2012年08月

アイドル猫

今日は、「ハチちゃん」という猫のいる宝くじ屋さんへ出掛けてきました。

以前ハチちゃん目的に購入した宝くじの抽選結果を調べてもらうためです。

当然、自分の中では3億円が当たっている気持ちでいます(笑


ハチちゃんはだいぶ大きくなっていましたが、「八の字」の眉は健在です。

見たままの末広がりが、縁起が良いとされ、宝くじ屋さんの看板猫さんになっています。

まさに、商店街のアイドルです。

眉以外は白くて、その白さが神々しくも見えます。 さ、さ、三億円ア・タ・レ!


120831_1

やはりハチちゃんはアイドル猫でした。

今日も何かの取材を受けていて、4、5人くらいのスタッフに囲まれ、カメラのライトに照らされていました。

宝くじ売り場の受付の方に聞いたら、東テレと言っていました。


しかし、さすがはハチちゃんですね、慣れているからでしょうか、余裕です。

数人に囲まれてマイクを向けられてもまったく動じません、というか動きません。

うちのコ達だったら、こうはいきませんよ。

まずは、猛ダッシュで散っていきますからね。 あぁぁ・・・

真のアイドルは違いますね~



120831_2

ボクって、言われても・・・・・ ねぇ。

街のアイドルは、色んなイベントに駆り出されて大変なのよ!

この前も、何かのお祭りだったかしら、実行委員長を務めていたわ。

ミーちゃんにつとまるかしら? うーん、考えなくても、たぶんムリ。 絶対ムリ(笑



ミーちゃん:「アイドルは顔が命にゃ! 顔で勝負にゃ!!」


120831_3

私:「そうね、ネモちゃんの言うとおりね。 いくら可愛いからって、自惚れはダメよね。」

人に好かれたいなら、まずは謙虚さが無いといけませんわ、アイドルには大事なことよね!


120831_4

忘れてました、我が家にはアイドルを超えた「スーパーアイドル」がいました。

最近、お腹周りがちょっとだけ気になるけれど、いいのよ、そんなこと、うちのコはみな太っているから目立たないわ。

我が家のスーパーアイドルは、食べることと、寝ることと、遊ぶことに忙しいようです(笑


そうそう、宝くじの結果ですが、あはは、惨敗でした。

それにしても、宝くじって当たるものなのかしら? 

夢も買いたいけれど、美味しいご飯の方がいいのかも?




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。

好きなラーメン(酸辣湯麺)

食欲が落ちていたので、元気になるラーメンを食べに行ってきました。

夏場に特にお勧めな、酸っぱいラーメンの「酸辣湯麺」です。

「中国料理 景山」という水戸の京成ホテルに入っている中華料理店なのですが、水戸ではそのホテルの他にデパートにもあります。

景山_入口
(↑お借りした写真を使用しています。)


お店の雰囲気も中国を想わせるスタイルになっていて、とてもオシャレなんです。

週末のランチタイムは、とても混み合っています。

↓こちらでいただく普通の酸辣湯麺は、こんな感じです。


酸辣湯麺

(これも、自分で写真を撮っていないためお借りした写真です。)


ただ、この普通の酸辣湯麺では、とても美味しいのですけど、私にはちょっと酸っぱ過ぎます。

たまに限定で酸辣湯麺の変形版が出るのですが、それが笑顔になりっ放しの激ウマなんです。

前回は熟成した甘い黒酢を使った酸辣湯麺でした。

夏野菜が上品にカットされて入っているのですが、それは見た目も楽しめて味はもう抜群に美味しかったです。

先日行った時には、マスカルポーネを使った酸辣湯麺があって、恐る恐る頼んでみたのですが、やはりそれも激ウマでした。

麺も夏バージョンなのか、クレソンを練り込んだ翡翠麺でした。

とろみが付いたスープは、激熱だけれどそれがまた私にはたまらない美味しさの要件になります。

あぁ、そう言えば、暑い夏に食べるラーメンこそ、贅沢だと聞いたことがあります。

そんな気分に浸れます。


120825_1

これとは別に、フカヒレの姿煮が入ったラーメンがあって、それは値段が高めで5千円します。

いつか食べてみたいなと思いつつ。

そんな美味しいものもありながら、なぜか春巻きとか、海老餃子とかは美味しくないんです。

なぜだ?!

杏仁豆腐もイマイチなんですよね。

だけれど、これ↓


120825_2

こちらのジャスミン茶は、香り高くて気持ちが上向きます。

調べてみると、食事前に飲むと食欲増進の作用があると書かれていました。

他に、気分を高揚させる働きがあって、落ち込んだ気持ちを回復させて くれる作用もあるようです。

今の私にぴったりでした。

湯を注ぐと芳香が漂って、中華料理にはこのジャスミン茶がよく合います。

そんなささやかなリフレッシュをして帰宅すると、


120825_3

そうですよね、そうなりますよね。

食べることに命を燃やすジンくんですから、その気持ちなんとなく分かりますよ。

でもね、お母さんはワンちゃんとの別れがあって食欲、気力、体重までも落ち込んでいて、ようやく元気を取り戻しつつあるの。

分かって~


ジンくん:「分かったなん!」


120825_4

私:「それ、違うでしょ。」


今日、ブログを更新しようとデジカメの写真を見ていたら、ワンちゃんの写真があって、ついその写真を追ってしまいました。

1ヶ月、ワンちゃんが我が家に来て過ごした時間です。

その写真を追っていると、自然と涙が出てきてしまい、少しずつ気持ちの整理が出来ていると思っていたのに、やはりダメですね。

優しいお顔のワンちゃんは、たくさんの苦労をしてきたはずなのに、あなたの瞳にはいったいどんな世界が映っていたのでしょうね。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。




ワンちゃん、うちに来てくれてありがとう!

ワンちゃんは、今日の午前中に旅立ちました。

そして、皆さまの祈りはワンちゃんに届いていたと思います。

本当に有難うございました。


120812_1

旦那さんと、泣いて、泣いて、泣きぬきました。

昨日、病院から腎不全も併発していて、それも数値が危険以外に無い数値でした。

先生から、自宅での看取りを言われて、もう治療の施しが無いことを胸に刻みました。

手術後の翌日には、そんな予感がしていました。

だから、この数日間は涙が止まらなくて、悩んでばかりで、悪いことしか考えることが出来なかった。

それではダメだと分かっているのに、ワンちゃんの容態を見ればその時既に明るい未来なんて見えなかった。


120812_22

自宅には、ワンちゃんが退院後に元気になって帰ってくることを信じていたので、ワンちゃんのためのグッズが増えていたんです。

それらはもう、使えなくなりました。

ワンちゃんが家に戻って来て、顔が安らかな表情になっているのがすぐに分かりました。

言いたいことは山ほどあります、でもそれは言葉に出来ません。

言葉にすると、とめどなく涙が溢れてしまうからです。

帰宅のその夜は、大粒の雨が降りました。

とても蒸し暑い夜でした。

雨の合間をぬぐって、真夜中にワンちゃんを旦那さんが抱きかかえてくれて、散歩に出掛けました。

いつもの散歩コースです。

すると、ワンちゃんが吠えました。

散歩中ずっと吠えていたんです。

嬉しかったんだと思います。

歩くのが大好きだったから。


120812_33

玄関にワンちゃんを寝かせて、もがくワンちゃんを撫でながら、ずっと話しかけていました。

私も、旦那さんも、ワンちゃんの笑顔しか記憶に出てこなくて、ただもう今の状態に涙が止まりませんでした。

玄関でワンちゃんの隣に私も寝て、ずっと手を握ったり、頭を撫でたり、体をさすったりしていました。

今思うと、あの時、ワンちゃんの意識はあったのかな?

すぐ隣で寝ていると、ワンちゃんの目に私が映っているのが分かりました。

ワンちゃんは、私を見ていたのでしょうか?

1時間ごとに、痩せ細ってしまった体の位置を変えてあげます。

痩せているとはいえ、私には結構な重さでした。

寝るだけでも辛そうなワンちゃんの、少しでも負担の無いように、ワンちゃんのタイミングを見ながら寝る姿勢を変えていきます。

骨張っているので床ずれも心配ですが、それ以上に同じ体勢で寝ていると布団側の体が熱でこもっていました。

今日までの疲れもあって、眠い目をこすりながら、ワンちゃんの頑張りを応援していました。

朝も、ワンちゃんを抱きかかえて旦那さんと玄関の外をワンちゃんに見せてあげました。

雀の鳴き声や、外の匂いが、ワンちゃんには感じられたと思います。

最期まで、本当にいいコでした。

だから、涙が後から後から頬を伝わって、写真を見るだけでも涙が止まらなくなる。


120812_44

長い、長い、ワンちゃんとの一日が終わりました。

私の親も、その朝2回ほど来てくれて、ワンちゃんの今までの苦労を労いました。

ワンちゃんを撫でながら、母が「いい人に拾われたね。」と何度も言ってましたが、私にとってその言葉が逆に胸に突き刺さりました。

本当に、そうなのかと。

ワンちゃんのこれからの幸せな寿命、犬生を、閉ざしてしまったのは私以外に居ない。

辛い思いをさせてしまった。

悔やむことが山ほど出てきました。

旦那さんと一緒に、ワンちゃんの体をキレイに拭いてあげて、変わり番こにワンちゃんを撫でに行っています。

今日はワンちゃんと家族一緒に過ごします。

今思えば、ちょうど1ヶ月前の今日、ワンちゃんが我が家にやってきました。

今はただ、悲しみしかありませんが、言えることはただ一つ。

ワンちゃん、ありがとう。 




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。


黄疸

昨日のワンちゃんは、手術を終えて1日経っていましたが、私の目から見たら術後の状態が悪いように思えました。

でも、先生は悪いとは言わずに、白血球の値が高くなっていること、熱は下がってきたこと、悪いところは取り除いたのであとは体力を付けること、点滴だけではなく流動食を取り始めていること、説明してくれました。

そして、寝ているだけでは体が固まってしまうので歩かせてみましょうと、ワンちゃんを抱きかかえて外へ出ました。

ワンちゃんは、やはり自力では立てません。

顔を持ち上げることも出来ず、鼻先は地面に着いたままです。

私はすぐに顔を手で支えて、そして地面に座って膝の上に乗せました。

ワンちゃんの体重全部が預けられているのが分かりました。

どの部分にも力が入っていないのです。

口からは大量のよだれが流れ出ていました。


120810_1

ワンちゃんはもともと痩せていましたが、見る度に痩せてきています。

筋肉は、そんなにも早く落ちてしまうのでしょうか。

家に帰っても、脱力感しかありません。

手術なんか、しなければよかった。

あのまま安楽死がよかったのかもしれない。

頭をよぎる恐ろしい言葉です。

安楽死、それはたぶん人間が安楽になると言うことなのだと思いました。

でも、重篤な状態で、終わりのない苦しみがあるのなら、安楽死もあるのかと思います。

まだ、ワンちゃんは終わりまで苦しみが続くと決まったわけではありません。

なので、安楽死はないです。

だけど、あの姿を見ていたら、考えないことなどできません。


120810_2

 ↑ 今日の午前中のワンちゃんです。

昨晩よりも、また状態が悪くなっているように私には見えました。

そしたら先生が、「術後から状態は下っています。」と言いました。

そんなこと、昨日も思ったし、今日も当然思っている。

どんどん悪くなっている。 悪い状態が、更に悪くなっている。

今は痛みが無いと言うけれど、痛いのだと思う、苦しいのだと思う、辛いのだと思う。

また痩せていた。

悲し過ぎる。

見ているのが辛い、けれど、ずっと側で触っていてあげたい。

家に連れ帰って、一晩中側についていてあげて、撫でてあげたい。

家に来て1ヶ月まだ経っていないけれど、だけど、分かるのかな、私のこと、旦那さんのこと、家のこと。

記憶にあるのかな、散歩したこと、ご飯食べたこと。

近所中のワンちゃん達が、ワンちゃんに会いに来たこと。

その飼い主さん達に、この1ヶ月間私はたくさん声を掛けられました。

ワンちゃんを見ていた人、たくさんいました。

覚えているのかな、その全てを、ワンちゃんは。


120810_3

 ↑ 今日の夕方過ぎに会いに行った時の、ワンちゃん。


今日の血液検査で、黄疸が出ていることが分かったそうです。

黄疸の説明と、その症状が出る原因を説明してくれました。

そして、今後の話になりました。

悪い部分を取り出した以上は、治療と言う治療は無いようで、このまま点滴を流して体力を付けること、その点滴で黄疸が薄まることを待つというものでした。

もしくは、治療をやめる。

この話が出ると言うことは、ワンちゃんがいつ亡くなってもおかしくない状態であることを意味します。

そう私には聞こえました。

この時は仕事から帰宅した旦那さんがいたので、先生の話は旦那さんとやり取りされました。

私は、ワンちゃんをずっと触っていました。

時折、ワンちゃんは頭を沿わせたり、足を動かしたりします。

立ちたいのだと思いました。

でも、そんな体力も、そんな気力も残っていません。

立たせてあげたいと、それだけを思いました。

だって、ワンちゃんはそうやって、どんな時もずっと歩き続けていたのですから。

立ち止まったらなんて、考えられなかったんだろうな。

考えれば考えるほど涙が出てしまうので、考えないようにしているのだけれど、やっぱり涙がこぼれる。

ワンちゃんを本当の家に帰してあげたい、ワンちゃんを本当のご主人様に会わせてあげたい、それが出来るなら今すぐにそうしてあげたい。

旦那さんの口から、治療は続けると先生に伝えられました。


120810_4

ワンちゃんがtobutori家に来た時、パクパクと食べあさった大好きな魚を持って行きました。

真空パックにされたネコ用の魚の切り身です。

食べられないと分かっていましたが、匂いだけでもと思い、持って行きました。

先生が起爆剤になればと、明日与えてみますと言って、預かってくれました。

このまま帰れば、会えなくなるのではと、正直不安でいっぱいでした。

でも、家に連れて帰ることはできません。

まだ、点滴中です。

治療中なんです。

そう、そうなんだよ、ワンちゃん。

だから、また明日会いに来るね!




ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。


手術を終えて

ワンちゃんは、今も頑張ってくれています。

応援、ありがとうございます。



今朝の確認では、熱が出ているとのことでした。

あの痩せた体で全身麻酔と手術に耐えて、今は発熱と痛みなどの炎症に耐えてくれています。

自分たちで決めたことだったのか、これが良いと言われても、これで良いのか分かりません。

たぶんこれからワンちゃんはよくなると思います、そう信じています。

それでも、これで良かったのか本当に分かりません。

ですが、皆さんのコメントを見ると沈んでいた心に元気が戻りました。

そしてまた、落ち込むんです。

そんな繰り返し、気持ちの上で全く処理できないでいます。



120809_1
 
↑ 首に包帯をしていますが、高カロリーの点滴をしているからです。

癌などで食事を取れない状態の人間が受けるものと同じだそうです。

こういった処置が必要になる手術などがあっても、普通の点滴で済まされるそうです。

それは、金額が高くなることはありますが、手間が掛かるのだそうです。



昨日の手術で、異常部分と思われる子宮を摘出しました。

取り出した臓器は、素人の私でもすぐに見て普通ではないことが分かりました。

卵管が、まるで筋子のように小さな丸い卵状で連なっています。

それは卵管全てがその状態で、卵巣が変形する異常よりも、私から見ると卵管の方が恐ろしいものに見えました。

恐ろしいものに見えたのは、単に血で染まっているからではなくて、なんとなく自分の持つ本能で感じました。

卵管を切ると膿のようなものも出てくると先生は言っていました。

膿と言うと、子宮蓄膿症が疑われるそうなのですが、その独特の色にはなっていないそうです。

なので、子宮蓄膿症とも違っていて、何らかの細菌が侵入してこの状態になったとも考えられるそうです。

とにかく、これで出血が止まれば原因となるものを摘出したということになります。

そして、その先にはこの臓器を病理検査に出すかと言うことです。

先生の話では、8割は良性に思われるそうで、完全に悪性では無いとは言えないそうです。

それはそうだと思います。

そこまで分かったら、凄過ぎます。

私が思うに、悪性の腫瘍は一つ、または数が多いイメージはなくて、これだけの出血をしていたのなら大きな塊で想像していました。

素人な私の、癌のイメージです。

子宮で悪性の腫瘍は少ないそうです。

ですが、ワンちゃんもそうである保証はありません。

ただ、私の直感では悪性ではないような気がしました。


120809_2

私は、今月いっぱいで今の仕事を辞めることになっています。

7月後半にそれを伝えてあるのですが、なかなか難しく、8月いっぱいは勤めなければなりません。

法律事務所に勤めているのですが、普段権利、権利と主張する人はこんな時に民法での規定の話はすっ飛んでしまうようで、自己の利益を追求します。

バッジを付けていても所詮人間ですから、面白いです。

後任選びのために、面接を何件もこなしていますが、こればかりは相性などもあって決めかねているようです。

ワンちゃんが倒れた日に、仕事を午前中だけ休んで午後から仕事に向かったのですが、この話もあって最悪ワンちゃんがいなくなることもあるので仕事を継続してもらえないかと言われています。

私の中ではムリな話でしたが、大事にしていただいていることもあって即答はしづらくできませんでした。

そんな私との状況ですから、昨日から特大お盆休みがもらえることになったわけです。

そんなことで昨日は、ワンちゃんの手術のことも考えてはいましたが、家の中でニャン達に囲まれ掃除洗濯に汗をかき、心身ともに休息を取ることが出来ました。

久々に、清々しい一日を過ごせました。

そして、ワンちゃんのことを考えると、また自分の存在を恨んだりします。

こんなことばかりが続いて、悪いのはもしかしたら私であって、前世で何か悪いことをした償いを今しているのではないかとも考えるようになっています。

私、相当お疲れのようです。

食事もあまり取れなくなりました。

「疲れた」が、口癖になっています。

明るいことも考えるんですよ、でも現実は悲しいことばかりが目についてします。

終わりって、あるのかなと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← ブログランキングに参加しています。



最新コメント
  • ライブドアブログ