2012年10月

水戸バーバルバール(2日目)

あぁ、土曜日の話ですが、旬を過ぎて今頃になってしまいました。

のんびりし過ぎ(笑

前回の記事が、水戸バー・バル・バールの1夜目です。

これから2夜目のバルで訪れたお店を、さささささっとご紹介します♪


121027_2
 ↑ 限定食ということで、開店前から並びましたよ~

南町エリアのオモニダイニングのお店『ウォルソン』です。

1日30食限定の「サムギョプルセット」があるということで、ここを2夜目の一番に攻めてみました。

大正解でした♪

開店20分くらい前から並びましたが、既に行列が出来上っていて11番目。

今日は、昨日と違うお友達4人で出掛けていたので、私たちの後ろに並んでいる人たち、グループできているのなら何組が入れるんだろう…、うーん、頑張って並んでね!

この日も、天気に恵まれて全然寒くない。 それが何より嬉しい♪

今日は帰りの車の都合もあって、私はお酒を飲めませんよと公言していました。

ですが、メニューを見たら普通にマッコリを頼んでいました。

マッコリ、そうですね、お酒です。

でも、韓国のお店ですもの、きっと仕入れているマッコリは美味しいはず、よくハズレもあってツライ思いもするけれど、本物のマッコリは美味しいはず!!!

と思ったら、注文していました。

今日はお酒を飲まないと言っていた私に向かって、私よりも反応が早かった友達は、「いいの~~~?!!!!」と心配していました。

どうにでもなるさぁ~ (←私まだお酒入っていません)


121027_3

 ↑ 見よ! この迫力の肉・肉・肉・肉!!!!

これが、茨城の誇るローズポークです。

そして、2cmという極厚のローズポークを使った贅沢サムギョプルセットです。

通常1人前1480円といいますから、赤字覚悟というか赤字確定メニューだそうです。

店員さんからも、熱い意気込みを感じました。


121027_4

では、では、さっそく、かんぱ~~~い♪♪♪♪

失敗してもよいように、マッコリはアンズマッコリなるものを頼みました。

ですが、酒粕のように美味しい。 これなら普通のマッコリもイケるはずです。

韓国へ行った人の話を聞くと、マッコリってとても甘くて飲み易くて美味しいと聞きます。

そんな話を聞いて、日本でマッコリを購入してみると、甘さが全然無かったりしてお酒お酒しているというか、もの凄く強い感じがします。

甘口と書いてあるのに、ウソつきです。

でも、韓国料理のお店で飲むマッコリは違っていました。

これなら、お持ち帰りしたいです~♪


121027_5

マッコリの話はさておき、主役のバルセット「サムギョプル」ですが、私は初めて食べました。

この後、ハサミでお肉を切ってくれるのですが、使っているお肉がローズポークだから脂も美味しくて、どんどん入ります。

そして、このキムチがホントに美味しい♪

韓国料理店でも、私が美味しいと思うキムチってそうそう無いんです。

でも、このまろやかさ、激ウマです。

海鮮の下味がちゃんとしていて、コクうまという感じです。

キムチもハサミで切ってくれるんですよ~

上野から仕入れているというキムチの他にも、食材にはたくさんのこだわりがあって、店員さんが丁寧に説明をしてくれていました。

だから、余計美味しく感じちゃいます。

タレは4種類あって、胡麻油(←これもこだわっている)、パウダー状の塩、きな粉(←ヨン様考案)、カラ味噌です。

私は、タレよりもキムチと一緒に食べるのが一番美味しかったです。

量が量だっただけに、食べ終えた頃にはお腹が満腹状態で、次のお店を見直さなければならないほどでした。


121027_6

でも、来ちゃいました。↑ くろばねエリアの『イザカヤ シン』です。

こちらも、数量限定だそうで、満州仕込みの水餃子になります。

ここでは、自家製の梅酒ソーダ割を頼みました。

でも私、炭酸があまり得意ではありませんでした(笑

ノリで頼んでしまい、飲み干せませんでした。

水餃子は、皮がモチモチとしていて、とても美味しかったのですが、なんせお腹がいっぱいで苦しいのひと言。

結構速いペースで店を回っていたので、お腹の消化が間に合いません。


121027_7

なのに、次はイタリアンなお店へ~♪

 ↑ くろばねエリアのイタリア食堂『ノヴィタ』です。

ここでは、グレープジュースをいただきました。

サラミなのでしょうか、何かの燻製もありましたが、なかなか美味しかったです。

お店の中は、バル以外の普通のお客様もいらっしゃっていて、雰囲気が良い意味で変わっていました。

変わっているというのは、常連さんが時間を忘れて居られるお店な感じです。

ちょっと一杯というバルのお客様には、向かないのかな~なんて。


121027_8

ほほほ、そして、とうとう4軒目、バル最後のお店です。

南町エリアのワインのお店『ワインダイニング K』です。

ここは、以前勤めていた職場からも近くて噂は聞いていました。

でも、私、ワインが飲めないので行けませんでした。

ワインの美味しいお店、この辺りには意外ですがたくさんあるんです♪

料理も美味しかったです。

ワインに合うんでしょうね、この肉パテは。

みんな満腹だったようで(私もですが)、友達の肉パテもいただきました。

飲みものは、カシスオレンジを頼みました。

やはり、こういったお店のカクテルは美味しいです。

以前、ただ甘いだけのカシスオレンジを飲んだことがあり、あの時は悲しい思いをしました。

唯一飲めるカクテルだって言うのに、ちゃんと作ってくださいよ~と思いました。

たぶん、材料が違うのでしょうね。


121027_9
 ↑ 友達は、白ワインを頼んでいました。

絵的にも合いますが、この白ワインは美味しかったです。

ちゃんとフルーツの味がしました。

ワインは飲めませんが、以前の職場で美味しいワインを飲む機会があったので、舌が覚えているみたいです。

とてもオシャレなお店でした。

ただ、店員の女性が割と美人だったのに無表情だったこと、そことても残念です。 疲れていたのかな?

やはり、精神力の違いなのでしょうか? 総合的に男性の方が丁寧な接客をしていたように思います。


121027_1

今回のバルには、二日間参加したのでリストバンドを2個しながら歩いていました。

 ↑ 何となく、勲章のようなものが増えた気分。 強い?!



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 頑張る水戸のマチナカに、「ポチ」っと、お願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

水戸バーバルバール

10月26日(金)、27日(土)に、水戸市で開催された『水戸バー・バル・バール』へ参加してきました~♪

水戸で第3弾のバルイベントでしたが、ハッキリ言って、とーーーーーーーーっても楽しかったです!

こんなに水戸で楽しめるお店があるとは、ははは、思いもしませんでした。

水戸の街サイコー♪、バーバルバールサイコー♪、次回も絶対参加するぞ~!!!


121026_1

では、さっそく!  カンパ~~~イ♪♪

1軒目のお店は、泉町エリアの『Copper』というキッチン・バーのお店。

事前に手に入れていた公式ガイドマップで、私が絶対行きたいお店にマークをしておきました。

そこで飲みたかったのは、「自家製ジンジャエール」。

あれれ、お酒ではないの?と、お思いのあなた!

私って、手作りとか自家製とかのフレーズに、よ、弱いんです。

だって、自家製のジンジャーエールって飲んだことあります? 私は飲んだことがなくて…

でも、ちゃんとお酒も頼みましたよ~♪

自家製ブランデースピリッツアーというものを!  あ、これも「自家製」が入っている(笑

いや~、もう、なんて言うの! 美味しかったです、はい。 絶旨!!

今まで飲んでいたジンジャーエールは、偽物だったことが判明しました、あはは(笑

ジンジャーエールって、その名の通り生姜の香り、味、ちゃんとするんですね~ 知らなかった。

飲み物ひとつに、感動の嵐でしたよ~

121026_2
 ↑ こちら、店長さんのお話では、今東京で流行っているそうです。

グラスも女子ウケします、可愛いですね!

ブランデーも入っているのですが、フルーティーでとても飲み易かったです♪

テーブルに置くと、コロンコロンと転がるので、こぼれないかと冷や汗かきました(笑


121026_3

そして、お料理の方はというと、いや~、どれも、これも、美・味!!

ソーセージも手作りで、濃厚な中身に早くも舌鼓を打つ私、ポテトサラダの味付けもウマい。

そして、このたまごがクセものだった。

味付けたまご?と思っていたら、それは燻製されたたまごで、口の中に広がる燻された木の香りが鼻を抜けるのが気持ちよい♪

味も香りも、申し分ありませんでした。

いや~、参りました!!!!!


と、このような感じで、バーバルバールには『バルセット』と呼ばれる、お店が用意した料理1品と、おすすめドリンク1杯が振舞われます。

この期間は、みんながバル仲間として街を楽しく飲み歩くことが出来るので、初めてのお店でも気軽にドアを叩けるという仕組みなのです。

こんな素敵なイベント、誰が考えたのでしょうね~♪

というのも、「バー・バル・バール」とは、英語、スペイン語、イタリア語の組み合わせだそうで、元をたどれば「BAR」が同じ語源になるのだそうです。

1杯のドリンクを片手に小皿に盛られた手料理を味わうことで、人と人、人と街の新たな出会いに酔いしれましょう的な意味が込められている感じがしました。


121026_4
 ↑ このように、バルの参加店にはポスターが貼ってあります。

親切なお店は、更にこの日の料理などの詳細が入口付近に書かれていたりします。

ガイドマップにも、お店の写真と場所、料理の内容やドリンクの種類がある程度書かれているのですが、参加者側からするとまずは行きついた店の前で中の様子を伺ったりすることもあるので、こんなサービスがあると一層入り易くなります。

バルの参加者は、参加の証明となるリストバンドを手首に付けていて、お目当てのお店に入ったら、そのリストバンドを見せてバルに参加しています?みたいなことを伝えると、笑顔で席に案内してもらえます。

そして、バルセットを注文することになるのですが、ドリンクの種類が豊富で驚きました。

お店側には、バルのパスポートチケットを1枚渡します。 ←これで会計終了♪

チケットは、4枚つづりが1セットで前売り価格3200円、家族や友達とチケットをシェアすることも可能なので使いきれない心配はないようですね。

ちなみに今回の参加店舗数は、前回の201店舗から減って175店舗、搾られたという感じですかね!

チケットは、前回3301セット売れたそうです。

今回の販売数は5000セット限定なので、参加人数は膨れ上がっている模様です。


さぁ~、2件目のお店は・・・・・・・・!


121026_5
 ↑ 泉町エリアの串揚げのお店?『いざない』です。

私たちは1軒目で既に酔ってしまったようで(笑)、目的地についても地図と並ぶ店を見ながら、串揚げの店が無い!無い!と騒いでいました。

バル参加のお店は3件くらい並んであるのですが、どうも店の名前が違う、おかしい?と悩んでいたら、後ろを振り向けば目指す「いざない」がありました!

裏道なので、道路の幅も狭く、その道路に対して右か左かの違いです、アホです(笑

私は死にそうなほど、笑いました。

だって、笑わずにはいられませんよ~。

そんなこんなでお店を覗くと、その中はカウンターのみで、店主さん一人で切り盛りされています。

ちょうど満席だったので、外で待つことに。

近辺にはバルのお店が並んでいるので、待たずに違うお店に行くこともできます。

ですが、この店は並んで待ってもいいお店と判断しました♪

うふふ、正解でした。


121026_6

私たちの他にも若い女性が3人いたのですが、待てずに他の店に移動しました。

この日は昼間から天気が良くて、夜も気温が下がらずに暖かく、私はジャケットの下が半袖だったくらいです。

なぜか今までのバルは、天気が悪かったようでもの凄く寒かったそうです。

それに比べ、今回のバル開催期間は天候に恵まれていました。 雨だったらツライですもんね~

なので、外で立ち話をしていても苦にならないと考えました。

が、すぐに私たちは運よく入ることが出来ちゃいました。 ラッキーです!!


121026_7

じゃ、2軒目のお店でも、「カンパ~イ♪」。

ここでのドリンクは、うふふ、どうしましょう!

またまた自家製と書かれた梅酒が目に飛び込んできて、私はロックでいただくことに。

友達は梅酒のソーダ割りです。

あぁ~、やはり手作りの梅酒は、美味しいです♪

選べるドリンクの中には、瓶ビールもあって、これでは完全に赤字ではないかとこちらが心配になったほどです。

30代くらいの若い店主さんが1人でやられているので、思わず手伝いたくなりましたよ~(笑

お店に入れる人数は、8人くらいなのかな?

バル以外に普通のお客様もいたので、これではさすがに切り盛りが大変だと思ったのですが、若い店主さんは痩せていましたが嬉しそうに笑顔でお仕事をされていました。

それに、たくさんお話もしてくれるんですよ~

と思ったら、この方、実行委員のメンバーだそうです。


121026_8

水戸の街中も、昼夜に関係なくすっかり人の通りが寂しくなった昨今です。

ですが、若者は頑張っていたのですね~

世界情勢を見ても不況の影はどこにでも存在します、でも、水戸のど真ん中では若者たちがそんな世の中に文句を言うのではなくて、それらを変えようと行動を起こしていました☆

そうそう、口だけでは食べていけませんからね、動いてなんぼの気持ちが「マチナカ」に人の流れを呼び戻したようです。

   うーん、頑張れ、水戸~♪


121026_9

出来立て、揚げたての串揚げをいただきながら、若い店主さんの話を聞いていたら、そんな元気が感じられました。

あ、串揚げの内容ですが、茄子、玉ねぎ、牡蠣、豚肉と葱、エリンギのアツアツ5点盛りでした(笑

外でお待ちのグループがいたので、梅酒の底に沈んでいた大きな梅を頬張って、満腹状態で店を後にしました。

ふぅ~、かなりいい感じに出来あがってきましたよ~♪

はい、はい、ちょっと歩いて3軒目。 ↓

121026_10
 ↑ 大工町エリアのライブ・バー?『大衆バル 豚亭』です。

その名前に似つかわしくない、オシャレなBARでした。

店の壁がガラス張りなので、中にいると人の通りが見えて、その動きを眺めているだけでも楽しめます。

入店と同時に、スペシャル生ライブが始まりました。 ツイテマス!!


121026_11

生JAZZです、迫力違います!!!!!!!!

この距離ですから音が近くて、友達の話は全然聞こえません。

今思い出しても、うーん、二人で何を喋っていたのでしょう・・・笑

実はこのお店、頼んだドリンクはすぐに出されたのですが、料理がなかなか出てきません。

どうやら、すっかり忘れられていたようで、友達が催促してみると申し訳なさそうに平謝りでした(笑

すると、お店で一番人気のメニューをサービスしてもらえちゃいました♪

きゃ~、嬉し過ぎるぅ~~~!!!


121026_12

普段こんなオサレなお店に出入りなんかしないし、JAZZの生演奏まで聞けちゃうなんて、800円で得しちゃいました。

夜のマチナカ、十分堪能しちゃいましたよ~♪

それにお店を出たところで、本物のホストを見ちゃいました。 発見!!

夜の街は、今では女性がお客様なのですね~

さぁ~、そんな夜の街大工町エリアから泉町エリアにまた戻ってきましたよ~


121026_13
 ↑ 泉町エリアのDJがいるバー『DJ’s Bar ONE WAY』です。

ここは、入り口付近に立ったまま暫く間がありました。

ドアの向こうがヨメマセン、そんな訳で入るのに勇気がいりました。

でも、入って正解。 私には未知の世界でしたが、新しい世界は面白いです☆


121026_14

さすが、BARです。

カシスオレンジのカクテルがめちゃめちゃ美味しかったです♪

品のある美味しさでした。

これならお金払っても文句は出ない!

たくさんのレコードが所狭しと並んでいて、DJが操作?していました。

手の届く範囲にDJの人がいたので、色々とお話が出来ました。

でも、よく聞こえない~

店の中は、雰囲気もあって満席でした☆

気付くと、お店のママさん?が、誕生日ケーキらしいものを運んでいます。

お店の常連さんが、奥の席で誕生会を開いていました。

お店からもプレゼントをもらったようで、写真撮影のフラッシュがスゴカッタ! 記者会見?

なぜか、私たち二人までその席に呼ばれてしまい、カクテルをまたご馳走になってしまいました♪

そういうわけで、私たちも写真撮影に参加していました?!!


121026_15

どうやら、美容院のオーナーさん?のお誕生日会だったようです。

そんな主役であるオーナーさんの誘いで、いつの間にか隣の席に座って一緒にお祝いしていました。

ここでも「カンパ~イ♪」です。

オーナーさん?に、何歳に見えるか聞かれたのですが、サングラスもしているし、こういうのズバリ言ってしまってよいのか分からず、???と答えたら、53歳と言ってました。

11月にパーティ?をやるので来て~?というようなことを言われたのですが、よく分からないので笑うだけで交わしておきました。

店の中は音楽に包まれていて、隣の人の声も何言っているのか分からない時があります。

そんな時は、笑うしかないです。

主役のオーナーさんは忙しいようで、私に最近飼いだした子猫ちゃんの画像を見せてくれたのですが、色々と呼ばれて席を離れました。

続いて、DJさんが私の隣に座りました。

水戸なのに、私の知らない水戸の地下街が存在するみたいで、今度そこでライブなのかディスコ?みたいなことをするようです。

場所は、私が以前勤めていた場所のすぐ側なのに、地下があることすら知らなくて、200名くらい入れると言ってました。 ホントか?!

東京からプロのダンサー?を呼ぶらしく、たぶん私の知らない世界のようです。

ツイッターやってる?とか、ミクシーやってる?とか言われても、やってませんから~!!

正面に目を移せば、なぜかさっきのオーナーさん?が私を指さしているし?、何なの~

そそくさと、友達と「ご馳走様でした~」と退散してきましたが、楽しかったことには間違いないです。

水戸のマチナカ、魅力的なお店がいっぱいありました・・・♪


ブログランキング・にほんブログ村へ ← 頑張る水戸のマチナカに、「ポチ」っと、お願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

タイ古式マッサージ

先日、新しくオープンしたタイ古式マッサージのお店「トゥーン・ゴーン・ガイ」に、行ってきました。

予約したのが9月だったので、1ヶ月くらい待ったのかな?

でも、待った甲斐がありました♪

こういうリラクゼーション、女性には必須よね♪ ←言いきかせ

場所は車で40分くらい、結構遠いんです。

それが難点なんだけど、次回の予約も入れてきちゃいました(笑


121024_1

タイで修行を積まれたというオーナーが、スゴ技で私の体をほぐしてくれます♪

イタ気持ち良いというか、要するに老廃物がたまっているみたいです。 ワ・タ・シ。

足を重点に圧してくれるのですが、痛い所は老廃物がそれなりにたまっているようで、痛さを感じた時は我慢せずに言わないといけないみたいです。

その痛みを我慢すると、体が硬くなって呼吸が乱れてしまうためです。

ヨガに似た考え方に沿っているので?、確かそう言っていたような…、吐く呼吸が大事なんだそうな。 うん、うん。

普通に生活をしていたらここは伸ばさないだろうっていう場所を、くまなく伸ばしてくれます。

むふふ、なかなかクセになりそうです。


121024_2

本当に全身をほぐしてもらって、めちゃめちゃすっきり、はぁ~、気持ちよかったです~

さぁ~、ビビちゃん(雄です)にも、マッサージしてあげるわね~♪

どれどれ~


121024_3

はい、まずは頭からね~♪

耳の辺りもツボがあるからね、しっかりほぐしますよ~


121024_4

は~い、顔に沿って喉まで丁寧にやらせてもらいますね~
(注:人間のマッサージに、喉はありませんでした。笑)

喉は特に気持ち良さそうですね~

それは、老廃物がたまっていない証拠です。

逆を言えば、疲れていないんですね~

121024_5

はい、は~い、背中もほぐすところがいっぱいありますからね~♪

細かく、丁寧に、やらせてもらいますよ~

なんと言ってもお客様、本日は大サービスですからね~

 ↑ なんて、ことは言いません。

途中、オーナーに話しかけたりするのですが、丁寧に回答してくださっていたので気にしていなかったんです。

マッサージを終えてから、オーナーから予定時間をオーバーして申し訳ありませんでしたと言われました。

私は暇人なので、全然気にしていなかったのですが、話しながらやると時間オーバーしてしまうそうです(笑

あれれ、もしかしたらそれは私のせいだったのでは・・・、ひぃ~、ごめんなさ~い!!

と、終わった後も、何だか楽しくおしゃべりしてしまいました。


121024_6

お客様、指先も丁寧にやりますね!

骨と骨の間も、やるんですからね、はいっ!!


121024_7

お客様、仰向けになってもらわないと困るのですが~

お腹の下、手が入りませんよ~




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 今は、全身撫で撫でが出来るようになったビビに、「ポチ」っと、お願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

まさに白鳥の湖、千波湖

今日は妹の用事で外出をしていて、その帰りに千波湖に寄りました。

水戸市のシンボルの一つである、憩いの湖です。

近所に住みながら、ここ1、2年は足を運んでいません。

生憎の雨でしたが、普段の千波湖はランニングをする人、ウォーキングをする人、サイクリングの人、バードウォッチングの人と、人で溢れています。

だから、今日のような雨の日は私的には狙い目なのです。

最初にお迎えしてくれたのは、黒鳥さんでした。

しかも、ドンドン近寄ってくるので驚きました(笑


121018_17

ごめんねー、私は餌を持っていないんだよ~

と言いながら、鳥さんたちを持っていた携帯電話のカメラで撮りまくりました。

人が少なくて、ゆっくり鳥さんと向かい合うことができて、寒かったけれど楽しい時間が過ごせました。

撮り放題だったので、携帯電話は途中で電池切れになってました(笑

そのほんの一部をご紹介しますので、だだだだだぁーーーーーと、見てください。


121018_16

千波湖には、白鳥さんや黒鳥さんの他にたくさんの水鳥がいます。

そして、その水面下には大きな鯉がたくさん泳いでいました!!

この鯉が本当に大きくて、手を出したらそのまま湖に引き込まれそうなくらい巨大でした。

小雨が降っていたので傘をさして歩いていたのですが、そんな中でもランニングを楽しむ人がいたのには驚きました。

運動をする人にとって、体を冷やすということはいけないものと思っていたのですが、うーん、違うのかな?

ま、細かいことは気にせずに歩きだすと。



121018_15

白鳥かと思いきや、ガ、ガ、ガ、ガチョー?!!!

ガチョウも、アヒルも仲良くしているのが、千波湖の魅力です。

しかし、アヒル隊長ことアヒルさんは、食べ過ぎでリハビリ小屋に隔離されていました。

習性上、人が与える餌は全て食べようとするので肥えてしまったようです。

悲しい過去を持つアヒルさんでしたが、千波湖を訪れる人たちからとても愛されています。

このまま、幸せに過ごせるといいですね。


121018_14

次は、黒鳥の親子です。

今年は、黒鳥の雛たちも数多くが無事に成長できたようです。

自然界は厳しいですからね、生まれた雛が無事に成長するまでに様々な試練があります。

水鳥や野鳥が多く生息する千波湖ですが、その恵まれた環境のもとでも厳しい現実が存在しています。

それが、自然というものです。

そして、少し歩くとすぐにまた白鳥さんの親子に遭遇しました。

千波湖のどこを歩いても、こんな感じです(笑

121018_13

白鳥の雛は、白い雛とグレーの雛がいます。

雛で白い色は、近年人の手によってつくられたようです。

人間が白鳥の雛を白い雛で見たいという欲が実現させたものと聞きました。

確かに白い雛も可愛いのですが、そんな話を聞くと切なくなります、人間は何でもつくってしまうんですね。


121018_12

こちらのグレーだったと思われる白鳥のお子様も、成長するほどに白鳥と呼ばれる、白い羽に生え変わります。

大きさは、立派な大人並みでした。

今日のお散歩で、白鳥さんてこんなに大きいのかと、再確認しましたよ~

一生懸命に毛繕いをしているのですが、よく見てみるとこちらの様子を伺っています。

大丈夫だよ~と声を掛けると、色々とサービスをしてくれました♪


121018_11

なんか、見て!見て!見て~!!!と、言われているような視線を投げかけてくるのです。

羽根を広げたり、ステキ~!と思える瞬間がたくさんありました。

当然、ここでも写真を撮り過ぎました(笑

仕方ありませんよ、要求されているんですからね~

親鳥は寝ているように見えて、側でちゃんとこちらの様子を気にしていました。

全ての親は、大変なのです。


121018_10

「うんしょ!」

というような声が、聞こえてきそうでした。

別れを告げて歩きだすと、草の上ではなくて、ジョギングコースの上をこちらに向かって黒鳥さんたちが歩いてきました。

ここは、どこでも鳥さんが歩いていいんですね。

私が避けました(笑

道路の色が違っていますが、薄いグレーの道路はゴムが練り込んであるので、走る人の膝に優しく出来ています。

そりゃ~、走る人に人気なわけです。

千波湖1周で、約3kmだったと思います。

今日は、勢いで1週歩いてしまいました。 寒かったけど。


121018_9

こんな感じに道路を歩く白鳥さん、黒鳥さんと、たくさんすれ違います。

その度に、じーーーーーーーって、見つめられるんですよね~(笑

ご飯の催促だったのかな~

それとも、アヤシイ人に見えたのかしら? ちょっと、ショック。


121018_8

あ、あやしい者ではありませんので・・・・・・・・・・・・・・・・。

し、失礼しますよ~ スタスタスタタタタ…


121018_7

あ、やっぱり、あなたも見るのね、私のこと。

だ、大丈夫よ、あやしくないわ、キケンじゃないのよ~ そ、それじゃ~

写真を撮ってるだけなの・・・・・・・・・・・・・・・・・


121018_6

理解してもらえたのか、分かりませんが・・・・・・・

黒鳥のみなさんに、思いっきりガン見をされてしまいました。

この後もずっとこんな感じでした。


121018_5

って、スゴイでしょ!!

このコにカメラを向けたら、どんどんどんどん近付いてきてしまいまして~

体硬いけど、本気で仰け反るかと思いましたよ。

普段のジム通いの成果が出せるかと思ったのですが、そこまでは至りませんでした。 ホッ!

でも、ホントに近いんですよ、これ。

121018_4

とても友好的というか、好意的な視線を感じるのは、私だけ?!

あ、あ、あは、は、ス、ステキですよ。 白鳥さん。

オスかメスか分からないけれど、うん、か、か、格好いいわ~


121018_3

ええ、もちろんどの角度も決まっていますわ、ス、ステキです。 はい!

うーーーーーーん、この距離間を保ちながら、あまり離れる様子が無かったので、私から離れていった。


121018_2

こ、今度は、黒鳥軍団か~!!!

あ、あのなジグザグにいて、私はどこを歩けばいいのだーーーーーーーーー!!!!!


121018_1

横を見れば、こんな所から顔を出してきた黒鳥さん。

参りました(笑)、ここはあなたたちの楽園ですよ~♪

この日は、運良くカワセミが飛ぶ姿を見ることが出来ました。

ぼんやりとした雨の風景に、眩しいくらいのブルーがとても色鮮やかで綺麗でした。 が、もの凄く速かったです(笑

千波湖にほぼ毎日足を運んで、鳥さんを見守りながらその様子をブログに書いてくれている人がいます。 →

カワセミ情報もその人が紹介してくれていましたが、幸運にも今日見ることが出来ました。

私はそこでブログを読むと、千波湖に行った気分になれます。

鳥を大事に思う気持ちと、愛する姿勢がふつふつと感じられ、命を繋ぐ情報発信をされている奇特な方の一人です。

ブログを読み逃げしながら、そんな念願の千波湖へ行ってきました。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 白鳥と黒鳥の楽園、千波湖に、「ポチ」っと、お願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

律義なジンくん

ジンくんを、追跡します。

ジンくんは、誰かに呼ばれて2階へ上がってきた模様です。

呼んだのは、もちろん私です。


121012_1

呼ばれる声が聞こえなくなり、どこに行っていいか迷うジンくんです。

惜しいな、ここにいるのにー!



121012_2

気のせいではありませんよ、ここでジンくんの写真を撮ってます。

ジンくんは、前日の晩にたくさん、たくさ~ん撫でると、翌朝超甘えん坊になります。

人間の子どもと同じですよね! 愛情たっぷりに甘えさせると、愛らしい甘えん坊さんに育ちます。

そういうの、顔を見ると分かりますよね。

私は二人姉妹なのですが、長女だったこともあり?、甘え方を知らずに大人になりました。

昔から、難なく甘えられる人を見ると、羨ましく思ったほどです。

感受性は豊かな方だと思うのですが、甘え方が身に付きませんでした(泣

結構損をすることあるんですよね~

その分、強く逞しく育ちましたけどね! うーん、やっぱり男の子に生まれればよかったかも(笑



121012_3

ジンくんは、1階へ帰っていきます。

では、帰るジンくんに向かって、名前を読んでみますね!

なんとジンくんは、階段の途中でもちゃんと止まるんですよ~(笑


121012_4

勢いよく階段を駆け降りるジンくんに向かって、

  「ジンく~~~ん!!!!」


121012_5

 ねっ! 止まったでしょ!!!

ジンくんは、階段で律義に止まって私を待つんです。

なかなか階段で止まってはくれないですよね~

私が階段を上がる時も、ジンくんはすぐに気が付いて同時に駆け上がってくるのですが、途中で何度も止まって私を確認します。

これは、訓練のたまものです(笑

旦那さんはそれに慣れていないので、たまに階段の途中で止まって振り返るジンくんにつまづきそうになっています。

そんな可愛いコに育てています♪


121012_6

あーーーー、ジンくんに行かれてしまいました。

えへへ、また呼んでみます。

   「ジンく~~~ん!!!」


121012_7

 ↑ たまに、無視されることもあります。

ごめんよー、ジンくん。

からかっているのではないんだよ~、可愛いから遊びたくなるんだよ~。

許しておくれ~


121012_8

やはり、律義なジンくんです。

振り返ってくれました。


121012_9

いいえ、遊んでみただけです。

あーーーー、許して~


121012_10


昨日、お友達から栗をいただいて、今朝は栗ご飯にしました。

とても良い栗で、ホクホクと美味しかったです。

残念なことにもち米が無かったので、おこわのようにはいきませんでしたが、本当に美味しかったですよ。

初物を食べると、長生きするって言いますからね!

最近は、お出掛けが多くて、それといただきものが多くて、そんな理由とは別になかなか家の中が片付きません。

で、いざ片付け出すと、思い出にふけったり、物が広がるんですよね~


今晩こそは、皆さんのブログにお邪魔したいと思っていま~す♪



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 呼ばれたら振り向くジンくんに、「ポチ」っと、お願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。






最新コメント
  • ライブドアブログ