イベント

黄金のイチョウ

11月13日(日)、県立歴史館の庭園でライトアップされたイチョウ並木を見に行ってきました。

とても人気のあるイベントで、交通渋滞まで起きるくらいなのです(笑

歴史館は、特別展などを見るときに入館料を払いますが、広い庭園は無料で散策できます。

ちょうどフィットネスクラブまでの通り道になっているので、遠目にイチョウの木は普段から目にしていました。

いつか、紅葉の季節に行きたいと思っていたのですが、今回渋る旦那さんと出掛けてきました(笑


161116_1

夕方の5時過ぎでこの暗さ、ライトアップの時間帯は17:30~20:30。

土曜日の昨日と今日の二日間で、王朝きものショーや、舞台芝居、高校生によるお茶会や、大正琴を愉しむイベントが行われていました。

県民の日で、展示室の入館料も無料だったそうです。

普段は昼間のイチョウ並木を目にしていますが、ライトアップされるとさらに雰囲気がありますね!



161116_15

 ↑ 庭園には、イチョウの木以外に大きな古い木がたくさん揃っていて、見ごたえがあります。

暗がりから徐々にライトアップされたイチョウ並木に近づくので、明るさ倍増という感じで、なかなか考えられていますね(笑



161116_3

イチョウ並木の手前で、「プロジェクションマッピング」が行われていました。

こちらの建物は、明治14年に建築された「水海道小学校 本館」を、大正10年に移築されたものです。

ハウステンボスだったかしら、テレビの映像で何回か見たことはありましたが、生で見る初めてのプロジェクトマッピングでした。


161116_4

カメラは2台くらいだったでしょうか、3Dの迫力はそれほど感じられませんでした。

効果音のボリュームが大音響だったので、迫力があり耳に残るほど(笑

オリジナル曲だったのかしら、耳からなかなか離れなくて、今でも頭の中でグルグル回っています(笑


161116_5

和を意識した音と映像。

尺八のような音が迫力あって、たぶんそれが耳から離れないのかもぉ、ふぅ~(汗


161116_6

3Dの楽しみはイマイチだったので、色を楽しみました。

比較してはいけないのでしょうが、テレビで見たものはお金が掛かっているので、内容も違いました。

上映後、5分ほどの休憩をはさんで、同じものを見られるのですが、1回見れば十分という感じでした。

他の方も同じ感想なのか、何度も見る人はいませんね。

イチョウ並木へ、そのまま流れていきました。


161116_8

振り返れば、黄金色ぅーーー!!!




161116_9

黄金のイチョウ並木を奥に進むにつれ、幻想的な世界が広がります。





161116_10

暗闇に浮かぶ黄金色のイチョウの木。

1本だけ、離れたところにあって雰囲気がありました。



161116_12

みなさん、見事なイチョウ並木の写真を撮っていました。

日本人は、やはり写真好き~♪

目に入ってくるイチョウの輝きは、カラフルなクリスマスのイルミネーションと違って、また素敵でした。



161116_13

庭園内はとても広く、野鳥の姿もあってなかなか楽しめます。

お散歩には快適かも。




161116_14

この日は、スーパームーンの前日。

スーパームーンの当日は、残念ながらあいにくの雨で、お月様は見られなかったので、この日に見られてラッキーだったかも♪





161116_16

帰りに気が付いたのですが、入り口でもあった出口に白椿がキレイに咲いていました。

照明が当たって葉がより一層ツヤツヤしていました。

暗闇に真っ白に光るように咲く椿の花。

「椿」という漢字は、日本で作った国字だそうです。

バランスのとれた、キレイな組み合わせの漢字ですよね。



161116_17 

白い椿の花言葉は、「完全なる美しさ」だそうです。

香りはありませんが、確かに美しい花です。

その葉は、冬になっても落ちないことから古来より神聖な意味合いがあったようです。

歴史館で、素敵な秋のライトアップを見てきました。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← どんなに寒い空のもとでも楽しみは作れる!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

水戸黄門漫遊マラソン

10月30日(日)に、水戸市で初のフルマラソン大会がありました。

その名も、「水戸黄門漫遊マラソン」。

水戸市内をめぐる初のフルマラソン大会で、今回はゴール地点へ応援に出かけてきました。

その日は朝からネモコの調子が悪く、急きょ動物病院へ行くことに。

フルマラソンが行われていたので、市内の交通規制が広範囲で行われていたのは知っていたのですが、やはり交通渋滞に巻き込まれてしまいました(汗

かなり遠回りをしながら、動物病院に午前中の時間ギリギリに到着できました。  ふぅー、アブなかった(汗


161030_1


この日の天候は終始曇りでしたが、フルマラソンには最高の天気だったかもしれませんね。

まずは、スタート地点が駅から歩いてすぐなのでアクセスはかなり良いです。

水戸市の中心市街地をスタートとし、日本三名園の一つ「偕楽園」と、白鳥と黒鳥、野鳥の楽園と化してる「千波湖」で広がる景色を見ながら走るという、観光付きのマラソン的な感じが評価を高めていました。

そう言えば、ゴール近くに「梅香トンネル」というトンネルをくぐりますが、そのトンネルの先でネモコが交通事故にあってひかれていたんですよねぇ・・・。


161103_4

そうよ、アナタのことですよ(笑)、思い出すわね!

フルマラソンの当日、トンネルの中は、BGMと光の演出があったようです。 シャレていますねぇ~♪

ちなみに、梅香トンネルの全長は607mと、結構な長さがありました。

トンネル内での効果と応援の人が後半にも多くいたことで、皆さんゴールまで頑張れたそうです。

そして、そのトンネルの後、ゴール直前にキツイ上り坂があって、そこは歩いてる人も走ってる人もほぼ同じ速度だったみたいです。

この坂を経験した人で、来年のフルマラソン出場を辞めようと考えた人もいました。

161030_7

 ↑ こちらの写真で分かりづらいかもしれませんが、その心臓破りの坂が奥に見える坂道です。

現在は、手前に写っている新しく整備された大きな道ができていますが、当時は細長い坂道で交通量が多かったと思います。

ゆるやかなS字カーブが長く続き、見るからに地味にキツイ坂道で、これが42.195kmの最後の難関です。


161030_8

坂道を駆け上がると、開けた交差点に出ます。 ↑

あとは、このまま裁判所の脇を通って、旧茨城県庁地点がゴーーーーーーール!!

旧茨城県庁は水戸城跡にあるので、ゴール手前の深い堀跡に気づかれた人も多かったのではないでしょうか。

茨城県のシンボルだった旧庁舎は、煉瓦造りの重厚感のある建物でテレビドラマや映画撮影に使われることがよくあります。

古い建物なので、5年前の東日本大震災で外壁など多くの被害がありましたが、1年くらいだったかしら、以前と変わらずの美しさで復元されました。

城跡ということもあり、四季の移り変わりを感じられる風情ある場所でもあります。

冬から春にかけて、隣接する弘道館と共にまずは梅の花、その香りに魅せられます。

春は、お濠全体にかけて桜が満開となります。

夏はお濠の新緑が眩しくて、まるで飲み込まれそうになるくらい(笑

秋は大きな銀杏の木が存在感を出して、紅葉の季節をいち早く知らせてくれます。

あぁ、自慢ばっかりですみません。

ですが、本当に日本古来から存在する美意識が揃っているのです♪ うふふ。


161030_3

スタートに話を戻しますと、すぐに千波湖周辺に広がる緑地公園を見ながら気持ち良く走れたのではないでしょうか。

この辺りはつい最近まで、道路の段差を解消すべく工事が盛んにおこなわれていました。

街のど真ん中に広がる千波湖は、自慢したいことがいっぱいです(笑

この景色と場所が気に入って、千波町に家を建てました。


161030_6

千波湖の反対側には、偕楽園の森と、その中心に好文亭が見えます。 ↑

自然が多いように見えますが、作られた緑がいっぱいです。

他に、子供たちのダンスや和太鼓の演奏、水戸黄門漫遊一座の黄門さまご一行のお出迎えなど、応援が盛りだくさん続いたそうです。

都道府県魅力度ランキングで、4年連続最下位の茨城県ですが、その真ん中の水戸市で、こんな素敵な場所をフルマラソンを通して、一気に堪能出来ちゃいます。

なんと言っても、スタートからゴールまで、都市型コースの良さとして、走る人への声援の多さは完走の糧になったようです。

私も、待機していたゴール地点で応援に力が入り、カメラを持っていながら撮影するより声を上げて拍手で迎える応援を選んでしまいました(笑

それと、得したことにNHK水戸放送の綺麗なお姉さんに会えました☆

このフルマラソン、完走者には水戸徳川家家紋入りの印籠型記念メダルが配られました。

さすが、「水戸黄門漫遊マラソン」です!

今大会の完走率、90.2%。

ハロウィンもあってか、水戸の黄門様や仮装をして走っている人が多くいました。

人を笑わせるような仮想姿もあるのですが、頑張って走る姿にはただただ感動しかなかったです。

42.195km、本当にスゴイです!! お疲れ様でした。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← ゴール地点で、頑張る人を見たら思わず泣きそうになった!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

プラザホテルでフラダンス

先日の14日(土)に、水戸プラザホテルでフラダンスのイベントを観てきました。

私が通っているフィットネスクラブのフラの先生の、そのまた先生のフラ教室による上演です。

教室の名前は「フラ・オ・カブナヴァイ」といって、男性のスコット先生が振り付などのフラダンスを教えています。

やはり、同じフラでもレベルが全然違います(笑

ホテルのイベントなので、雰囲気もあり見応えがありました。


151118_1

水戸プラザホテルは、緑の森をくぐってホテルの正面玄関につきます。

昼間も素敵ですが、夜は光の演出が加わってさらに雰囲気が出るのですよねぇ~

とてもリッチな気分に浸れます。



151118_2

ホテルの中に入ると、もうすっかりクリスマスを迎えたような気分になっていますね。

なんとなく去年と同じ飾り付けのようにも、見えますが・・・



151118_3

ホテルの至る所で、クリスマス!



151118_4

ホテルの中に、カフェやレストランに隣接するアトリウムガーデンパークがあります。

昼間は緑の多さによく目が行きますが、夜は光と緑の調和が幻想的でとてもキレイでした。

アトリウムガーデンパークでは、コンサートやイベントが開催されていて、会場へは誰でも自由に出入りができます。

開催時間の30分前に余裕をもって到着したつもりだったのですが、フラの人気は計り知れず、既に満席でした。

立ち見の人も多いのですが、緑が多いのでどうしても場所選びが大変です。


151118_5

そんな感じで、立ち見の割に良い場所をなんとか確保しました、でも、遠い。

フラを始めて2年を過ぎましたが、フラは夏でも冬でも関係ないのですね(笑

楽しく踊れるようになってきましたが、ここ最近はなぜかフィットネスクラブのフラなのに、全員の動きを揃える段階にまでレベルが上がっていて、楽しいようで楽しめないフラになってきています。

キレイに踊れれば、それはもちろん素敵なことではありますが、楽しく踊れるフラがあっても良いのではないでしょうかね。



151118_6

でも、さすが、教室に通われて大会に出場できるレベルの人たちは違います。

全員の踊りが揃っているし、全員とても素敵な笑顔なのです。

そう、まるで花が咲いたような笑顔!!!

私なんて、振り付けを忘れないように必死だから、常に焦り顔だと思います(笑

見せられない・・・・・・・・・。



151118_7

 ↑ こちらは、カヒコと呼ばれる古典的なスタイルの踊りです。

音楽も、踊りも重々しくて、そう言えば笑顔もありませんね。

調べてみたら、神様に捧げる踊りなのだそうです。




151118_8

そして、↑ この人がスコット先生です。

お話が上手で、笑いも取るのですが、踊りの時はとても厳しいそうですよ。




151118_9

こんな感じで、夢中になって写真を撮っていたら、チクチクと痛みが。

目の前にある緑のジャングルで、葉先にトゲがたくさん付いている葉っぱがありました(笑



151118_10

こんな風に、ジャングルのギリギリのところまで迫って、フラの演技を楽しんでいました(笑

できれば、前の席に座ってじっくりフラを楽しみたかったです、うぅ、残念。





151118_11

葉先が痛いけど(笑)、ここなら全体が見られるし、あぁ、みんなキレイだわ~♪



151118_12

スコット先生も、特別に?飛び入り参加してました。

ハワイの人は子どもの頃から踊り慣れているので、きっと体が自然と動いちゃうのでしょうね。

しかも、楽しそうに踊ります。



151118_13

スコット先生のフラは、とても選曲が良いのでどの踊りに入るときも、踊りが覚えられるという嬉しさがあります。

曲の雰囲気や、振り付けの動きにセンスの良さを感じます



151118_14

衣装もたくさんあって、素晴らしいフラを満喫できた素敵な夜になりました。

そして、この後はこのまま友達と近くにある「アロゼ」さんでディナーです。↓



151118_15

この日は一日中雨でした。

まぁ、どれも室内イベントだから良かったけれど(汗

 ↑ 霞ケ浦のワカサギのマリネだったと思います。



151118_16

前菜は、左からカリフラワーのムース、他。

中央は、この日だけの特別メニューでパテが登場。

有機野菜のサトイモ、他。 (他というのは覚えていないから。。。)



151118_17

スープは、サツマイモでした。



151118_18

お昼に、旦那さんとがっつりお肉を食べていたので、夜はお魚料理を選びました。

友達もお魚料理だったのですが、先日来た時と同じ魚ということで、お店側が違う魚を使ったと説明してました。

つい先日、私が友達に「アロゼ」さんを紹介したのですが、その後も気に入ってお店に来ていたようです(笑

こちらのアロゼさんは、創作威力などとても努力家であって、お料理の内容を見るとコストパフォーマンスがめちゃめちゃ良いんです。

美味しい発見が多くて、うちの旦那さんもお気に入りです。





151118_19

デザートも、美味しくいただきました。

この日は、イベントの後だったので遅い時間に予約だったのですが、私たちの後に入ってきた外人さんのお客様より私たちの方がすっかり遅くまでお店にいて、気付いてら閉店時間を超えていました。

友達は、お話が上手で話が尽きません。

しかも、会計時にアロゼの奥様とそこから長話になり、だいぶ遅くしてしまいました、大丈夫だったかしら。







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 先日のバルの時もそうだったけれど、この時も何を話したんだろう?、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

水戸バルイベント 第9弾

週末の11月6日(金)、7日(土)に、第9回「水戸バー・バル・バール」が開催されました。

今回の参加店数は、160を超えるそうです。

ガイドマップを見ると、今まで参加していたお店が不参加になったり、そうかと思うと、今まで参加したことのないお店が初参加していたり、目が離せません。

今回も、新しいお店を探し出してきましたよ~♪


151108_1

↑このような、バルチケットとガイドマップを見ながら、水戸の街を散策します。

と言っても、このガイドマップを当日見るようでは、なかなか美味しいお店まで辿り着けません。

事前にチェックをしておかないと、当日の夜にアタフタしちゃいます。

そんなアタフタも、楽しい仲間と一緒ならそれなりに楽しいのですけどね!

ですが、お店選びに失敗している人の話を聞くと、大概はこの手間を省いちゃっているようです。

ではまず、1軒目。


151108_2

仕事帰りの金曜日、営業時間の18時を過ぎているのに、目的のお店の看板がまだ点いていません。

お店の目の前まで来て分かったのですが、店内にはお客様が既に着席しています。

ヨカッタ、営業してました(汗

お店の人に後で聞いたら、前回の初参加の時に大混雑で大変だったそうで、どうやら、あえて看板は消して営業しているのだとか。

さぁ、1軒目の炭火焼鳥「とり三」さん、いざ入りますか~♪



151108_3

「とり三」さんは、南町2丁目にあるお店です。

今回は、焼き鳥とか串揚げとか、そういうのが食べたくて。

友達の希望も聞かずに、連れてきちゃいましたー♪



151108_4

初参加だった前回は、実行委員に騙されたなんて言ってましたよ~。

どうやら、実行委員の一人からアドバイスでバルセットを「焼き鳥5本セット」にしたそうで、当日お客様にバルセットが行き渡るのに相当時間が掛かってしまって、辛い想いをしたみたいです。

看板を消しているのも、そういう気持ちの表れなのでしょうか。

実行委員も、お客様側だけでなく、参加してくれているお店側を見て、本気で一緒に知恵を絞った意見を出してもらいたいですね。

こちらのとり三さんは、お客様を大事にしたいという気持ちが大きいようで、本当に辛そうな顔をして話してくれました。


151108_5

まだ新しいお店だったせいなのか、店内も焼き鳥屋さんなのにそんなに煙くないし、掃除が行き届いていてテーブルとかもキレイでした。

こちらでは、私たちが飲めそうなのはサワーだったので、一番甘い「巨峰サワー」にしました。

私たち、お酒が弱いくせに夜の街を歩きたいようで、実はこの1杯で頭というか目の前がフラフラになりました(笑

ヤ、ヤバいです・・・・・・・・・・



151108_6

前回の失敗を踏まえ、今回のバルセットの内容は、胸肉に統一して数も3本に減らしたそうです。

それでも、注文が入ってから焼くので、少し時間が掛かりました。

焼き鳥の塩とタレの5本の時は、さぞ大変だったと想像できるので、ちょっと気の毒に思いました。

出された焼き鳥の胸肉は、柔らかで塩加減もちょうどよく感じました。

私はとてもお腹が空いていたので、追加をしてしまいましたよ~

追加注文は嬉しいようで、若い店主さんの「ありがとうございます!」の声が、気持ちよく店内に響きました。



151108_7

お店で一番人気の「塩レバー」です。

友達は、レバーが苦手と言ってました。

私も苦手でしたが、大人になって克服できた食べ物の一つです。



151108_8

そして、一番人気を平らげると、ちょっと前まで一番人気だった「ささみ」を紹介されました。

新鮮さが売りなので、半生というか固くなる前に提供することができるのだそうです。

わさびが少し乗って、柔らかくさっぱりしたお味でした。



151108_9

そして、私の好きな「皮」。

鳥皮は、ほんの少し前まで全く食べられなかったし、食べようとも考えなかった食べ物でした。

何回か挑戦したことはあるのですが、それでもダメでした(笑

ですが、うちの旦那さんが美味しそうに食べる姿を見て食べたところ、私もイケると思いました!!

今では、美肌にも良いと思うせいか、2串は食べます。

今回も、2本で追加です。


151108_10

酔っていたせいか、鶏肉以外も食べてみたいと思い、焼き鳥屋さんなのに「豚肉のエリンギ巻き」を注文です。

友達はバルセットだけで、私だけこんなに食べてます。

それでも、サワーで酔っぱらってしまって、友達とお喋りが止まりません(笑

でも、食べたらすぐに移動です。

これが、水戸バー・バル・バールのマナーです。

たくさんの人に、席が行き渡るようにお客様の方も心掛けます。




151108_11

次は、今回の最大の目玉としていた「ジーノ」さんです。

泉町2丁目にあるお店で、今回が待望の初参加なのです。

ワインで有名なお店なので、本来はグラスワインを選びたかったのですが、先ほどのサワーの酔いが未だに醒めない。

二人とも、飲み物は「ぶどうジュース」を選びました。


151108_14

ぶどうジュースなのに、グラスがオシャレだから素敵に見えちゃう~♪

本格的なぶどうジュースに、大満足(笑

あぁ、ずっとここに居たいーーーー!!!



151108_12

各テーブルにそれぞれ雰囲気の違ったオシャレなランプが灯っていて、あたたかな気分と情調に浸ることができます。

店内のあちらこちらにある、コルクもセンスが光っていてとても感じが良い。



151108_13

 ↑ あ、こんな所にもぉ~(笑




151108_15

バルセットは、「イタリア惣菜」。

説明になりませんが、どれも美味しかったです(笑

お店の中は、常連客で賑わっていて、バルのお客様の方が少なかったかな。

お店のマダムは、以前と変わらぬ素敵な笑顔が印象的でした。

ワインが飲めれば、絶対また来たいのだけど・・・



151108_16

3軒目の「さくらや」さんです。

五軒町にある、おばんざいの美味しいお店だそうです。

お惣菜のことですよね。

ですが、ここ、満席で入れず。

というのも、バルセットの内容がスゴイ!!

豆腐とおじゃこのサラダ、出し巻き玉子、揚げ出し茄子、季節の煮物、こ、こんなに盛りだくさん♪

ここも、初参加のお店かもしれません。

お店の女性は着物に割烹着姿がとても素敵で、対応もとても丁寧でした。

が、店内に入るや、たばこの煙が充満していて、これでは入れなくて正解だったかも。

とにかく、店の入り口なのに煙くて目が開けられない(笑



151108_17

なので、気を取り直して、再び3軒目を探します。

泉町3丁目にあります「ファミーユ」さんです。

先ほどは、ぶどうジュースだったので、少し酔いも醒めてカクテルが飲めそう。

こちらのお店で、私が通っているフィットネスクラブのスタッフさんにお会いしました。

仕事帰りで、ちょっとヨレヨレな私をよく見つけてくださいましたよ~

普段も可愛いスタッフの人たちなのですが、今日もみんなめちゃめちゃ可愛いかったです(笑

ガ、ガンバレ、私。


151108_18

バーバルバールにふさわしく、ここでカクテルの注文です。

またまた、ここでも二人で同じ「カシスオレンジ」に。

お酒は、甘ければどうにか飲めるというタイプです(笑

ファミーユさんのカシスオレンジは、フルーティで配合の割合も良くとても美味しかったです。





151108_19

注文したバルセットは、驚きのボリュームでした!!

これでは、普通に1人前です。

焼き鳥を食べ過ぎていた私には、ちょっとつらかったかも(笑

赤ワインの煮込みは、甘くて美味しかったですよ~

店内は、改装したばかりでこちらもキレイでした。



151108_20

友達は、↑こちらのバルセットを注文です。

二人とも、こちらのお店でお腹がいっぱいになってしまい、酔ってもいるから、余計頭が回らない。

次のお店が、決められない。

そうしていると、隣の席に着いた若い女性の3人組も、かなり酔っていたのか、ガイドマップをテーブルから落として、それを私の友達が拾って声を掛けてもお料理の写真を撮っていて気が付かない。

仕舞には、その本人はお礼も言わずに、一緒にいた友達がお礼を言ってました。

何か違うだろぉーーーーーと、突っ込みたかったけれど、私も半分酔っているので止めました(笑



151108_21

お腹が苦しくて、何も考えられず、友達が選んだお店はなぜかカフェ。

もうこれ以上は食べられないからと、デザートのお店にしたそうです。

いや、私はこの方が返ってキツイかも(泣

ですが、こちら泉町1丁目の「カフェ・アルコイリス」さん、手作りケーキがたくさん並んでいました。

そう、私は「手作り」というワードに弱いです。

こちらのバルセットは、「常陸牛ハンバーグ」または「自家製スイーツ」を選べます。

常陸牛のハンバーグとあって、大学生さんかな?若い男性が多かったです。

バルチケットで自家製スイーツは高上りになってしまいましたが、なかなか良い雰囲気のお店でしたよ~




  ・チケット(4枚つづり) 前売 3,500円   当日 3,900円。
  
  ・「水戸駅 ~ 大工町」間 お得な100円回数券で各社バスに乗車可能。





ブログランキング・にほんブログ村へ ← 恒例になりつつある年に2回の水戸バル、お待ちしてま~す!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

岩合光昭さんの写真展 ニャー

先月になりますが、「岩合光昭写真展」に出掛けてきました。

NHK BSプレミアムで人気の「世界ネコ歩き」の、岩合さんですよ~

なんと、水戸に来てくれちゃいました。

150903_1

 ↑ あぁ、やはり、チケットも可愛い。

チケットのネコちゃんは、イタリアで撮られたようです。

どことなくオサレな顔つきに見えるけど、ん、気のせいかな(笑

あぁ、そして、tobutoriは、この日を待ちわびていました♪

写真展には、ミーちゃんの写真も展示されているのです(笑

一人1枚の写真だけが、展示してもらえます。

もちろん、岩合さんの写真とは分けられたスペースに展示されています。

素人の写真ですが、猫の可愛さには変わりないですものね~

というのも、私は生き物の写真展や写真集にはあまり興味がないようなのです。

肌で感じられるほうが、好きなのでしょうね。

では、さっそく会場へ・・・

150903_2

岩合さんのトークショーに、数分遅れて到着です。

エレベーターを降りたら、既にこんなことに!!!

岩合さん、どこにいるのかしら?


150903_3

 ↑ み、見えました!

岩合さん、小さくてほとんど、見えません。

マイクでのお話も、ところどころしか聞こえません(泣



150903_4

どうやら、愛ネコの「海ちゃん」の思い出話をしています。

うぅー、聞きたいよ~

みなさん、どれくらい前から集合されているのかしら?

tobutori、基本的に待ち合わせ時間前には来ない人です。

だから、いつもこんな感じになります(笑

岩合さんの言葉に、「ネコは人間とともに世界に広まった。だからその土地のネコはその土地の人間に似る!」があります。

微笑ましいような、それでいて、ちょっと悲しいような、確かに、と思えるものがありました。

同じように、私が人を見るときに指標とする言葉があるのですが、マハトマ・ガンジーさんの「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」。

この言葉を知ったとき、世界がとても小さく見えて全ての合点がいくような気がしました。

それは、ブータン国王夫妻が日本に来られた時にも、夫妻の言動を知るたびにその言葉に近いものが思い出されたし、その国の偉大さを感ることができたように思います。

日本でのブータン国王夫妻が実際に動物に触れることは無かったかもしれませんが、自然への応じ方にガンジーさんの言葉が当てはまりました。

人本来が備わっていたであろう崇高な精神を持たれた、素敵なご夫妻。


150903_5

そうそう、岩合さんの言葉の続き、「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」。

岩合さんのような人が、あちらこちらに居ると嬉しいのになぁ。

写真展の会場に入ると、そこにもたくさんの人が来場されていました。

撮影に来ていた水戸NHKの姿も・・・♪

岩合さん大人気ですねぇ、大盛況です!!


150903_6

そして、我が家の愛くるしい「ねこちゃん写真」の会場へ・・・

といっても、会場の入り口に展示されていました。

さーーーて、我が家の長男ミーちゃんの姿は、発見できましたでしょうか!!!


150903_7

そう、ここにいました!

家の窓から、外ネコちゃんを見ている姿です。

「ネコが猫を見ている!」という感じで、私の好きな写真の一つです(笑


150918_8

 ↑ そして、写真集はあまり・・・という私でしたが、やはり目の前にすると買ってしまう(笑


この写真集で、私のお気に入りの写真をご紹介します。↓


150918_10

老夫婦とねこ。

ネコちゃんを、大事そうにおんぶしています。

おんぶをされているネコちゃんの表情も、幸せそのものですね!


150918_11

 ↑ こ、これは、ミーちゃんに似ているぞーーーー!!!

ちょっぴり逞しくなって、山口県に居ました、ミーちゃん?!



150918_13

やはり、似てるぅ・・・・・・・笑。


そして。

150918_12

このコは、毛柄も目の色も違うのですけど、ジン君に似ていました(笑

こんな風に、人間だって自分に似てる人は世界中に居るって言いますものねぇ。





150918_9

購入した写真集に、岩合さんのサインをいただきました。

握手もしていただいたのですが、岩合さんの手は柔らかで温かな感触でした。

世界各地で精力的に取材をしている岩合さん、どうぞいつまでもお元気でいてください。






ブログランキング・にほんブログ村へ ← 夏目漱石さんの「吾輩は猫である」のモデルは野良の黒ネコちゃんです、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
  • ライブドアブログ