_7

私:「何も、いませんよ~」

ネモちゃんは、キューブをガジガジするのが大好きです。
というのも、キューブや、シャカシャカトンネルの外側から、私が手を使って何かがいるように遊んだりすることがあって、それで毎回あんな動きをします。
前足を使って一生懸命に掘ったり、ガジガジと噛んだり、飛び込みもしてきます。
ジンくんにも、よく突入されています。



110923_8

それって、ビビの伝授ってことなのかしら。
その使い方に疑問はあるけれど、取りあえず「はい、よく出来ました!!!」。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

遠出のランチ

今日は、ちょっと遠出をして、常陸大宮市にある「雪村庵」に食事にきました。


以前から気になっていたお店だったのですが、周辺に特に寄れるようなお店も無いことから、それだけのために・・・と思い、なかなか行けませんでした。


今回は3連休ということもあり、時間もたっぷりあります。


緑の多い景色を見られると思えば、その移動も楽しめそうです。


何より、美味しい食事も出来て、日頃の疲れを癒せるのだから、文句はありません。



110918_1

さて、到着です! 「雪村庵」。↑


ちょうど、稲刈りの時期だったようで、小麦色の稲穂が刈り取られる様子があちらこちらで見られました。


そして、この天気、見事に晴れ渡っていて、32℃だそうです。


車の中にいても、日焼けしそうです。


駐車場は満車でした。


この日は、予約で満席だったそうです。


ここまで来て、食事も出来ずに帰るとしたら、私だったら泣くでしょうね。ウンウン


110918_2

さて、雪村庵の門をくぐって木立の中を少し歩くと、すぐに大きな池が広がっています。


そして、その先に古い日本家屋が見えてきます。


まずは、この池に渡された石橋を渡らなければ玄関先までは到着しません。


たぶん、この写真を見ているだけならきっと涼しげな印象を持たれるかもしれません。


池の鯉に気を取られていると、もう既に首の辺りがジリジリと焼けて痛いです。


この天気、もの凄いです。


110918_3

↑こちら、「常陸大宮産 完熟トマトのバヴァロア 生うに添え」です。


まあ、まあ、でした。


旦那さんは、「自家製スモークサーモン 半熟卵添え」でした。


サーモンを、ひと口いただきましたが、なかなか食べ応えもあって美味しかったです。



110918_4

↑季節のスープということで、今日は「かぼちゃ」でした。


今まで食べた冷静のかぼちゃスープの中では、ダントツの甘さでした。


どこの、かぼちゃだったんだろう・・・


できれば、少し変わったスープが飲みたかったんだけれど、この甘さに免じて許しましょう。


110918_5

↑そして、「生パスタ」の登場です。


淡路島より取り寄せている生パスタということで、なんとなく説明に力が入っていました。


ソースは、サーモンと夏野菜だったでしょうか?そのトマト風味です。


このトマトソースには、サーモンではないものがいいと思いました。


サーモンが主張され過ぎていて、生パスタのことがよく分かりませんでした。


うーん、たぶん美味しかったんだろうな・・・?


110918_6

↑そして、「牛ヒレステーキ」です。

焼き加減を聞いていた割には、ちょっと焼き過ぎのような感じが、見た目も食感もしました。


いつも行っている近所のお店なら、焼き加減を聞かれません。


その肉の美味しい焼き加減でで出来ます。


そこと比べると、ソースや油も含めて、かなり不満の味でした。 美味しいのですけれどね・・・


でも、野菜は美味しかったですよ。それぞれの野菜のウマさが出ていました。


旦那さんの方は、「フランス産 鴨モモ肉のコンフィ」でした。


これも、いつも行く近所のお店の方が見た目も味もヨカッタです。 ゴメンナサイだけど。



110918_7

↑デザートは、「黒ゴマのブラマンジェ」です。


ここまでのメニューを経て、あまり期待はしていませんでした。


はい、まあ、まあ、でした。


あ、でも、旦那さんの方は当たりだったかも・・・


110918_8

↑「紅あずまの・・・」


うーん、忘れた。


旦那さんも、覚えていませんでした。


私も途中から眠くなってしまっていて、食事に関しては期待していた分、落胆も激しかったです。がっかり。


安い方のコースにしとけば良かったと、今頃思い出して後悔しています。


110918_9


帰りの車の窓からは、夏に見た雲と同じ雲が空に浮かんでいました。


それに感動しながら、車の中でうとうと寝ていました。


今日は、なんだか妙に疲れた・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

黒猫を探す

3週間くらい前のことになります。


仕事帰りに車の中から外を眺めていたら、うちのご近所の門前に黒猫が座っていました。


近所でネコを見掛けることは滅多にないので、お腹を空かせていないか心配になりました。


で、一旦家に車を置いて、真空パックの魚フードを片手にその場へ戻ってみると、黒猫は後ろ足を引きずりながら畑の方へ移動していました。


足の具合が相当悪そうに見えたので、必死に黒猫を驚かせないように静かに近付いて行くと、1度はこちらに顔を向けてくれたのですが、何かを恐れるような感じで足を引きずりながら急に逃げるように離れて行ってしまいました。


ケガをしているのだから、人を怖がるのも無理はないと思い、せめて餌だけでも食べて欲しいと、優しく魚を投げたのですが、方向転換して逃げられてしまいました。


既に辺りが暗かったこともあり、黒猫だけに暗さと黒さが判別できず、逃げるその姿が見えなくなるのがもの凄く早かったです。


「どうしよう・・・」


一気に力が抜けました。


このまま探すことが出来なければ、足のケガが元であの黒猫は死んでしまうかもしれない、そう思うと、なおのこと苦しくなりました。


それからずっと気になっていて、どうしても探し出せないもどかしさから、心が悲鳴を上げていました。


その黒ネコのことを、旦那さんに話したり、親に話したり、どうにか自分の心の重荷を取りたいとあの頃は焦っていました。


それから数日後、ジンくんの獣医師と電話で話す機会があり、なぜか関係もないその黒猫の一部始終を話していました。


獣医は忙しいのに、私の話に耳と心を傾けて、聞いてくれました。


うう、なんて優しいの~、この獣医は・・・!!!


それからです、ようやく私の心が軽くなったのは。


それでも、毎日があの日見た黒猫のことで頭がいっぱいでした。


分かってはいるんです、人には限界があり、出来ることと、出来ないことがあるっていうことを・・・


それでも、やはり目にしてしまったら、それを放っておくことはどうしてもできません。


その黒猫と目が合ったことも、忘れられない原因になったのかもしれません。


そして、その1週間後にくらいに、我が家のすぐ近くの電柱に黒猫を探しているという張り紙を見ました。


正確に言うと、旦那さんの方が見つけるのが早かった。



image


絶対このコだと思いました。


目はちゃんと開いていましたが、目ヤニが多かったのを覚えています。


それに、そんなに痩せている感じではなかったので、飼い猫ではないかとも考えていました。


ヨカッタ、飼い主さんが探しているんだ!と、まだ見つかってもいないのに安心した気になっていました。


実は私も、黒猫のことが気になっていたので、張り紙をしようと考えていました。


「後ろ足をケガした黒猫を探しています。」


安易な考えでしたが、治療でもして治ってもらえれば、私も救われると思っていました。


そんな時の、飼い主さんからの張り紙に、意気揚々と記載されていた携帯電話へ掛けてみると、違う方が出ます。


2度目も掛けても、その方が出ます。


どうやら、その飼い主さんは自分の携帯番号を間違えて書いてしまっているようです。


私も、何度も張り紙を見直して、また掛けましたが、またその人が出ました。 ゴメンナサイ!!!


すぐに、携帯番号が違っていると、その張り紙の下に私の書いた張り紙を更に貼っておきました。


あれから2週間くらい経ちます。


張り紙に書いてある携帯番号は直されていません。


考えてもみれば、そういうのって1度貼ると、見返すことなどしませんものね。ハァー


黒猫は、今日も見つからず・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。
最新コメント
  • ライブドアブログ