ビビ

左目が塞がる

ビビの左目ですが、掛かりつけの動物病院で1カ月通院しましたが、悪化しています。

目薬や飲み薬、毎週違う薬が処方されました。

残念ながら、どの薬も良い効果は全く見られなくて、時間とともに状態は悪くなるばかり。

そして今は、完全に左目が塞がっています。

さらに1週間前から、今度は右目の調子が悪くなりました。

焦点が合わない。

目の周りは黒い目ヤニで覆われて、開きづらくなるほどでした。

それから、段々と食事の回数が減り、ひたすら寝続けています。

とても深く寝ているようで、近くで大きな音を立てたり、何かをしていても気づくことはありません。

夜になると起き出すのですが、目が見えなくて、オドオドした様子です。

お水も飲んでいないようなので、AD缶にお水を混ぜて食事を目の前に置いて与えています。

目の前においても反応が鈍いときもあって、お皿の音を立てて気づく感じです。






181108_1


2、3日前までは、夜に起きて自力でカリカリフードのところまで行って、少しだけ食べていました。

その後は、リビングでまた深く眠りに入ります。

昨日は、リビングにも来なくなりました。




181108_2



ずっと、キャットタワーにある狭い筒の中に隠れて過ごしています。

というか、寝続けています。

ミーちゃんが小さい頃に購入したキャットタワーなので、もう古いんですよ。

14年くらいは経っているんじゃないかな。

この筒の中にビビが入る姿は、初めて見るくらい珍しいことです。

2年前、ジン君が発病して目が見えなくなったときもここへ隠れたことがありました。

キャットタワーは上るけれど、筒の中は普段利用することが無いのに、ちゃんとその存在を知っているんですね。






181108_3



前回のブログで書きましたが、10月20日(土)に掛かり付けの動物病院で細菌検査をしました。

瞼に針を刺すので30分くらいの麻酔をしたのですが、瞼付近の毛が剃られていたのですね。

そのときビビは、怖くなかったかな、大人しくしていたのかな、ふと考えます。




181108_4



あの頃、こんな風にダイニングチェアの上で寝ていたんですよね。

そして、私がイスに座ると膝の上を確かめるように座って、気持ち良さそうに撫でられていました。

今は、私がイスに座る時間が持てなくなっていますが、ビビも筒の中から出てこなくなりました。

私の大好きなご飯の時間も、時間が無くてかきこむように食べています。

しかも、ご飯を作る気力がありません。

夏に、とうとう私が体調を崩してしダウンしてしまったんです。

病院に掛かるほどだったので、旦那さんに家事のほとんどを手伝ってもらいました。

でも、やはり仕事が忙しいようで旦那さんも辛そうにしています。

みんなボロボロで、大丈夫なのか、我が家は・・・!





181108_5


そうそう、こんな風に頭を出して自由に寝ていました(笑) ↑

今は、警戒しているのか筒の中で小さくなって寝ています。

キャットタワーの筒は、若い頃のミーちゃんが何度もジャンプして筒の上に乗ったり下りたり。

当時は社宅住まいでしたが、遊ばせるためにおもちゃを使ってジャンプや走り込みの運動をさせていました。

たぶん、下の階の人にバレていたと思います(笑

ミーちゃんは常に体重が重かったから、買って数年でタワーから筒が外れてしまったんですね。

応急処置のビニール紐で、なんとか固定してあります!

もうそんな遊びは、しなくなりましたけどね。

幸いミーちゃんは元気です。

だけど、ビビとネモちゃんがこんな感じだから、看護をしながら話し掛けたりすることが多くなります。

元気を出してもらおうと、名前を奮発して可愛く呼ぶんですね。

それをちゃんと聞いているんですよ、ミーちゃんは・・・!!!

あぁ、ヤキモチが凄いんです。

分かりますよ、その気持ち、でもね、私の体は一つだけなのじゃー

一生懸命に気を引こうとしているのが分かるんです。 可愛い♪

介護は大変だけど、ミーちゃんの姿につい笑顔がこぼれます。

だってね、ネモちゃんに食事を与えているすぐ側を、欽ちゃん走りで通り過ぎるんですから~

手足が交差して、顔だけがこっちを見て走るアレですよ(笑

ホント、吹き出すくらい可笑しいんですよ~



181017_1



そうそう、10月の中旬だったかな、ミーちゃんとビビは、健康診断で血液検査をしました。

ふたりとも高齢なので、「しっかりコース」を選んでいます。

内容は、血液検査16項目・血球計算・甲状腺ホルモン検査、・炎症の有無の検査・糖尿病検査

オプション追加をしたのが、発見が難しいと言われていた猫の心筋症を早期発見できる検査(cTnI)。

全て良好でした!!!




181108_6




ビビに関しては、血液検査で異常は見つかりませんでした。

ステロイド剤を飲んでいたので、少し血糖が上がっていたのと、炎症反応があったくらいです。

病気が見つからないのは嬉しいはずなのに、血液検査も引っかからないなんて、何が原因しているのか。

掛かり付けの病院で1カ月ほど様子を見ましたが、埒が明かないので、東京にある眼科専門の動物病院へ電話をしました。

どうしても、手術に踏み切れなかったんです。




181017_2




電話で受付けてくれた女性、その次に対応をしてくれた方(獣医だったのかしら?若い男性)、対応がとても丁寧で初めての動物病院でしたが任せられる気持ちになりました。

車での移動距離に不安がある話も、話を聞く姿勢がこちら側にたってくださるので誠意を感じられました。

電話だけなのに、これだけ安心できるのかと、行くべきだと納得ができました。

ですが、翌週にビビの体調がさらに悪くなって右目が黒い目ヤニで塞がってしまったんです。

不安と警戒心のビビを、車で長距離の移動はさせられません。

眼科専門の動物病院はキャンセルして、今度はネモちゃんの掛かりつけの病院へ連れて行きました。

若い獣医なのですが、技術力もあってとてもしっかりしているんです。

時間に委ねるような考えは、はじめからありません。

細菌検査の結果を見せると、外部に出す検査機関に違いがあると言われました。

ミーちゃんとビビが掛かり付けにしている動物病院は、県内で規模も大きく最新の医療機器が揃っています。

大きな動物病院なので安心していましたが、人間用の検査機関「江東微生物研究所」に検査を委託していたとは知りませんでした。

大概の動物病院はそうなのかもしれません、メリットは費用が安く済むこと。

ですが、希望する結果が得られないこともあるそうです。

確かに、こちらでネモちゃんの細菌検査をお願いした時よりかなり安かったかも(汗

ネモちゃんの掛かりつけの動物病院では、細菌検査や細胞検査を動物用の検査機関に依頼していると言ってました。

だから、検査数が少ないので高くつくのだそうです。

そういった説明を経て、こちらの動物病院で細胞検査と細菌検査をお願いすることになりました。

その前に、皮膚に効果がある抗生物質を1週間飲むことになりました。

こちらの獣医は、目ではなく皮膚に異常を感じたのです。

私も、瞼の腫れから始まった異常だったので、皮膚の抗生物質に合点がいきました。

以前の動物病院でも、同じように説明はしたんですけどね。

適切な診断を、いつもしてくれる獣医だと思っています。

しかし、この抗生物質(バナン100mg)は下痢が凄い・・・









ブログランキング・にほんブログ村へ ← 体力が落ちてきているけど、ビビは麻酔に耐えてくれるかな、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ビビの目

今日は、「ハロウィン」ですね・・・♪

調べてみると、ハロウィンはキリスト教の「諸聖人の日」(11月1日)の前夜に行われるイベントとありました。

それと同時に、秋の収穫を祝ったり、悪霊を追い出す行事としても知られています。

そのときの仮装は、悪霊除けのために行うものなのだそうです。

仮装も楽しそうですが、ホラー系が多いので、私はちょっと苦手かなぁ(笑

日本のハロウィンは、仮装に限らずお祭り感覚で楽しんでいますが、もともとは宗教的な意味合いが強い行事のようですね。





181030_2


先日作ったハロウィン用の「オルネ・プリザーブドフラワー」です。↑

先生に、褒められちゃいました~♪

こういう可愛い置物だったら、ハロウィンも好きになれそうな気がします(笑

久しぶりの作品でしたが、最近、老眼が急に進んだようで、細かい作業に手間取ります(汗

老眼の前兆は、数年前から気になりだしていて、でも日常に支障をそれほど感じていませんでした。

こんな風に、自分の老いを実感するとちょっと寂しい気持ちになりますね。

自分のカラダ、労わらないと(笑



そして、ここからが本題の「ビビの目」です。

正確には、瞼。

ビビの左目の瞼に異常が見られたのは、1カ月以上前になります。

はじめは、ミーちゃんとケンカ?(ほとんどケンカになりませんけど、笑)が、原因なのかなぁと。

すぐに治ると、軽く考えていました。

症状も、瞼に爪痕のような内出血と腫れが少し気になるくらいです。

それが、4、5日経っても腫れがひかなくて、なかなか治りませんでした。

そうすると、瞼の辺りが少し膨らんできました。

そして、階段を降りるときに失敗するようになったので、これはただ事ではないと動物病院へ連れて行きました。

それから、瞼の腫れがどんどん酷くなっていって、今に至ります。





181017_3


自分でも分かるのでしょうね。

何かがおかしいと・・・

いつもと違う場所で寝るようになったり、私たちに体を触らせないようになりました。




181017_4


近くで見るとぷっくりと腫れていて、瞼の重みで目が塞がるくらいほどです。



181017_5


そして、だんだんと赤味が増しました。

炎症を起こしているんです。

でも、抗生物質もステロイド剤も効きません。

1カ月の通院で、1週間ごとに目薬と飲み薬を変えて様子を見ましたが、一向に良くなりませんでした。



181017_6


ミーちゃんのそばだと、安心するようです。

さすがミーちゃん、どんな魔法を使っているのでしょう。

はじめの頃は、滅多に行かない2階の猫箱の中で一日の大半を過ごしていました。

そう言えば、ネモコも体調が良くないときは身を隠すように2階の猫箱で寝ていました。

今のネモちゃんは階段を上ることがないので、1階だけで過ごしています。

元気にしていますよ~、頑張っています!

そしてジン君も、よくそこで寝ていたなぁ。

ビビは、お腹は空くと2階から降りてきて、おねだりに来るんです。

だから大好きなロイカナの退院サポートを奮発していました。

今は、退院サポートは食べなくなってしまい、AD缶を好んで食べています。

抗生物質とステロイドの錠剤が処方されたときは、AD缶に忍ばせて食べさせていました。

でも、苦いのかな、分かるみたいで(笑)、食べてもらうのも少しだけ苦労しました。

目薬と、目の軟膏は、さらに大変でしたけどね。



181017_7



9/30 抗生物質の内服薬テラマイシン(テトラサイクリン)、眼軟膏テラマイシン

目ヤニを綿棒で取って、電子顕微鏡で見ると、好中球やマクロファージといった炎症細胞が見られました。

それに、巨細胞。

この時点で腫瘍ではないけれど、原因が分からない様子でした。

そのため、広範囲の細菌に対して抗菌力を示すテラマイシンが処方されたんです。


10/7 内服薬テラマイシン、ステロイド剤、眼検査用紙フローレス

抗生物質が効かないのでステロイド剤が処方されました。

眼検査用紙を使ったのは、眼球の傷を確認するためです。

眼球が傷ついていると、ステロイド剤は使えないそうです。

体重は、4.04kg


10/13 点眼薬リンデロンA液(ステロイドも含む)

飲み薬が全く効かなかったので、点眼薬だけになりました。

ステロイド剤を飲ませていたので、食欲が旺盛です。

体重は、 4.06kg


10/20 組織検査、培養検査をするために、静脈注射(麻酔)をしました。

瞼に針を刺して、外部の検査機関に培養と細菌の特定をしてもらいます。

ただ、目の周辺は動いたら危険ということで30分くらいの麻酔をかけました。

出血も多いと言っていたので、細菌検査自体も心配しましたが、このままの状態だと不憫だったので、お願いしました。

数日後に院長先生から連絡があって、培養検査の結果は陰性と聞かされました。


181030_3



腫瘍に詳しい獣医なので、診察の時に腫れた部分を見て、形状から腫瘍ではないことは聞いていました。

さらに、顕微鏡で見たときに規則正しい細胞が数多く見当たらなかったので、それもまた腫瘍でないことが分かっていたんです。

でも、細菌は見つからない。

抗生物質も、ステロイド剤も効かないわけです。

こうなると、自分の分泌液が原因なのかもしれない。

原因が分からないので薬も見つかりません。

ただ、炎症を起こしているので予防のために目薬は継続することになりました。


10/28 点眼薬リンデロンA液

細菌検査は陰性だったので、原因は特定できなかったのですが、自分の分泌液で異常炎症をおこしている診断になりました。

マイボーム腺辺りに細菌が入った可能性も考えたようなのですが。

炎症部分を切開して中にある分泌液等を取ることはできるそうです。

ただ、瞼の皮膚粘膜は非常に薄くて組織を多く取ると壊死する可能性があってかなり危険なのだそうです。

しかも、再発しないとも言い切れない。

手術はいつでもできるので、相談して決めて欲しいと言われました。

体重は、3.96kg

一日中寝ていることが多くて、食事の回数や量が減りました。

ひと回り小さくなった気がします。




181017_8


こんな風に、舌を出していることが多く見られるようになりました。

ジン君もそうだったので、気になって獣医に確認したら笑われてしまいました。

私は、真剣なのに。



181017_9


朝食の時間に、私の膝の上に乗る習慣は続いています。

撫でられるのが気持ち良いようです。

獣医の話では、左目は瞼の圧迫が原因か分からないけれど、見えていないかもしれないと言われました。

左目が失明してる。

何となく気付いていましたが、悲しくて、悲しくて、ビビに申し訳ない。

あんなにきれいな瞳を、失ってしまった。

この1カ月、慣れない生活に戸惑っている様子も多く見受けられていました。

でも、目薬をされるのが嫌だから私が近づくと逃げようとします。

以前みたいに素早さが無いので難なく捕まってしまうのですが、膝の上に抱っこして撫でてあげると気持ち良さそうにしてくれます。

トイレも失敗というか、お尻の周りが急に汚れるようになりました。

毛繕いもしません。

当然毛玉ができるのですが、ブラッシングは以前より嫌がるので苦労しています。

ストレスは掛けたくないですが、清潔にしてあげたいから。



181017_10


今思い返せば、瞼が腫れる数週間前から、両目に黒い目ヤニが多く付いていました。

うちへ来た頃も暫くは目の周りを覆うように黒い目ヤニがいつも付いていて、また免疫力が下がっているのかな、そんな風に思っていました。

そんな軽いことではなかったのです。

今は、手術をするかどうするか、悩んでいます。










ブログランキング・にほんブログ村へ ← でもね、ビビの右目は健康です!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ビビの下痢

昨日、仕事から帰ってすぐに外ネコたちのご飯を用意しながらリビングを走り回っていたら、ビビが毛玉を吐いていることに気づきました。

踏んだら大変と思い急いで拭きとったのですが、私の足元にもありまして、すでに踏んでいました(泣

こういうときは、脱力(笑



170323_1
  ( ↑ 1月の写真、おめめがまだキレイだった頃♪)


3月に入った頃から、ビビの目の調子が良くありません。

黒い目ヤニが常に目の周りを覆っています。

もともと目ヤニと戦っていたビビですが、数年前からだいぶ改善されていました。

そして最近は、下痢をするようになりました(泣

もともと、ドライフードよりウエットフードの方が好きで、ネモちゃんの「退院サポート ウエット缶」(ロイカナ)を少量だけおやつ代わりに与えていました。

それはもう大喜びで、シッポフリフリダンスをしてくれるのですが(笑)、これが毎日となると結構な金額になるので猫に大人気の「ちゅーる」(いなば)を与えてみました。

ちゅーるは、食の細いニャゴニャゴ用に買っていたものです。

食いつきがよくて驚きました、ちゅーる恐るべしです(笑

あれだけ好んでおねだりをしていた「退院サポート」より気に入っている様子でした。

調子がよくないからと、わざわざ退院サポートをあげるのですが、見向きもしないこともあるんです。

ちゅーるは、食べるんですけどね。


170323_2


なので、自然とちゅーるをおやつに与えるようになりました。

と言っても、1日1本だけ。

どんなにおねだりされても、どんなに見つめられても、ベッドまで朝早くからお迎えに来ても、1本だけよ~と言いながら・・・

あぁ、違います、あの必死なおねだり作戦に屈しています、私。

そ、そうですね、1日に2本、3本のときもたまにあるかなぁぁぁ(汗



170323_3


そして、思い起こせば、ビビが下痢気味になったのは「ちゅーる」を食べ始めた頃でした。

下痢といっても、軟便です。

正常な便と繰り返していたので、はじめは冷えだったのかと思っていました。

ですが、昨日も下痢っぽかったので、これは病院へ連れて行かねばと覚悟しました。

心に大きな傷を持っているビビ、人慣れや病院慣れをしていません。

数年前まではワクチン接種さえ、自宅に獣医を呼んでいました。

ですが、高齢猫になった今、可能な限りの健康診断はさせたいと考えています。

まずは、血液検査。

と考えながら、もしやと思いました。

下痢気味のビビと、ちゅーるの関係に注目してみたのです。

ネットで調べると、ちゅーるを猫に与えると下痢をすることが多いことに気が付きました。

これだ!

病気ではなく、ちゅーるに原因がありました。

ビビには、合わないようです。

というか、継続的に与えることに不安を覚えました。

やはり、健康を考えて作られたドライフードとは違います。

日本産のペットフードは、食品ではなく雑貨扱いになるそうです。

それは、なんとなく分かっていましたが、ペット先進国の海外を見ると、日本産のペットフードは規制が緩い分、安全性に不安が残ります。

粗悪と思いませんが、健康に悪影響が出るようでは考えものです。

どうやら、価格や見た目で誤魔化されていました(汗

うぅ、ごめんね、ビビーー



170323_4


遊ぶことが、大好きなビビ。

原因が判明したので、私もひと安心です。











ブログランキング・にほんブログ村へ ← 高齢猫や病気のときはちゅーるに薬を混ぜると食べてくれます、使い方次第で助けてもらうことがあります、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ビビ、いつも目が座ってた!

引き続き、特集号です。

今回は、次男のビビ。

この一年を、写真を通して今月から遡ってみると、ビビの目の大半が座っていることに気づかされました(汗

題して、「次男ビビの目を追う!」編です ↓




161227_1

知ってるにゃ!


161227_2

知ってるにゃ!


161227_3

それも、知ってるにゃ!


161227_4

分かるにゃ!


161227_5

そうにゃ!


161227_6

知ってるにゃ!


161227_7

いつになったら目が座るにゃ?


161227_8

しらんがにゃ!


161227_9

おっ、少し目が座ってきたにゃ?


161227_10

座るというか、落ちるですにゃ!


161227_11

目が座り始めたにゃ!


161227_13

それにゃ!


161227_14

これも、座っとるにゃ!


161227_16

上を向いても、目が座っとるにゃ!


161227_17

寝ないでくれにゃ!


161227_18

自由すぎるにゃ!


161227_19

まぁ、まぁ、かわいいにゃ!


161227_20

つぶらな瞳にゃ!


161227_21

だまされたにゃ!


161227_23

全開にゃ!


161227_24

また寝る気にゃ!


161227_25

特集中にゃ、ちゃんと仕事しろにゃ!


161227_26

こっち向いてくれにゃ!


161227_27

完全に寝とるにゃ!


161227_28

よし、起きたにゃ!


161227_29

いい感じで、座ってるにゃ!


161227_30

お迎え、ご苦労にゃ!


161227_31

嬉しいのか、嬉しくないのか、どっちにゃ?


161227_33

拗ねてる目も、いいにゃ!


161227_34

こちらこそ、よろしくにゃ!!







ブログランキング・にほんブログ村へ ← こうやって、目を追うだけでも可愛いものですねぇ!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ヒモ遊び

我が家で、ヒモ遊びは大人気♪

でも、ちょっと静かかも・・・ 笑

ジン君がいたころは、もう少し動きがあったのになぁ~


161017_1

今まではビニール紐を使っていましたが、最近は裁縫用のメジャーを使っています。

メジャーを引っ張ると音が鳴るので、今から始めるよ~のサインになるのです(笑

そして、ネモコは体調が良ければ参加します。

左半分が交通事故でマヒしているので、目も当然見えていなくて、ネモコが参加しているときは見える側にヒモを這わせます。

もちろん、ゆっくりと。

チョコン、チョコン、と指先で触って追いかけてきます(笑

ヒモ遊びに異常に興奮するビビは、スピードの速いので、驚いてみんな退きます、もう慣れっこ(笑

ミーちゃんも、ハッスルしますよ~

この日は、ネモちゃんが注射の効き目が切れて不参加。



161017_2

そして、いつものことですがハッスルにも波があり、ミーちゃんの動きはドンくさかった。

以下同じような画像が続きます(笑



161017_3

目で追うだけのミーちゃんに、眠りこけるビビ。



161017_4

目でまだ追うミーちゃんに、いつの間にか寝てしまったことに気づくビビ。



161017_5

変化が無いので、再びヒモを投入~♪



161017_6

相変わらず、目で追うだけのミーちゃん。

今日はハッスル無しなのかしら。



161017_7

ミーちゃんの動きに合わせるビビは、眠くてしょうがない。

さて、ミーちゃんの反応は・・・!



161017_8

みんなの読み通り、うふふ、ぱくっと食べました(笑



161017_9

それでも、ヒモに逃げられるミーちゃん。

こんなに遅くヒモを引いているのに、逃げられてしまうなんて・・・

長男として、いえ、ネコとして大丈夫なのかしら?



161017_10

颯爽と、次の行動を起こすミーちゃん。 カッコイイ!!



161017_11

そう、無理は承知です。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 12歳のミーちゃん、体力も落ちてきているのかなぁ、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ