ネモちゃん

ワクチン接種

先週の18日(火)に、ネモちゃんとジン君のワクチン接種に出掛けてきました。

毎日自宅で打っている、ネモちゃんのクリンダマイシンの注射が切れたので、その受け取りのついでもありました。

今はどうにか注射が効いているので、ネモちゃんの体調もよく、ワクチン接種が出来るようになりました。

だって、寒い冬は口内炎が酷くなって、その度にご飯を全く食べなくなるので、いつも点滴のお世話になっていたんです。

今年の冬は、クリンダマイシンの注射で乗り切れそう、というか乗り切りたい!


141118_1

うちの猫たち、外に出ることはないので、ワクチン接種の必要はないのかもしれませんが、念のため。

ネモちゃんの体重は、4.8kg。 ←順調に増えています。

ジン君は、5.7kgありました。 ←ちょっと太り気味かな。

こちらの2匹とも、重傷な口内炎持ちですが、症状自体が重いはずのジン君は、自覚症状が無いのでご飯をガッツリ食べてくれています。

そうそう、9月には血尿が2週間以上も続いて、私たちを心配させましたが、原因が分からないまま血尿は止まりました。

今でも採取した血尿の量や色を覚えています、その時の血尿の濃さに先生も驚いていました。

2か所の動物病院で調べてもらったのですが、尿検査の比重にも問題は無く、細菌やウイルスも見つかりませんでした。

エコー検査で、両腎臓と膀胱の形、数値にも異常がなくて、1~2週間で血尿が止まると思うと言われました。

他に考えられる原因にはストレス性の問題があるのですが、猫にはほとんど当てはまらないそうです。

ただ、感染症だけが心配なので抗生物質だけ処方されました。

この1年も、本当に動物病院へだいぶお世話になっているtobutori家であります。

141118_2

お母さんだって、病院というか、病気には全然慣れないし、お願いだから元気でいてくださいよ~!

と、心から望んでいます。

私自身もそうですが、みんな元気が一番だよね。

そう言えば、先日受けた健康診断でおじいさん先生に「あなたは痩せ遺伝子を持っているから、この先も太ることはない」と言われました。

「痩せ遺伝子」なるものが、あるのですねー。

思い起こせば、父方はそれに当てはまります。

従弟の兄弟は、二人いればどちらかは痩せていました。

そして、肌の色がどちらかというと白い。

引き継がれてきた遺伝子が、あるのですねー。

もしや、健康遺伝子なるものも、あるのかな?

私は見た目よりも健康なので、これはご先祖様に感謝ですね。

外ネコちゃんたちは、毎日寒い中ご飯に通ってきていますが、風邪をひいたり、ケガをすればいつだって死と隣り合わせです。

健康で生まれることが、生きるための最低条件で、生を受けても生き続けるにはゴミを漁らなければならないなんて、切なすぎますよね。

この世界は人間だけのものではありませんからね、やさしい心で見守ってあげて欲しいものです。


141118_3

あぁ、本当に、ジン君はいつもフレッシュで感心します。

病院へ行くまでの車の中では、ずーーーっと泣き通しだったのに、もうケロリです(笑

リセットされて、記憶に無いのでしょうか。

そこのところ、私に似ているかも~(笑


141118_4

だが、私はこんなにすぐには寝ないぞ!

うふ。


141118_5

そうねー、蓄熱はサイコーよね!

私もこれで、大助かりしているわ~

家の中が春のようで、思考回路ものんびりしています(笑

141118_6

昨日と今日は、冷たい雨が続いているけれど、明日はきっと晴れますように。

お外のコたちが、心安らかに、幸せで平和に暮らせますように。

ジン君と、お祈りしています。


141118_7

本当に、そうね!




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 寒い冬でも、ハートはホットで、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

自分なりの寄付

昨日は、久しぶりにネモちゃんを病院へ連れて行きました。

毎日、液体クリンダマイシンの注射をしていることで、口内炎の痛みが「無い」と同じような生活を送れています。

今までほとんど半開きしか開けられなかったあくび、それでも痛くて悲鳴を上げていました。

今は、大きな口を開けてあくびをしています。

食事もかなり旺盛です(笑

ウンチも、1日に普通の量を2回します。

薬の副作用なのか、飲み水の量が多くなり、その分オシッコも大量です。

これも副作用?、体が痒いのか、交通事故の時に出来た古傷を齧って、たまに内出血してたりします。

それにしても、粗相事件もオムツで解決したし、通院の数もグーンと減ったので、私の体もだいぶ楽になりました。

140910_1

久しぶりに行った病院の帰りに、コープ(生協とか呼ばれています)へ寄り道です♪

少し前までは、ネモちゃんの通院が週に2,3回はありましたから、そのうちの月2回ほど寄っていました。

元吉田町にある「コープ水戸店」です。

入り口付近に「福祉法人はまぎくの会」の人たちが、手作りのジャムやクッキーの販売に来ています。

そこで必ず買うのが、私のお気に入り「りんごジャム」~♪

これは、32さんの食パンをトースターで焼きまして~、バターをたっぷりと乗せまして~、りんごジャムを全面に塗りま~す。

仕上げに、たっぷりのシナモンパウダー♪  うまうまです!

140910_2

クッキーの種類が多くて迷いますが、レーズンクッキーが美味しいです。

小さく刻まれたレーズンなのに、しっかりとその存在を主張しています♪

どのクッキーも、甘さに丸みがあって、優しいお味が後を引きます。

手作りクッキーが大好きで、以前からよく買っているのですが、その中でもここのは本当に美味しいです。

他にも、お煎餅や、手作りのらっきょう浸け、色々あります(笑

普段は、健常者の方が対応をしてくれることが多いですが、私は可能な限り精神障害者の方から購入した商品を受け取ったり、お釣りをもらったりします。

体はとても大きい男の子なのに、声はとても小さくて、でも何か言ってる。

お釣りの計算を、電卓を何回も、ホントに何回も叩いて、たぶん毎回同じ計算結果になっていると思うのですが、時間を掛けてお釣りの計算をしてくれます。

そういうのを待つ時間は、とても楽しい。

心の中で、頑張れ~って、応援しています♪

こちらでは、毎月1回、千円くらいを使っています。

もう、1年くらいにはなるかな?

これが、私流の寄付なんです(笑

金品の寄付ではなく、行動の寄付になるのかな?

それと、動物愛護団体への支援金は、私が働いている期間中は余程の理由がない限り行っています。

ミーちゃんを保護してからだから、10年くらいになるのかな?

毎月少額ですが、私がしたくてもできないことをしてくれている団体へ送金しています。

初めは、千葉県の団体でした。

ミーちゃんを拾って、猫という生態を調べていった結果、たどり着いた動物愛護の団体でした。

茨城県の犬猫も、引き受けてくれています。

次は、山梨県の団体に支援金を長い間送金していました。

ここで、ビビのような人間の愚かさによって犠牲となった「多頭飼い崩壊」という言葉を知りました。

この頃、猫の厳しい現状は、まだまだ知りつくせないほど多くて、その悲しみも大きなものでした。

そして、ビビが我が家に来ました。

熊本県の団体にも、していたと思います。

今は、茨城県の団体です。

人間の支援にはほぼ興味がない私なので、最近はじめた「行動の寄付」は、お互いのチャレンジに繋がるような気がして、うふふ、気に入っています。


140910_3

そうそう、久しぶりの病院で診てもらったネモちゃんの報告です。

レントゲンを撮って肺の異常がない調べてもらったのですが、特に異状は見つかりませんでした。

3ヵ月前のレントゲン写真と比較して、分かってはいましたが、先生にも太りましたねーと言われました。

そう、体重が4.65kgになっていました。

ネモちゃんをキャリーバッグで持ち運ぶのが、しんどかったもの・・・

嬉しいような、怖いような。   次は成人病?

こんな冗談が言えるほど、ご飯を食べれなかった時の苦しみを思い出せば、本当に今の時間は幸せです。


140910_4

交通事故の後遺症で、足が変形しているネモちゃんは、出来れば今以上に太ってほしくないのよね!

ダイエットか、運動か・・・

最近のネモちゃんは、走り回るというより、飛び回ることもします☆

特にトイレの後は、そうなるかな~(笑

だから、ここ最近ミーちゃんが怖がって萎縮してるんですよね~


140910_5

そう、確かに体重はミーちゃんが勝っています。 誰よりも!

でも、それって・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 小さなことでも「コツコツ」と、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

いつの間にか、粗相・・・泣

一昨日は仕事だったのですが、帰ってくるとネモちゃんのオムツが取れていました(汗

寝そべって、伸びぃーーーをした状態になるとオムツが抜けるようなのです(笑

笑っている場合ではないのですが、意外によくあることなので、私たちの目が届くときは良いのですが、留守の時は困ります。

それと、私がネモちゃんのオムツを替えるときに、ちょっとお腹周りをゆるめにとめてしまうんです。

ユニ・チャームのオムツは本当に良く出来ていて、お腹周りも伸び縮みが可能です。

しかも、尿漏れガードもしっかり機能しているし、素材も優しくオムツをしているという負担がめちゃめちゃ少ないです。

食事の量が増えたネモちゃんは、ウンチとオシッコの回数が増えて、オムツを交換する頻度が高いです。

金額はそれなりにしますが、ラグやコタツ布団、諸々を処分していた頃を思い出せば、気持ちにゆとりが生まれました、うん、ゆとり~♪

優れものの商品なので、代用品は考えてはいません。


140808_1

オムツの話にそれましたが(笑)、久しぶりの粗相事件です。

しかも、いつの?という代物です(笑

オムツが取れていても、笑って済ませていたのですが、今回のオムツ取れ事件には粗相事件が絡んできたので、笑っていられません。

しかも、ソファーカバーを洗えば済むと言う問題でもなくて、大事件に発展してしまいました!!

ソファーカバーを洗うのは、もう慣れっこで、ひたすら洗面所で汗だくになって予洗をして、洗濯機へ投入です(笑

しかし、この日はソファーのクッション部分を剥がしてみました。

ネモちゃんの粗相した部分ではない部分で、粗相がしみ込んでいました。

ソファーカバーを貫通する量って・・・


140808_2

甘かった。

私の考えが甘かったのです。

ネモちゃんのオムツの装着についても、ソファーカバーでカバーできると言う判断も、何もかも甘かったのです(泣

ソファーの上にペットシーツを敷いてしまうと、私はその見た目で疲れてしまうんです。

悩んだ挙句、ペットシーツを外したのですが・・・

暫らくはオムツで対応できていたのですけど、オムツが取れてしまうと、はい、アウトなのです。


140808_3

 ↑ 普段は、こんな風に寛げるソファーなんですよ~

この日は、帰宅後に草取りもしていたので、粗相事件も加わって疲労度の非常に高~い一日となりました。


140808_4

メス猫とともに、暫らく姿を見せなくて、心配していたニャゴニャゴは、ここ最近また姿を見せるようになりました。

そのメス猫にはミケ子と名前を付けていましたが、数か月が経った今でも姿を見せません。

何かあったのだと思います。

探していたのですが、出会うことは今も無くて。

今は、私の心配も少し落ち着いて、ミケ子が無事にどこかで暮らしてくれていることを、願っています。


140808_5

 ↑ ニャゴニャゴの姿を発見して、ガン見するミーちゃんです。

ニャゴニャゴは、鳴くことはしませんが、威嚇のシャーーーは健在です。

ご飯を食べに来るのに、未だ心を開いてはくれません。

体調の心配もあるし、痩せてきているので、保護をしたいのですが、そう思いながらあっという間に半年は過ぎました。

どうにかできないか、考えています。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 大人になってから捨てられたニャゴニャゴ、人間は怖いよね!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

クリンダマイシンの注射

ネモコが、注射をされています。 ↓

それほど痛みはないようで、病院へ行く時と違って嫌がりません。

140714_1

今日から自宅で、口内炎を抑える期待の持てる抗生物質、「クリンダマシシン」の注射を開始します。

先日の入院騒ぎがなければ、1か月前からこの治療に切り替えていました。

10日間の入院期間を経て、その後は2種類の強い抗生物質の注射をするために、毎日の通院を2週間続けました。

それは入院中にこの2種の抗生物質が気胸の治療に有効だったので、治ったように思われる退院後も継続して経過観察をすることになり、獣医のすすめでその治療を優先することにしたからです。

退院してからの1週間、そして2週間後にレントゲンを撮りましたが、気胸は収まっているようです。

ネモコの元気な様子を見ていたので(痩せていますが)、気胸の再発は無いと思っていましたが、肺全体の画像を見て確かな安心が持てました。

そうなると、口内炎の治療が再開となるわけです。

現在、獣医界では犬や猫の口内炎は不治の病とされています。

140714_2

いやぁ~、それにしても暑過ぎます!

ジッとしてても、汗が出る(笑

関東地方は、まだ梅雨明けをしていないので、湿度がかなり高いです、これってまさにサウナ状態ですよね。

なのに、どうしてでしょうね~

うちのニャンたちは、スヤスヤと気持ち良さ気に昼寝をしています(笑


140714_3

ビビは、この時間帯で一番涼しいと思われる窓辺に、寝床を確保したようです。

デジカメを持って近づくと、目を瞑ったままシッポを優雅に振っています。

うーーーーん、なんて可愛いのかしら~♪


140714_4

あ、え、も、もちろん、ミーちゃんも可愛いですよ~(笑

何をやってても、可愛いわ~

しかも、そのスイカの段ボールが妙に似合っているし・・・

うん、うん、おバカであるわけがない。


140714_5

ジン君もお昼寝じゃなくて、スイカの段ボールね?

う、歌ってくれるの?!!  え、歌えるのぉ?


140714_6

おしゃべりが大好きなジン君、この日、キメてるわりにはその美声は披露されず・・・

でも、可愛いから許す!



さて、本題に戻りますが、ネモちゃんの「クリンダマイシンの注射」が、スタートしました。

まずは14日分の注射をいただいているので、食事や体重など、口周りのヨダレに注目して、効果を見守りたいです。

本当は、ジン君もしないといけないのよね。






ブログランキング・にほんブログ村へ ← 毎日の注射も頑張るのみ、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

退院しました、出来ました!

ネモコ、無事に動物病院から退院することができました。

長くご心配をお掛けましたが、色々と、たくさんと、本当に、ありがとうございました。

ネモコは、かなり痩せましたが、今は少しずつ体重も増えています。


140708_1

退院し立てのネモコです。↑

肺に異常があった時と比べて、表情が違うでしょ!

この日からほんの10日前のネモコは、気胸(胸膜腔に空気が入った状態)となり、肺が膨らまず息をするのが苦しい状態に陥りました。

苦しそうにする様子は、肺の中に出来てしまった膿の塊が原因と思っていましたが、その険しい表情と呼吸の異常に、イヤな予感がしてすぐに病院へ連れ込みました。  →

嫌な予感は的中していて、胸腔から空気と膿のような液体を注射で吸い取りました。

そうすると、肺が膨らみネモコが正気を取り戻すのが分かりました。

しかし、数時間後にはまた同じような状態になって、緊急入院です。

こんなことがあったのに、10日後の退院した日には、目でしっかり物を見て、生気が蘇っています。

驚くと言うか、信じられないくらい、生き生きとしています。


140708_2

退院したネモコに、ミーちゃんが一番に挨拶に来ました(笑

ネモコが酸素室に入院すると、ミーコも普段と様子が違っていました、心配していたのだと思います。

ですが、一番の変化は、ジン君でしたね。

入院した直後から、ネモコが家のどこにもいないことに気が付いて、その寂しさをすぐに見せました。

よく鳴くようになって、私の後を離れなくて、もの凄く甘えていました。

そして、普段はジン君が決して入らないネモコの隠れ場所があって、そこに入って寝ている姿がありました。

この姿を見た時は、とても切なくなりました。

入院中も、入院寸前も、もうダメかもしれない、何度もそう覚悟することがありました。

退院の時に話してくれたのですが、院長先生も危ないと思ったことがあったようです。

当然です、私と旦那さんが見てそう思っていたのですから、本当にネモコとはお別れになってしまうと。

でも、無事に帰ってきてくれた!

ネモコは、過去の交通事故からの生還に続いて、またまた奇跡の復活を果たしました。


140708_3

あの時、ネモコの容体がかなり厳しくて、開胸となる手術は危険と分かっていました。

でも、他になす術がなくて、そんな綱渡りの現実を前に、奇跡なんて信じることは出来なくなっていて、ただただ目の前で起こる事実しかなかったです。

口内炎も治せなくて、気胸も治せない、私は何も治してあげられないのだと、悲しくなりました。

そして、ネモコは、10日間の入院となりました。

驚くことに、ネモコの入院から3日後、今度はうちの旦那さんが緊急入院・手術となりました。

旦那さんは2週間の入院で、週末に退院したばかりです。

昨日から出勤予定だったのですが、傷口が痛むようで、今日から半日の出勤となりました。

入院、手術と言っても、痔ろうなので重い病気ではないのでご安心ください。

でも、相当痛いみたいで、軽々しく言ってもいけないようなのです(笑

この間、ネモコの病院と、旦那さんの病院を、毎日往復していました。

旦那さんの方は1日1回のお見舞いで、着替えとかってこんなにいるものなのね~と、梅雨時期の洗濯物の多さに驚くばかりでした。

ネモコのお見舞いは、私の仕事が無い日には1日2回通っていました。

ネモコの容体が心配なだけではなくて、私という家族が行くことでネモコの生きる力に期待しました。

そんなもので、毎日、疲れ果ててました(笑

家の中もみんなの甘え方が半端なくて、それにも十分応えていたと思います(笑

お陰で、私の健康状態がぁぁぁ・・・(笑)、歯が痛くて、痛くて、しょうがありませんでした。


140708_4

 ↑ ネモコが退院して家の中に入った瞬間、尻尾がピーンと立ちました!

ピーンと尻尾を立てたまま、家中を元気に歩き回ったのです。

思わず、「ネモコ、ヨカッタね~。 おうちに帰れて、ヨカッタね~!」と、何度も声をかけていました。

その度に、ネモコは甲高い声で返事をしていました(笑

上機嫌の時は、いつも高い声なんです。

その姿を旦那さんと、皆さんにお届けしたくて、スリッパを履かずに必死で写真を撮りまくっていました(笑

ジン君も、嬉しそうに後を追ったり、トンネルの場所では、一緒に遊ぼうと懸命に流し目を送っていました。

しかし、悲しいかな、ネモコ、相手にせず。

入院中に使用していた2種類の抗生剤が幸い肺の治療に効果があって、しかもそれが口内炎にも効き目が出ていました。

口の痛みが無いと、これだけ行動に違いが出ます。

でも、体を障ると骨ばっていて、それはまるで老猫のよう(涙

だけど、だけど、その足取りはしっかりとしていて、家に帰れたのがよほど嬉しかったのが見て分かります。


140708_5

こんな風に、暫らく家の中を散策していました。

そうそう、性格と言うのか、関わり方というのか、ビビは、ネモコが居なかった時も、帰ってきた時も、何もなかったように変わらずにいました(笑


140708_6

退院して、初めての食事、しかもカリカリを食べています。

入院前は、ロイカナの缶詰「退院サポート」だって、イヤイヤしていたのに、恐るべし、抗生物質の効き目!


140708_7

お水も、ジン君と一緒に飲んでいます。

と言うか、ジン君がネモコから離れない(笑

こうやって見ると、ネモコの体がこんなに小さくなってしまったのかと、否応無しに気付かされますね。


140708_8

喜んでばかりはいられません。

退院してきたネモコは更に痩せていたので、オムツのサイズが緩くなっていました。

そのため、オシッコも、緩いウンチも、オムツの脇から垂れ流しぃーーーーーーーー(泣

しかも、なぜかソファーをトイレと思い込んでいるため、この日からラグを取り替えながら洗うハメに・・・

まぁ、元気になってくれたんだから良しとしなければなりませんが、今回の2人の入院費用はかなり痛かった。

2年前に見直した旦那さんの生命保険、入院保険の分をなぜか見直していたんですね。

しかも手厚い保険は私の方で、旦那さんは死亡保険以外は手薄になっていた(暴・泣

私は勧誘に弱いようで、行く先々で保険に入ってしまっていたようです。

そんな私は健康優良児で、保険を使うことは全くなくて。

みんなが元気になったのは良いのだけれど、出費のことでは、頭痛いことが続いています。

あぁ、もう一度、保険の見直しが必要のようです。

140708_9

 ↑ 退院待ちの頃の、ネモコです(笑

入院部屋も、ネモコ仕様にしちゃいました。 

だって、骨ゴツゴツのネモコに、衛生面を優先するからと言っても、このステンレスの素材は痛いよね。
(ホントはもっとやりたくて、しかも他の入院部屋も変えたかった、笑。)

だけどね、自宅より、安静に過ごせたこの空間は、ネモコの恩人でもあります。


140708_10

うちの旦那さんよりも、一足お先に退院したネモコ、この時までは家の中が散らからなかったのになぁ~

旦那さんが退院したら、その日から家の中は「・・・・・・・・・・」、うーん、我慢、我慢。

この後、私も疲れがドット出てしまって、腑抜け状態に。

退院のご報告が遅くなってしまいましたこと、お許しください。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← tobutori家は、今日も波瀾万丈であります、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
  • ライブドアブログ