2018年02月

ファミリー動物病院

週末は、千葉県の流山市にある「ファミリー動物病院」へ行って来ました。

久しぶりに再会した知人から、「県内の動物病院だと、どこも同じだよ」と言われ、紹介された病院です。

現在ネモちゃんが通っている動物病院は、若い獣医が積極的に今までの治療法を見直してくれていて、まったく変える気はないのですけどね。

不治の病と言われる口内炎の治療は、決め手となる特効薬がないのですから、多くのセカンドオピニオンに頼るべきだと思っています。

いつもと変わらない治療法では、今までの長い闘病の時間をひたすら繰り返すだけになります。

そんな長い時間を、苦痛を背負わせて過ごさせるなんて辛いですからね。

できることは、してあげたいです。




180213_1


ファミリー動物病院を紹介をしてくれた知人とは、偶然にも同じスポーツジムに通っていました。

私、動物には目がいくのですが、人間の場合は認識できた人以外は視界に入っていても脳に届いていません。

なので、話しかけられるまで全く気が付かなくて・・・笑

ですが、認識しだすと、私の動物的直感が反応して(笑)、今まで気が付かなかった人なのにいち早く見つけるようになります。

不思議でしょー(笑

ジン君のことがあって以来、健康維持のための運動さえサボり気味になっていましたが、スポーツジムのお友達と久しぶりにランチをしながらお喋りをして、薦められるがままに、またまた通い始めていたところだったんです。

そんなやりとりの中で、再開したスポーツジムで再会できたのも、なんだか運命を感じちゃいますね(笑

その人の猫ちゃんは元気なのですが、妹さんの猫ちゃんに異常行動が見られて、水戸市内の動物病院を駆け巡ったそうです。

結局、脳の病気ではないかということで薬を処方されていたようなのですが、一向に治らなくて、ある動物病院の院長先生から東京の動物病院で診てもらった方が良いと言われていた矢先に、まさに今ネモちゃんが通院している「水戸動物病院」を受診して、脳の病気ではなく、心の病気でしょうと言われたようなのです。

それで行き着いたのが、「ファミリー動物病院」だったそうです。

ここの副院長先生が、行動診療科を担当されていて、問題行動のカウンセリングをはじめ、便の写真や一日の全ての行動に関する記録を作成して、治療のための通院を続けているようです。

話を聞くと、かなり根気のいる治療内容だったので、飼い主さんの強い熱意と愛情が無いと、ちょっと難しそうに思いました。

幸い、妹さんは愛猫ちゃんをとても大切にしていたので、根気よく治療を進められている様子で、少しずつ改善が見られているそうです。

以前はパグ犬を飼っていて、その頃によくワンちゃんの話を聞いていたのを思い出します。

ワンちゃんが亡くなったときに、仕事もままならないほど落ち込んでいる話を聞いて、私がミーちゃんを失ったらと、考えたことがありました。

その後に、猫を姉妹で飼い始めた話を聞いて、少し元気になった様子を聞いていたのですが、またこうやって再会することができるなんて思いもしませんでした。

ちょうど、ネモちゃんの再生医療や強制給餌に差し掛かる頃で、私もだいぶ落ち込んでいたのですが、妹さんと直接メールをしながら、何度も元気づけられていたんです。

とてもお世話になって・・・




180213_2



動物の「行動診療科」は、人の「心療内科」のようなもので、歴史はまだ浅いみたいです。

勉強された獣医が、ようやく世の中に出始めて2、3年生といった頃なのかもしれませんね。

ペットに関する原因不明の問題行動は、我が家ではあまり思い浮かばないですが、様々あるようです。

ただ、それらに動物側のストレスなどは考えられていないようで、あくまで人にとって都合よく解釈されがち。

そうなんです、粗相とか、噛みついたり、吠えたり、家具を壊したりする問題行動、その原因は動物側にあると思われていました。

凶暴な性格だとか、飼い主を下に見ているだとか、まったく科学的根拠がないそうですよ。

問題行動の原因には、予想もしない病気が隠れている可能性もあるので、その手掛かりとなるサインが出ていたのなら、その心の声を読み取ってあげられると良いですよね。

人間の生活習慣に合わせて暮らしてもらっているのだから、一緒に長く暮らしていくためには、人の側で改善点を探していかなければなりませんよね。

いつまでも健康でいられることは、本当に幸せなことですものね。





180213_3


ファミリー動物園は県外になるので、水戸から車での移動時間を考えると、寝たきりに痩せてしまっているネモちゃんには、体力的に無理かと思いました。

何より、強制給餌の頃だったので、セカンドオピニオンだとか、何も手に付きませんでした。

そんな中、妹さんが受診でファミリー動物病院へ行ったときに担当医の副院長先生にネモちゃんの話をしてくれたんです。

ファミリー動物園は、副院長先生が奥様で、院長先生が旦那様のようです。

猫を連れてこられない状態であれば、飼い主さんが病歴や今まで使っていた薬、画像や動画などの資料を作成して説明してくれれば、病気についての話が聞けることが分かりました。

実は、私は既にファミリー動物園に電話をしていて、猫を連れて行くことができない説明をしたのですが、電話受付の段階で予約が取れませんでした。

ただでさえ、ネモちゃんの状態が悪くて食事が取れない状況が続いていので、気落ちしているところにまた落とされた感じでした。

それでも、妹さんの後押しがあって、動物病院を訪れることができました。





180213_4


病歴をまとめるにあたって、ネモちゃんの10年間を振り返ると、ほぼ通院治療の日々だったことが分かりました。

そんなこと、知ってはいましたが、書面に書き出すと本当に色々と闘ってきたことが分かりました。

ネモちゃんを保護したとき、交通事故で顎がずれていたので、顔の固定手術を受けていました。

食事は、首からチューブで流動食を入れていたのですが、そのときも下痢だったことがブログに書かれていました。

今現在も下痢に悩まされていますが、流動食の内容物に原因があるのかもしれませんね。

水分が多すぎるのかも・・・!

そうなんです、ブログに病気のことを書いていたので病歴書を作成するにあたって、もの凄く役立ちました。

ですが、薬やサプリのすべてをブログに書いていたわけではないので、夫婦で記憶をたどりながら相当な時間がかかって病歴書をまとめました。

かなり大変な作業でしたよぉぉぉぉ...(汗





180213_5


今は、ステロイド剤の注射をしていません。

抗生物質も、少し前から止めました。

口内の炎症や痛み止めに、ステロイドを若干含むケナログを使う程度です。

口臭がしたり、膿のようなヨダレが耐えなかったり、去年から続いているのですが、口の痛みがきつくなるとシッポを毟ってしまいます。

口の中の痛みに、手でいじって出血をしてしまうこともあります。

先日、新しく購入したエリザベスカラーは、以前使っていた柔らかエリザベスカラーよりも軽量タイプになっています。

本猫は、どうしても固まるんですよね・・・



180213_6


仕方ありません、ネモちゃんのお口を守るためです。

そう言えば、ファミリー動物病院の院長先生のお話の中で、猫が嫌がることは治療であっても、行為自体が副作用にあたる、というようなことを言ってました。

そういう考え方は、水戸市内の病院ではほぼ遭遇することはないです。

唯一、ミーちゃんの掛かりつけの動物病院心恵堂の院長先生だけは、ストレスを副作用のような捉え方をしてくれていました。

そう言えば、私たち人間が感じるようなストレスを猫は感じませんから、と言った若い獣医もいました。

ジン君は、その病院で手術を受けて旅立ってしまいましたが・・・

私自身、犬や猫の看病をしていると、ストレスは闘病に大敵だと感じていたので、ファミリー動物病院の院長先生の話を聞いたときにスッキリできました。

いわゆる、飼い主の勘違いではなかったんです。

獣医ではないので病気は治せませんが、獣医より多くの時間をこのコたちと共に過ごしています。

ある意味、飼い主さんは獣医以上にこのコたちの専門医だったりもするんですよね。

よく獣医に否定されていたので、気が晴れました(笑




180213_7


食事を終えて、ウトウトとお休み中です。

お外は風が強くて、まだまだ寒さが厳しいですが、家の中は日向ぼっこでいい感じ♪

痛みで膿のようなヨダレ酷いですが、こんな寝姿も見せてくれるようになりました。

少し前までは痛みで眠れなかったので、いつも顔を上げた姿勢でした。

音に過敏に反応をするので、安眠ができていなかったと思います。




180213_8


ミーちゃんも一緒に、爆睡中・・・









ブログランキング・にほんブログ村へ ← 闘病中、ずっと寝てばかりでいいのだろうか・・、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

気になる血糖値

ネモちゃんの今の悩み。



180129_4



実は、下痢がずっと続いています。

強制給餌の卒業とともに、食事の量が増えて喜んでいたのですが、ゆるいウンチからとうとう下痢になってしまいました。

抗生物質のせいなのか、それとも別の原因が?

ゆるいウンチの段階で獣医に伝えたら、「下痢止め」と「ビオフェルミンR」を5日分ほど処方してくれました。

やや緩いウンチから普通の硬さまで改善されたのですが、薬が切れたら今度は下痢になってしまいました。

それで、下痢が始まったときの記憶をたどると、粉末のクリンダマイシン(抗生物質)を食事に混ぜだしたころだったんです。

それまでは、水で溶かされた液状のクリンダマイシンを動物病院で作ってもらい、食事と時間をずらしてシリンジで口の中に投与していました。

それは、炎症を抑える期待があるクリンダマイシンが、少しでも口内に留まること、そして直接口内で吸収されることを見込んでいます。

幸いにして、投与から3日が経つと、口内の炎症や腫れ、臭いが収まりました。

特に口の臭いの変化は、強制給餌をしていたので敏感に気が付くことができて、臭いが無くなったときは驚きました。

同時に、気になっていた口内の腫れですが、口を開いた入り口付近の内側が、炎症の影響で腫れあがっているのが覗き見えたほどの酷い状態だったのに、それらも収まっていました。

ネモちゃんの表情もスッキリしていましたが、薬の影響だけでなく、強制給餌から抜け出すことができていたことも、良い方向へ大きく振れた要因だと思っています。



180129_3



ですが、食事の量が増えて便をするようになると、緩いウンチの状態が気になりました。

その時は下痢まではいきませんが、ゆるい便でした。

それで、すぐに獣医に伝えたわけです。

液状にしたクリンダマイシンの使用を中止して、「下痢止め」と「ビオフェルミンR」が処方されました。

そして、クリンダマイシンの代わりに炎症を抑えるためのステロイド軟膏「ケナログ」が出された次第です。

ここまでは、前回のブログで細かく伝えられなかったものになります。

そして、この後に私たちを悩ませた問題が、ステロイド剤軟膏の「ケナログ」を使用したときの不安が加わったことです。

というのも、食事の量が一気にガツンと増えました。

オシッコの回数が、普段より1~2回ほど増えました。

お水を飲む量が、普段より少し多くなりました。

これらは、昨年の11月後半から糖尿病の症状が徐々に進行していった悪夢を思い出させます。

病気のシグナルそのものだったからです。




180204_1



一日2回の使用と言われていたステロイド剤軟膏の「ケナログ」でしたが、ネモちゃんの状態を見ながら隔日で使用したりして、毎日使うことはしませんでした。

ケナログは、口内の赤みの部分に塗るのですが、強制給餌ですっかり疲労困憊だった私には到底できませんで、旦那さんに任せっきりになっていました。

軟膏ではありますが、口の中に塗るのでそれなりに摂取しているため副作用が当然心配になります。

それでも毎日行えなかったのは、ネモちゃんが嫌がることが一番の理由でした。

下痢を恐れてクリンダマイシンを中止した2日後から、徐々に口の臭いが出てきて、痛がる素振りも見られました。

ケナログに頼るしかないので使用をしていましたが、高血糖を思わせる気になる症状が幾つかあったので、2月3日(土)に血液検査をしました。




180204_2
 ( ↑ 今通っている動物病院の血液検査報告書)

心配していた血糖(GLU)が、基準範囲を少し超えていました。

血糖がやや高めとなりましたが、一般的に猫は興奮したり、緊張やストレスの影響ですぐに上昇するようなので、1週間後に再検査です。

確か、糖尿病になると血糖が高くなることの他に、血液中に栄養が行き渡らなくなるので総蛋白(TP)が低くなると獣医が話していた覚えがあります。

食欲はあるのに痩せていくのは、そのためだと思いました。

ネモちゃんの場合、血糖はやや高いですが、総蛋白と総コレステロールが高いので十分な栄養素は取り込めているようです。

ですが、毎食、ロイカナの退院サポートを食事にしているので、高栄養の食事が続くのも問題になりそうですね。




180204_3
 ( ↑ 以前通っていた動物病院の血液検査報告書


そうそう、血液検査の結果を報告書というような書面でもらいますが、動物病院によって非常に分かりにくかったりしますよね。

いくら口頭で獣医が説明をしてくれても、それが全てではないし、例え獣医から見れば異常がない項目であっても、そのすべて知りたいと思ってしまいます。

だかと言って、全部の説明を求めようとは思っていないので、せめて検査項目に日本語訳が表記されていて欲しいです。

なのに、今通院している動物病院では、検査項目に日本語訳もなければ、会計時に渡される資料はコピーした写しなんです。

検査費用を支払っているのに、不親切以前にちょっとおかしいのでは?と思うのですが・・・。

 ↓ 去年まで通っていた動物病院は、血液検査が外部委託だったこともありましたが、とても分かり易い報告書でした。






180204_4


しかも、考えられる主な疾患まで表記されていたので、獣医に質問もしやすかったです。

病院の規模や、予算の関係もあるでしょうけど、私たちに専門知識はありません。

それらを補うものは必要です。

何といっても、自分では気が付けないペットの痛みや苦しみを、血液検査で未然に防ぐことができたりしますからね。

早期発見に繋がるのなら、報告書にあるべきものだと私は思います。

せっかく高い費用を支払ったのですから、飼い主さんが病気を知ることに関心が薄れてしまうは、もったいないですものね。





180129_5


流動食を自力で食事ができるので、ストレスが無く穏やかな寝顔、ぐっすりです(笑

心配の下痢は、下痢止めと抗生物質の調整しかありませんが、これがとても難しくて・・・

下痢も止めたいし、口の炎症も抑えたい。

オムツは極力していませんが、下痢のときは大変です。

食事が多くとれた時にそのままトイレに向かうと、力んで吐いてしまうこともあります。

強制給餌の過酷さに比べたら、掃除なんて容易いことですが、毎回結構大変です(笑





180129_6


みんなで元気に、春を迎えたいですね。









ブログランキング・にほんブログ村へ ← 強制給餌の次は、下痢・・・、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ