2013年01月

飛んで、跳ねる!

昨日の昼間は、ネモちゃんが激的な復活ヂカラを見せてくれました!!

そう、元気が爆発したんです☆

飛んで、跳ねて、奪ったものは渡さない~(笑

口内炎になる前は、我が家で一番の年少さんだったネモコ、でも番長に収まっていました。

そこへ、ジンくんという更に年少さんのちびっこギャングが仲間入りしてきて・・・・。

ジンくんからすれば愛なのですが、ネモコからすればただの拷問だったわけで、ジンくんの「お兄ちゃんラブ攻撃」に、病んでしまうことになりました。

ですが、昨日のネモコは以前の番長だった頃の面影がチラリ!と出ていて、うーん、嬉しいような、困るような・・・。

でも、でも、こんなに元気に遊ぶ姿は久しぶりだったので、私も思わずキャッ!、キャッ!!しながら、写真を撮りまくりました(笑

どうぞ、見てやってくださいまし~♪


130127_1

ネモちゃんの大好きな「ネズッチ」(ネズミのおもちゃ)と、思いっきりハッスルしていました♪

ご飯を食べた後、ネモちゃんの動きが何か狩りをしたそうな雰囲気だったので、すかさずネズッチを与えると、すぐに興奮して遊び出しました~

こんなに遊ぶとは思っていなかったので、嬉しいやら、何やら分からずに、慌ててデジカメで撮影していました。


130127_2

たくさん撮ったのですが、結構ブレブレだったり、枠からはみ出していたり、使えるものは意外と少なかったです(笑

それくらい元気になったということで、本当に嬉しいです。

そんな今日はそこまで元気な動きは見せてくれませんでしたが、カリカリフードを普通に食べていましたよ。

でもね・・・・・・・・・・・・・・・


130127_3

調子が良かったのに、粗相をしたんです。

ここのところ、数回やられています(泣

また粗大ゴミが出たゾ~!!!

粗相をする原因は、調子が悪くて痛みを訴えてる時だったのに、何を勘違いしたのか、それとも余計なことを覚えてしまったのか?うーん、よく分かりませんが、自分のお気に入りの猫ベッドでしたり、しています。

今回のように調子が良い時にされると、予想もしてないまさかの事態に、ドッと疲れが出るものなのですねぇ・・・・・・・


130127_4
 ↑ ねっ、飛んでるでしょー!

この日も、夕方には皮下点滴とインターフェロンの注射で動物病院へ行ったのですが、旦那さんが獣医に報告したら、喜んでくれたそうです。

私も、粗相以外は喜んでいますよ~


130127_5
 ↑ ジンくんも、久しぶりにネモ兄ちゃんと遊べると思って、後を追いかけます。

ネモちゃんは片目が見えないので、ネズッチが死角に入るとキョロキョロし始めます。

その隙に、ジンくんがネモちゃんからネズッチを奪うことはとても簡単なのです、でもジンくんは決してそんなことはしません。

ネズッチにも興味はあるのでしょうけれど、ネズッチ以上にネモ兄ちゃんと遊びたいのがジンくんの本音のようです。

そんな姿を見ていると、美しき兄弟愛に母は泣きそうになるですよ、はい! 


130127_6

このように、ジンくんはとっても良いコに成長しましたが、肝心のネモ兄ちゃんはというと・・・・・

誰にも獲物は渡しません。

というか、他のコなんて見えてません。

要するに、これが番長の姿なんですね~(笑


130127_7

ネズッチは頂きものなのですが、私たちが探していてもこれと同じような素材のネズッチに出会えません。

フェルト生地で、しかも色が黄色~♪

フェルト生地は、ネモコの不自由な手でも爪に引っ掛かって、獲物を取り上げることを可能にしてくれる働きをします。

色ですが、なぜだか分かりませんが、黄色が見易いようで、他の色に比べて反応がよい気がします。

ネモちゃんの視覚の弱いところをカバーしてくれるのが、黄色という色の役目なのです。


130127_8

シッポだって、嬉しい気持ちを表わしていますね~♪

キャ~、見ている私もホント嬉しいよ~(笑


130127_9

と、思っていたら、このコ達は違う思いで見ているらしい・・・・・・・・・・

番長復活に、複雑な気持ちなのでしょうね。 うーん。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ネモちゃんの激的回復に!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

今日はカリカリを!

タイトル通り、今日はカリカリフードを食べました!!! バンザ~イ

カリカリなんてまだまだ先よ…と思っていたもので、私も驚いてしまって、そして嬉しくて、思わず旦那さんに電話しちゃいました♪

旦那さんも、かなり喜んでいました(笑

ホント、夕方になっていきなりのことだったんですよ~

だって、毎日少量ずつのa/d缶を、何度も何度も小分けに出しては、ちょっと食べてくれるだけでも嬉しかったですから…

それに、毎日の皮下点滴とインターフェロンの注射で通院も続けています。

液体の抗生剤など、お薬も上げています。

状態は良いとは言えませんが、少量でもご飯を食べてくれることが、私たちにとって嬉しくて大きな成果でした。


130123_4

夕方の病院から帰ると、すぐにa/d缶を食べさせて、そしてコタツに直行となります。

そう、いつもだったら、自ら進んでコタツに入るんです。

でも、今日はなかなか入らなくて・・・

低体温はよくないので(でも、乾燥するのもダメなんです)、コタツに入れようとしたら、出てきちゃいます。

それを2回くらい繰り返しました。

どうして、入らないのだろうと不思議に思っていると、自分のフード皿の前に座ってカリカリフードを食べ始めました!

カリカリフードなんて、1ヶ月ぶりですよ~  

幻でも見ているのかと思いましたよ~  とにかく、信じられないくらい嬉しかったです♪

それと、ちゃんと自分のお皿を覚えているところが、妙に可愛かったです(笑


130123_1

普段は、こうやって↑体調が良くなるとコタツから出てくるので、どこ構わずご飯を上げています。

ちょっとでも食べてくれれば、それを積み重ねれば、ネモちゃんの元気の源になってくれると信じて・・・♪

昨日から食欲増進剤(ホリゾン)を1日1粒(8分の1)を、夕方のご飯に混ぜて食べさせています。

そのせいか、夕方の食事の量が増えています。

そうなると、もの凄く効き目が速いことになるのですが、この薬の影響ではないってことなのかしら? うーん。

まぁ、食べてくれるからそれでいいのですけれど。


130123_2

現在の食事の内容は、ヒルズの「a/d缶」と、ロイカナの「退院サポート」です。

1日半分でも食べたら良い方です。

臭いも、見た目も、とても美味しそうなので、常に他のコ達から狙われています。

特にビビは、ウェットタイプのフードに目が無いので、執拗に迫ってきます。

「ネモちゃんは病気だから、病気だから~~」と、私がガードしていますが、みんな聞きわけが良いというのか、至近距離まで来てずっと見ています。

あえて隔離はしていません。

弱っている時のネモちゃんは、とても神経質になるので自然体を心掛けています。


130123_3

 ↑ ねっ! 美味しそうでしょ~♪

ジンくんは、カリカリが大好きでウェットタイプは食べません。

ミーちゃんと、ビビは、美食家?ですね~

ちょっとでも自分たちが食べられる匂いには、とても敏感で、あのミーちゃんさえ小走りしてきますよ~(笑

今日は、モンプチのクリーミィタイプで誤魔化しておきました。

ネモちゃん以外は、変わらず元気にしています。↓

130123_5

ジンくんも、ネモちゃんと同じくらい酷い口内炎なのですが、自覚症状が無いため食事がバンバン取れています。

たまに口から血を流していることもありますが、コロコロと元気にしています。

可哀想ですが、我が家で薬漬けになっているのがネモちゃんと、ジンくんです。

130123_6

暮れからずっとネモちゃんに手が掛かっているので、みんなにはちょっと寂しい思いをさせているかもしれませんね。

我慢してくれています。

たまにバトルっぽくなりますが、みんな本当にいいコたちです♪


130123_7


ミーちゃんも、ホントはもっと甘えたいんだよね~

ごめんね・・・・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 食べるということは生きるということ!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

すみません!

どうにか、元気にしております。

旦那さんがノロウイルスに掛かってしまい、ネモちゃんの毎日の通院&食事&投薬と、ネモちゃんの粗相事件と、諸々の雑務に追われ、なかなか返事が出来ないでいます。

うぅぅ、ごめんなさいっ!!!

それとここ最近、毎日電車とバスを利用しているのですが、私が利用しているバスと電車はとても乗り継ぎが悪く、この寒さの下、20分近くも突っ立っているんですよ~

それでも私は風邪もひいていません。 エライ!

今まで移動手段には車を利用していたので、公共の乗り物を使うってある意味体が鍛えられて丈夫になるなぁ~と感じています。

インフルエンザが流行っています、みなさんも風邪などひかないようにお体を大事にしてくださいね~

新しい髪型

今日は、明るいテーマで行ってみよう~♪

去年の8月にワンちゃんの介護をしようと思い、仕事を辞めたのですが、そのワンちゃんは介護をする間もなく亡くなってしまいました。

暫くは失業保険をもらって、のんびり暮らそうと思っていたのですが、今度はネモちゃんの通院がハードな内容になっていきました。

我が家は、もしかしたら大殺界なのか~!と思えるくらい、すごく辛くて悲しいことがたくさんありました。

でも、世の中みんな大変な思いをして生きてるんだなぁ~と、思うこともありました。

仕事を辞めてから、毎月のように美容院に行った後、写真を撮っています。 

暇だからではありません、いつも代わり映えしない髪型から脱却すべく、研究をしようと思ってのことでした。

でも、なぜか、美容院でいつも同じ髪型にされてしまうんですよね~

行く度に、今回の髪型はこうして欲しい♪と希望を伝えるのですが、私の髪はどうやら強情らしいです。


130113_1

 ↑ はい、これは8月の写真です。

何枚か撮っていたようなのですが、どれもふざけた格好になっていたので、コレになりました。

今では嘘のような、うだる暑さが続いていた日です(笑

腕まくりが大好きで、ヒーヒー、フーフー言いながら庭の草と闘っていました。


130113_2

 ↑ これは、9月の写真です。

まだまだこの頃も、暑かったんですよね~(笑

うふふ、でもですね! 私、暑いの大好きなんです~!!

汗かくのって、気持ちいいんですよね~

でも、体力が無いのですぐヘタばってしまいます(笑

ジムに通う理由も、体力を付けるためなのですが、一向に筋力とか体力が付かないんです、私。 なぜなんだろう?!

たぶん、運動中、自分に甘くてサボっているからなのでしょうか・・・・・・・・・

130113_3

 ↑ はい、これは10月の写真ですね~

まだこの頃も、暑いんです(笑

私は痩せていると言われるのが嫌で、あまり腕とか胸元とか肌を出さないようにしています。

なので、可愛らしいキャミとか、カッコいいランニングとか、着てる人が羨ましかったりします☆

髪型は、ボブがイヤなのですが、なぜかいつもボブ風にされます。

ボブと言っても、所詮オカッパです。

私の場合、うなじ付近の髪が上に向かって生えているので、今の長さだと髪の先端が広がってしまうのだそうです。

それ防止のために、オカッパになってしまうんだそうです。

シャギー?とか、毛先を軽くすることは無理なんだそうです(泣

若い頃はずっと髪が長かったので、そんな不便な思いはしませんでした。

私の髪は、長くして上にアップする形になっているようなんです。

芸者にでもなろうかしら・・・・・と思っても、色気が無いからムリだけど。


130113_4

 ↑ 11月の写真です。

暖かな日と、急に寒い日があったりで、寒暖の差が厳しかったように思います。

こうやって見ても、ほぼ何も変わることがない髪型でしたね。

そうそう、私のつむじは頭のてっぺんにあるのではなく、うなじの横辺りにあるんですよ~(笑

それって、聞かん坊なんですって。

そう、私は勝ち気でわんぱくな子でした。


130113_5

 ↑ はい、12月の写真です。

寒さに弱い私は、この季節になるとタートルネックのセーターを好んで着ています♪

だからタートルネックの洋服は、色んな色がありますよ~

寒さが増すと、タートルネックで重ね着することもあります。

そうそう、肝心の髪型は「エレガント」を意識しているのですが、どうもうまくいきません。

今月はまだ美容院に行っていないので(ホントは今週行きたかった)、まためげずにエレガントの希望を伝えてみます。

カラーを入れたり、ウエーブを掛けたり、ちょっと恐ろしい気もするけれど、あはは。 挑戦してみようかしら・・・♪



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 髪型って印象を左右するから、大事よね!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。


やっと、やっと、食べた!

やっと、本当にやっとだよ~(泣・泣・泣)、自分で食べてくれました。

2週間以上、ずっと何も食べられずに、コタツの中で大半を寝て過ごしていたネモちゃん。

口を開けるのが痛いから、ご飯どころか水も飲まない。

1粒の錠剤を三等分に小さくして、口の脇からちょっとの隙間を開けて与えようとするだけでも、「ギャー」と痛がります。

口に隙間を開けることさえ困難になるほどの痛み、食事を与えると言っても薬同様で、吐き出すのは長い通院生活で朝飯前。

治癒力で、痛みが少しでも治まって、自分で食べてくれることを信じて、毎日、毎日、どれだけ待ったことか。

毎日の皮下点滴では何の意味も無いので、強制給仕が最終手段と考えていました。

最近では、私たちが寝る時には、必ずその時だけコタツから出て2階の寝室まで上がって来てたのに、今週はその時間帯もコタツから出て来れなくなりました。

病院へ行って体重を計る度に少しずつ痩せていって、毛繕いもできないから、見た目がまるで年老いた猫のような感じ。

このまま食べないでいると、脂肪肝になる恐れも出てくると獣医から言われました。

だからと言って、強制給仕をすれば・・・、今の状態で口から入れる薬にさえ、痛みで失禁してしまうくらいなのに。

そんな暗い、落ち込む毎日を送っていました。

そして獣医からは、今の危機的状況を打開するためにもと、抜歯を勧められました。

私の母は、ネモちゃんは交通事故から生還しただけでも凄いこと、そのため体も弱いかもしれないけれど、これ以上は可哀想過ぎる。

私もそう思う。

これ以上、痛い想い、辛い想いはさせたくない。

このまま弱って死んでしまうかもしれない。 (←本当にそう思ってました。)

でも、抜歯をした後の痛み、ヨダレが垂れ流しになるほどの痛みだと他の病院で聞いたことがあります。

だから、病院に1泊するのだそうです。

そんな痛い想いをさせて抜歯をしても、治る見込みはありません。 治らないとも言えませんが。

今でも十分弱っているのに、それで治らなければ、やはり弱っていくだけです。

行く末が同じなら、このまま家の中で私たちと一緒の時間を過ごさせてあげたい。

そう思う、医療といえどもその治療は治る見込みがあって、託せること。

治る見込みが無ければ、それはただの拷問になる。

それくらい、辛い想いを私は昨年の夏、センちゃんの死で思い知らされました。

第三者であれば、私も医療の助けを得て長らえる方を願うに違いないです。

当事者であれば、家族であれば、医療よりも大事なものが見えてきます。

治るんだったら、私だって医療に頼りたい。

悲しいけれど、安楽死も頭をよぎりました。

でも、ネモちゃんだけ逝かせるわけにはいかない。 そんなバカなことも考えていたりしました。

子どもを亡くした母親が、そういった辛い境地に至ること、自然のことだと思いました。


130109_1

暗いことを書きましたが、これが私の今週ずっと考えていたことです。

ネモちゃんが過ごすコタツの中は、健康な人から見れば暖かい場所です。

今のネモちゃんからすれば、その暖かさだけではない、暗くて狭い身を隠せる場所になっています。

そんな空間を求める猫の状態は、どんな時なのか。

今週は、悲しくて辛い毎日を送っていたのですが、先日行った東京の東洋医学の動物病院、H院長先生から液体の抗生剤「クリンダマイシン」が届きました。

H先生は、震災のあった一昨年から新たに東京で東洋医学の動物病院「ハルペッツクリニック東京」を開業されました。

東京の病院がお休みの日は、地元の愛媛県で、西洋医学の動物病院「ハルペッツクリニック」で診ておられます。

目覚ましい医療の進歩には、私自身驚かされることも多いですが、その医療も突き詰めていくと限界が見えてくるのだと思います。

医療のことは分かりませんが、今まで治せなかった病気が治せるようになったとしても、現実は多様化する病気に追いつけ、追い越せなのかもしれません。

そしてその医療に限界を知ったとしても、それが限度の範囲だと諦めない人は、それ以外にも道を求めて、医療の壁を越えて患者を救うと努力を重ねるのだと思います。

東京の動物病院の先生は、西洋医学を分かった上で東洋医学で補う考え方でした。

ネモちゃんの病状だけでなく、状態に合わせて、どちらかの医学でアプローチをしてくれます。

それが患者の負担を軽減するだけでなく、より丁寧な医療に感じられました。

だって、そうなんです、西洋医学も、東洋医学も、私からすればどうだっていいんです、ネモちゃんの口内炎が治ってくれればそれでよいのですから。

お医者様が諦めないで道を切り開けば、どんな医療だって最良の医療になります。

あとは、そのコの生命力次第です。


130109_2

ご飯を食べなくなって、治せない状態が続いて、悲しくて、辛くて、そんな時に届いた液体の抗生剤は、口を開けられなくなったネモちゃんには苦労せずに接種できる薬でした。

それに、その即効性には驚きました。

H先生と毎日のようにメールでやり取りしながら、即効性があるとは伺っていたものの、その効果には驚きと喜びがありました。

目薬のような容器に入った液体の抗生剤は、無色透明、臭いも無いし、水のようにサラサラしています。

でも、一旦手に付くとベタベタと粘着性がとても強いモノでした。

半信半疑でネモちゃんに投与すると、1~2時間後にはコタツから出てきました。

コタツから出てきて、水飲み場へ行ったのです。

水飲み場なんて、ほとんど暫く行かなかった場所です。

水は実際飲みませんでしたが、その意欲が出てきたことが効果が表れたという実感に繋がりました。

翌日には、a/d缶を少量ですが食べました。

というか、コタツから出て歩き回るようになりました。

夕方にはキャットタワーで爪とぎをして、伸びをしたり、毛繕いも少しするようになりました。

感動でした、感動で嬉しくて、笑顔になる自分がいて、体が軽くなりました。

スゴイと思って、嬉しくて、誰かに伝えたくて、でもネモちゃんやみんなの世話をしていると、疲れが夕方にはピークに達してコタツで一緒に寝てしまうパターンでした。

二日後には、ご飯を欲しがる素振りを見せて、鳴くようになりました。

この数日間は、旦那さんが夕飯の支度をしてくれて、私はそれを食べている途中で眠ってしまうようなそんな毎日でした。

ネモちゃんは今までの体重に余裕があったので、年末から急激に痩せてしまいましたが、今が標準体重だそうです。

130109_3

まだ今日も皮下点滴は欠かさず続けています、でも、食欲が出てきたことがネモちゃんのミラクル回復の始まりと信じて、明るく前を向いていけたらと思っています。

頑張れ、ネモちゃん!!




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 奇跡が見えた気がしたよ、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。


最新コメント
  • ライブドアブログ