2018年04月

我が家の10年目メンテナンス

昨年、「10年目点検」が終わった後に、ハウスメーカーから「メンテナンス工事のご提案書」が届きました♪

そこで、メンテナンスの第一段階として、10年を過ぎないうちに防蟻処理を済ませることにしました。

本来だと、このまま点検実施された必須のメンテナンス工事へ移るのでしょうが、我が家は少し先延ばしにしました。

去年は、我が家の外猫第1号のニャゴニャゴを看取っています。 →

痩せ細ったニャゴニャゴの、毎日の食事を考えながら、食べてくれそうなものを探し求めていたことを思い出します。

今でも、近所でニャゴニャゴを見掛けた場所を通るときは、自然と目が行って、話しかけたりして(笑

結局、念願だった捕獲は叶いませんでしたが、無理に最期を病院で迎えることが無くてよかったかなとも思っています。

ニャゴニャゴは、この家を建てた数年後に突然現れた外猫でした。

色々な想いが詰まっていたので、ハウスメーカーの点検を受けたすぐ後に、家のメンテナンスを考える余裕はありませんでした。

ただ、いつも大変お世話になっている大事な我が家ですから、メンテナンスの必要性は感じていたので、翌年にお願いする気持ちでいました。

そして、3月を過ぎた頃だったでしょうか、三井ホームのリフォーム担当者さんに電話をすると、話は一気に進んでいきました(笑

さずが、三井ホーム。 仕事が速いです(笑




180423_1



個人的には「梅雨前にできれば良いかなぁ~」と、のんびり考えていましたが、リフォーム担当者さんから4月、5月が塗装に適していると聞いて、そのままお願いすることになりました。

実際、塗装を担当してくれた職人さんも4月をおススメしていると話していて、タイミング良く日程が取れたことを喜んでいました♪

が、しかし、いざ工事が始まると、天気に恵まれず荒天の日が続きます(涙

しかも、4月3日(火)に足場の設置があったのですが、その日の夜には地震がぁ・・・(泣

この状況で大きな地震となれば・・・などなどと、あれこれ考えると、少しドキドキしました(笑

足場を設置した翌日は、ビニル材の養生をして、外部高圧洗浄が行われました。

養生は、細部にわたって丁寧な仕事をしてもらい、高圧洗浄を含めて半日以上の作業となりました。

開始前に、職人さんから作業のスケジュールと内容について説明があったのですが、細かい部分まで熱く説明してくださってとても楽しかったです(笑

この日は天気が良かったのですが、夕方から恐ろしいほどの暴風が吹き出して驚きました。

雨が降らずに風だけが凄かったので、どうかと心配していたら、案の定。

外を見ると、砂嵐のような土埃が舞っていました(泣

その翌日は、窓廻りのシーリングだったのですが、その夜は暴風と雨!、真っ白なシーリング材に無数の土埃が付着していたのが印象的でした。

リフォーム担当者さんに、雨や暴風が続いて悲しいとメールをしたら、雨は心配いりませんよ~というような返事が来て。

確かに、全体の工事工程から見れば、私が気にしていることなんて些細なことなのでしょうね。

でも、私も、旦那さんも、落ち込みましたけどね。



180423_2



工期は、4月3日(火)から4月21日(土)までの約3週間。

その期間は荒天が多かったので、だんだんと私の意識は薄れて、多少の砂嵐の汚れが発生しても気にならなくなりました(笑

でも、結局はパティオの中や、玄関上のルーフバルコニーは、足場設置の鋼製敷盤やブルーシートを外したときに土砂でかなり汚れてしまっていました。

特に玄関上のルーフバルコニーは、足場を解体してしまうと行けない場所だったので、この先10年は掃除ができないでしょうから、その土砂が原因でコケ類が生えるとなると、ちょっとショックでした。

それ以外は、任せて安心のハウスメーカーのお仕事ぶりです!

足場が無いと拭くことのできなかった高い場所にあるスリット窓は、外からきれいに拭いてくれます。

工事前には、ご近所へ挨拶(タオルと手紙)をしてくれます。

工期中は、毎日のように現場を訪れて自分の目で確認して、職人さんと話をしています。

リフォームの担当者は、めちゃめちゃ可愛い女性なのですが、頼りがいのある人でした。

本当に、お人形さんのように可愛い顔をしていて、特に目が可愛くて見入っちゃうんだけど(笑

ついお話していると長話になってしまうのですが、それはお客様に寄り添っているのだと思いました。

次の仕事もあるだろうに、最後まで話に付き合ってくれます。

あ、そう言えば、不思議と猫に好かれていましたよ~(笑




180423_3


足場の設置は、職人さん3名で半日くらいかかりました。

療養中のネモちゃんが、大きな音に驚かないか心配でしたが、さすが三井ホームの家、「防音性」に力を入れてるだけあって気になりませんでした(笑

3ニャンとも、普段通りの生活風景で、じっくりと昼寝をしていました。

たくさんの業者さんが出入りをしていましたが、一番長くお世話になったのが塗装の職人さんでした。

可笑しいことに、すっかりクロちゃんとも仲良くなっていました(笑

この道33年!と初めてお会いした時に自己紹介してくださって、もう1人の職人さんも27年とか言ってたかな。

色々な資格を持っていて教えてくれたけど、覚えきれませんでした(笑

とてもお話好きというか、説明をしっかりしてくれる職人さんで、とにかく三井ホームをべた褒めしていましたね(笑

「耐震性」に優れている話は、4、5回くらい聞いたかな(笑

大がかりだった高圧洗浄も、塗装業者の職人さんが担当してくれました。




180423_5




事前にお願いしていた、外壁に付いたカマキリの卵。

屋根の近くに3つほどあって、作業前に取っていただいて、無事に保護することができました。

カマキリの卵は、孵化する前は非常に硬いので高圧洗浄に耐えるでしょうが、塗装までされてしまっては可哀想ですからね。

気になっていた3つの卵は、工事が終わるまで家の中で保護していました。

孵化しないか、少し心配してましたけどね(笑



180423_4



住んでいても、よく思うのですが、三井ホームの「キープウェル」は、決して見栄えのためではなくて。

私たちが快適に暮らしていくための、長期にわたる品質・性能の維持をサポートするしくみだと実感しています。

塗装やコーキングは、保護をすることが目的なので、10年経っているのであれば外壁と屋根の補修は必要になります。

雨漏りをしてからでは遅すぎますからね、大惨事になる前に、点検と必要なメンテナンス工事をしていれば、当然家は長持ちするし、蘇ります。

痛い出費ではありますが、私たちの体と同じように長く付き合うためのメンテナンスやリフォームは欠かせないのだと思いました。

今回は、三井ホームのキャンペーンで、無利子ローンに申込することができました。

無利子なので、もちろん、頭金無しの全額ローンです(笑

このキャンペーンは、去年の点検時にもしていたので、タイミングさえ合えば利用したいですものね!







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 自分と同じ、キレイになると気持ちが良いものです♪、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

健やか老後

ネモちゃんの口内炎治療は、回復の期待はできませんが、ステロイド剤を使わないで5ヵ月を過ぎました。

今は、「デンタルバイオ」1錠を擦りつぶし、数滴の水で溶いてペースト状にしてから、指先を使って患部(歯茎)近くに塗ること。

そして、喉の炎症止(細粒剤)を食事に2回混ぜる、を毎日行っています。

デンタルバイオを使い出してから口内環境が改善されて、口臭が一気におさまりました。

歯肉から膿が出るために口臭が強くなっていたのですが、膿の混じったヨダレがおさまったからです。

しかし、透明なヨダレは大量で今も続いています。

寝ている時など、喉の奥の方から鳴り響いていたイビキのような音は、喉の炎症が原因と思われるので、喉用に炎症止を処方してもらっています。

一時はおさまっていたのですが、ここ最近はまたイビキ音が大きくなってきました。

そのため、寝ている最中に突然呼吸が苦しくなるのか、飛び起きることがあります。

暫く呼吸を整えながら辛そうにしているので、何とかしてあげたいのですが、そういう時は見守ることしかできませんね。

今まで、動物病院で処方された薬や注射、サプリメント、そして再生医療まで取り入れましたが、口内炎を治すことはできませんでした。

今の状況だと、食事は自分からカリカリを食べる様子はなくて、ネコ缶をすり潰したムース状のご飯を口から自分の力で食べてます。

1日に、120g以上。

食欲があって多いときは、150gを超えることもあります。

その食欲が大きく変化したのは、病院で処方された「インターベリーα」を使いだしたときでした。

そして、今月に入ってすぐに、ネモちゃんの2度目のインターベリーαを投与し始めました。

前回投与してから1ヵ月間、食欲は落ちませんでしたが、私たちの感覚で少し食が落ちたかな?、喉の音が大きくなってきた?と思うときがあって、2度目を開始。

昨日はその5回目投与が終わったところです。

瞼を激しく擦ることも、エリザベスカラーで出来ないので赤味は徐々に収まりました。

気持ちとしては、我慢を強いる行為は、なるべく減らしてあげたいのですけどね。




180321_1


そして、我が家の長老組、ではなくて長毛組です(笑) ↑

長老と言いましたが、長男ミーちゃんの年齢は、保護したときの大きさで生後2か月くらいと獣医から言われたので、概ね分かっています。

御年14歳! もう立派な長老なんです。

問題は、次男のビビ。

ミーちゃんと同じ年くらいと一時預かりさんから聞いていましたが、もしかしたらミーちゃんより年上になるのかも知れません。

ミーちゃんだってイイ歳ですが、ビビはいったい何歳なのでしょう?

ビビの場合は、多頭飼育崩壊の惨状から保護された100匹中の1匹なので、保護活動をされた団体の人たちが性別以上を把握することは不可能と思われます。

一時預かりさんも、詳細は聞かされていないはず。

もしかしたら、もしかすると、年齢的には長男になるのかもしれないですね。 超長老なの?!




180321_2


見た目では、分からない年齢。

羨ましいですが、年齢相応の行動や変化を理解して付き合っていかなければなりません。

食事の量や睡眠時間など少しずつ変化していることを、気付いてやれたらと思います。

ちょっとしたおやつと思っていた猫缶「退院サポート」の要求も、本猫からするとカリカリの食事が困難な状態だったりすることも。

ネモちゃんの病気にばかり目が行ってしまって、小さな訴えを見過ごしてしまったらと思うと、胸が苦しい。

そんなビビは、今年に入ってから、睡眠時間が一気に増えました。

姿が見えないと思うと、一日の大半を寝て過ごすことが多くなったんです。

それがほとんど毎日のように続いていたので、老いを考えると切ない気持ちになりました。

だけど、起きている時の様子は特に変化が無くて、いつも通りケロッとしています。

睡眠時間は増えたけど、元気ならそれが何より。

日に日に猫缶(退院サポート)の要求が多くなっていたので、摂取カロリーを気にしていました。

要望は満たしてあげたいので、回数を増やして少量を与える感じにしたりして。

高齢だから歯も弱っていると思い、3月からロイヤルカナンの高齢猫用ドライフードに切り替えました。

好んで食べていましたが、実はビビは歯が抜けて無くなっていたんです。

右上側の歯がほとんどありませんでした。

初めて目にしたときは、ショックでした。





180321_3


4月に入ると、歯肉を気にするようになりました。

ネモちゃんと同じように、手で口元をいじるようになったんです。

退院サポートを欲していたのは、柔らかい食事がしたかったんですね。

ピンとシッポを震わせながら立てて、嬉しそうにねだっていた本当の理由は、歯が少しずつ無くなっていたから。

知ったときは切なかったけれど、考えてみれば人間だって年を取れば硬いものが噛めなくなります。

そう言えば私も、ハード系のパンは「硬い」という理由ですっかり食べなくなりました(笑

このまま気が付かずにいたら、食事が思うように取ることができなくて痩せてしまったでしょう。

見た目で老いが分からないのは、ちょっと危険な気がしますね。

残りの数少ない歯を維持できるように、キャットフードも見直していきたいです。




180321_4


ミーちゃんの歯を確認したら、全て揃っていて、しかも頑丈そうでした。

2年くらい前から、寝る時間が増えたり、甘えん坊になってみたり、少しずつ老いを感じることがあったのですが、歯の方は大丈夫!

あと、食欲も(笑

寝起きの足取りが関節が固まったように滑らかな動きではなくて、もしかしたら関節が痛むのかと思って「3倍吸収のグルコサミン」というサプリメントを購入してみました。

しかし、これまた何に混ぜても食べない(汗

味の違いが分かるのでしょうか、意外でした。





180321_5


ジョンプ力が衰えていると思っていたら、段ボールがあるとまだまだ大丈夫みたい♪

それでも、細い部分を歩くときは以前だったらスタスタと歩いていたのに、今はバランスが保てないのか慎重に歩く姿をよく見掛けます。

だけど、私の行くところは一所懸命付いて回ります。

以前より離れずに付いてくるようになりました。

不安なのかな。

自分の頭を私の足元に何度も擦り付けてくるのは、少し前だったらそんなにしなかったのに、今は四六時中甘えてきます。

私がネモちゃんに時間を取られているのを見ているから、ヤキモチなのでしょうね。

ネモちゃんのヨダレを丁寧に拭っていると、結構な時間がかかります。

ミーちゃんは、それを近くに来て見ているんですよ。

もの凄く近くを通ったりします(笑


180321_8


可愛いです(笑

愛しいです(笑

大好きです(笑

だから、ずっと一緒にいたい。

私の時間を無駄に使うことなく、ずっと傍に居てやりたい。



180321_9



一気に老化現象を見せつけられたビビは、歯の周りに赤味が見られます。

幸い食欲はあるので、これからは食べたいものを食べさせてあげたいです。

獣医に診てもらうことは多分不可能でしょうから、我が家でのんびり暮らしてもらいたい。

笑顔がとってもチャーミングなビビは、おねだり上手なんだよね。

仕事の日に、膝の上に乗られて甘えられちゃうと、危うく遅刻ということがしばしばで。

可愛い、可愛い、大事な、大事な、ビビだけど、ビビの大事なものは、きっとミーちゃんなんだよね(笑

うん、うん、分かっているよ~








ブログランキング・にほんブログ村へ ← 愛しいものに囲まれた私は、幸せ者だわ♪、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

インターベリーα

あぁ、瞬く間に3月が終わろうとしています。

今月も、速いですね・・・!

水戸の「梅まつり」をブログに書きたいと思っていたのですが、すっかり桜が満開になっていました(汗

 (満開の梅↑ 「水戸偕楽園」茨城県ホームページより)



我が家から歩いて行ける距離に、「偕楽園」と「千波湖」があります。

梅の名所で知られる「偕楽園」は、観梅の時期になるとたくさんの観光客で園内が賑やかに♪

まだまだ寒い頃からスタートなのですが、年々観光バスも増えて、それに応えるかのように今年の梅まつりは一段と手がかかっていたように見えました。

ネモちゃんの介護にせわしい毎日ですが(笑)、贅沢なことに朝夕の通勤途中で偕楽園の梅が楽しめています。

運転しながらですが、広大な千波公園に美しく咲く紅白の梅、さらに夜に見るライトアップされた偕楽園が別格。

LEDの演色性が、見事なんです♪

写真に収めようと毎回思うのですが、車を運転しながらだとちょっと無理でした。

遠目で見る梅の木を照らす投光器が、まるで絵巻物を見ているような演出で、幻想的な雰囲気を味わうことができます。

そうそう、観梅の時期に開催されている「梅酒祭り」は、今年も友達と出掛けました。 → 

150種類以上の美味しい梅酒を、700円(前売り券)で堪能できるイベントです♪

高級梅酒や、変わり種の梅酒があったり、とても楽しめるのですが、年々お酒にも弱くなっているようで、飲み終えた後は境内に座り込んで、暫く二人でボーーーーっとしています(笑

来年は、手ぶらで着物が楽しめるイベント「観梅着物Day」に参加したいと思いましたよ~。

それと、年に一度だけ、夜に入園ができる「夜梅祭」も、見どころ満載です。 ↓






 (ホームページ「夜梅祭2018」掲載写真より)



話は変わりますが、私の寝不足状態はまだまだ続いていまして、このままで大丈夫なのかと。

先日のことですが、日曜日から3日間だけ鼻血が出ました。

何となく鼻にムズムズと違和感を覚えて、ティッシュを鼻先に近づけると「ツツッーーー」とキレイな鮮血がぁ!

鼻水や鼻づまりと違って、血の温かみのせいなのか鼻に違和感があるものなんですね。

たぶん寝不足が関係しているのでしょうけど、何かの病気のサインだったら怖いので、ちょっと気になっています。

先週の健康診断の結果はまだ届いていないので、そちらを見てから判断しようかと思っていて。

果たして病院は、未病も診てくれるのかしら・・・?

ネットで調べてみると、ストレスや疲れがたまると自律神経失調症にかかって、鼻の毛細血管が切れやすくなるみたいです。

なかには、寝不足によるストレスが原因で朝目が覚めたと同時に鼻血を出してしまう人もいるとか。

それ、ワタシかも(笑


しかも、疲れがピークで仕事に行くことが面倒になっているし、旦那さんにもイライラ。

朝夕の癒しだった偕楽園の梅は、もう散ってしまったし(泣

ひとまず仕事を辞めてのんびりしたい気持ちもあるけれど、私のお給料は猫たちの出費等に直結しているから、まず無理で・・・(泣

しかも、ここのところ毎月が自転車操業・・・! の手前?

そう、自転車操業とは、毎月の返済を、新たな借金でまかなうことを言います。

幸い我が家の借金は、住宅ローンだけ。

だけど、その毎月発生する住宅ローンの返済がヒジョーに重い(泣

周りの友達を見ていると、親から土地をもらって建物だけの返済だったり、二世帯住宅で自分たちの支払いは無しだったり、上手に親のすねをかじっています。

私はそういうのは嫌でしたが、今は考え方もすっかり変わって、そういうのもアリなのかと(笑

通っているフィットネスクラブで、いろんな人の色々な話が耳に入ってくるのですが、自分の子どもの塾費用まで親に支払ってもらっている人もいるんです。  う、羨ましい

それに比べて、我が家は、あぁ、苛酷過ぎます(泣

そう言えば、苛酷な我が家の住宅ローンに、また更なる返済が増えるんでした!

ドキドキです。

と、だいぶ脱線をしてしまいましたが、本題に戻りましょうね。




180228_2



ネモちゃんの口内炎治療に、新薬が加わった話をしていたと思いますが・・・

その名は、「インターベリーα」(犬歯肉炎軽減剤)。

新薬と言っても、2014年に発売されているものです。

しかも、ワンちゃん用(笑

最近は、猫にも効果があると言われて、全国の動物病院で処方されるようになりました。

ネモちゃんは、初めて使います。

使い切った後に、製造元へ電話で話を聞いてみたのですが、動物用医薬品ですが人間にも効くと言ってました。




180228_3



実は既にインターベリーは、2月に開始して3月13日で使い切っています。

ブログを書いたときは、まだインターベリーを使っていたんですけどね(汗

ネモちゃんのことや、家猫と外猫たちの時間はすぐにやってきて、上書きしながらコツコツと書いていたら、ネモちゃんの治療法がどんどん進化していってしまうのでなかなか追い付かず、今回も長文になってしまった(笑

今は終了してから3週間が経とうとしているところです。

確か製造元の話では、インターベリーを使用している最中よりも、使用後1ヵ月経った時が一番効果が良かった話もしていました。 ←ワンちゃんですけどね。

ネモちゃんの食欲や状態を見ていても気づきましたが、免疫力が上がり続けるのだと思いました。

気になるインターベリーの味やニオイですが、成分にイチゴ果実凍結乾燥粉末が含まれているので、苦そうなニオイは全く感じられなくて、ほんのり優しいイチゴの香りがします。

味は、残念ながら少量しか入っていないので私は未確認ですが、インターベリーの治療中は口の中を触ることになっても余り嫌がりらなかったので、まぁまぁ良いのかと思います(笑

1箱中に2.75g。 金額は8,000円くらいだったと思います。

週に2回の使用になるのですが、2.75gを10回に分けて使うとなると、1回分は驚くほど少量。

私は、自宅にたまたまあったセブンイレブンのコーヒーを混ぜるときに使うプラスチック製の黒くて細長いスプーンで1回分をすくって取り出していました。た

それがとても使いやすかったです。

使用する分を小皿に取り出したら、指先(私は人差し指にしていました)を水道水で濡らしてペースト状にします。

このとき注意するのが、指に水を付け過ぎないこと。

ペースト状を超えて液状にしてしまうと、指に付けて口の中(歯茎)に塗ることが難しくなります。

と言っても、そう簡単に口の中に指を入れさせてはくれませんので、私の場合は犬歯に擦り付けたりして、あとはネモちゃんがモグモグと口の中へ運んでくれていたはず。

(本来なら、赤く腫れている部分(歯茎)に塗れることが理想のようです。)

状態を見れば分かると思いますが、、口内炎で痛がるワンちゃんや猫ちゃんの口を、開けさせることは容易ではありません。

治療は、1ヵ月以上続くので、ワンちゃんや猫ちゃんに負担を感じさせないような方法を見つけて頑張るしかありませんね。

幸い、味が良いのが救いでした。

なので、飼い主さんがしなければならない治療の中では、比較的楽かもしれません。

それに、効果が十分感じられるのが嬉しい。

高額なので費用はかさみますが、インターフェロンなので副作用もなく使い続けることができます。

効果があって、安心して使うことのできる薬は有り難いですよね。




180228_8


インターベリーαは、1箱使い終わったら、またすぐに使うものではないようなのですが、使い出しても構わないそうです。

実はこのことを、製造元へ確認したかったんです。

ネモちゃんの食欲を見ていると、免疫力がかなり高まったことが分かりました。

しかも、ヨダレの臭いや色も変化したんです。

ヨダレは、膿のような少し粘り気のある液体でしたが、インターベリーを使い終わる頃には透明のヨダレになりました。

ただ、ヨダレの量は変わらず多いです。

臭いは、膿のような臭いでしたが、そのニオイは軽減しながら無くなり、違うニオイへと変化しました。

違うニオイは、ちょっと表現しようがないのですが、良くなっている気がしました。

喉の奥の炎症は引かないようで、喉の奥から響く音は変わらず続いています。

そのため、喉の炎症止が処方されました。

ネモちゃんはステロイド系が使えないのですが、獣医が細心の注意を払っていてくれているので助かっています。



180228_5


ただ、この頃から左目の調子が良くありません。

原因が分からないのですが、私には何かの副作用ではないかとも思えてしまって。

この写真の日から1ヵ月は経っていますが、未だに治っていません。

というか、増々酷くなっています。

使っている薬は、サプリメントを含めて3種類ほどあります。

獣医は、その中で副作用は考えられないと言います。



180228_10



私が見るに、眼球ではなくて瞼付近を痒がっている様子。

ですが、獣医が見ると目に粉状のものが付着しているそうで、2種類の目薬が処方されました。

①ティアローズ、②ゲンタロール。

人間用の点眼もそうですが、2種類の目薬を使うときは5~10分の間隔をあけて点眼します。

1種類でも大変ですが、一日2種を3回だなんて、あぁ、なかなかハードルが高いです(汗

こちらは、旦那さんが担当してくれてます。



180228_9



しかし、残念ながら1週間しても改善が見られなかったので、今は瞼に塗り薬をしています。

痒みがあるのか、手や足で強く擦ってしまうんです。

酷いときは内出血してしまって、目が離せません。

可哀想ですが、エリザベスカラーが手放せなくなりました。




180213_12


獣医の勧めで12月から使っていたサプリメント「ラクトフェリDX」です。

ラクトフェリDXは、初乳の中にたくさん含まれている天然の生理活性物質ラクトフェリンを主成分とした、犬猫用の口腔、皮膚、被毛の健康をサポートする栄養補助食です。

免疫調整作用や抗菌・抗ウイルス活性作用といった生体防御効果が期待できます。

ネモちゃんの動物病院では、1包270円します。

サプリメントなのでネットで購入した方がとてもお得です。

ですが、それでも8,000円くらいします。

腸内環境に良いからと、当初は旦那さんが流動食にたくさん混ぜていたので困っていました。

あの頃は、藁にも縋る思いしかなくて、思い起こせば私もたくさんあげていたかもしれません(汗

そのせいか、次第にネモちゃんのウンチが緩んできて、2月初旬から使わないことになりました。

大量購入をした後だったので、今は口内炎気味のビビや、外猫に与えています。



180213_10



獣医がまた違うサプリメントを探してくれました。

ラクトフェリDXに変わって、今でも使っている「デンタルバイオ」です。↑

こちらは、動物病院で100粒4,000円くらいだったと思います。 

これなら、毎日使っても相当使えますね!

それに、ラクトフェリと違って、歯茎に塗って歯茎から体内へ吸収されるので下痢の心配が無くなります。

ゆるかったウンチも、徐々に改善されていきました。

主成分は、口腔内善玉菌粉末とラクトフェリン。

口腔内善玉菌粉末は、感染症と戦う能力を持っているプロバイオティクスです。

プロバイオティクスとは、分かり易くいうと生物にとって良い影響をもたらす微生物、またはそれらを含む製品・食品のことをいいます。

そして、ネモちゃんに好都合なサプリメントの訳は!

実は、このバイオデンタルは、飲ませて胃の中に入って消化管から吸収されて効果が出るものではないそうです。

食事に混ぜたり、歯茎に塗ったりして、飲み込むまでの間に唾液と接触することで活性化されるもの、と獣医が説明してくれました。

この反応を毎日繰り返すことで、口腔内に善玉菌が増殖していきます。

悪玉菌が減ることで、口臭が軽減するのです。

確かに、ネモちゃんの口臭は徐々に改善されていきました。

2ヵ月継続していますが、今もあれだけ酷かった口臭は戻っていません。

違うニオイはしますけどね。 ヨダレの臭いなのかなぁ。

その大量のヨダレは、炎症が続いている証なので、あとはこの炎症を何とかしてあげたいです。





180228_1



使い方は、ラクトフェリDXはそのままご飯に混ぜて食べさせるだけだったのですが、「デンタルバイオ」はインターベリーαのように歯茎に塗らなければなりません。

なるべく多くの時間を口腔内で唾液と反応し続けて欲しいからです。

最初の頃は、一日2回(各1錠)使っていましたが、今は本来の回数で1錠に戻しています。

味が、たぶん粉っぽいと思うんですよね。

インターベリーのときと違って、明らかにイヤな顔をされてしまいます。

毎日なので、ちょっと辛いです(泣

デンタルバイオは、1回分がインタベーリーαより多いこと、それに粉っぽくてある程度水を吸いますので、ペースト状にするには1錠に対して3~4滴の水が必要になります。

ダマ状だと塗りづらくなるので、程よいペースト状にしたらすぐに歯茎等へ塗ってあげてください。

インターベリーもそうでしたが、指に付けたまま手をこまねいていると、乾きやすいので注意!

抵抗されるまではいきませんが、口に塗る作業はかなり技術力がいります。

私のやり方としては、ネモちゃんは喉の奥まで炎症を起こしているので、それを利用します。

というのも、炎症の痒みがあるのか、以前から喉付近を撫でられると気持ち良さそうにしてくれてました。

しかも、撫でていると、ネモちゃんの方から積極的に喉を押し付けてくるくらいなんです。

その調子で、喉を撫でながらインターベリーを塗った人差し指を口元に伸ばして、撫でたついでに犬歯や口角付近に擦り付けていました。

その時に必ず言っていたのが「気持ちいいね~」です。

なお且つ、 高い声は効果倍増でした(笑





180228_6
 (2月27日の写真です)


ネモちゃんがステロイド剤に頼らずに頑張れている4ヵ月が終わりました。

もう4月なんですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「インターベリーα」の余談です。

インターフェロンには3種類あるようなのですが、口内炎に効果があるのは「インターフェロンα」になります。

人間や犬の体中で作られる特殊なたんぱく質の一種で、免疫機能の調整や炎症反応を調整する機能があります。

だから、副作用の心配が無いのかもしれませんね。

通常だと、自ら作り出すインターフェロンの量はごくわずかだそうです。

そのため、人工的に培養したものを体に注射することでウイルス増殖を抑制したり、免疫機能を強化したりするのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 薬も、サプリメントも、驚くほど進化しています、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。





最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ