生き物

みんな元気!

暫くブログの更新をしていなかったので、うちのコたちの近況を報告しますね。

うふふ、カマちゃんは頑張ってくれていま~す♪

冬を越えて、暖かい春を楽しみに目指しています。

写真は先月までに撮ったものなので、だいぶ元気でしたね。

今は、羽の傷みが目立ってきています。

足先も、少しずつ黒くなって傷んで短くなってしまいました。



170313_1

眠っているのか、固まっていのるか、そういう時間は長くなりましたが、私の顔を発見すると(たぶん誰でもよいのだと思います、笑)、カマちゃんの表情が明るくなるのが分かります。←ホントなんです!

動くものが大好きなんです、きっと。

もしかしたら、仲間と思われているのかな(笑

そして、ご飯タイムで獲物を見つけると、顔つきが変わります。

真剣そのもの!

本当に、仕草の一つ一つが可愛いです♪

足先が短くなってしまって、思うようにバランスが取れなかったり、切なく感じるところもありますが、頑張って今を生きています。

このころ見ていたカマちゃんは、動きが危なっかしいところもありましたが、今のカマちゃんと比べるとかなりしっかりしていますねぇ。




170313_2

先月の写真ですが、長男のミーちゃんが珍しくキャットタワーに登っていました(笑

最近は、誰もキャットタワーに登ることがなくて、こんな姿を見なくなりました。

それでも、何かの拍子で登ることがあって(どんなタイミングなのでしょうねぇ、笑)、私たちがすっかり忘れていた
キャットタワーの存在を、このコたちは忘れていないんだなぁ、とキャットタワーをしみじみと見つめてしまいました。

今年13歳になるミーちゃんは、食欲も旺盛、ウンチも快調、ここ最近は急に甘えん坊になりましたが、元気に私たちの後を追って家中を移動しています。

寝る時間は、今年に入って目に見えて増えています。

私たちも当然同じように年を取っているのですが、いつの間にか私たちの年齢をはるかに越えてしまったミーちゃんは、それでも変わらずの私たちのお子様です。

寝ているミーちゃんの手を取って、いつまでも一緒だよ~!と訴える私の独り言を、ちゃんと聞いてくれています。

うふふ、どっちが子供なのでしょうねぇ(笑

さらに、寝ているミーちゃんの顔やお腹に、私の顔を擦り付けています(笑

薄目で私を見ながら顔を背けていくミーちゃんに、薄笑いの私がまた顔を擦り付けて、そして顔中は毛だらけに・・・あぁ、幸せ。



170313_3

次男のビビは、一番タフで元気かと思っていましたが、3月に入ってから体調が落ちています。

はじめは今年になってから口の臭いが気になりだして、口の両脇に大量ではないのですがたまにヨダレ焼けが残るようになりました。

そして3月になると、目の調子が良くなくて、我が家でビビを引き取った以前から酷かった涙目は、目の周り全体に黒い塊が覆ってしまうほどでした。

里親になってから数年してだいぶ改善されたのですが、復活した感じです。

免疫力の低下が原因で、口の中は荒れてきます。

歯周病は猫にとって、とても怖い病気です。

ビビはこれまで、いつも身軽に動き回って若々しさを比較的保っていると私たちは見ていましたが、ここ最近はミーちゃんのように寝る時間が増えて、急に年を感じるようになりました。

ビビも、推定ですがミーちゃんと同じ年齢くらいになります。

このコたちに合った今までとは違ったケアを見つけて、一緒に幸せな時間を過ごせればと考えています。

ジン君のことを経験しているので、できれば動物病院は、なるべく使いたくないです。



170313_4

と言いながら、ネモちゃんは保護をしたときからずっと動物病院に通っています。

ごめんね。

ごめんねしか、見つからない。

三男のネモちゃんは、犬や猫にとって不治の病と言われている「口内炎」と戦っています。

西洋医学、東洋医学、サプリメント、本当に様々な治療法で口内炎と戦ってきました。

未だに勝てていません。

それでも、薬で痛みをごまかしている間はご飯を食べることができます。

眠りながら伸びーーーー!をして、幸せそうな表情を浮かべてくれます。

ジン君と同じで、兄である長毛種軍団には厳しいですが、人間には甘えん坊さんです(笑

この掛け合いが、結構面白くて私たち夫婦はいつも楽しませてもらっています。

長期で使っている強いステロイド剤の注射がまた効かなくなってきたので、メタカムに切り替えてステロイド剤を止めました。

今の治療内容は、抗生剤の注射と、消炎鎮痛剤のメタカムと、インターフェロンと、免疫力を高めるマイタケMD-フラクションで対応をしています。

口内炎の傷みを抑える薬が無いと、食事がとれないため餓死してしまいます。

それくらい、食べてくれない日が続いて体重がどんどん落ちていった時を経験しています。

あの時は、本当につらかったです。

東京の動物病院を訪ねて、当時日本では手に入らなかった液体のクリンダマイシンを譲っていただいて、何とか危機を脱することができました。

動物病院に大変お世話になっているネモちゃんですが、それでもやっぱり病院は嫌いのようです。




170313_5

お外で、頑張っているニャゴニャゴです。

こちらも先月の2月に撮った写真です。

ニャゴニャゴは、夕方過ぎになると我が家の玄関前に置いてある犬小屋に入って寝ています。

まだまだ朝夕は冷えるので、ホッカイロ投入は欠かせません。

ただ、うちの食事は食べてくれません。

お水は飲んでくれているようなのですが、カルカンなどの食事は見ているだけで食べてくれません。

種類を変えたり、スープタイプのものなど色々と試したのですが全てダメでした。

嗅覚の問題か、内蔵系の病気なのかもしれません。

ニャゴニャゴの保護は、今は諦めています。

長い時間を掛けて向き合ってきましたが、その道を選びました。

保護ができるなら、いつでもしたいと強く願っています。

ですが、ニャゴニャゴには無理に捕獲をする方法は、考えに考え抜いた末にしない方向で決めました。




170313_6

クロちゃんは、今年に入ってからすっかり顔を見せなくなりました。

1月はずっと心配をしていて、交通事故に遭ってしまったのではないかと落ち込んでいました。

いつもうちの周りに張り付いていたので、とても寂しかったです。

ですが先日、近くのアパートで久しぶりにクロちゃんらしき姿を見つけて、思わず「クロちゃん!」と声を掛けました。

名前を呼び続けましたが、クロちゃんはこちらの顔を見て、そしてゆっくりと遠くへ行ってしまいました。

遠かったですけど、間違いなくクロちゃんでした。

クロちゃんは大人の雄になってしまったようで、クロちゃんの春が来て、場所を移動してしまったようです。

そして最近また、高い甘えるような声を出してうちに来るようになりました。

クロちゃんの春が、終わったのでしょうか。

数週間前から、ミケコツーのあとを執拗に追いかけているクロちゃんの姿を見掛けています。

ミケコツーは、避妊手術をしているのですが、それでも追いかけるクロちゃん。

去年は酷い疥癬でガリガリだったクロちゃんも、今年は1歳になる頃なので去勢手術を考えています。

最近撮った写真の中に、ミケコツーとチャイロが写っていませんでした。

安心してください、この2匹は毎日通ってきて、毎日ご飯を食べています(笑

寒い冬もあと少し、頑張ろうね。 が、いつもの決まった合言葉になっています。

ケガや病気をしないように、元気に春を、そして夏を待ちましょう。



170313_7

そうそう、最近水泳を始めたんです。

クロールの初級クラスに入ったのですが、水の中を出た後はどっと疲れが出るのでその日の夕飯は作れません(汗

今年に入ってから気分が乗らないからと、フラダンスを休んでいて、たまにフィットネスクラブに行くと筋肉痛が酷くて苦しんでいる私です。

私はどちらかというと、健康のためだからと疲れるようなことはしたくないので、楽しめるものを探しながら運動を取り入れています。

適度な運動、大事です(笑




170313_8

運動をして体力を付けたいと考えている私ですが、なかなか思うようにはいきません(汗

同じフィットネスクラブに通う人を見ていると、年齢に関係なく皆さんお元気でハツラツしています。

私も、大好きなお肉を食べて頑張らないといけません。

運動して疲れて帰ってきますが、クラブに通う人やスタッフの方から元気をもらって帰ってきているような気がします♪








ブログランキング・にほんブログ村へ ← 元気、健康、笑顔で過ごせることが何よりですね、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

うちのカマちゃん

今回の特集は、うちの2代目カマちゃんです。

どうやら、2年前のカマちゃんに続いて今回のカマちゃんも「オス」のようです。

12月14日の、嵐の翌日に庭で保護しました。

初代のカマちゃんもそうでしたが、大風の日やその翌日にカマちゃんに出会うことが多いです。

しかも、我が家の庭で夏場にほとんど目にしないのに、こうやって冬になると飛んでくる!

ホントに不思議です。


170122_1

 ↑ このコは、7月に我が家の網戸にいました(笑

体の大きさもしっかりと成長していますが、青年といったところでしょうか。

お尻がピンと上の方を向いていて、可愛いですね。

夏は動きが早いので、あっという間にいなくなってしまいました。

もうちょっと、眺めていたかったなぁ~



170122_2

そして、冬の嵐の翌日に我が家へやって来たカマちゃん。 ↑

今回は、落ち葉に紛れていたので、そのまま拾って捨てるところでした(汗

本当に危機一髪でしたが、2年前に出会ったカマちゃんとの暮らしで、私の中にカマちゃんの記憶が残っていたようです。

落ち葉の中から瞬時にカマちゃんの存在を気づきました。

全部が落ち葉としか見ていなかったので、適当に拾い集めていたものですから、自分でも驚いています(笑



170122_3

枯葉の中から保護したばかりのカマちゃんは、全身が黄緑色でキレイでした。

家の中が24時間一定温度であったり、ミニ温室などで暖かい環境の中であれば、カマキリは冬越えも夢ではありません。

我が家は蓄熱暖房機の上にキッチンのカウンターがあるので、そこに虫かごを置いて暖かい環境を整えています。

それでも、外気温が下がると家の中全体の空気も冷えるので、蓄熱暖房機を設置していても20度から下がることがあります。

そんな時は室内の温度を見ながら、虫かごを移動させています(汗

それと、カマちゃんの健康管理に多少関係があるかもしれませんが、加湿器は3台がフル回転(笑

冬の乾燥は大敵ですからね、風邪予防とお肌のために気を付けています。


170122_4

カマちゃんは、常に高い場所を目指すので虫かごの蓋に張り付いていることが多いです。

初代のカマちゃんは蓋の裏に逆さまに張り付いていましたが、2代目カマちゃんは枝に留まっていることが多いかな。

私はよく自分に置き換えて考えてしまうのですが、カマちゃんも地に足をつけて休ませてあげたいと思うので、ご飯の時間だけでなく、蓋を開けてお散歩タイムを設けています。

そうそう、カマちゃんを移動させる時は、慎重に扱わないといけません。

冬のカマキリは、すでに体の寿命を迎えてきているようで、キレイな黄緑色から茶褐色にくすんできます。

そして、足先などは黒ずんできて、すぐに切れて落ちてしまうから慎重に扱わないといけないのです。

そういうわけで、移動させる時など、カマちゃんの動きに合わせたりするので、かなり時間がかかります。

そういう時間を苦にならずに向き合えれば、カマキリの寿命を長くすることだって叶います。

足先が切れ落ちてしまったら、枝に足を掛けるのさえ難しくなります。

カマを失ってしまったら、餌にありつけることさえできなくなるでしょう。

外の世界で、私たちの足元ではいつも生と死が隣り合わせだっていうこと、思い知ります。



170122_5

我が家のカマちゃん、ご飯は「ミルワーム」をいただいています。

カマキリは、自分より小さくて動いているものを食べます。

だから、1つの虫かごに1匹のカマキリになるのかもしれませんね。

そう言えば、ネットに書かれていたのですが、ヨーグルトやハムなど、自然界以外のものも食べるようです。

でも、やはり自然界で食べているものの方が良いのでしょうね。

それと、カマキリの飼育で失敗のほとんどが、餌のやりすぎと水不足と書かれていました。

カマキリはご飯を与えれば与えただけ食べてしまうようなので、私はお腹の膨れ具合などを見て調整していたので正解だったようです。

お水は、霧吹きで与えています。

カマちゃんの体が温まって活動的なときに、正面から霧吹きを掛けます。

顔の周りに付いた水を、カマを使って丁寧に拭って水を飲みます。

身体や足の部分についた水は飲めないので、体温を奪う前に私はティッシュで軽く押さえます。

そして、虫かごの中には水で濡らしたティッシュを丸めて入れて置いています。

それを吸って飲んでいるとは思いませんが、湿度管理になればと思い。

あと、レタスを入れています。

これは、ミルワームちゃんのお食事用です。

ペットショップで売られているミルワームは、おが屑のパックの中に入れられて売っていますが、おが屑を食べているだけでは栄養状態が良くないようなのです。

なので、工夫されている方も多いようですよ。

ミルワームもとても賢く、生きようとする思いは同じです。

命をいただく切なさは、カマちゃんと出会った時から覚悟しなければなりません。

犬や猫だけでなく、生きるのって大変です。


170122_6

昨年の冬に、我が家のアオハダの木にカマキリの卵を発見しました!

子どもの頃は、もっとたくさんカマキリの卵を見たような気がします。

家を建てて、はじめて見るカマキリの卵です。



170122_7

初代のカマちゃんもそうでしたが、私の顔を見るとものすごい勢いで近寄ってきます(汗

顔を左右に振ってあげると、カマちゃんも応えて体を左右に振ってくれますよ~♪

私たちの1日を、カマちゃんは何日分生きることになるのでしょう。

カマちゃんは目で見て、こちらを認識してくれているのが分かるので、離れがたくなります。

そして、なるべく多くの時間を使ってあげたい気持ちになります。



170122_8


お正月を迎えたカマちゃんです。 ↑

私が風邪で臥せっていたものだから、この日は時間を多くとってご対面です。

体のバランスを保ってカマの手入れ、体が年老いて足先の手入れがだんだん困難になってきています。

それでも、体を揺らしながら、踏ん張って行っている姿を見ると、愛しさが増します。

手伝ってあげたいけれど、手伝えない。

私ができること、腕の上ならバランスがとりやすそうなので、腕を固定することに専念してます(笑



170122_9

最近は、登る力も弱まっています。

落ちないように、落ちても手や足先など体を傷つけることが無いように見守ります。



170122_10

カマちゃんが来た頃は、ミーちゃんやビビが興味津々で見上げていましたが、私の世話がいつまでも終わらないので、今はすっかり飽きたように、私の体が空くまで待ってくれています。

物分かりの良い高齢猫たちです(笑


170122_11

私の手や腕の上を散歩しているときは、頻繁に目が合うので、顔に向かって来ます(笑

私の指に両カマを乗せている姿は、めちゃめちゃ可愛くて、でもカメラが遠くにあって写真に撮れないんです。

でも、いいのです、カマちゃんを見ながらうっとりする私。

お休みの日は、家事が進みません。



170122_12

 ↑ 間違っても、こういう時に無理やりカマちゃんを剝がそうなんてしないでくださいね。

簡単にカマちゃんの手先を失うことになります。

私が風邪で臥せっていたときに、旦那さんが管理をしてくれていたのですが、手先が切れ落ちていました。

少しだけ怒ってしまいましたが、私のわがままに付き合ってくれている旦那さんに悪いと思いつつ、命の大切さを延々と語りながら(笑)、カマちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。



170122_13

そう、今日も頑張っています、うちのカマちゃん♪




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 春を一緒に見ようね、カマちゃん!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

カマちゃんがやって来た!

今日は、ふたご座流星群が東の空に22時ごろ見られるとのことで、先ほど玄関に出てみたら!

真っ暗な中に、いました。 ニャゴニャゴがぁ~

こんな夜中に黙って外にいても、私は気が付かないよぉ。

と言いながら、温かいご飯の用意をしました。


161214_8

寒い季節は、とくに水の飲む量が減ります。

病気を防ぐためにも、水分をご飯からでも多少なり摂取してほしい。

こんなとき、スープ仕立てのパウチは、非常に助かると思いました。

気取った風のスープ仕立てのご飯を、はじめは大して腹の足しにならないと考えていたのですが、買っておいてよかったとつくづく思っています。


161214_9

結局、今夜の流れ星は月の光が強かったこともあって、一つも見ることはできませんでした。

ですが、今年の流れ星は結構見ているんですよ~(笑


161214_5

全国的に寒波が居座っています。

蓄熱暖房の上には、温められたパウチが更に増えました。

ニャゴニャゴの他の3匹は、皆勤賞並みに通ってきていますが(笑)、なかなかニャゴニャゴの姿を見られなくて心配しています。

そんなときに、ふっと姿を現すんですよね~

そして、今日の3時半過ぎでした。

昨夜の雨風がとても強くて、例のごとく落ち葉がもの凄いことになっていました。

今日も落ち葉拾いと思っていたのですが、あまりの寒さに外に出られなくて3時過ぎにようやく。

最近は、職人のように手の方が早くなっていて(笑)、箒で掃かずにグローブをした手で落ち葉をつまんでいきます。

サッサ、サッサと、めちゃめちゃ早いのですが、大量に拾っていた矢先、ハッと手が止まりました。


161214_1

カマちゃんが、庭木の大量落ち葉の中にいました。 ↑

当然この寒さです、動けずにいたので、あと少しでつまんでゴミ袋に入れそうになりました(汗

昨夜の暴風で飛ばされてきたのでしょうね、必死に葉っぱにしがみつきながら固まっています。

でも、キレイな緑色。

生きています♪


161214_2

12月に入ってから、暖かい日が続いていたけれど、まさか12月の寒空の下、カマキリが生きているなんて。

いったい、食事はどうしていたのでしょうね。

今週末は、氷点下になる予報です。

それでも、こうして力強く生きていたカマキリを見て、このまま保護してよいものか迷いました。

迷っても、この家にたどり着いたんだもの、これも縁なのだと思い、やはり保護をすることにしました。



161214_4

昨夜の雨は強く、そして風も強く、寒波という激寒さのなか、よく生き抜いたものです。

そんなことを思いながら、ふとお足元を見ると、ミケコツーがご飯を食べ終えて側にいました。

カマキリが動いていたら、きっと危なかったでしょうね(汗


161214_6

落ち葉拾いのときは、大概クロちゃんか、ミケコツーが私の周りで邪魔をしてきます。

本当は、一緒に遊びたいのでしょうけどね(笑

私も、大量落ち葉を前にいつも必死だから、ダメよ~なんて言いながら掃除をしています。

ゴム製のグローブをしたままクロちゃんを撫でると、変だなぁと思いながらも気持ちよさそうにしています(笑

クロちゃんと、ミケコツーは触ってもらうのが、とっても好きなんです。


161214_7

チャイロがいないときは、ほとんど我が家に張り付いているクロちゃん(笑

カルカンを食べて、いい感じに脂肪を蓄えています。

冬のお外で生活をするには、脂肪を蓄えて寒さ対策をしなければ風邪をひいてしまいます。

風邪をひくと鼻が利かなくなって、ご飯を探すことや、食べることができなくなります。

食べ物が目の前にあってもニオイで確認できないから食べない、ガリガリに痩せていく外ネコをたくさん見てきました。

そんな思いは、させたくないです。

健やかに、生きてほしい。

そして、我が家に縁あってやってきたカマちゃん2号。

カマキリの寿命は大変短いですが、家の中なら冬の間も運よく生きることができます。

tobutori家に、カマちゃんが仲間入りです。


161214_3

2年前の12月2日、一代目のカマちゃんも強風の後にやって来ました。

そして、私にカマキリの可愛さをたくさん教えてくれました。

翌年の5月28日まで、長生きしてくれた先代のカマちゃん。

あぁ、懐かしいなぁ。

カマちゃん2号も、来年の春まで頑張ろうね! 







ブログランキング・にほんブログ村へ ← 今度のカマちゃんは、メスかもです!、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

カマちゃん、またね!

ちょうど半年前の12月2日、カマちゃんが我が家へやって来ました。

風の、とても強い日でした。

我が家の白い壁に、黄緑色のカマちゃんは眩しく感じました。

そして、5月28日、カマちゃんはお空へ旅立ちました。

大往生でした(涙

150602_1

 ↑こちらの写真は、カマちゃんが亡くなる2日前に撮った、最後のものです。

左わき腹の傷が塞がっていました。

自然治癒したんです。

この写真を撮った2日前に、カマちゃんに食事をしてもらおうとミルワームを与えました。

このとき既に、食事は3週間も取っていませんでした。

それでも、獲物を見つける能力は残っていて、ミルワームを捕えようと構えるんです。

前に進むことが容易ではなかったのですが、一生懸命に捕えようとしていました。

捕えても、食事はしません。

もう体の中では、カマちゃんの寿命がきていたのかもしれません。

この時のミルワームちゃんが、少し大きかったんです。

私が目を離していた間に、カマちゃんはミルワームちゃんに左わき腹を噛まれていました。

左わき腹から、体液が漏れ出ていて、悲しかった。

ミルワームも必死だし、自然界では食うか食われるか、殺すか殺されるか、それが当たり前。

当たり前と言っても、私のショックは大きくて、目の前の現実が受け入れられなくて、カマちゃんの生命力に任せるしかなかった。

自然治癒して奇跡の復活を遂げたカマちゃんでしたが、夏を目前にして大空へ旅立ったのでした。

ちょうと、私の風邪がピークだったころです。

お疲れさま、カマちゃん。

ありがとうね、カマちゃん。

1日おきにスプーンから水を飲んでくれていたカマちゃんは、この写真の時に最後のお水を飲んでくれました。

お別れは、やはり悲しいです。


150602_2

このカレンダーに、カマちゃんの食事やお水を飲んだ記録を書いていました。

数日前のカレンダーを見ながら、食事の回数が少ないとよく悩んだりもしていたっけ(笑

こんなに長生きしてくれて、一緒の時間をたくさん過ごして、カマちゃんは家族だったよ。

ありがと。



150602_4

週末に、栃木県塩谷町にある「尚仁沢」に出掛けてきました。

数週間前から、無性に森林浴がしたくて、屋久島まで行こうと本気で思っていたくらいなんです(笑

昔から、自然の緑に囲まれていることに幸せを感じる私なのですが、だからと言って山登りは体力が無くて多分向いていないと思うんです。

緑や、水を目と肌に感じて、ただボーーーーっとしているだけでいいんです、それだけでもう快感ですよ。

考えてみれば、最近そういったことがめっきり少なくなっていて、緑を欲していたんですね。

ゴールデンウィークの頃にも、旦那さんに盛んにアピールしていたのですが、行けず・・・

やっと、連れて行ってもらいました~♪


150602_5

さぁ、ここが「尚仁沢湧水」の入り口になります。

いざ、行ってきま~す!!


150602_6

つり橋から下を見ると、もうこの光景です。

水が透き通って、青く見える場所もあります。

家を建ててから初めて来た尚仁沢です、以前はよく来ていたんですけどね。


150602_7

樹齢百年にも及ぶ原生林に覆われています。

山奥に入らずに、このような自然豊かな景色が広がっているんです。

普段運動しない私でも、こんな景色を目の前に突きつけられたら、もう歩くしかないですよね!

全然平気!!


150602_8

以前に比べると、三脚を持って写真を撮っている年配の人が多いです。

そうそう、山登りの時もそうですが、すれ違いに挨拶をするのが礼儀になっていて、いいですよね~♪

十数か所から湧き出る水は、四季を通じて水温が11℃前後に一定しているそうです。

また、冬でも渇水や凍結することがないので、動植物に豊かな潤いを与えているそうです。

この日も、鳥のさえずりが心地良く耳に響いてきました。


150602_9

水量も、たっぷりですね~



150602_10

緑も、ホントに豊か。



150602_11

あっという間に、尚仁沢湧水まで到着です。



150602_12

さーて、天然水をすくってみます。

キンキンに冷えているわけではありませんが、程よい冷たさで美味しいお水です。

改めて、水が自然の恵みだということに感謝します。


150602_13

やっぱり、美味~♪

異物と感じない、身体中にしみ込む感じです。

この尚仁沢近くに、観光施設の「ハートランド」があるのですが、そこまで尚仁沢湧水が通っていて、自由に飲むことや容器に入れて持ち帰ることができます。

以前は、その施設の2階で食事ができたのですが、今は1階だけに縮小した形になってしまい、食事の提供や売り場もだいぶこじんまりとしていました。

湧水を使ったうどんが最高に美味しくて、今日はそれを楽しみにして来たのに残念でした。

帰りに、ホタルの里で知られる上河内地区の郊外にある「梵天の湯」に寄りました。

泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。

なんと、1分間に276リットル湧出する豊富な湯量ということで、その源泉を大浴場で味わいましたが、ぬるくて長湯ができる温泉でした。

帰りは、治りかけの風邪と疲れが出たのか、車の後部席で爆睡の私でした(笑

でも、自然に触れて元気が出ました。


150602_3

そうだね、カマちゃん、またやって来なよ~♪



ブログランキング・にほんブログ村へ ← 未だに、カマちゃんのいた場所に目をやってしまう私、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。

新しい爪とぎポール

今まで使っていた爪とぎポールが、ボロボロになってきたので、先日ネットで新しいものを購入しました。

縄編みの爪とぎポールは、ホームセンターで最近なかなか売っていなくて、我が家でも使ってはいますが、ガリガリウォールのような材質が段ボールのものしか見掛けません。

ニャン達は、もちろん使ってくれるのですが、うちにはビビ様がいます。

爪切りのできないビビは、紙製のものでは用を足しません。

やはり、爪とぎは「縄編み」でないと~♪

それに、最近知ったのですが、段ボールってダニとかの最高の住みかになるんですって、ちょっとそれには引きました。

どうしよー、うちにいっぱいあるのにぃ・・・


150521_1

今回注文した爪とぎポールは、日本製です。

しかも、受注生産品なので、依頼してから届くまで10日くらい掛かります。

ですが、プチオーダーの気分があったので、その間は楽しみに待っていられました(笑

商品が届いたときも、梱包がネジに至るまで丁寧に小分けされていて、大事に作っていただいたのだなぁーと思いました。

物を大事にするのって、大好きです。

大事に扱う行為も好きで、逆に、物を大事に扱わない人を見ると野蛮人と思っちゃいます。

私の母がそうなので、私物を上げるのはためらいますね(笑


150521_2

 ↑こちらが、今まで使っていた爪とぎポールです。

ポールの長さが80cmあるので、うちのコたちはよく背伸びをしながら爪とぎをしています。

麻縄は、キャットタワーで使い慣れているので、ポールの方も気持ち良く使ってくれていました。

1、2年くらいしっかり使ったと思います。

うちの4ニャンは、爪とぎに不自由さを感じていないようで、家の壁や家具で爪をとぐことはありません。

猫を飼う時に、はじめに揃えておきたいのがトイレと爪とぎなのかもしれません。


150521_3

この爪とぎポールの材料は、桐と高級ロープを使っていると書かれていました。

確かに、台座の部分は家具調の3色から選べるので見た目に高級感を感じます。

ですが、うちには長毛種の猫ちゃんが2匹おりますので、台座で滑ることを考えて絨毯5色から選ぶことにしました。

そうそう、爪とぎポールを組み立てた旦那さんが、あまりに精巧に出来ているので感動していました(笑


150521_4

作っている最中は、みなさん興味津々のようで、真剣な顔で見守っていましたよ~

興味はあるものの、ポールや台座が意外に大きいものだから、あまり近くには寄ってきませんでした(笑


150521_5

新し物好きのミーちゃんも、珍しく遠くで見守っています。

一番初めに使うのは、誰かしらねぇ?


150521_6

「ヒューーーー」と言う、雄叫びを上げてビビが初めに使いました。

爪を使って、もの凄い勢いで登っています(笑

ヨカッタ、使ってくれました!

ミーちゃんは、まだ遠くの方で見守っていますね。


150521_7

楽しそうにビビが使っていると、みんなゾロゾロと集まり出して。

ミーちゃんはもう使いたくてしょうがなさそう(笑

遠慮せずに、使ってください。


150521_8

ポールの縄は、麻縄、綿縄、ジュート麻縄の3種類から選べます。

麻縄と、ジュート麻縄は、油を使って縄をよるようで、少し臭いがあると書かれていました。

臭いは使っているうちに取れるようなのですが、気になるので綿縄を選びました。

我が家では、初めての綿縄だったので少し不安はありましたが、使ってくれたのでまずはひと安心(笑

しかし、見た目も触ってみても、かなり頑丈に出来ているのが分かります、丈夫なんですよ~

縄をよっている模様が均等に揃っているので、その作りに旦那さんと感心していました。


150521_9

なのに、そのそばでジン君は古い爪とぎポールを使っています。

新しい方を使っておくれ。


150521_10

台座にも十分な重さがあるので、ポールがふらつくことはありません。

注文したポールの長さは80cmでしたが、長さや台座の大きさは変更が可能だそうです。

大きな猫ちゃんでも、サイズを変更して思いっきり使えそうですね。

価格は、送料込みで¥11,000円するので、爪とぎポールにしたらちょっと高めに感じますが、届いた商品を手に取れば納得の価格でした。

それに、頑丈に出来ているので長く使えそうです。

爪とぎポールのお店は、こちらです。 → 


150521_11

満足げなビビさんは、暫らくこの場から離れませんでした(笑

そうそう、縄編みが丈夫によってあるので、使い始めはどのコもみんな驚いていました。

爪の刺さり具合や、ポールの縄が解ける感触が無いのでそれに驚くようです。

ジン君は、相変わらず古い爪とぎを使っていたので、暫らくは設置しておくことに。


150521_12

可愛いビビですが、こんな風に興奮状態の時に近くに寄ると、必ずビビの爪の犠牲になるので気を付けています。

でも、可愛いです(笑

楽しくて興奮するけど、ちょっぴりコワいのが、ビビの気持ちなのです。


150521_13

取りあえず、新しい爪とぎポールで麻縄のごみが減りそうです。

ミーちゃんは、余りに丈夫な縄のよりに、爪が刺さらず不思議そうな顔をしていました。

が、がんばれ、ミーちゃん。


150521_14

ニャゴニャゴは、先日2回目のレボリューション投与でした。

今回の投与は、皮膚に感覚が戻ったようで、レボリューションを投与したことに気付かれて逃げられてしまいました。

ニャゴニャゴは触ることができないので、しかもあまり近くにも寄れない。

そのため、レボリューションの投与手段が、どうしても上の方から垂らすという形になります。

前回は、ゾウのような皮膚になっていたので感覚が無かったようです。

直接毛を避けて皮膚に垂らすことができないので、投与されたことに気が付いて首を振って逃げていたので、もしかしたらレボリューションも振り落されたかもしれません。

また2週間後にトライしてみます。

ですが、毛が生えてきたのにはびっくりでした。↑

150521_15

カマちゃんは、水だけの食事ですが、頑張ってくれています。

友達からのメールで、庭に子カマキリが現れたそうです。

そうなると、カマちゃんは1歳を迎えたことになります。

うふふ、おめでとう、カマちゃん♪

この記事は、21日に下書きをしていた途中になっていたので、カマちゃんはあれからまたたくさん長生きしたことになりますね。




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 今日は喉風邪でダウン、午前中に病院へ行ってきました、ポチっとお願いします。
にほんブログ村



人気ブログランキングへ ← 愛の「ポチ」っと、してください。
最新コメント
  • ライブドアブログ