2014年08月

血管外科へ行く!

以前から、母に病院へ行くように言われていたことがあります。

「下肢静脈瘤」です。

右足のふくらはぎに、20代の頃から気になる血管があります。

血管が気になるというのは、他の血管に比べて明らかに皮膚から浮き出ているのです。

ただ、ボコボコトした凹凸感はありません。

見た目上、青い血管がはっきりと見えるんです。

私からすれば、20代からあったので、そんなものだと思っていました。

怖いのは、下肢静脈瘤になって、血液の流れを一定方向へ流す働きをする弁が、「逆流弁」になってしまうことです!


140827_1
 ↑ 通っているフィットネスクラブで、マイブームとなった「ストレッチポール」です(笑

初めは、何の変哲もないただの棒に思えて、甘く見ていました。

が、かなり良い仕事をしてくれます!

リラクゼーションの効果もあるようですが、それより何より、体のリセットをしてくれちゃう。

日常の積み重なる動作のクセ、そんな「体の歪み」を、改善することができるんです。

体の歪みは、肩こりや腰痛、膝痛、冷え症、むくみ、血行不良などを引き起こす原因となります。

ストレッチポールで、背骨周りの筋肉を緩ませ、背骨が正しい位置に戻ると、体が軽くなります。

これは実感しているので、自宅でも使えるように、はーい、買っちゃいました(笑

前にテレビで見たのですが、女子フィギアスケートの浅田真央ちゃんも、確かピンク色のストレッチポールを使ってましたよね!

私も色で悩みましたが、旦那さんがブルーと言うので、仕方なく・・・(笑

何と言っても、静脈瘤のことがあったので、足の疲れやむくみ、全身の疲れをリセットしてくれるストレッチポールに、大いに期待してました♪

そうそう、効果を考えて、お風呂上りに使えるようにと、浴室の前に置いたのですが、私はどうもお風呂から出ると眠るモードにスイッチが入るらしく、そのまま寝室へ直行になってしまうのよね~

継続は力なり・・・!  やるんだ、自分!!


140827_2
 ↑ これも、フィットネスクラブにあって、私が密かに楽しそうと思っていた「バランスボール」です。

でも、実際に使ってみると楽しいものではなかった(泣

ちゃんと、目的に合った使い方をしないといけません。 ただのボールじゃないんです。

バランスボールは、もともと病気やケガで身体に障害を負ってしまった人のために開発されたリハビリ用のツールだったんです。

その利用の幅広さから、リハビリや治療などの目的として病院で使用される他に、バランス感覚を身につけたり、各種エクササイズを行うための道具として、フィットネスクラブやトレーニングジムで使用されています。

最近では、ダイエットに効果的であるということから、家庭で気軽に始められるエクササイズとして購入されているそうです。

私としては、バランスも危なげだし、筋肉も付けたいし、むむむ・・・、ムリかしら?

140827_3

そんなこんなで、下肢静脈瘤を少しでも進行防止するために、いろいろ揃えて頑張っています(笑

そして、このストッキングも、その一つ!

「医療用弾性ストキング」です。

静脈血流の維持・促進する働きがあるそうです。

金額は、確か4千円以上したと思います、保険が効きません。

まずは、履くときに苦戦します(笑)、かなり窮屈な設計なんです。 

ですが、その窮屈さがあって効果が出るようなのです。

足首からふくらはぎ、大腿部に向けて段階的に圧迫圧を減少させる設計になっています。

それにより、下肢の静脈血やリンパ液のうっ滞を、軽減・予防するのだそうです。

きっと、適切な圧迫圧が、大事なのだと思います。

140827_4
 ↑ くっきりと、青い血管が見えますよね!

心配されていた下肢静脈瘤、病院には6月頃に行ってきました。

診断の結果、下肢静脈瘤になっているけれど、逆流弁になっていないので、手術をしなくて良いそうです。

バンザーイ!

この逆流弁になってしまうと、恐ろしく痛い手術があるそうです。

昔から行われている「ストリッピング手術」というのがあるのですが、足の付け根や膝など、皮膚を2~3cm位切開し、逆流弁になってしまった静脈を引き抜く方法です。

これは、全身麻酔か下半身麻酔下で行います。

想像しただけで、死にそう・・・

この方法は、再発率が低いようです、って、えっー、再発するのぉー(泣

でも、でも、着実に医学は進んでいるから、安心して!

「硬化療法」といって、静脈血管内に硬化剤と呼ばれる薬剤を注入して、血管を閉塞させ、静脈瘤を消失させる方法です。

これも、ちょっと痛そうだけど、手術のような傷は残らないし、体の負担も少ない方法みたい。

クモの巣状静脈瘤など、比較的細い静脈瘤に対して有効。

ただ、再発率は高く、色素沈着やしこりが残る場合があります。  えー、再発困る・・・

まだ、まだ、諦めるな! 最新のは、「レーザー治療」があるよ。

これは、逆流弁になってしまった静脈血管内からレーザーを照射して、静脈瘤を閉塞させる治療方法です。

伏在静脈瘤と呼ばれる太い血管の治療に有効。  あ、私だ!

治療時間の短い日帰り手術、手術のような傷は残らず、再発もほとんど無い治療成績のよい治療方法なのですが、日本では保険適応外の治療となります。

保険適応外だけど、「ストリッピング手術」よりは、いいよ。

こちらのレーザー治療は、近年、クモの巣状静脈瘤など、比較的細い静脈瘤に対して皮膚表面からレーザーを照射し、静脈瘤を閉塞させる最新型のレーザー治療も日本に導入されています。

皮膚表面だなんて、それが一番いい!!!

140827_5

ですが、私は逆流弁ではなかったので、伸縮性の強い医療用弾性ストッキングを履くという「圧迫療法」になりました。↑

あまり効果を期待していませんでしたが、これを履くと、スゴイ、足が疲れない!

ストッキングを脱いだ瞬間、スーッと感じるものがあります。

疲れていた、むくんでいた、ということが分かることに気が付きます。

ただし、この方法は、進行防止、現状維持が目的なので、下肢静脈瘤そのものが治るわけではありません。

水戸市?、だったか、茨城県内だったか、血管外科の先生の話では、こちらのストッキングは薬局などで販売していないそうです。

だから、病院で販売せざるを得ないと嘆いていました。

そう、私は、血管外科を受診してきたのです!!!!!

下肢静脈瘤って、どこで診てくれるの~?となったとき、整形外科や、形成外科では診てくれません。

しかも、その血管外科と言うのが大きな病院にしか無くて、個人病院だとなかなかありません。

3名以上の医者がいれば医療法人になれるけど、この辺りでは滅多に血管外科なんて無いんです。

専門の先生がいて、診ることはできても、設備の関係からその手術ができなかったりします。

大きな病院だと、紹介状が無いと診てくれないし、それに診察の予約が2、3ヶ月先だと言います。

血管外科を受診するのって、結構面倒かも~

そしたら、ラッキーなことに、去年の秋に、水戸市にも血管外科のある病院が開院していたのです。

名前も憶えやすいよ、「水戸病院」です。

しかし、よくその名前を取得できたなぁー

歴史ある病院のようで、遡れば江戸時代の御三家「水戸藩主」の典医を、代々受け継いでこられたようです。

そんな院長先生が担当でした。

当然、出来たばかりだもの、病院はキレイでしたよ~

匂いも新しい香りと言うのか、クリーンなんですよ、トイレも衛生的でくつろげる空間みたいな(笑

どこも、ピカピカです☆

ですが、それほど患者数が多いわけでもないのに、やたら時間が掛かる。 というか、遅い。

でもね、キレイな椅子だから大人しく我慢して座っていたけれど、ホントに遅くて、イライラしました。

それと、最悪なのが受付嬢!

小さな自分の世界の中で、私だけが仕事をしているのよ~みたいな。

出来れば、視界に入れたくないこの女の子たち・・・と思ってしまった。

140827_6

はい、気を取り直して! 

下肢静脈瘤の診察は、「問診」と「視診」でした。

問診では、家族に下肢静脈瘤の人がいるかどうか、または立ち仕事をしているか、です。

下肢静脈瘤は、遺伝が大きく関わってくるようです。

それと、立ち仕事でも、特に1箇所にじっと立つような職業が多いと言われているそうです。

例えば、床屋さん、とか、と言ってました。

私の場合、視診でほぼ下肢静脈瘤と診断されたのですが、問診で、上記のどちらも当てはまらず、先生にはホントかなぁ~?と思われていました。

そして、超音波検査の予約を入れて、後日1時間を掛けて丁寧に検査をしてもらいました。

その結果が、逆流弁になっていない!だったのです♪

他に超音波検査で判明したことで、私の血管がかなり太いことが分かりました。

通常2~3mm程度の血管が、私の場合、右足最大で9.7mm 、左足最大が13.4mmと異常なほど太くなっているのです。

しかも、それでも静脈の弁は反らずに頑張って働いてくれていると、院長先生も驚いていました。

そうか、私の静脈の弁は相当頑張ってくれているのかー

遺伝が本当になかったことを、検査結果が出てようやく納得された院長先生でした(笑

確かに、私の青く浮き出た血管は、20代の時から20数年変化がないんです。

それにも、先生は首をかしげていました。

どう診ても、私は逆流弁に見えたのでしょうね。

140827_7

母に言われて、これも買いました。↑

ファイテンの足首用です(笑

これは、効いてるのか、効いていないのか、イマイチ分かりません(笑

以下は、下肢静脈瘤があると、出る症状です。

 ・足がだるい、痛い、重い。
 ・むくみ
 ・かゆみ
 ・寝ているときに足がつる
 ・一部の血管が浮き出て見える
 ・血管がぼこぼこ膨れる



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 女性の人が成りやすい病気ですが、男性もありますからね!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

古代ハスの花

先日の8月15日、たまたまですが終戦の日に、近くにある県立歴史館に出かけてきました。

今日のブログを書いていて気付いたのですが、私は「歴史館」はずっと水戸市のものと思っていました。

茨城県が設立したものだったのですね。

それに、常設展や特別展など何度か訪れていたのですが、敷地内に池があることなど数年前まで知りませんでした。

知り合いのすすめで、前々からこちらの池に咲くハスの花の存在を知り、いつか見に来たいと思いつつ、あぁ・・・、こんな暑い日に来てしまいましたー(笑

今から69年前、この日もこんな暑い日だったのかな。

多くの尊い犠牲を払った日本、その尊い命を奪ったのも、日本なのです。

いかなる理由も通さない、二度と過ちを繰り返さない、戦争は、絶対に起こしてはならないこと。

そう思います。

140820_1

歴史館の広い敷地の中には、移築された歴史的建造物が幾つかあって、そのずっと奥にひっそりと小さな池があります。

そして、その池に、6月ごろからハスの花が咲き始めます。

もう咲き終わってしまったかなぁ~と心配しつつ、足を運んでみましたが、ヨカッタ~♪ まだ咲いていました!!

やはり敷地内の端にあるので、人の姿はほとんどありません、きっとその存在もあまり知られていないんじゃないのかな。

まだまだ蕾もあるし、今月いっぱいなら美しく咲くハスの花が楽しめると思います。


140820_2

池一面という感じ~♪  こーんなに、咲いているんですよ~

絶対見に行かないと、損ですわー(笑


140820_3

歴史館の庭園は、無料で開放されています。

今の時期なら、朝6時から夜の7時まで開園しているようです。

そして、肝心のハスの花は、正午から夕方にかけてだんだんと閉じてしまうと聞いたことがあります。

なので、午前中に行かれると、よいですね!

と言いながら、私はお昼過ぎごろに行きました(笑

暑い日差しに耐えて、その時間帯でも、しっかりと咲いていましたよ~

ここは、大きな木がさくさんあって、その分日陰も多くあるので、日傘無しで散策できました。

でも不思議、鳥が少ないんです。 ←いつ来ても鳥の姿はあまり見られなくて・・・

自然が多くあるように見えるのに、キレイに整備、清掃されているからか、自然の循環が出来ないのかな?

それとは対照的に、セミはめちゃめちゃ多くて、セミの楽園のようでした(笑

地面には、そのセミたちが出てきた穴がたくさん開いてましたよ~

あと、モグラの通ったらしき道も、土が盛り上がっていて、うふふ、地面の中は自然がまだまだ残っていそうです。

140820_4

池の方へ足を進めると、ハイカラな建物が見えてきました。

歴史館のすぐ脇の道路を車で走っていると、こちらの洋館が目立つんですよね!


140820_5

こちらは、明治14年に建築された「旧水街道小学校」です。

歴史館は、昭和49年に開館したのですが、昭和46年に水海道市立水街道小学校から寄贈されて今に至ります。

そう言えば以前、JRの「フルムーン」CMに、高嶺三枝子さんが出られて、ちょっと有名になりました。

かなり、前の話ですが・・・(笑

140820_6

5分くらい歩くと、ハスの花が咲く池に到着です。

私、蓮の花は水面に浮かぶように咲いているものと思っていましたが、いえ、いえ、ぜんぜん違っていまして、私の身長よりも高い所で咲いてたりするんですよ~(笑

歴史館の池に咲くこちらのハスは、「大賀ハス」という古代ハスなんだそうです。

1951年(昭和26年)、千葉市の落合遺跡から偶然発掘された3粒のハスの種、約2000年前から覚醒したハスの花ということになります。

まぁ、その開花していた時代が弥生時代って言うのですから、想像力をかきたてられますね!

手で触れてはいけないような、そんな神々しさを花の姿から感じます。

凛と咲くハスの花の美しさに心を奪われるのは、今も昔もそう変わらないのではないでしょうか。

そして、この見た目に、この美味しさ!、ハスさんはサイコーなんです♪

ハスの地下茎は、炒めて美味しい「レンコン」(蓮根)です。

しかも茨城県は、そのレンコンの生産量が日本一。

縁起物として喜ばれるレンコンは、お正月や慶事に欠かすことはできませんが、でも、それだけじゃない!!

ビタミンCが多いこと、それに野菜では珍しく肝臓の働きを助けるビタミンB12も、含まれているんです。

うーん、さすがですわ!


140820_7
 ↑ こーんな風に、私の身長よりも断然高い所で咲いている蓮の花。

高嶺の花って、こういうことなのかしら~笑


140820_8

花も蕾も、空に向かって真ーっ直ぐに咲いています。

清過ぎます!!

「ハスは、泥より出て泥に染まらず」と言いますが、まさにそれです。

この池は、池といっても清らかに透き通った池ではなくて、むしろその逆で、泥池のようなもの。

古来から、「清らかさ」の象徴として称えられるのが、もの凄く分かります。

想像の世界ですが、極楽浄土があれば、この「蓮の花」と「桃」はこの世のものですが、絶対あり得る!


140820_9

花の中を覗くと、こんな感じ。 ↑

果実の皮はとても厚いため、土の中で発芽能力を長い間保持することができるそうです。

それ故に、古代ハスが現代に蘇ることができたのですね。


140820_10

セミさーんが、たくさん居るし、たくさん鳴いてるーーーー!!!

今年は蝉の鳴き声がなかなか聞けなくてちょっと心配してましたが、うふふ、健在で~す♪

でも、日本のこの暑さ、確実に変化してきてますから、蝉さんにとってはどんな感じなのかしら?


140820_11

そして、その帰りに「ラヴィプロバンソ」で、食事をしてきました。

最近、お友達と高級お肉を食べに出掛けたので、今日はお魚料理を選びました(笑

とその前に、「パイナップルとローズマリーのスムージー」が気になり、別注文です。

めちゃめちゃ美味しい~♪

こちらのお店は、2度目の訪問です! 香りを食べるといったような、自然派志向のレストラン。


140820_12

かぼちゃの冷製スープ。

先日、違うお店でトウモロコシの冷製スープをいただきました。

甘くて、美味しかったなぁ~

色がとても似てるので、うふふ、思い出しちゃいました。


140820_13

季節の野菜が数種類、ゴロゴロと詰まったコロッケです。


140820_14

お魚の名前は忘れてしまいましたが(笑)、卵黄とレモンのソースが爽やかで夏向きでした。

本当に、ここのお料理はどれも体と心に優しい感じがします。


140820_15

旦那さんは、冷製パスタを頼んでいましたが、味が変わっていて、トマトは納得いくよ、でも味がマンゴーなの!



140820_16

デザートは、なぜか以前来た時も注文して、今回も魅かれた「ティラミス」です。

フランボワーズの甘酸っぱさが、印象的でした。

まるでここだけ軽井沢?のような錯覚を覚える窓からの景色は、食事と同様に時間を忘れる楽しみの一つでもあります。





ブログランキング・にほんブログ村へ ← 神秘的な古代の花に魅せられて、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ときめく小鳥図鑑に、萌え

先日は、ブログで書いたネモちゃんの粗相事件に、みなさんの粗相のお悩みを聞けて、ちょっと元気をいただいたtobutoriです。

ですが、その翌日にはウンチ事件に発展しました。

うちのソファーは、ネモちゃんにとって完全にトイレになってます(泣

気を取り直して、今日は私の癒し時間をご紹介します~♪

うふふ、なかなか癒しの時間を持てないtobutoriですが、そんな時にはお気に入りの図鑑があるのです。

そう、新感覚の「ときめく図鑑」シリーズです~☆

私は、鳥が好きなので、ときめきも鳥に覚え、だから「ときめく小鳥図鑑」です(笑


140814_1

こちらのときめく図鑑シリーズには、「ときめくきのこ図鑑」とか、「ときめくコケ図鑑」とか、「ときめく鉱物図鑑」とか、他にも色いろあったと思います。

普段は活字を読む習慣が無くて、本は読めない私なのですが、このときめく図鑑にはひと目惚れとなり、即買いでした。

そんな訳で、ほとんど本屋さんに近づくことの無い私に対して、本好きなうちの旦那さん(笑)、その買い物によく付き合いました。

その度に、旦那さんに言われるんです、「本屋で時間を持て余す人はそうはいない」と。

ふふふ、ホント、私もそう思います(笑

だって私、雑誌も読めないんですから~(笑


140814_2

まぁ、そんな本の話はどうでもよくて、こちらのときめく小鳥図鑑のとりさんたちを見ていると、えへへ、胸がキューンてなります。

 ↑ ヒヨドリ、可愛いですね~

我が家のシンボルツリーの「アオハダ」の実を、毎日食べに来ています。

大きめの鳥なので、鳴き声も立派です。

フンも立派で、アオハダの下のタイルは、赤紫色に染まっています(笑

 ↓ 今日も来ていたので写真を撮ったはずなのですが、ガーン、写っていませんでした。


140814_6

ときめく図鑑は、通常の図鑑のように学術的な分類でなくて、愛しさを基準に文系・アート系テイストで編集されているとあります。

ですが、ヒヨドリの大きさが28cmで、鳴き方が「ピーヨ」、オスもメスも外見が同じ、などなど、図鑑的情報もしっかり盛り込まれています。

こんな風に生で見るのは最高ですが、これほど可愛らしい写真集は他にはないよ~!!

お茶の時間のような休憩時には、このように庭の鳥たちを見て癒されています(笑

そうか、私が癒されている時間は結構あるのかも・・・♪


140814_3

我が家の近くにある、千波湖に生きる野鳥たちの本です。

こと細かく書かれていて、数年前に千波湖へ捨てられたガチョウの写真も、説明書きとともにありました。

犬や猫だけでなく、鳥さんも捨てられちゃうんですね~

人間て、無責任で困った動物ですね。


140814_4

千波湖には野鳥が数多く生息していて、このことは私も知らなかったのですが、水戸市で飼っている鳥も多く住んでいるそうです。

そして、人間をまったく怖がりません。

市街地近くに位置する千波湖ですが、現在その面積は約332㎡、周長は約3,000mと、豊かな自然を保持しています。

江戸時代後期の資料には、今の約3.8倍の面積があったと記されているそうです。

城下に広がる千波湖は、まさに水の都そのものですね。

そして、その頃には、タンチョウなど鶴の仲間が見られたそうです。

今では、日本の一部でしか見られない鶴の姿が、偕楽園から見えたと想像するだけで、それはとても素晴らしくもあり、そして悲しくもあり、少し複雑な気持ちになります。

偕楽園下には、「田鶴鳴橋」という名の橋があります。


140814_5

画像は載せませんが、34ページには、カラスの姿も・・・♪

街中でもよく見かける「ハシブトガラス」と、「ハシボソガラス」、どちらも可愛くて、私は好きです。

8月の初めごろから、うちの近所に子ガラスを連れた親子ガラスが来ています。

子ガラスは、鳴き声に特徴があって、気の抜けた鳴き方をするのですぐに分かります(笑

一生懸命に、親ガラスに餌をねだる姿とか、見ていて可愛いですーーー!!!

子ガラスは、口を開けると真っ赤なんですよね~

親ガラスは、もちろん口の中も真っ黒ですよ。

カラスに限らず、鳥の多くは一夫一婦制です。  

確か、モズは違ったような・・・

そして、特にカラスは、ひなへの愛情が深く、子育てに熱心と言われています。

カラスのつがいは、どちらかが死ぬまで相手を変えないそうですから、うふふ、鶴だけじゃないんですね~

そうそう、更にすごいのは、幼鳥は老いたカラスの面倒をよくみるということです。

私、このことを知ったときから、カラスの大ファンなのですよね~

ただ、あまり大きな声で言えなくて、隠れファンとして頑張っています(笑




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 人間の世界より、美しくて魅力の多い鳥の世界!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

いつの間にか、粗相・・・泣

一昨日は仕事だったのですが、帰ってくるとネモちゃんのオムツが取れていました(汗

寝そべって、伸びぃーーーをした状態になるとオムツが抜けるようなのです(笑

笑っている場合ではないのですが、意外によくあることなので、私たちの目が届くときは良いのですが、留守の時は困ります。

それと、私がネモちゃんのオムツを替えるときに、ちょっとお腹周りをゆるめにとめてしまうんです。

ユニ・チャームのオムツは本当に良く出来ていて、お腹周りも伸び縮みが可能です。

しかも、尿漏れガードもしっかり機能しているし、素材も優しくオムツをしているという負担がめちゃめちゃ少ないです。

食事の量が増えたネモちゃんは、ウンチとオシッコの回数が増えて、オムツを交換する頻度が高いです。

金額はそれなりにしますが、ラグやコタツ布団、諸々を処分していた頃を思い出せば、気持ちにゆとりが生まれました、うん、ゆとり~♪

優れものの商品なので、代用品は考えてはいません。


140808_1

オムツの話にそれましたが(笑)、久しぶりの粗相事件です。

しかも、いつの?という代物です(笑

オムツが取れていても、笑って済ませていたのですが、今回のオムツ取れ事件には粗相事件が絡んできたので、笑っていられません。

しかも、ソファーカバーを洗えば済むと言う問題でもなくて、大事件に発展してしまいました!!

ソファーカバーを洗うのは、もう慣れっこで、ひたすら洗面所で汗だくになって予洗をして、洗濯機へ投入です(笑

しかし、この日はソファーのクッション部分を剥がしてみました。

ネモちゃんの粗相した部分ではない部分で、粗相がしみ込んでいました。

ソファーカバーを貫通する量って・・・


140808_2

甘かった。

私の考えが甘かったのです。

ネモちゃんのオムツの装着についても、ソファーカバーでカバーできると言う判断も、何もかも甘かったのです(泣

ソファーの上にペットシーツを敷いてしまうと、私はその見た目で疲れてしまうんです。

悩んだ挙句、ペットシーツを外したのですが・・・

暫らくはオムツで対応できていたのですけど、オムツが取れてしまうと、はい、アウトなのです。


140808_3

 ↑ 普段は、こんな風に寛げるソファーなんですよ~

この日は、帰宅後に草取りもしていたので、粗相事件も加わって疲労度の非常に高~い一日となりました。


140808_4

メス猫とともに、暫らく姿を見せなくて、心配していたニャゴニャゴは、ここ最近また姿を見せるようになりました。

そのメス猫にはミケ子と名前を付けていましたが、数か月が経った今でも姿を見せません。

何かあったのだと思います。

探していたのですが、出会うことは今も無くて。

今は、私の心配も少し落ち着いて、ミケ子が無事にどこかで暮らしてくれていることを、願っています。


140808_5

 ↑ ニャゴニャゴの姿を発見して、ガン見するミーちゃんです。

ニャゴニャゴは、鳴くことはしませんが、威嚇のシャーーーは健在です。

ご飯を食べに来るのに、未だ心を開いてはくれません。

体調の心配もあるし、痩せてきているので、保護をしたいのですが、そう思いながらあっという間に半年は過ぎました。

どうにかできないか、考えています。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 大人になってから捨てられたニャゴニャゴ、人間は怖いよね!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

今度は・・・、ジン君でした!

先月の7月19日(土)から、今度は、ジン君の体調が思わしくなくて、普段は入らない2階の猫ベッドに入るようになりました。

そして、元気も無くて・・・

この2、3日前から回数は少ないですが吐くようになって、少量の毛玉のような物が混じっていました。

吐くことは猫にはよくあることですが、ジン君はそう滅多に吐くことをしません。

と言うか、吐いたことが無い。

だから、ちょっと元気が無い様子にただ事ではないものを感じていました。

140802_2

そして、もう一つ気になることが・・・

ジン君の便秘です。

ジン君は、子猫の時に風邪と栄養失調で死にそうだったところを貰い受けました。

神社のお宅からもらったので、神社の「神(ジン)」をいただいて、ジン君と名付けました。

そのため、成長不良で便秘症だったんです。

その悩みは、ロイヤルカナンの「消化器サポート 可溶性繊維」を、メインフードに変えて改善することができました。

お陰で、他のニャン達も快調過ぎるほど便がスルッと出てます(笑

ロイカナの「消化器サポート(可溶性繊維)」は、急性および慢性便秘のネコちゃんに給与することを目的として、特別に調整された食事療法食です。

今回のことでネット情報を活用していた時に知ったのですが、特に猫は便秘になりやすいようです。

たかが便秘と思われますが、便秘で悩む飼い主さんの切実な想い、痛感いたしました。

過去に、そんなジン君の便秘でフードを切り替えた記事がこちらです。 →


140802_8

今回の便秘は、成長不良の問題ではなさそうです。

思い当たるのは、↑ コレ。

ニャン達が大好きな、「キラキラボール」です。

巷ではネコに人気なのですが、我が家ではジン君しか興味を示しません(笑

ジン君にキラキラボールを与えておくと、夢中で暫~く遊んでいます。

暫らくと言っても、長いですよ~ 数日持ちますから。

喜ぶ顔が見たくて、つい買って来ちゃうんですよね~

ジン君は、大きなキラキラボールより、小さめのキラキラボールが好きです。

でも、小さなキラキラボールは日本製ではないので、今までは大きめのキラキラボールを買っていました。

そしたら最近、小さいキラキラボールでも日本製が売られていて、思わず即買いしてしまいました(笑

小さいキラキラボールは、よく転がるようです。

案の定、ジン君の遊びにキレが出ます。

相当、楽しんでいます。 無我夢中と言うのでしょうね~(笑) うふふ。 

ですが、この小さなサイズが災いして、遊びに夢中となり飲み込んでしまったようなのです(泣

ジン君は、オモチャを食べるような癖が無かったので、キラキラボールが無くなっていても、まさか飲み込んでいたとは思いませんでした。

それにジン君は、キラキラボールを口に咥えて、持ち歩くこともしていたので、部屋のどこかにあるものと思い込んでいました。

結果、その思い込みは違っていたので、かなり反省しました。

だって、キラキラボールが見当たらなくなると、その同じ数だけ補充するかのように、普通に与えていましたから・・・泣。

140802_6

なので、便秘の原因は、部屋のどこにも見当たらないキラキラボールだと、確信していました。

レントゲンに写れば良いのですが、写るわけがない。

でも、病院へ電話をして相談をすると、そのまま様子を見て、それでも吐くようだったら連れて来てください、と言われました。

ジン君は元気はないものの、吐いた後もケロッとした顔でいます。

そこが人間と違うところ、動物はそういうものです、安心してはいけません。

その後も、トイレに行って踏ん張っていましたが、便は出ませんでした。

このままでは、ジン君も病院行きです。

140802_7

それから二日間、吐くことは収まったのですが便秘は続いていて、とうとう22日(火)の朝には10回以上吐くことになりました。

ジン君はケロッとしてるけど、私は顔面蒼白・・・

病院へ連れて行って、キラキラボールは写らなくても便がどれくらい溜まっているかは確認できるはずだからと、レントゲンをしてもらいました。

それと、脱水症状は出ていませんでしたが、点滴をしてもらうことにしました。

レントゲンで見ると、便が胃を圧迫している状態が見て分かりました。

胃は2センチくらいに狭まっていて、その狭くなった空間にはガスが溜まっているのも分かりました。

便に圧迫されて平べったくなった胃、それでも食事は普通の量を食べていたので、これでは吐いて当然です。

それと、ジン君の腸がかなり弛緩していることも分かりました。

オモチャなどが万が一胃を通過してしまうと、腸は極端に狭い個所もあるので便と一緒に出るようなラッキーなことは期待しないでください。

胃にあれば、吐くことができます。

オモチャが詰まっているだろう、の場所を特定するために、バリウムを飲んで流れが止まる場所を見つけ出します。

見つけると、手術です。

オモチャを出してあげないと、腹膜炎になって胃や腸壁に穴が開いてしまったら死に至ります。

そんな先を知っていると、遊ぶためのオモチャが、とても危険なオモチャに思えて、後悔とともに恐ろしくなりました。

ネコは紐も大好きです、遊びながら誤飲してしまうことがあるので気を付けてください。

140802_1

まずは詰まっているウンチをどうにかしたいと思いました。

獣医の話だと、ジン君は骨盤が狭くなっているそうです。

これも、生まれ持った便秘症の原因になっているのでしょうね。

二人の獣医が処置してくれましたが、便は硬いわけではなくて普通な状態だということです。

普通な柔らかさであると言うことは、肛門から出にくい状態であるわけではないようで、指で掻き出そうとしてくれたようなのですが、普通に良い便で柔らかさがあるため無理だったそうです。

薬で様子を見て、週末までにバリウムと手術の検討をすることにしました。

ネモコのことがひと段落して、そんな日も開けずに次はジン君。

自分のせいでもあるような気がして、私も滅入ってしまいました。

ジン君は、オイル状の薬2種を飲ませることになりました。

帰宅したこの後も、今度は血が混ざった液体を吐いて、またまた獣医に電話!

薬は翌日から飲ませることになりました。

腸のマッサージやらで、お腹を刺激されたから絶対吐くと思っていたけれど、血が混ざっている状態を見るとショックは大きかったです。

ごめんね、ジン君。

2種類の薬は、「ラクスロース」と、「硫動パラフィン」というものです。

嫌がるジン君に言い聞かせるように話し掛けながら、オイル状の薬を数日飲ませました。

それでも便は出なくて・・・

しかし、飲ませ続けて四日後にウンチ、出ました~~~!!!!!

巨大かつ長さも相当ありましたよ、旦那さんが写真を撮ってくれてました。

ジン君も、辛かったのでしょう、腰が低くなって歩く姿がありました。

でも、よく頑張った~!!!

ウンチの中に、憎っくき「キラキラボール」もありました。

コ、コ、コイツがぁーーーーー!!

いえ、いえ、キラキラボールは悪くないです、私の監督不行き届きが原因なんです。 はい。


140802_3

今じゃ、こんな状態です。 ↑

病院には、電話をして便が出たことを報告しました。

先生も喜んでくれて、うん、嬉しい、ありがとう!!


140802_4

あぁ、本当に、スッキリは大事です。

ジン君、かなりストレスがあったと思います。

飼い主で親ある私は、手術が怖くて決断する勇気が持てませんでした。

親である責任と勤めが果たせないのでは、このコたちの顔をまともに見る資格が無いです。

ごめんよーーーーー

可愛い時だけ一緒にいるのではね、それって愛情じゃないし、飼う資格ないし、問題ですよね。


140802_5

ネモコも、毎日自宅で注射ですが、元気にやっています。

体重も、500g増えました~♪





ブログランキング・にほんブログ村へ ← 楽しい時だけじゃなくて、辛い時も一緒だよ、ね!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
  • ライブドアブログ