庭木

夏の終りと彼岸花

先月、鳥取県から「新甘泉」(シンカンセン)という新品種の梨が届きました。

大玉で糖度が極めて高く、鳥取県を代表する期待のプレミア梨です。

20世紀梨の後継になるのではないかしら~♪

甘さが半端ないのですが、その甘みの豊かさが口から溢れるくらいみずみずしいのです。

「甘い泉」とは、よく考えました(笑




170919_7


納得ですが、梨の成分の9割は水分だそうで、不足がちなカリウムを補うことができます♪

一般的に梨は冷やし過ぎると甘みを感じにくいと言いますが、新甘泉は冷たく冷やしてもめちゃめちゃ甘かったです(笑

秋の味覚を、堪能しました。

鳥取のお父様、お母様、いつもありがとうございます!




170919_1


お盆休みにお出掛けした「ゆりパーク」で購入したユリの花たち。 ↑

翌日、すぐに植え替えをしたのですが、風が強く花が大きく揺れて、茎が今にも折れそうだったので、パティオの日除けの内側へ入れました。

どこからか、カマキリがやって来て・・・!

ちょうどよい具合に、リビングから観察ができました(笑

ですが、カマキリは目がとっても良いようで、すぐに私を見つけて隠れようとします。

それ以外は、ほとんど動かないカマキリでしたが、2日後には隣のユリへ移動していました。





170919_2


うーーーん、分かってはいましたが、日除けの内側だと、食事にありつけないようですね。

ただ、風が強い日が続いていたのでユリの鉢を日除けの外には出せなくて、そうすると数日後にカマキリは日除けの外へ移動していました。

ガンバレ~♪



170919_3



我が家に張り付いている(笑)クロちゃんですが、パティオの中にいることは少ないんです。

ニャゴニャゴは、ここでよく昼寝をしていました。






170919_4


今年の夏の始まりは、カラ梅雨で暑い日が続いていたかと思えば、梅雨明け宣言をしたころから雨の日が長く続いて、記録的な大雨を観測した場所では水害被害が相次ぎました。

地震の後、今も大変な思いをされている人が多いと思いますが、お身体を労わりながらどうか頑張って欲しい。







170919_5


芽が出たかと思えば、一気に真っ赤な花を咲かせました。

その咲き方は、まるで花火を見ているかのようです。

情熱的な赤、神秘的にも見える彼岸花は、見る人によって印象が大きく分かれます。

本当に、不思議な花です。




170919_6


不思議と言えば、彼岸花は先に花が生えて、葉は後に育つんですよね。

細長い葉は、春を過ぎるころまで艶やかな濃い緑色で太陽の恵みを球根まで届けます。

ユリやチューリップと同じで、花が咲き終わった後の葉や茎には重要な役目が残っています。

間違っても、引っこ抜いたりしないでくださいね♪  ←以前知らずにやっていた、泣。








ブログランキング・にほんブログ村へ ← 美しい四季の移り変わり、美味しい四季の移り変わり、日本っていいな!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

子カマキリ

6月の終わり頃にキンシバイを剪定していたら、なんとカマキリの赤ちゃんに遭遇です♪

本当に小さくて、見逃してしまうそうなサイズなのですが、動きが驚くほど俊敏でした(笑

走る足の運びの速さが尋常でない、あまりの素早さに驚いちゃいました。

大きく茂っていたキンシバイの中で、子カマキリも逞しく育っていたんですね~




170703_7


子カマキリ、カメラを取りに行く間に、恐ろしいほど移動していました(笑

小さいから探すのに一苦労です(笑

こんなに頼りなげな大きさなのに、ちゃんと大人のカマキリと同じ姿をしています、当たり前かぁ~(笑

ホント、可愛いです。

このまま3時間くらいずっと見ていたいと思うくらい、可愛いー♪

こんなに小さかったら、周りは敵だらけですね、簡単に食べられちゃうだろうなぁ。 ←心配性。

頑張って生きろぉーーーーー!!!!! 泣。




170703_8


去年から、育て始めているバラです。 ↑

名前は、「プリンセス ドゥ モナコ」。

ハリウッド女優からモナコ公妃になった「グレース・ケリー」へ捧げられたバラです。

本来なら、もう少しピンク色の部分が濃くなるはずなのですが、2階のベランダで育てているので色づきが弱いようですね。

淡い色合いですが、バラの香りはうっとりするくらい良い香りでした♪



プリンセス ド モナコ - Princesse de Monaco


 ↑ 本当だったらこんな風に、白地に外縁の部分が鮮やかなピンク色で縁取られます。

バラ土の配合は良いはずなのですが、地上で育てていないことと、日の光が不足していたのかもしれません。

ただ、ベランダで育てたことで風の通りが良かったせいか、黒星病などの被害が無かったです。

で、バラの世話をしていたら!




170703_9


またまた、子カマキリに遭遇です♪

先日出会った子カマキリより大きめです。

やはり今回もカメラを取りに行って戻ってくると全然違う場所に移動していて探すのに苦労しました(笑

静かに、そしてニヤけた顔で子カマキリちゃんを見ていたら、カマキリって目がいいんですね~

こちらをジッと見つめ返してきました!

逆に驚かされました(笑

子カマちゃんが、ずっとこちらを見てるぅー!!

私のこと、完全に気付いているみたい(笑

その数日後にも、玄関でまた違う子カマキリに遭遇しました。

そのコも走るのがめちゃめちゃ速かったけど・・・笑。

どのカマキリも同じ場所に居続けることはなくて、常に移動をしながら生きているようです。

雨や風に吹き飛ばされそうなか弱さに見えますが、頑張って成長して欲しいです。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← プリンセス・ドゥ・モナコは、美しい公妃のように上品なバラです、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

ブラックベリー

庭のブラックベリーが、ツヤツヤの黒色に色付いてきました☆

手で軽く摘まんでホロっと落ちる頃が、収穫のタイミングです。

軽く洗って、そのまま食べてしまうことが多いですが、今回は数も多いようなのでジャム作りを目指します。

なので、収穫できる実が揃うまで、ひとまず冷凍庫で保管し続けます。

美味しいジャムが食べられますように・・・♪




170703_1



我が家のブラックベリーは数年前にお友達からいただいて、はじめのうちは花や果実の可愛さから観賞用に楽しんでいました。

翌年から収穫ができる大きさになると、成長の証でもある赤い実から黒い実への色の変化が嬉しくて、よくよく写真を撮りました(笑

夏の暑さに強く、そして冬の寒さもある程度は耐えられるので、土いじり初心者でも育てやすいと思います。

しかも、病気や害虫の心配がほとんどないので無農薬でOK、丈夫なうえに手が掛からない!

日当たりの良さで果実の数が左右されるので、場所選びがポイントです。




170703_2


生で食べると、ラズベリーよりも甘みがあります。

ブラックベリーの特徴である黒い色を調べると、、その色が「アントシアニン色素」などのポリフェノールを豊富に含む証なのだそうです。

ビタミン含有量もかなり豊富なようで、ポリフェノールの一種である「エラグ酸」はシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制する美白有効成分があり、美容と健康維持に効果的なんですねぇ。

成人病の予防や老化防止効果が期待できるそうなので、現代人に嬉しい果実のようです!

ただし、ラズベリーと違って一年に一度しか実がなりません。



170703_3



本来はトゲがある果樹なので、トゲがある品種の方が美味しいそうです。

うちのは、トゲがありませんでした(泣



170703_10



そう言えば、黒い色の「アントシアニン色素」は目の健康維持や疲労回復効果があると、一時ブルーべりとかでよく耳にしましたよね。

少し勘違いするのが、視力の回復や改善と思うところ。 ←私もそう思って食べていた頃がありました(笑

そうではなくて、目の網膜にある血管や神経細胞を保護する作用があるということ。

糖尿病網膜症と緑内障への効果が期待できるようです。

しかも、初耳だった「エラグ酸」は老化を抑制するだけでなく、癌細胞の増殖を抑える効果があるみたいです。



170703_4



癌細胞抑制作用と、糖尿病の背景にあるインスリン抵抗性の改善。

お医者さんから聞いたわけではないので、その真偽は定かではありませんが、ネットを検索すると色々と書かれています。

「エラグ酸」の強力な殺菌作用は、特に口腔内バクテリアの殺菌作用に高い能力を発揮するようです。

ネモコの口内炎に、効くのでしょうか!!!?

「エラグ酸」は、他にザクロなどに含まれるそうですが、ブラックベリーとかザクロは普段から口にしないからなぁ~

でも、色々と優れものだということが分かりました(笑



170703_6

ブラックベリーの花は、イチゴの花に似た ↑ こんな可愛らしい小さな白い花をつけます。

キレイですよねぇ~♪



170703_5


そして、自家受粉の植物なので、何もしなくても花が終わるといつの間にかこんな風に実がついています。

実の色は、くすんだ緑色から赤茶色を経て、ラズベリーのような透きとおる赤い色、そして漆黒のような黒色の果実に実ります。

翌日にはブラックになっていたりするので、劇的変化に目を奪われてます(笑

めちゃめちゃ可愛いです。




170703_11

同じような写真をバンバン撮っているので、必要以上に載せていますが、それでも載せきれない(笑

そして、今回の失敗。

私、バラと同じような感覚でせっかく来年のために伸びてきたシュートをバッサリと根元からすべて切ってしまいました。

今、付いている実の成長によくないと判断したのです。

冷静に戻ると、今年実のついている枝は今年中に枯れて来年実がつくことは無いので、それを切るのが通常の流れなんです。

なのに、あぁぁ・・・(泣




170703_12

今回摘み取ったブラックベリーを、丁寧に水洗いします。

傷んでいる部分は、箸の先で避け取ることができます。



170703_13


弾けそうな実を、壊れないように優しく並べて水けをとります。

全ての実が揃うまで、いざ、冷凍庫へ!










ブログランキング・にほんブログ村へ ← ブラックベリー、不思議と鳥が食べに来ないんですよねぇ~?、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

アジサイとオリーブの木

私の大好きな「カシワバアジサイ」が見事に咲いています。

先日、ニャゴニャゴの亡くなる前日に、ピッコロ(犬の名前)のおば様からいただきました。

色々な思いが詰まっているので、大切に育てたい。



170626_1


まずは無事に根付いたようで、ホッとしています(笑

葉が大きいので蒸発する水分が多いせいか、すぐに頭が下がってしまうので、植え付け後は一日に何度も水やりをしていました。

今でも水切れに注意して、ジョウロに水を入れてせっせと庭を往復です。

でも、まだ日焼けはそれほどしていません(笑



170626_2



アジサイは、夏の季節に花を長く楽しめるのが魅力の一つですよね。

その中でも「アナベル」は、夏なのにさらに日向を好むので、可憐な見た目と違ってアナベル凄い!

暑い夏に涼しげな白い花は、どこにあっても目を引きます。

アジサイ、いいですよね~♪

それに、雨が似合うのも個性的で素敵。


170626_7


我が家の「おたふくアジサイ」は、去年強めに剪定をしたので花芽も切ってしまったと思っていたけど、今年も咲いてくれました。

正式名は、「うずアジサイ」だったかな?

こちらもまた、涼しげなブルーです。

花が小さくて分かりづらいかもしれませんが、丸まった縁がとても可愛いらしい♪




170626_8


おたふくアジサイは、カシワバアジサイと違って土壌の酸性度によって花の色が変わります。

うちのアジサイは青色なので、土が酸性のようです。

これがアルカリ性だと、可愛らしいピンク色のおたふくアジサイが見られます。

ピンクもいいなぁ~♪

この季節、アジサイは切り花にして家の中に飾りますが、花付きが良いので毎年飾る場所が追いつかなかったりします(笑

以前、クロちゃんが疥癬で初めて我が家に来たときは、ご飯以外の時間はこの大きなアジサイの根元に隠れていました。

ガリガリに痩せて、皮膚がシワシワで、見た目がデビルのようでしたが、レボリューションの効果でどんどん見違えていって。

容姿が整うと、昼間でも姿を見せるようになり、体格が良くなった今では堂々たる姿を手に入れています♪

大きなアジサイは、クロちゃんの大事な隠れ場だったんですねぇ。



170626_4



アジサイの側にあったオリーブの木。

だいぶ大きく育っていたのですが、先月、切ることになりました。

我が家で10年育ったオリーブの木。

オーリーブアナアキゾウムシにやられてしまったんです。

悲しかったなぁぁぁぁぁぁぁ。

お友達からいただいたものだったので。




170626_5


今は、その切り株の側に小さなオリーブが枝分かれして育ち始めています。

庭師さんにも立派なオリーブの木だと褒められていたので、また大きく育って欲しいものです。

苗木からだと、あと15年以上はかかるかしら・・・



170626_9

オリーブの根元を食されてしまったので、庭師さんに上の方の幹を一部だけ切ってもらいました。

ずっしりと重いんですねぇ、オリーブの木。




170626_10


思い出10年分。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 花も、木も、大事な家族!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

スノーボール

夕方近くになると、tobutori家の前ではこのような光景が最近よく見られます。

まだまだ仲良くなれない男子たちです(笑 ↓



170426_5


ご飯の時間が近くなると、花壇の隅っこか、パティオで待機のチャイロです。

仕事から帰ってきた私の姿、もしくは車を見て玄関前に移動してきます。

いつも決まったこの繰り返し(笑

可笑しいことに、花壇の土の上にいると、毛色と土の色が同化して気が付かないこともあります。

そういえば、寒い冬に冷たい土の上で待たせるのは忍びなくて、急いで帰ってきたことを思い出すなぁ。

食事をする玄関のタイルの上も、相当冷えていたと思う。

夏はそれが涼しくて、気持ち良いかも。




170426_6


先週末ごろから、右耳の下に大きな傷を作ったチャイロ。

クロちゃんと、ケンカしたのかも・・・

チャイロは、生粋の野良気質なので未だに触れまないし、返事もしてくれないけれど(笑)、容姿がちょっぴりジン君に似ているからずっと見ていたい気分になっちゃう。

でも、見られるのも落ち着かないようなので、ご飯を用意したら私は姿を隠すようにしています。

そして、チャイロはご飯を食べ終えるとすぐにいなくなってしまいます、うふふ、ホント野良ちゃんです(笑




170426_7

同じ時間帯に、クロちゃんも登場です。 ↑

昨日は、花壇の近くでチャイロとクロちゃんがにらみ合っていました(汗

クロちゃんは、食事を終えてもうちの周りにずっといます。

夜は近くにいるようで、私が玄関を開けたり、旦那さんが帰ってくると、「ニャ~」と甲高い声を発しながら小走りにやって来ます。

旦那さんの話だと、遠くからいつも見ていると思うよ。

というぐらい、私たちが玄関の外へ出るタイミングに小走りにやって来るんです(笑

それがもう健気で、もういいよ~と思うのですが(汗



170428_1


お庭のスノーボールが、一気に開いて咲いてきました♪

今年もまた、「黄緑色の季節」が到来です。

去年の冬にお庭のリフォームをしたのですが、同じころにジン君がお空へ旅立ってしまったので、キレイになったお庭もそんなに見ることはありませんでした。

眩しさが心地良いこともなく、痛いとさえ思えていたあの頃、草木にも寂しい想いをさせてしまったのかな。

今年は、たくさん写真を撮って、たくさん見つめてあげますからね♪



170428_2

 
↑ こちらは、昨日の夕方に仕事から帰ってすぐに撮影しました。

目を見張るほどの、美しいグリーンです。

この季節の花たちは、春の陽気に刻々と変化してしまうので、見逃したらもったいない(笑

写真撮りすぎでしょー! というぐらい撮ってます(笑




170428_3


緑色が黄緑色へ、そして白色へ少しずつ変化をしていくプロセスは、スノーボールの楽しみの一つでもあります。

葉の濃い緑色と、花の黄緑色の絶妙な対比が初々しくって、もう見るたびに気持ちがリセット~♪

クロちゃんに撮影の邪魔をされつつも(笑)、うぅ、心がハズミます!

スノーボールは、やがて真っ白の丸くて可愛らしい雪のボールが幾つも見られるようになります。

枝にしっかりと花を付かせるオオデマリと違って、風に揺れるさまがなんとも儚げでそれもまた魅力の一つです。




170428_4

 ↑ ねっ! 可愛いでしょ~♪

スノーボールの魅力にデレデレな私ですが、黄緑色のスノーボールが楽しめるのも今この時だけですからね。

見逃せないです!




170428_5


どのコも、本当に可愛らしくて、手を伸ばして触ってあげたい。

こんな風にずっと見ていると、辺りが真っ暗になってしまうので中断してますが、仕事の休みの日は家の中から窓の外を眺めてうっとりしています(笑

こんなことをしていると、ミーちゃんに構ってぇと怒られちやうし(汗)、家の中は片付かないし、この季節は大変。

でもねぇぇぇーーーー



170428_6


激可愛でしょ!!

同じような写真ばかりですが、紹介しきれない写真もホント多いです(笑






170428_7

 このコは、いち早く白色に近づいています。 ↑  

キャー、花の命は短し・・・!!!






170428_8


実は去年に強い選定をしていて、だいぶさっぱりしたスノーボールだったのですが、今年もたくさんの蕾をつけてくれました。

今は蕾のモッコウバラも、もう少しで咲きそうです。




170428_9


外にいると、足元にはいつもクロちゃんの姿が・・・笑。

明日からゴールデンウィーク突入です!

我が家は、GW明けにハウスメーカーの10年点検を控えています。

お片付けも、本格的に始動、真剣にしないと、です(笑










ブログランキング・にほんブログ村へ ← お片付けに、メルカリを教えてもらいました!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
  • ライブドアブログ